Seigle et fruit ,ほうれん草とチェダーチーズのコーングリッツクッペ

レギュラークラス(千葉クラス)のchakoさんのご友人の方々のクラス、
お二人の方は私が学んだパンの学校Japan home baking school(JHBS)で、資格取得されているだけに、丸目が丁寧で美しい!

d0023047_21115499.jpg

d0023047_21121351.jpg

d0023047_21122696.jpg

クッペ成型の膨らみといい、一つ一つの形が均一かつ生地張りが美しい仕上がり。

d0023047_21145049.jpg

ライ麦配合の生地に、ドライフィグ・オレンジピール・ウォールナッツをフィリング、こちらも生地を張らせた成型が上手くだけただけに生地のボリュームが大。

chakoさんに以前頂戴したハーブコーディアルを炭酸で割ったドリンク
d0023047_21244555.jpg

季節の果物(無花果、巨峰など)
d0023047_21252679.jpg






パンの学校の中でもJHBSの試験基準はレベルが高いかと思います。
かつて会社員時代、深夜毎日三種のパンを毎日焼いて迎えた試験、あの日の頃の思い出は今でも鮮明な記憶に残るほど。試験前1ヶ月は毎日数時間深夜のパンつくり。技術的な面がチェックされ、ハードルが高いからこそ頑張れ、この日があるのかと、今となってはJHBSで学んだ数年は私にとって財産。このところ、JHBSの講師試験を終え、天然酵母を学ぼうとしている方のお問い合わせ、既にレギュラークラスになられている方が増えています。
共通することは、パンの扱いが丁寧、丸めが上手なこと。
ローマは一日にしてならず、パンつくりも同じく基本の積み重ねで、見違えるように上達されるかと思います。
[PR]
by chojiiro | 2009-10-09 21:16 | パン教室 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://chojiiro.exblog.jp/tb/10320667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by colorish at 2009-10-09 23:14
こんばんは。
もうご存じでしたよね…
グランジュテというバレエ用語があります。TVでこの表題で番組が
あるのですが、大きく跳躍する前には大きく一旦沈むってことなのですが、丁字色さんの見るにも美しくおいしそうなパンには、ブログにも書かれていたような努力があったのですよね。

私も年齢の壁に負けないでもう一度跳躍する為にも頑張ってみようかな!とまた思いました。

Commented by je-couleur at 2009-10-10 07:56
おはようございます(^^)
リピ率の高くなりそうな、2種。
子ども達&よすけさんはほうれん草が大のお気に入りに♪
Seigle et fruit は私が独り占め(*^^*)
パン生地にほうれん草が入っているのがとても新鮮だったようで、3人して“何が入っているの?”と、質問攻めでした~。

丸めの大切さは身にしみて感じます。
最近丸め重視のパンばかりを焼いている理由は、好きだから!というのも有りますが、はやり上達したいという気持ちからも有ります。
先生のように深夜に何種も・・・は出来ないので、一つ一つ丁寧に。時間がかかっても確実に習得したいと思っています。
頑張らなくちゃ(^^)
昨晩はカンパーニュを仕込みましたので、教えていただいた注意点に気をつけて(お水の量も!)丁寧にしてみます。
どんな出来上がりか、、、ドキドキです。

ハーブコーディアル気に入っていただけて良かったです(^^)

雑誌見つけました!!!とっても素敵なお写真達に毎日刺激をいただいております☆
そして、茶箱の魅力にどんどん飲まれていっている感じです。
行きましょう!!!!!


Commented by tsukinopan at 2009-10-10 10:45
こんにちは。いつも楽しく拝見させてもらっています。
試験、、、いまは2種類になりましたね。
毎日毎日食パンあんぱんロールパん、、、。
あのときは正直なんで??って思いながらやっていのですが
今、あー、がんばってよかったなあ、と思いますし、先生が一生懸命教えてくださったことも、自分が教えるようになって、あらためてありがたく思っています。
丸めってほんとうに難しいですね。教え方もむずかしい、、。
でもばんじゅうをあけたときの、あのきれいに丸めてぷっくりした生地は
かわいくて、、たまりません!!
Commented by chojiiro at 2009-10-10 19:37
♪colorish さん

なるほど・・グランジュテ、飛躍する前に大きく沈む、深みのある言葉ですね。バレエはジムのプログラムの本当に初級程度を齧っているだけですが、これが難しいこと。
パンを勉強していた頃はこういう形で教えるということは、全く考えておらず、ただ趣味の分野でしたが、極めるとなると別世界です。
何でも時間をかけて習得したものは体の一部と変化していきますね。
これが財産かと・・。
colorish さんは、日々前向きで頑張っていらっしゃるのがよく分かります。お仕事に、プライベートに輝いている女性は大好きですよ!!
Commented by suu-life at 2009-10-11 00:03
chakoさん、こんばんは。
「グランジュテ」。なるほど、いい言葉を教えて頂きました。
こちらに来て良かったです。

今朝、パンの先生から電話があり、お休みになっていた応用科が再開です。
暫く仕事が忙しくパンから遠ざかっていたので嬉しい連絡でした。
丸めは本当に難しいですね。
それと、めん棒の使い方も難しい。
JHBSのレシピは数が多い(小家族なので)と思っていましたが
パンの修行と思うとなるほどですね。
Commented by chojiiro at 2009-10-13 19:45
♪ je-couleur chakoさん

一週間前になりますね。
以前は切りっぱなしの成型でしたが、皆さん丸めがお上手なので、クッペ成型にしてみました。生のほうれん草にチーズと栄養満点、
寒くなってきたら、これにスープがあれば最高ですね。

カンパーニュもスコーンも美しく焼きあがってます!!
お見事~♪日々頑張っている成果を見せていただきましたよ。

あの雑誌あったのね、ではでは出陣しましょうか!!
Commented by chojiiro at 2009-10-13 19:50
♪tsukinopan さん

こんばんは。
今は試験内容が以前と比べ省略化されているようですね。
とは言え、山型パンの基準は厳しいですよね。
伸び率だったり、ボリューム、焼き上がりグラムと断面も生地の伸び・・・・あれを学んだおかげで、今があるような気がしています。
ブログでこうして、JHBSの方々と語り合えるというのもありがたい事です。
ばんじゅうの丸の列、確かに可愛いです!
ぷっくりニコッと笑っているようですね。
Commented by chojiiro at 2009-10-13 19:55
♪suuさん

こんばんは。
応用科、楽しみですね。仕事をしながらJHBSに通っていた頃は
こんな日が来るとは夢にも考えもしなかったのですが、一生懸命勉強したことは邪魔にはならず、人生の転換にさえなっているのですから・・・不思議なものです。

跳躍前に深く沈む、華やかな形にはそれを支える力が必要なんですね。
<< サプライズブレッド クロゼッティ >>