教室を終えると・・・

d0023047_1495926.jpg



コンソールテーブルには涼を感じさせてくれる「どうだんつつじ」の枝、
と、お気に入りのLottaのキャンドルホルダー(鳥モチーフ)
ガラスドーム





d0023047_153248.jpg




窓の外のケヤキの深緑を眺めながら、遅いお昼ご飯(前日の残りベジタブルカレー)

d0023047_17461691.jpg








こちらの薬膳カレーを紹介していました。
この映像が頭から離れず、この日(先週土曜日)のお夕飯は「ベジタブルカレー」と一人決めていたのですが、土曜日は一週間の教室が一段落し気が抜けまして、細かく刻む、長時間煮込む・・・という作業を諦めたわけです。が、その結果、翌日まで頭の中はカレーの図・図・図。

ということで、翌日、行ってきました。


想像通り、野菜の旨みが凝縮されたカレーです。


あの味を再現したく先日、煮込んでみました。
野菜室に保存されている13種類の野菜をひたすらみじん切り、ズームインサタデーで作り方を説明していた通り、昆布・干ししいたけをFPで粉砕、昆布のとろとろ感を各種みじん切り野菜と煮込み、ガラムマサラ、ブイヨン、ターメリック、カルダモン、炒めたまねぎ、カレー粉などで煮込むこと1時間、とろみがついたところでまた30分。本来は数時間煮込むのでしょうが、野菜の食感が残っているのもまた良しといったところです。


教室後は、その日の反省をまとめたり、室温・仕込み水温度、捏ねあげ温度をノートに記入したり、明日の教室準備、あっと言う間に夕方を迎えます。

日曜日は教室がお休みですから、今日は少しだけ羽を伸ばした教室後のひと時になりました。
今夜はサッカー応援に備え、今から夕ご飯準備に取り掛かります。



d0023047_17455314.jpg


薬膳カレー「ka・ku・Ra」は今日の「王様のブランチ」でも紹介されたようですよ。
[PR]
by chojiiro | 2010-06-19 18:01 | 手作り | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://chojiiro.exblog.jp/tb/11352853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by y_and_r_d at 2010-06-20 21:00
こんにちは。
コンソールテーブルの上に
美しい小宇宙がありますね。
こんな空間に憧れるのですが
なかなか思うようにはできません・・・。
Commented by chojiiro at 2010-06-21 16:23
♪y_and_r_dさん

どうだんつつじの枝の広がり、下がり具合に、
間があるような気がします。テイストの違うものを並べても、北欧のキャンドルホルダーは和のイメージに合いますよね。
北欧柄が自然がモチーフなものが多いので、日本人好みするのかもしれませんが、スタイリッシュな空間のy_and_r_dさん邸、
私にはあの空間が作れません。得意不得意があるのでしょうか?
Commented at 2010-06-21 17:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chojiiro at 2010-06-21 19:03
♪非公開yさん

ただ今、拝見!いつもですが美しい画像にびっくり仰天ですよ!!
グルメなyさんの朝食を飾るとは、恐れ多く・・・
ありがとうございます。

↓コメントが殺し文句でしたよ~。
カンタンはあるのに・・・の下りです。
お気に召していただけ、ただただ嬉しいです。
ありがとうございま~す。

Commented by yasurako at 2010-06-21 22:38

chakoさんこんばんは。

おいしそうなカレー。
昆布と干ししいたけをFPで粉砕してカレーに入れるという発想、新しいですね。
アイデアマンってすごいですね。
それをすぐに実践するchakoさんもまたすごいー。
それにおいしそうなカレー。上に具が乗ってるのも綺麗です。
カレー、暑くなってきて食べたくなってきました。

あとこの器もすてきー♡♡
Commented by chojiiro at 2010-06-23 20:04
♪yasurakoちゃん

こんばんは~。こちらへのお返事遅くなりましたぁ~^^;
yasurakoちゃんもぜひこちらで食べてみて!
昆布のとろとろ感が野菜にまとわりついて、美味しいのよ。

それとも我が家で試食してみる?(笑)

この器は、笠間焼きの高野さんの作品なんなんですよ。
確かブログもHPもありますよ。
<< 初夏のおもてなし 水無月の手作り >>