♪今日は楽しいひな祭り 一足早いBaking Studio Grano Di Ciacoのひな祭り



明日は3月3日桃の節句。
今年はお雛様飾を飾る余裕がなく、テーブルだけはと、お雛様気分だった
Baking Studio Grano Di Ciacoのひな祭り。

黒米を入れた酢飯と白米だけの酢飯2種を準備。
黒米は2合の米に対して大さじ2杯強で炊いて酢飯に。
寿司酢を合わせると尚、きれいな色に発色します。
自然界の色。もう一つキレドさんの赤大根の甘酢漬けもそのものの色!

手まり寿司4種
■キレドさんの赤大根を甘酢に漬けた赤大根の甘酢漬け
■鯛・菜の花
■サーモン
■酢蓮としめ鯖の二段重ね

江戸時代は3月3日も祝日だったそうな!「上巳の節句」





■今が旬の「ほたる烏賊、うるい、山うど、庄内あさつきの酢味噌和え」
■蓮根海老団子と焼き生麩の揚げ浸し(出汁は京都菊乃井さんのお出汁とり方で)
■蛤の潮汁(菜の花、梅生麩入り)
■いちごあんみつ
■甘酒(甘酒に浮いているのが桜の塩漬け)桜の塩漬けを水で塩抜きして水分を軽く
   拭き取って、キッチンペーパーで上下から挟んでレンジで2分~3分チン♪します
   とフリーズドライの桜になりますよ)一部花びらを粉にして「いちごあんみつ」の餡子にかけて
   桜餡に。

いくつになっても歌通り「今日は楽しいひなまつり~♪」
一足早いひな祭り。

手毬寿司は個々に朱塗りの弁当箱に。
甘酒のプレートには備前焼、
折敷にお椀、貝皿(金箔)にはからし酢味噌和え
と和のテイストを。


明日は娘たちとひなまつり♪









# by chojiiro | 2015-03-02 17:53 | パン教室

畑と野菜料理の会 黒水シェフ(オステリアティモーネ)の会


2月の畑と野菜料理の会は
黒水シェフ(オステリアティモーネ)

霜柱、北風、キーンとした空気、真っ青な空。
2月の畑にも、たくましい野菜がいっぱい。
4個分くらいある巨大なちりめんキャベツ!
Kired栗田さんから芯の部分をカットしていただきお味見させていただきました。
何とも甘いこと!!芯は生食に限りますね。

ポロ葱の根っこ、ねぎの根っこを食すのは生まれてはじめての経験!
根っこも葱味なんですね~!

収穫まで愛情いっぱい受けた畑の野菜たち。
以前、栗田さんから
「野菜の一生をみる」という言葉を伺ったことがありますが、
収穫するだけでなく、花が咲いて実になって、枯れて、
野菜の一生すべてを味わったものだけが言えるセリフだなぁ~と感激したものです。
野菜の一生を理解しているから、根っこも芯も、一般的には食として活用しない部分の美味しさを
ご存知なんだなと。

■ちりめんキャベツと島にんじん、ポロ葱のトフェイヤ
■マジョラム風味のグリッシーニ
イタリアン「オステリアティモーネ」の黒水シェフに上記2種を教えていただきました。
北イタリアピエモンテ州の煮込み料理、グリーンのstuabの鍋には
「伝統的なトフェイヤ」、こちらは事前に煮込んで下さった逸品!(深ーい味わいがありますよ!!)


恋する豚ばら、ポロ葱、ちりめんキャベツ、白インゲン豆、うずら豆、
ローズマリー、シナモン、とハーブ・スパイスも加わり、
仕上げにパルミジャーノレジャーノ。
野菜の旨味を最大限に引き出したスープに仕上がりました。
マジョラム入りのグリッシーニを添えていただきます。


芯から体があたたまる煮込み料理!
毎回味の決め方、調理法、プロの技に見入ってしまいます。

黒水シェフ、Kired栗田さん、ケイコさん
ご一緒した皆さん、ありがとうございました!
週末、こうして心から癒される1日、幸せですね~!



「オステリアティモーネ」
千葉県四街道市めいわ4-1-14
043-377-7744
JR四街道駅 徒歩20分
営業時間
11:30~15:00(L.O.14:00) 18:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:日曜日


# by chojiiro | 2015-02-19 00:08 | Kiredo

プレミアムなアボトンを楽しむ会 at Parabola Wine + Bar



メキシコ由来の日本育ち最高級アボカドのオレイン酸をたっぷり食べて、
新しい放牧スタイルで幸せに育った豚『Avoton(アボトン)』

株式会社FRIDA JAPAN 代表取締役 高田さま
ONE -Table 主催運営 山田さま
よりご依頼いただきましたイベントテーマは
「アボトンの魅力を最大限に活かした目にも口にも大満足なお料理とレシピ」




