Seigle et fruit ,ほうれん草とチェダーチーズのコーングリッツクッペ

レギュラークラス(千葉クラス)のchakoさんのご友人の方々のクラス、
お二人の方は私が学んだパンの学校Japan home baking school(JHBS)で、資格取得されているだけに、丸目が丁寧で美しい!

d0023047_21115499.jpg

d0023047_21121351.jpg

d0023047_21122696.jpg

クッペ成型の膨らみといい、一つ一つの形が均一かつ生地張りが美しい仕上がり。

d0023047_21145049.jpg

ライ麦配合の生地に、ドライフィグ・オレンジピール・ウォールナッツをフィリング、こちらも生地を張らせた成型が上手くだけただけに生地のボリュームが大。

chakoさんに以前頂戴したハーブコーディアルを炭酸で割ったドリンク
d0023047_21244555.jpg

季節の果物(無花果、巨峰など)
d0023047_21252679.jpg






パンの学校の中でもJHBSの試験基準はレベルが高いかと思います。
かつて会社員時代、深夜毎日三種のパンを毎日焼いて迎えた試験、あの日の頃の思い出は今でも鮮明な記憶に残るほど。試験前1ヶ月は毎日数時間深夜のパンつくり。技術的な面がチェックされ、ハードルが高いからこそ頑張れ、この日があるのかと、今となってはJHBSで学んだ数年は私にとって財産。このところ、JHBSの講師試験を終え、天然酵母を学ぼうとしている方のお問い合わせ、既にレギュラークラスになられている方が増えています。
共通することは、パンの扱いが丁寧、丸めが上手なこと。
ローマは一日にしてならず、パンつくりも同じく基本の積み重ねで、見違えるように上達されるかと思います。
[PR]
by chojiiro | 2009-10-09 21:16 | パン教室
<< サプライズブレッド クロゼッティ >>