Afternoon Tea 加藤千恵先生の生菓子と加藤裕さんのアレンジティーとBaking Studio Grano Di Ciaco

Baking Studio Grano Di Caicoにて
加藤千恵先生の生菓子3種(以下にご紹介させていただきます)
加藤裕さんのアレンジティー3種
Baking Studio Grano Di Ciacoのサンドイッチ3種・天然酵母スコーン・パンペルデュ
でのアフタヌーンティーの会を開催しました。

d0023047_0424679.jpg


30年前に千恵先生の洋菓子の本を手にしたとき、
なんて可憐でエレガントなお菓子なんだろう!
そんな世界観に夢中になっておりました。

まさか食の世界でご一緒できる日がきるとは。
今振り返っても夢の中だったのかのようなアフタヌーンティーの会。


d0023047_0434721.jpg


千恵先生の生お菓子
■ヘーゼルナッツを貼り付けたクッキーシュー。
クリームは自家製アーモンドミルクのクリームにピスタチオペーストのシュークリーム。
■ロールケーキは、数種のフルーツ、しっとりとしたきめ細かい生地と食感
■イチゴのココット
イチゴたっぷりのクレームブリュレ風、キャラメルのカリカリ感
ビスキィーユの上にクレームパティシエール、中は甘酸っぱいいちご!


d0023047_0442430.jpg

加藤裕さんのアレンジティー
全てリーデルのグラスを使って、このグラスでいただくお茶の美味しいこと!
■ウエルカムティーはこの時期ピッタリのハナミインベリアル、
軽く炭酸を加えた桜の香りの緑茶です。
グラスの底には桜の花の砂糖漬けのペースト、
グラスの上には井ノ倉の玉響のジュレが載る凝ったアレンジティーです。
■次はアールグレイ。ホットをニューピノ・ノワールグラスで、
シチリア産20年物のベルガモットの香りがより引き立つグラス。
■苺のココットに合わせて、温かいジャルダン・ド・マモンをシャンパングラスに。
グラスの底にはハチミツを加えてコンポートにしたベリーが入るハーブティー。

まるでワインをいただいているかのようにアレンジティーに酔いしれていた方も。
こんなに美味しいお茶は初めて!そんな感想も多数いただきました。


d0023047_045454.jpg

Baking Studio Grano Di Ciacoから
■フィンガーサンドイッチ
きゅうりのサンドイッチ、ハムのムースのサンドイッチ、自家製伊予柑コンフィチュールと
マスカルポーネ
■天然酵母スコーン
冷蔵発酵で2日間熟成させて風味を引き出したスコーンに
ラシャンブルのジャム2種を添えて(ラズベリーとシャンパン・アップリコットラベンダー)
ラベンダーのはちみつを添えて
■paris風ブリオッシュのパンペルデュ
特製アパレイユにつけて焼いたパンペルデュ、


ご参加下さった皆さんからも夢のような1日でしたとの感想をたくさんいただきましたが
一番夢の中だったのは私だったのかもしれません。

ロールケーキをカットするお姿もご参加の皆さんに話しかける仕草も
柔らかで穏やかで気品があってエレガントな千恵先生。
d0023047_1102278.jpg


また季節をかえ、第2弾、そんなお知らせを楽しみにしていてくださいね!

1部・2部にご参加くださいました33名の皆さん
千恵先生、裕さん
素敵なお写真をたくさん撮って下さった、みどりさん、かおるん
この日しっかりと支えてくれたアシスタントのSちゃんYさん、
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ただ今、加藤裕さんのイベントが伊勢丹で。
以下、テオドーからのお知らせです。


新宿伊勢丹で始まったフランスウィーク。昨今流行りの【パフェ】、この語源となったフランス語の【完璧】を意味する【パルフェ】。
完全なスイーツを意味した【パフェ】をTHEODORの作り出すフレーバーティーの世界と組み合わせて作り出すとどうなるのか。
それをテーマにオープンした2週間限定のTEA PARFAIT BAR(ティーパフェバー)のスタートです。

写真は、ハイビスカスベースにローズヒップ、スグリ、リンゴ、ストロベリーを組み合わせた、メランジュドゥジャルダンドマモンのブレンドをヒントに、
ベリーのコンポート、メレンゲ、スポンジ生地にストロベリーのエスプーマ、そして最後にその場で作り出すにメランジュドゥジャルダンドマモンのアイスクリームを添えたパルフェ。
この2週間でしか楽しめない3種類のパフェをご用意しました。
お近くにいらした際には、是非お楽しみください。
◆期間:2017年4月12日(水)-4月25日(火)
※今回より営業時間が変更となりました。
オープン11時。フードラストオーダー19時、ドリンクラストオーダー19時30分。

