Baking Studio Grano Di Ciaco  5月 リクエストクラス

リクエストクラスから
「天然酵母季節の野菜とカレーベーコンブレッド」
「ブルーベリーパフ」
d0023047_1575865.jpg


粉のパーセンテージより多いもりもり野菜をふんだんにフィリングした
「天然酵母カレーベーコンブレッド」、成型はパウンド型とセルクルと2種の型での
食感の違いを味わっていただきました。
野菜は生食で使いますから、酵素の働きで生地がふんわりと仕上がります。
アクセントにカレーパウダーとベーコン、チーズを使用、お食事としての栄養価も高い
パンです。
d0023047_233156.jpg


パン生地の中にカスタードクリームとブルーベリージャムをフィリングし、
シュー生地を絞り込んで焼く「ブルーベリーパフ」
まるでお菓子のような一品です。
d0023047_262163.jpg

手間はかかりますが、格別のデザートパンになります!

d0023047_271440.jpg


5月31日が最終クラス。
ご参加くださいました皆さん!毎月お忙しい中、ありがとうございます!!

6月クラスは3日からスタートしております。
6月はモロッコ、アルザスのパンをご紹介しております!


d0023047_2133087.jpg


d0023047_2141065.png

[PR]
# by chojiiro | 2017-06-05 02:15 | パン教室

Baking Studio Grano Di Ciaco  5月

■天然酵母タバチェ
■ハーブ香るズッキーニのピッツァ
■焼きバナナとはちみつバターのパンケーキ
d0023047_11563228.jpg



タバチェは、ハード系のプチパンの成形の一つ、たばこの箱の形タバチェールを象ったといわれています。シャンピニオンのように2種の食感が楽しめるプチパンです。
ハード系のパンには早摘みオイルが最高のマリアージュ!
お気に入りの「ミレユンヌの早摘みオリーブオイル」の出番が多いメニューでした。
レンズ豆のサラダにも鰹のオイル漬けにもピッツアにも大活躍!
さっそく、レンズ豆のサラダをお作りの方も多くサイドメニューも大好評でした。
d0023047_1254123.jpg

d0023047_12123060.jpg



ハーブを使った大人テイストのミニサイズのピッツァにはズッキーニのグリルを添えて。
作り方と素材に拘ったパンケーキに添えた「はちみつバター」は無塩バターに
ミレユンヌ地中海の花々のはちみつを混ぜてストック、無塩バターなのでアクセントに
ハワイアンソルトをトッピング。

d0023047_1212182.jpg



5月のレギュラークラスはブランチをテーマにしたメニューをご紹介しました。
週末のブランチにぜひご活用くださいね!

d0023047_12173537.jpg

d0023047_1218620.png

[PR]
# by chojiiro | 2017-06-02 12:14 | パン教室

Baking Studio Grano Di Ciaco  4月

もう6月!既に2か月前のレッスンになりますが記録用にも画像で綴っていきます!
たまに過去の様子を振り返ることがありますが、その点でブログは最適です。
もう少しマメに投稿しなくては!!
4月レギュラークラス
d0023047_18142098.jpg

■ランゲルプレッツェル
■アルファーブレッド(湯種食パン)
d0023047_18155990.jpg


プレッツェルは、手作りできること、美味しいことに皆さんびっくりされていらっしゃいました。
澱粉をアルファー化させる食パンは口どけがよくフルーツサンドにぴったりです!

4月リクエストクラス
■揚げパン3種(カレーパン・アンドーナツ・サーターアンダギー)
d0023047_18185555.jpg

d0023047_18195453.jpg

■ショコラブレッド
d0023047_18334147.jpg

■酒粕あんぱん
d0023047_1834225.jpg



どれも思いがこもったレシピ、ご参加いただきました皆さんにお気に召して
いただけたこと、毎月同じ思いになりますが、何よりも嬉しいです!

