Paris AM11:00

d0023047_18231592.jpg


メトロEcole Militaire駅界隈には、バター・チーズの名店マリー=アンヌ・カンタンの他に
Le Boulanger des Invalides(ル・ブーランジェ・デザンヴァリッド)
(リヨンの有名店がパリ進出)奥にパン窯があり、焼きあがったパンが次々と運ばれてきます。


d0023047_18233148.jpg今回チーズはロンドン宿泊(キッチンあり)のおつまみにとチョイス。バターは日本へ持ち帰る為に数種購入(保冷剤・保冷バックは日本から持参。他にエアーパッキン、ジプロック(各種大きさの)。


d0023047_18383593.jpgお買い物の後、どうしてもトイレに行きたくなり(朝からカフェでがぶ飲み)、トイレを貸していただきたいところ、パリのトイレ事情、探すのが大変!ここは勇気を絞って電子手帳で調べたフランス語で(こちらのお店では英語が通じず・・・)。奥から鍵を持ってきてくださり、お店横のガレージを開けていただき、奥に通され・・ほっ・・・。

店内はチーズの熟成した香りが充満、どれを選んでいいのか迷いながらも、質問するにも英語が通じないのは、やはり痛手、感でチョイス。
この日しか時間が取れないお買い物時間、この後カルチェ・ラタンの「Le Boulanger de Monge」パリで一番と評価の高いお店でルヴァンのカンパーニュ、2009年バゲットコンクール1位の「Le Grenier de Felix」でバゲットを、各種ハード系に加え、Seccoでクロワッサン他、各種パン食品店で購入したドライトマト・アンティチョークのオイル漬け、ハム類ををホテルにてサンドして味わうが、どれも文句なしに美味しい。通りすがりのパン屋さんでも十分な味わい。
パンに関しては大・大・満足。の後、ギャラリー・ラファイエット、広すぎてピンポイントに絞り込んで、夫、娘と、待ち合わせ時間を決め、それまで各自自由行動に。
私は主に、リビング・キッチン用品館で。娘は友人へのお土産を選んだり・・。時間があれば、サン・ジェルマン・デ・プレのル・ボン・マルシェの食品を堪能したかったのだが・・・何とも心残り。パリ制覇には少なくても10日間はかかりそう・・・。翌日はパン・パン・パンな一日。味わうのは易し、研修はかなり神経を使い帰宅後ベットにバッタリ。

研修の日の後は再びロンドン。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Baking Studio Grano Di Ciacoからのお知らせ

リクエストクラスキャンセルがありましたので、パン作りご経験者の方でご参加ご希望の方はご連絡下さい。
[PR]
by chojiiro | 2010-10-18 18:57 | 旅 イギリス・フランス | Trackback
トラックバックURL : http://chojiiro.exblog.jp/tb/12099391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Paris ユーロスターの出... Paris AM8:00 >>