◆開催場所:伊勢丹本館5Fキッチンダイニングデコール


d0023047_1104922.png

[PR]
# by chojiiro | 2017-04-14 00:46 | イベント

ZWILLING ヘンケルス社 スペシャルクッキング

3月12日ZWILLINGヘンケルス社のスペシャルクッキング1部・2部を担当させていただきました。


d0023047_1984930.jpg


外部イベントは食材の調達・下拵えをいつも以上に万端にし、
出発前まで準備した食材をチェックし
車へ積み込み、横浜に向けて8時に出発、9時前には元町に到着。
スタジオに荷物を運びこみ、テーブルコーディネート、
器などはZWILLING社にあるものからピップアップしますので、
当日の直感が勝負、ほぼ数分で春のテーブルを作りだします。

d0023047_199153.jpg


「清明の候  春爛漫のテーブル」

11時半~1部のスタートです。
4か月ぶりのスタジオ、はじめましての方も多く、慣れているはずの挨拶も今回は緊張しました。
クッキングデモスタートです。
ZWILLINGのミーレのキッチンはラウンド状、一周回りながらクッキングができます。
IHコンロもコーナーごとに4か所、お料理をしながらぐるぐる回りながら説明していきます。
今回は本日新発売になる「スキヤキグリルパン」をメイン料理に使いました。
綺麗な焼き目がつき余分な油は溝に落ちます。
鋳物の良さは、食材にゆっくり火が入り、グリルパンの保温性が高いので
温度が下がりにくいこと。
肉や魚がふっくり、野菜は甘みが出ます。
実用性の高い鍋の形と蓋がグリルパンという組み合わせは既に
「便利!!」「実用性大!」とのお声も多数いただきました。
今回使用した鍋は、「スキヤキグリルパン」地鶏のお料理に
「オーバル」高加水パンドカンパーニュ、鍋ごとオーブンに入れて焼きますと
クラストがカリカリ、クラムがもちもちに!こちらも大好評で教室での
レッスンのリクエストも頂いたほどです。
「シャローパン」でパンプディング、
「ラウンド」でニンジンのスープ
全てのお料理にstaubの伝導率の良さが効いています。
小物も人気があり、鍋蓋スタンドやツール置きディッシュ、
キッチン用品大好きな方はスタジオにいるだけでワクワクされるかと思います。
終日、各種staub鍋・ヘンケルス社のキッチン用品に囲まれているなんて、
なんて幸せなんだろう!

d0023047_1910578.jpg


お料理の後は、スパークリングで乾杯♪
「かんぱーい」の合図で演奏のスタート(KANTAN withモギちゃん)
お料理に合わせて白・赤ワインをサーブ。
私たちスタッフはひたすらお料理の盛り付け・・・でしたので写真を撮る余裕がなく
空いている時間に撮った写真のほかは、ご参加くださいました方々が
送って下さったものを編集しました。

1部が2時に終わり、皆さんをお見送りした後は休む暇なく2部の準備です。
1部で学習しますので2部は毎回スムーズに準備が運びます。

お料理は
スパークリングワイン・白ワイン・赤ワイン
■ニンジンのスープカプチーの仕立て
■シーフードマリネのジュレ、春野菜添え
■地鶏のグリエ、サルサ春野菜添え
■プルーンのぱんプディング
■staubで焼く高加水カンパーニュ
■ハリウッドロール(自宅で焼いたパンを持参サービスメニュー)
■紅茶


今回はじめましての方も多く、教室へのお問い合わせやご丁寧なメールも頂戴し
嬉しいご縁をたくさんいただきました。
ご参加いただきました、素敵で楽しい皆さんありがとうございました。

d0023047_19123314.jpg


毎回助けていただくZWILLINGのスタッフの皆さん、
朋子さん
アシスタントのさつきちゃん
沢山支えていただきありがとうございました!

KANTAN with もぎちゃんの演奏・歌
場を和らげて毎回盛り上げてくれます。
1日お付き合いいただきありがとうございました!

皆さんもぜひ横浜元町ZWIlLIGヘンケルス社のスペシャルキッチンでご一緒
してくださいね。次回は7月1日の予定です。(変更になう可能性もあります)

当日の模様は同じくエキサイトプラチナブロガーのこの方がご紹介くださっております。いつ拝見しても透明感のあるお写真と優しさ溢れる文章です。



d0023047_19125717.png

[PR]
# by chojiiro | 2017-03-14 19:14 | ZWILLING

Baking Studio Grano Di Ciaco 2017年2月

既に3月のオートリーズ・オーバーナイト法のバゲット他のレッスンが進行していますが、
2月のレッスンをご紹介させていただきます。

d0023047_2173731.jpg

2月はパン作りを理論と捏ねからしっかり学ぶベーシッククラス
ご紹介するパンは
■「イングリッシュマフィン」「バタートップ」
d0023047_2181956.jpg

d0023047_2183496.jpg


粉のタンパク質量、灰分について、小麦粉の等級について
副材料の一つ一つがパン作りにどう影響するか・・・などなどから
パンがどうして膨らむかを科学的に・・・

パンの捏ねから発酵・・・について
などなど掘り下げて説明。
きっと身近にパンの科学が感じられたかと思います。

リクエストクラスはNewレシピでの
■自家製チョコレートシートで作る「ショコラブレッド」
■天然酵母ショコラ・パン・ド・カンパーニュ
d0023047_211018100.jpg

