ブルベリー摘み、パニーニの朝食

八ヶ岳二日目はブルーベリー摘みからスタートです。7時30分にはブルーベリー農園に到着とのことで、日焼け対策だけサササッと済ませ、全員rainy号に乗り込みます。

d0023047_5544919.jpg

d0023047_635091.jpg

「この木のブルーベリーは甘いわよ」
「ここの木の実が大きい!」なんておしゃべりしながら、摘むこと一時間余、
d0023047_6131891.jpg

1kg余のブルーベリーを各自パッケージ。
d0023047_6133337.jpg

かごに腰紐がついており、腰に巻きつけて摘む、合理的機能的。


農園からブルーベリー農家までは数分の距離、
庭先にはビニールハウスがあり、とまとが栽培されているようです。(このとまとが実に美味だったのです)
向こうから「とうもろこしを召し上がれ」と茹でたてを運んでくださいましたので、遠慮なく早速頬張ると、ぷちぷちの食感と甘さが広がりこのシュチュエーションでの立ち食いが何とも美味しさを倍増している感じです!

食べ放題なブルベリーと朝採りとうもろこしでお腹を満たし、帰路につくも、早朝から行動したせいか、まだまだお腹の余裕はあり、ということで、早速朝食の準備です。
事前に届けておいた、プルマンブレッドでパニーニ、フィリング2種を作る。

d0023047_6162822.jpg

1.モツァレラチーズ、とまと、ルッコラにサンドに特性ソース(オリーブオイル、バルサミコ酢、  ロースト胡桃、アンチョビ)をかけていただく。

2.パルミジャーノと、ホウレン草ソテーをサンド、
  こちらもチーズの香ばしさに夢中で頬張る。

摘み立てのブルーベーリー入りのヨーグルトは食後のデザート。
d0023047_113526.jpg



しばしの食事休憩の後は、小雨ちゃんが楽しみにしていたのが釣りです。
庭先では釣具の扱い方、手の使い方などを釣り師匠のびーずさんがご指導、小雨ちゃん、megちゃん、rainyさんは熱心に実演指導を受けていましたが、あれれ?私達といえばマッサージ機でお腹や背中腰をもみもみ、この周波が痩せる効果があるとか(笑)これもゆるマク・・・な、はずは無いですね。


午後はそれぞれに別れての時間を費やす。が、、、、

つづく。
[PR]
by chojiiro | 2009-08-24 05:55 | お出かけ | Trackback(2)
トラックバックURL : http://chojiiro.exblog.jp/tb/10138832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from きままなクラウディア at 2009-08-24 11:11
タイトル : 大人の林間学校2年目〜2日目
朝晩は肌寒く感じるほど高原の山荘は過ごしやすい。 ぐっすり眠れて気持ちよく起きる。 まだ誰も起きていないリビングを抜けてトイレへ入ろうとすると、 ダニちゃんとココちゃんがしっぽをふってついてくる。かわいい〜 2日目の午前はブルーベリー狩り。 暑くなる前の午前の早い時間に摘み取るため、朝飯前の一仕事。 ブルーベリー畑のまわりはこんな高原風景。 両手が使えるようにビクを腰に付けて、いざ! 朝、美味しい空気の中で体を動かすのはとっても気持ちがいい。 体中が活性化し、細胞が生...... more
Tracked from Le Perline ビ.. at 2009-08-24 15:50
タイトル : 大人の林間学校 ブルーベリー摘み&パニーニの朝食
朝6時起床。誰かに起こされたわけでもなく、皆それぞれになんとなく起きて山荘のリビングに集う。 この『なんとなく』な雰囲気が心地よく大人な感じでいいのです。 林間学校(笑)だからと言って皆が同じことをしなくてもいいし、チームワークのときは阿吽の呼吸というのでしょうか、なんとなく自然と役割分担になっている。いいな~こんな感じ。^^ 2日目の朝は朝食前のブルーベリー摘みに出かけました。 曇り空ながら時折青空が覗くと暑い。 帽子に日焼け止め、それぞれ籠を着けて、こっちの木の実は大きいわよ~とか、...... more
<< 山荘での時間~川俣川 一日目夕ご飯 >>