ミレユンヌ・秋のパン祭り featuring 365日 会場編・厨房準備編


秋晴れの日曜日「ミレユンヌ・秋のパン祭り featuring 365日」が開催されました。

会場は港区愛宕グリーンヒルズMORIタワー2F
「J.H.V. Wine&Marriage」

まずは準備編

「J.H.V. Wine&Marriage」の松崎シェフが率先して準備の指揮を執ってくだるのが
何とも心強いのです。プロの厨房設備にほほ~と感心しきりです。
作りたての365日のパン
■ミレユンヌ小さいいわしのタルティーヌ、
■ベシャメル・コンテ・ミレユンヌ マッシュルームトリュフのパン(スペシャリテ)
■食パン2種
■カレーパン
■チョコのパン
をトレーに並べて、ミレユンヌの完熟・早摘みオイルを注ぎ、
バターナッツのスープをサーブ
スープ作りを今回担当させていただきました。キレドさんのバターナッツあってこそのお味!!


ミレユンヌ レモンジンジャーから作ったバター、赤パプリカとアーモンドクリーム
カラマタオリーブ、いちごとバルサミコ酢のコンフィチュール、ドライトマトクリームを
小皿にサーブし、厨房の仕事は一段落です。

生徒さんが沢山ご参加いただいたこともあり、会場に出たところ
じゃんけん大会がスタートしていました。

会場編

ミレユンヌの堀容子さんとじゃんけんして、勝ち抜いた方にはミレユンヌの
アンティチョークやら・・・美味しそうなアイテムがプレゼントされたようです。
生徒さん、最後の最後で・・・負けてしまった。
勝ち抜いた方々、おめでとうございます!
 


365日さんのパンはお土産用も2種(ブリオッシュ・白あんぱん)

まさに「パン祭り」
この日限りのミレユンヌのマッシュルームトリュフを使ったスペシャリテなパンは中でも絶品でした!!
美味しそうな笑顔いっぱいの昼下がり、
皆さんとご一緒させていただき、ありがとうございました。
美味しいパンがある食卓、今朝はきっとそんな朝食を迎えられたのではないでしょうか。

さて、11月13日(木)は
Baking Studio Grano Di Ciaco ×ミレユンヌ 秋のお料理レッスン@カイハウス
お席を少し増設したようで、あと4・5席お受けできるようです。

# by chojiiro | 2014-10-20 20:01 | イベント

Baking Studio Grano Di Ciaco×ミレユンヌ 秋のお料理レッスン@カイハウス

【イベントのご案内】
満員御礼 ありがとうございました


       (こちらの画像はこのイベント試作時の画像です)

Baking Studio Grano Di Ciaco×ミレユンヌ  秋のお料理レッスン@カイハウス

ミレユンヌ全商品の中から4つほどにアイテムを絞り、
それらに少し手を加えることで、簡単だけど見た目にも美しく
美味しい極上のお料理をデモンストレーション形式にてご紹介いたします。
その後ご試食頂きます。
今回は、パンとのマリアージュにこだわらず、
野菜や魚介や肉料理もご紹介させていただきます。
デモのレシピ以外に、それぞれの商品の多様な調理法をご説明し、
全てのレシピは資料としてお渡し致します。
当日使用する野菜やデザートに至っても厳選した食材をセレクト、
お料理に合わせたBaking Studio Grano Di Ciaco特製のパンを
お召し上がりになっていただきます。

当日、会場である貝印・カイハウスさんから参加者のみへの
お得な情報もご案内頂ける予定ですので、お楽しみに。

会場でミレユンヌ商品の購入も可能です。
但し今回は、デモもしくは試食でご紹介した商品と
オリーブオイルのみの販売となります。


日時:11月13日(木) ①10:30~ ②14:00~(2部完全入替制)
場所:貝印 カイハウス キッチンスタジオ(岩本町)
会費:5,500円(事前振込)
定員:各28名ずつ 合計56名

※今日現在で既に20名ほどの参加表明を頂戴しております。ご希望の方はお早目にご連絡ください。
※更なる詳細につきましては、参加者の方のみ追ってご連絡致します。
※アルコールを一杯ご用意致しますが、ソフトドリンクをご希望の方はどうぞ事前にお知らせください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参加ご希望の方は、
お名前、ご連絡先を明記の上
件名は「Baking Studio Grano Di Ciaco×ミレユンヌ 秋のお料理レッスン@カイハウス」とし、
以下のアドレスにご連絡下さい。

info@eian-int.com 
エイアン・インターナショナル ミレユンヌ日本総代理店 宛

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当日は、ミレユンヌ日本総代理店代表 堀さんと共に
ご参加の皆さんとご一緒させていただきますこと、楽しみにしております。

