マナーハウス



こちらを知ったのは生徒さんのFacebookから。
「どちらでしょうか?」とお訪ねすると、なんと「千葉の佐倉市」とのこと。
イギリスのカントリーサイドにはこの時2345以来魅せられて、
また、ゆっくり旅行したいのも、先ずは「イギリス」のカントリーサイド

ガラス張りのコンサバトリーでは、ゆっくりお茶もいただけます。
英国陶製食器バーレイからアンティーク食器、アンティークホーロー、アンティーク家具
インテリア、クラッシックステーショナリーなど英国雑貨・家具好きの方には
応えられない空間、過ぎゆく時間もスロータイムに。
お店のスタッフの方が、丁寧にご説明してくださるのも楽しいですよ。






Kiredoさんの畑からも車であっという間の場所。
畑とお料理の会の後はこちらに通いそうです!
そうそうこの日は、アンティークな大皿と銀のアンティークバターナイフを
セレクトしましたが、次回はスージークーパーの食器を逃さないようにしないと!!
(悩んでいるうちに他のお客さんに購入されたのです・・・)

# by chojiiro | 2014-09-24 22:04 | 千葉 見所・食事処

畑と野菜料理の会



高く広がる空、
雲が描写されたように薄く織りなし、
高台にあるKiredさんの畑に流れる風、ふかふかの土
まさに「パワースポット」です。
今回はKired野菜と「オステリアティモーネ」の黒水シェフのイタリアン料理の会



「千倉港の魚とキレド野菜のカリアリ風、手作りフレゴリーナ」

お料理に使う野菜の収穫からスタートです。
栗田さんに続いて列になり畑の畝に沿って進んでいくと、
先ずはひも茄子、スイートパラペーニョ、とまと、タイム、空芯菜、
各野菜の特徴の説明を伺いながら摘んでいきます。

野菜の収穫後は、畑から徒歩2分の絶好の場所にキッチン食のスタジオに移動





千倉港の魚は尾長鯛、この大きさ輝きにテンションアップ
ここからは、黒水シェフが調理工程を説明しながら栗田さんが1から調理していくスタイルの
デモンストレーション。この掛け合いが毎回楽しく、各グループに分かれての
調理実習への理解が深まっていきます。
先ずはセモリナ粉と水でフレゴリーナ作り、細かい粒つぶパスタを作っていきます。
野菜をカットっした後は魚の解体ショーではなく魚の捌き方
小回りの利く包丁で見事な黒水シェフの包丁捌き、
野菜をソテーして、アンチョビやサフランで味を調えサルディーニャのパスタ料理、
尾長鯛も皮目がパリパリで身はふっくら、各野菜の旨味も相まって
美味しい出汁にフレゴリーナの粒つぶの食感。
美しく目先が変わったおもたなしにも向くパスタ料理、
「これができたらいいね~」と盛り上がりました。
さっそく作ろう!



食後にはKired畑で収穫されたハーブ数種のハーブティー。

畑、黒水シェフのお料理でリフレッシュした1日。
美味しいものは美味しいもの好きのご縁も広げてくれます。
この日、ミレユンヌ日本総代理店代表の容子さんも参加され、
畑の環境、自然、お料理作りと無邪気に楽しんでいた笑顔も
栗田さん、黒水シェフはじめご参加の方々の満面の笑みも
素敵な笑顔で溢れていた1日でした。
やはり、パワースポットだ!!



# by chojiiro | 2014-09-23 08:12 | Kiredo

コーヒーシナモンデコレーションブレッド 9月レギュラーclass



9月はレギュラーclassとリクエストclassが交差しながらスタート。
レギュラーclassは、デコレーション仕立てのパン。
ほろ苦いコーヒー生地にシナモンシュガー。
エスプレッソマスカルポーネクリームを添えて。
この生地、狙い以上な新食感に完成しました。

もう1種は
「天然酵母クッペ」タルティーヌ2種

■ワインとスパイス、バルサミコ酢で煮詰めた無花果のコンフィチュールと
クリームチーズ、生ハム、フレッシュ無花果

■自家製ブラックオリーブのタプナード、エリンギソテー、クレソン、
■温野菜  ミレユンヌ・パプリカとアーモンドクリーム・白バルサミコ酢
 早摘みオリーブオイルドレッシング添え
■蔵出し焼き芋の冷製スープ
■炭酸ドリンク
■コーヒー、紅茶



リクエストclassでは
「天然酵母スコーン」
「天然酵母ワッフル」

相変わらずリクエストロングセラーなメニューです。
天然酵母ならではない美味しさが凝縮する2種。


「ハワイアンバーガー」
「酒粕あんぱん」


引き続きレギュラーclass
後半はまたリクエストclass
皆さんのご参加楽しみにお待ちしております!