イベントメニュー
■塩豚のカスレ
(プレミアムアボトン肩ロース、アボトンのベーコン、アボトンの粗挽きウインナー、白いんげん豆)
■もも肉の香草ボイルKired野菜を添えて
(プレミアムアボトンもも肉を低温でボイルしスライス)これが驚くくらいやわらかい仕上がりになるのです!
こちらはオステリアティーモネの黒水シェフに教えていただいた料理法です。

■天然酵母バゲットのオープンサンド
(グリーンペッパーハム、グリーンオリーブのタプナード、わさび菜、トレビス)
■キューブ型プルマン(自家製伊予柑コンフィチュール・マルカルポーネ)
■紅菜苔、丸赤大根、パープル大根(Kired)
■イタリアの焼き菓子(キュイッソン)





●軽井沢クラフトビールのKokageさん
オットンオーガニックビールと
コカゲビールのスタウト、ピルスナー、ヘレス
こちらのビール大人気でしたね!

●ハミングバードキッチンさんのカカオ、デュカ
●parabola7セレクトワイン
●生七味、生こしょう

まさに「食の祭典」

30人分のstaubセラミックココット(塩豚のカスレ)、ブレイザー ソテーパン 24cm グランブルー
を提供いただきましたツヴィリング J.A. ヘンケルスジャパン株式会社
ZWILLING J.A. HENCKELS JAPAN LTD.
マーケティング部さま

30人のゲストの皆さん
関係各位の皆さん
カンタンユニット(ベース、ウクレレ)心地よい奏で盛り上げて下さいました!!

おかげさまで、まさにプレミアムな昼下がりの西麻布の美味しい笑顔一杯の1日!!
沢山のご縁をいただき、幸せなひと時をご一緒させていただきまして、ありがとうございました。

(今回のイベントはfacebookでの募集で定員になりましたので、ブログでのお知らせは
いたしませんでしたが、次回このようなイベントにご興味おありの方はお問い合わせくださいね)


# by chojiiro | 2015-02-16 22:10 | イベント

2月Baking Studio Grano Di Ciaco と Bon Chic 撮影



先週からスタートしたレギュラーclass
「ハリウッドプチバゲット」
「紅茶のキューブプルマン カスタードクリーム」



先日のレッスン中に並行して撮影がありました。

インテリア雑誌プラスワンリビングの別冊「Bon Chic」Vo.11号(主婦の友社)
「サロンから繋がる幸せの輪」の連載にご紹介いただきます。
4月20日発売です。よろしかったらご覧になって下さいね。
普段は紹介していない玄関、洗面所などの写真も掲載されるかと思います。

生徒さんで「Bon Chic」Vo.11ご希望の方は、まとめてお取り寄せしますので
ご連絡下さいね。



2月の空き日程
2月18日(水)1名定員になりました
2月21日(土)1名定員になりました
レッスンご希望の方はご連絡下さい。




お問い合わせは
# by chojiiro | 2015-02-09 19:56 | パン教室

1月の風物詩 美しく美味しいクロワッサンを作るコツ!



クロワッサン、あのサクサクな食感とバターの風味
やはり一番美味しいのは焼きたてを頬ばることですね。
通常のレッスンは2時間半から3時間ですが、
クロワッサンは5時間。2年前まではこのレッスンを15クラス程こなしていましたが、
そろそろ無理がきかなくなってきました。1月のクラスは「肉包・菜包・花巻」がメインで
3クラスのみ「クロワッサン」

シートバターに何を選択するかも、大事なポイントで、クロワッサンの味を決めるキーの1つ。
生地の伸ばし方にもポイントがいくつかあり、これをマスターすると
バターと生地がズレずに伸びていくんです。
シートバターを包んで冷却後、四方をを真っ直ぐに整えながら先ずは50㎝の帯に!
三つ折り→冷却→50㎝→三つ折り→冷却・・・・・・・・
と果てしない工程が続きます。
最後の折りこみ作業終え、1時間の冷蔵発酵に入るとほぼ午後1時。
この間に事前に焼いたプルマンブレッドで卵サンドとハムとチェダーチーズのパニーニ作り。


キレドさんの野菜を煮込んだスープと一緒に休憩タイムランチ。

1時間余の冷却後、ようやく60㎝に生地を伸ばし、
●cmの底辺を記しながら二等辺三角形をカットクロワッサン型に成型。
ここからようやく仕上げ発酵、焼成!!
業務用のシーターなしでのばすクロワッサン作り!
時間はかかりますが、格別な美味しいクロワッサンが焼き上がります。


明日が2015年最後のクロワッサンクラス!
今まで上手くいかなかったとおっしゃっていた生徒さんも、いくつかのポイントに頷かれ
ご自宅でも美しくサクサクなクロワッサンを既に復習されている様子に、
皆さんの食卓に焼きたてのパンが並んでいる風景をfacebookで拝見する度に
そこにお供させていただいているような幸せ気分に!

さて、あと1日、1月の最終日もクロワッサンで締めくくります。



# by chojiiro | 2015-01-30 15:46 | パン教室
< 前のページ 次のページ >