d0023047_18455616.jpg

プレッツェル、この成型が大人気でした!
d0023047_21181635.png

[PR]
# by chojiiro | 2017-06-01 18:39 | パン教室

Afternoon Tea 加藤千恵先生の生菓子と加藤裕さんのアレンジティーとBaking Studio Grano Di Ciaco

Baking Studio Grano Di Caicoにて
加藤千恵先生の生菓子3種(以下にご紹介させていただきます)
加藤裕さんのアレンジティー3種
Baking Studio Grano Di Ciacoのサンドイッチ3種・天然酵母スコーン・パンペルデュ
でのアフタヌーンティーの会を開催しました。

d0023047_0424679.jpg


30年前に千恵先生の洋菓子の本を手にしたとき、
なんて可憐でエレガントなお菓子なんだろう!
そんな世界観に夢中になっておりました。

まさか食の世界でご一緒できる日がきるとは。
今振り返っても夢の中だったのかのようなアフタヌーンティーの会。


d0023047_0434721.jpg


千恵先生の生お菓子
■ヘーゼルナッツを貼り付けたクッキーシュー。
クリームは自家製アーモンドミルクのクリームにピスタチオペーストのシュークリーム。
■ロールケーキは、数種のフルーツ、しっとりとしたきめ細かい生地と食感
■イチゴのココット
イチゴたっぷりのクレームブリュレ風、キャラメルのカリカリ感
ビスキィーユの上にクレームパティシエール、中は甘酸っぱいいちご!


d0023047_0442430.jpg

加藤裕さんのアレンジティー
全てリーデルのグラスを使って、このグラスでいただくお茶の美味しいこと!
■ウエルカムティーはこの時期ピッタリのハナミインベリアル、
軽く炭酸を加えた桜の香りの緑茶です。
グラスの底には桜の花の砂糖漬けのペースト、
グラスの上には井ノ倉の玉響のジュレが載る凝ったアレンジティーです。
■次はアールグレイ。ホットをニューピノ・ノワールグラスで、
シチリア産20年物のベルガモットの香りがより引き立つグラス。
■苺のココットに合わせて、温かいジャルダン・ド・マモンをシャンパングラスに。
グラスの底にはハチミツを加えてコンポートにしたベリーが入るハーブティー。

まるでワインをいただいているかのようにアレンジティーに酔いしれていた方も。
こんなに美味しいお茶は初めて!そんな感想も多数いただきました。


d0023047_045454.jpg

Baking Studio Grano Di Ciacoから
■フィンガーサンドイッチ
きゅうりのサンドイッチ、ハムのムースのサンドイッチ、自家製伊予柑コンフィチュールと
マスカルポーネ
■天然酵母スコーン
冷蔵発酵で2日間熟成させて風味を引き出したスコーンに
ラシャンブルのジャム2種を添えて(ラズベリーとシャンパン・アップリコットラベンダー)
ラベンダーのはちみつを添えて
■paris風ブリオッシュのパンペルデュ
特製アパレイユにつけて焼いたパンペルデュ、


ご参加下さった皆さんからも夢のような1日でしたとの感想をたくさんいただきましたが
一番夢の中だったのは私だったのかもしれません。

ロールケーキをカットするお姿もご参加の皆さんに話しかける仕草も
柔らかで穏やかで気品があってエレガントな千恵先生。
d0023047_1102278.jpg


また季節をかえ、第2弾、そんなお知らせを楽しみにしていてくださいね!

1部・2部にご参加くださいました33名の皆さん
千恵先生、裕さん
素敵なお写真をたくさん撮って下さった、みどりさん、かおるん
この日しっかりと支えてくれたアシスタントのSちゃんYさん、
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ただ今、加藤裕さんのイベントが伊勢丹で。
以下、テオドーからのお知らせです。


新宿伊勢丹で始まったフランスウィーク。昨今流行りの【パフェ】、この語源となったフランス語の【完璧】を意味する【パルフェ】。
完全なスイーツを意味した【パフェ】をTHEODORの作り出すフレーバーティーの世界と組み合わせて作り出すとどうなるのか。
それをテーマにオープンした2週間限定のTEA PARFAIT BAR(ティーパフェバー)のスタートです。

写真は、ハイビスカスベースにローズヒップ、スグリ、リンゴ、ストロベリーを組み合わせた、メランジュドゥジャルダンドマモンのブレンドをヒントに、
ベリーのコンポート、メレンゲ、スポンジ生地にストロベリーのエスプーマ、そして最後にその場で作り出すにメランジュドゥジャルダンドマモンのアイスクリームを添えたパルフェ。
この2週間でしか楽しめない3種類のパフェをご用意しました。
お近くにいらした際には、是非お楽しみください。
◆期間:2017年4月12日(水)-4月25日(火)
※今回より営業時間が変更となりました。
オープン11時。フードラストオーダー19時、ドリンクラストオーダー19時30分。