9月からご参加いただく皆さん、きっと緊張されておいでかと、
横でサポートさせていただきますのでご安心を!
門扉のチャイム鳴らさないでお入りください


# by chojiiro | 2014-09-18 20:25 | パン教室

Herb Island  大多喜


今日はこちらへ
土曜日のお休みは久しぶりです。9月8日のレギュラーclassがスタートするまで
しばし充電期間です。
ハーブアイランドのベジタブルガーデンではこちらで収穫された野菜、スパイスを使った
食事がいただけます。

こちらの野菜カレーが大好き!古代米のご飯と、薬膳系なスパイス仕立てのカレールー。
野菜バーでサラダも6種と、ハーブティーが飲み放題。
夫は、野菜のパスタとサラダ、ハーブティー。


左上の画像は「アボカトの木」です。巨大かぼちゃがゴロゴロ。
ここで収穫された野菜、ハーブの食品類からドライフラワーなどの
ショップもありますよ。




グリーンに囲まれていただくこの雰囲気、時間が一気にスローモードに。
癒されます!午後2時まではハーブティーが飲み放題なので(サラダ・ハーブティーセット)
向こう側に移ってまたのんびり。ローズヒップやたんぼぼコーヒー、ルイボスティー・・・・



ハーブティー、ハーブの苗(フェンネル)、スパイス、ハーブサラダ用のリーフなどを購入。
明日はかぼちゃコンテストがあるようで、巨大かぼちゃが展示されていましたよ。
重さ当てクイズもあるようです。

美味しいもの、旬のもの、のどかな風景で癒された1週間、明日も千葉界隈イベントに参加予定。
住めば都だった千葉が、それ以上の場所になりつつあります。

最近のお出かけはスマホ画像!一眼いらずになりつつもありますね。



ハーブアイランドは以前、このノルマンディーホテルも素敵だった!

# by chojiiro | 2014-09-06 21:05 | 千葉 見所・食事処

naya~polepole~PATISSERIE CUISSON~gallery ten


パンラボの池田氏も絶賛の外房「naya
中でも木の実のカンパーニュは絶品!
都内各所のパンイベントでもいつも行列、
この時以来になりますが、パン好きな友人と出かけてきました。
我が家から車で1時間のドライブです。途中、稲穂が黄金色に垂れている田んぼや、
外房の海を眺めながらの非日常空間。
こちらでは事前に予約したパンの他にも追加したり、カフェコーナーで飲み物を飲みながら
引き続きのおしゃべり。
生ハムとアボカトのボリューミーなサンドイッチ、あまりにも美味しそうでしたが、
ランチはこちらを予約していたので、ドリンクだけで3人共に我慢。
かなりの心残り!また行かなくては。



さて、車で10分くらい走るとまたまた森の中の異空間なpolepole
この後も美味しいお店に伺う予定あり、お魚料理はやめてメイン1種のコースで。

■スイカのジュレ スイカと生ハムのアミューズ
■サツマイモの冷製スープ
■北総豚ロース、タプナード、季節の野菜グリル添え、はぐら瓜り、パンプキンソース
■自家製パン2種
■いちじくのドーナッツ、レモンバームバニラアイス添え、
(いちじくを模ったドーナツはもちもちで、まるで本物さながら、中にドライフィグ入り)
■コーヒー


平日ですが満席です。ご予約をお勧めします。
こちらは、この時以来。
千葉産地産地消の素材、お野菜も豚も美味しい!
毎回驚かされるのが、デセールのプレゼンテーション。
無花果の形に模ったドーナツとは!これがもちもちで美味しいこと。

さて、次に向かったのは、こちら

茂原のパティスリー キュイッソンさん。
フルーリールのMさんお勧めのパッションフルーツのギモーブ、フランボワーズのギモーブ
焼き菓子も、ボルボローネ類の乾き菓子も本物な味!さすがパリ仕込みです。
先ほどランチをいただいたばかりですが、カフェでお出ししている「ガレット」が気になり
3人で1個をシェアすることに。

ハム、チーズ、たまご入りのガレット、山盛りなサラダのジェノバーゼ風味のドレッシングも美味しくて!
もう1種のヤギのチーズやこれまたパリでいただいたガレットを彷彿させる内容。
今度はお腹空かせてこれを食べにいきますよ~。

さて、次はgallery tenさんに。
今月の企画展のストール、傘、ガラス
オモダさんの審美眼に適ったお品ばかり。
どうやらストールの巻き方講座があるようで、また週末伺うことに。

予定ではもう1か所回るはずでしたが、時間切れです。
日が短くなってきましたね。つい先日まで明るい時間でしたのに・・・・。
外房エリアのドライブは美食有、なぜかホッとできる風景。

ますますドライブ日和になりますね。さて次はどこにお出かけしようかな。



# by chojiiro | 2014-09-05 07:25 | 千葉 見所・食事処
< 前のページ 次のページ >