自家製チョコレートシートは格別です!
ショコラカンパーニュはフィリングにクーベルチュールエキストラビターショコラ
カットするとまるでフォンダンショコラのようになります。

d0023047_21111370.jpg


■揚げパン3種
カレーパン(ひよこ豆のキーマカレー・アンドーナツ・サーターアンダギー)
d0023047_21115027.jpg

d0023047_2112570.jpg

d0023047_21122183.jpg


揚げパン好きな方がこんなにおいでとは!とびっくりするほどでしたが
皆さんから今までで1番の美味しい揚げパンです!と嬉しい感想も多数いただきました。
サーターアンダギーは黒糖を使いますが、こちらは揚げる上がるまでに30分と
教室史上最短の完成時間にして美味しく、レッスン当日に復習される方が多数
おいででした。


メニューを選んでいただきご参加いただくレッスンでした。中には全てご参加下さった方も
多数いらっしゃいました。

2月はあっと言う間!
2月は逃げるとはよく言ったものです。

さて、3月は・・・。オートリース法・オバーナイト法のバゲットですよ!!

d0023047_21243023.png

[PR]
# by chojiiro | 2017-03-13 20:38 | パン教室

Baking Studio Grano Di Ciaco 2017年1月

久しぶりにブログを更新します。
気が付いてみれば既に2月も下旬になってしまいました。
Baking Studio Grano Di Ciacoも今年で10年になります。
この10年の間には日本全国、アメリカ・イタリアからもお問い合わせをいただき、
多くの方とのご縁をつなぐことができました。長くご参加くださいます生徒さんが多数おいでなのも
有難いことと実感しています。
初心を忘れず、2017年も皆さんに美味しいパン、寛げる空間を提供していきたいと思っています。


先ずは1月を振り返って

1月は中華三昧クラス
■肉まん、ほうじ茶の花巻き、ねぎの花巻き、焼餅
■クロワッサン、パン・オ・ショコラ

d0023047_1336761.jpg


毎年中華パンクラスにご参加くださいます方が多いのも嬉しいこと。
「また食べたくて!」そうです。習うから作らなくてはいけないのでもなく
この場で召し上がって下さることを楽しみにして下っている方も多くおいでです。
どんな思いでご参加くださるのもウエルカム!!


d0023047_1342414.jpg


蒸篭から上がる湯気もまたごちそうになりますね。


d0023047_13475052.jpg

27層を目指して、伸ばして折込、冷却、伸ばして折込冷却の繰り返し・・・
焼き上がりは16時30分
パンのレッスンとして最大のレッスン時間なのがクロワッサン!
焼き上がり、それはもう幸せなバターの香りと、カリカリの食感を存分に味わえます。

レッスン時間、6時間半、もやは体力勝負になっていますが、
リクエストがある限り、体力が続く限り、丁寧に差し替えなく、ご指導していく予定です。


Baking Stuido Grano Di Ciaoへのお問い合わせをいただき、ありがとうございます。
現在はキャンセル席、追加日程などはfacebookにてご案内させていただきております。
faebookでのお友達申請はメッセージにて自己紹介下さいました方のみお受けしております。




d0023047_13574348.png

[PR]
# by chojiiro | 2017-02-20 13:58 | パン教室

Baking Studio Grano Di Ciaco 12月 1年間ありがとうございました!

d0023047_835537.jpg


日々のレッスンやイベントに追われブログの更新もできずにおりましたが、
12月のBaking Studio Grano Di Ciacoのご紹介させていただきます。
d0023047_8532470.jpg

d0023047_8105116.jpg

レギュラークラスは「クリスマスを祝うパンのある食卓」
■バゲットDi Ciaco を2種のタルティーヌと餡バターサンドに。
■山ぶどうと杏のゼーグルフリュイはクリームチーズとりんごのスライスをトッピングして。
■バタークーヘン
■ビーツのサラダ
■塩豚のポトフ
■ワイン

リクエストクラスは「サプライズブレッド」
d0023047_8114421.jpg

クリスマス前でしたので、プレゼントにお一人様1個のお持ち帰り用サプライズブレッドをレッスン早朝に8個
焼き上げました。
d0023047_8133485.jpg



テーブルコーディネートとお料理の会は「蒸し寿司の会」
d0023047_819934.jpg


d0023047_815208.jpg

d0023047_8205838.jpg


■蒸し寿司
■雲丹・山芋のきゅうり酢ジュレ
■大根と柚子のはりはり漬け・蓬麩の柚子味噌焼き・しいたけのくわ焼き
■海老芋の蟹あんかけ
■水ようかん


今年も熱心にご参加いただき、ありがとうございました。
更新が遅れがちなブログになってしまいまいましたが、最後までご覧になっていただき、
ありがとうございます!
来年は皆さんに新たな展開をご紹介させていただけそうです。

Baking Studio Grano Di Ciacoへの問い合わせを多数いただきありがとうございます。
今のところfacebookにてキャンセル席の情報をお知らせしておりますので、
そちらをご覧になってお申し込みくださいますようお願いいたします。


Baking Studio Grano Di Ciaco
[PR]
# by chojiiro | 2016-12-31 08:32 | パン教室