◆開催場所:伊勢丹本館5Fキッチンダイニングデコール


d0023047_1104922.png

[PR]
# by chojiiro | 2017-04-14 00:46 | イベント

ZWILLING ヘンケルス社 スペシャルクッキング

3月12日ZWILLINGヘンケルス社のスペシャルクッキング1部・2部を担当させていただきました。


d0023047_1984930.jpg


外部イベントは食材の調達・下拵えをいつも以上に万端にし、
出発前まで準備した食材をチェックし
車へ積み込み、横浜に向けて8時に出発、9時前には元町に到着。
スタジオに荷物を運びこみ、テーブルコーディネート、
器などはZWILLING社にあるものからピップアップしますので、
当日の直感が勝負、ほぼ数分で春のテーブルを作りだします。

d0023047_199153.jpg


「清明の候  春爛漫のテーブル」

11時半~1部のスタートです。
4か月ぶりのスタジオ、はじめましての方も多く、慣れているはずの挨拶も今回は緊張しました。
クッキングデモスタートです。
ZWILLINGのミーレのキッチンはラウンド状、一周回りながらクッキングができます。
IHコンロもコーナーごとに4か所、お料理をしながらぐるぐる回りながら説明していきます。
今回は本日新発売になる「スキヤキグリルパン」をメイン料理に使いました。
綺麗な焼き目がつき余分な油は溝に落ちます。
鋳物の良さは、食材にゆっくり火が入り、グリルパンの保温性が高いので
温度が下がりにくいこと。
肉や魚がふっくり、野菜は甘みが出ます。
実用性の高い鍋の形と蓋がグリルパンという組み合わせは既に
「便利!!」「実用性大!」とのお声も多数いただきました。
今回使用した鍋は、「スキヤキグリルパン」地鶏のお料理に
「オーバル」高加水パンドカンパーニュ、鍋ごとオーブンに入れて焼きますと
クラストがカリカリ、クラムがもちもちに!こちらも大好評で教室での
レッスンのリクエストも頂いたほどです。
「シャローパン」でパンプディング、
「ラウンド」でニンジンのスープ
全てのお料理にstaubの伝導率の良さが効いています。
小物も人気があり、鍋蓋スタンドやツール置きディッシュ、
キッチン用品大好きな方はスタジオにいるだけでワクワクされるかと思います。
終日、各種staub鍋・ヘンケルス社のキッチン用品に囲まれているなんて、
なんて幸せなんだろう!

d0023047_1910578.jpg


お料理の後は、スパークリングで乾杯♪
「かんぱーい」の合図で演奏のスタート(KANTAN withモギちゃん)
お料理に合わせて白・赤ワインをサーブ。
私たちスタッフはひたすらお料理の盛り付け・・・でしたので写真を撮る余裕がなく
空いている時間に撮った写真のほかは、ご参加くださいました方々が
送って下さったものを編集しました。

1部が2時に終わり、皆さんをお見送りした後は休む暇なく2部の準備です。
1部で学習しますので2部は毎回スムーズに準備が運びます。

お料理は
スパークリングワイン・白ワイン・赤ワイン
■ニンジンのスープカプチーの仕立て
■シーフードマリネのジュレ、春野菜添え
■地鶏のグリエ、サルサ春野菜添え
■プルーンのぱんプディング
■staubで焼く高加水カンパーニュ
■ハリウッドロール(自宅で焼いたパンを持参サービスメニュー)
■紅茶


今回はじめましての方も多く、教室へのお問い合わせやご丁寧なメールも頂戴し
嬉しいご縁をたくさんいただきました。
ご参加いただきました、素敵で楽しい皆さんありがとうございました。

d0023047_19123314.jpg


毎回助けていただくZWILLINGのスタッフの皆さん、
朋子さん
アシスタントのさつきちゃん
沢山支えていただきありがとうございました!

KANTAN with もぎちゃんの演奏・歌
場を和らげて毎回盛り上げてくれます。
1日お付き合いいただきありがとうございました!

皆さんもぜひ横浜元町ZWIlLIGヘンケルス社のスペシャルキッチンでご一緒
してくださいね。次回は7月1日の予定です。(変更になう可能性もあります)

当日の模様は同じくエキサイトプラチナブロガーのこの方がご紹介くださっております。いつ拝見しても透明感のあるお写真と優しさ溢れる文章です。



d0023047_19125717.png

[PR]
# by chojiiro | 2017-03-14 19:14 | ZWILLING