レッスン時に事前お申込みいただきました生徒さんの再度のお申し込みは
不要です。

Baking Studio Grano Di Ciaco 主宰 佐川久子


# by chojiiro | 2014-10-13 19:35 | イベント

天然酵母マフィンのエッグベネディクトと栗パン、天然酵母パンケーキ


レシピを練り直して丁寧に仕上げたサバイヨンソースは、
つやつやで丁度よい濃度に仕上がりました。
天然酵母マフィンを軽くトーストして、ほうれん草のソテー・ハム
ポーチドエッグ、サバイヨンソース。

既にfacebookに写真をアップした時から、リクエスト要望が多く
12月26日(金)、27日(土)の2日間をエッグベネディクトのリクエストクラスと
させていただきました。


天然酵母セーグル生地の中には栗の渋皮煮
成型も栗の形に。
こちらもfacebookに先行アップした時から
生徒さんの反応が多く、10月のレッスン(生地は異なります)で
成型をご紹介させていただきます。



天然酵母のパンケーキ、自然な焼き色です。粉の美味しさが伝わるパンケーキに
仕上がったかと。


天然酵母ハリウッドアラシェヌにはオレンジ風味のキャロットラぺ
ハム、チーズとブラックオリーブのタプナード。
kiredoさんのバターナッツで、冷製バターナッツスープ、
これがとろけるような甘さです。
無花果、ルビーを入れたフルーツサラダには白バルサミコ酢(ミレユンヌ)
バルサミックスで作ったドレッシング。これがよいマリアージュ!!


先週土曜日から10月レギュラーclassがスタートしました。
皆さんのご参加を楽しみにお待ちしております。

# by chojiiro | 2014-10-06 10:55 | パン教室

ミレユンヌ・秋のパン祭り featuring 365日

【イベントのお知らせ】
 ミレユンヌ・秋のパン祭り featuring 365日


パン祭りと称して、名店のおいしいパンとミレユンヌのアイテムが
一気にご賞味することができるカジュアルなイベントのご案内です。
今回featuringするパン屋さんは、今雑誌でパンが特集されると
必ずと言っていいほど紹介され、巻頭で特集記事を飾る「365日」さんです。
杉窪シェフは、元「デュヌラルテ」のシェフブーランジェであり、
ご自身のお店「365日」の他に、多くのお店のプロデュースなど、
おいしいパンのみならず食全般に渡り造詣が深く、
温厚な雰囲気ながらも熱い素晴らしいシェフです。

今回も365日さんならではの美味しいパンの数々、そして
秋ですのでミレユンヌのトリュフとマッシュルームのソースを使った
この日限りのオリジナルパンなどなど、美味しさ満載!
お土産パンもイチオシのパンをお持ち帰り頂きますよ~。
また、ミレユンヌ商品や紅茶やキッチングッズの販売もございます☆
ぜひ日曜の昼下がりに美味しいパンを食べにいらっしゃいませんか?

詳細は以下の通りです。

日時:10月19日(日) 12:00~
場所:「J.H.V. Wine & Marriage」 港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー 2F 
会費:3,700円(事前振込)お土産付き
定員:55名
※更なる詳細につきましては、参加者の方のみに後日お送り致します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参加ご希望の方は、
お名前、ご連絡先を明記の上
件名は「ミレユンヌ・秋のパン祭り」とし、
以下のアドレスにご連絡下さい。

info@eian-int.com 
エイアン・インターナショナル ミレユンヌ日本総代理店 宛


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当日後方にてお手伝いに伺います。
皆さんのご参加楽しみにお待ちしております。
Baking Studio Grano Di Ciaco 佐川 久子




# by chojiiro | 2014-10-02 01:14 | イベント

マナーハウス



こちらを知ったのは生徒さんのFacebookから。
「どちらでしょうか?」とお訪ねすると、なんと「千葉の佐倉市」とのこと。
イギリスのカントリーサイドにはこの時2345以来魅せられて、
また、ゆっくり旅行したいのも、先ずは「イギリス」のカントリーサイド

ガラス張りのコンサバトリーでは、ゆっくりお茶もいただけます。
英国陶製食器バーレイからアンティーク食器、アンティークホーロー、アンティーク家具
インテリア、クラッシックステーショナリーなど英国雑貨・家具好きの方には
応えられない空間、過ぎゆく時間もスロータイムに。
お店のスタッフの方が、丁寧にご説明してくださるのも楽しいですよ。






Kiredoさんの畑からも車であっという間の場所。
畑とお料理の会の後はこちらに通いそうです!
そうそうこの日は、アンティークな大皿と銀のアンティークバターナイフを
セレクトしましたが、次回はスージークーパーの食器を逃さないようにしないと!!
(悩んでいるうちに他のお客さんに購入されたのです・・・)

# by chojiiro | 2014-09-24 22:04 | 千葉 見所・食事処
< 前のページ 次のページ >