笑顔

d0023047_331438.jpg


大震災から1週間、余震も続き不安もあるでしょうに、リクエストclassに、沢山のご参加いただけましたこと、何て表現していいのか!生徒さんの笑顔、心に響きました。
教室後にいただいたメールには「心の栄養をいただけました」など、これまたズキンと響くお声。
この日、震災日にレギュラークラスにご参加くださったWさんとご一緒に、姪子さんのTさん(大学4年生)がご参加。3月15日に大学の卒業予定だたようですが、延期となり、またご実家が震災で断水・停電・交通網の遮断と、帰省できずに生徒さんのお宅に滞在しているとのこと。4月からは社会人となり会社の寮にお引越し予定だそうですが、こちらもご実家の震災でどうなるのかとご不安を抱えてのご参加にも関わらず、初々しい笑顔輝いている笑顔、また前日は札幌に出張であった理系キャリアのTさん、来週のレギュラークラスも楽しみにして下さっているMさん、Sさん。
皆さんの笑顔に、どれだけ元気をいただけたか!


d0023047_3234454.jpg

リクエストは「天然酵母スコーン」「よもぎツイスト」
2日前から仕込んでおいたスコーン生地、こんな情勢ですから当日のキャンセルも自然災害時は多いかと、教室で使えなくてもご近所や友人にプレゼントしようと、多めに仕込んでいます。
スーパーのパン陳列棚はすぐに在庫切れでカラになるようです。ここ数日せっせとパンを仕込んでは焼いています。パンの師は、かつて「阪神大震災」時、教室の生徒さん有志で焼いたパンを被災地に配って歩いたとか。今はまだ、個人が勝手に行動できる状態ではないのでしょうから、時期がきたら

上記パンの師、パン作りだけでなく、お人柄に惚れるほど、大尊敬している女性です。長年、末期がん患者さんのホスピタルでのボランティア(お話を聞いたり、焼きたてパンを差し入れしたり)、以前はお手伝いしたこともありますが、こんな時期だからこそ、自分でできる分野で何かお手伝いができないかと自問自答しているところです。






d0023047_344383.jpg



d0023047_3492910.jpg


         笑顔、何よりのご馳走でした、私にとっても。



    レギュラークラスの模様はこちらでご紹介させていただきます。
    クラス人数に限度があり、体験レッスンはお受けしておりませんでしたが、
    余震の不安、交通網の不安などからキャンセルもあり、レギュラークラスの空席を
    体験レッスンとしてご案内させていただきます。
[PR]
by chojiiro | 2011-03-19 03:24 | パン教室 | Trackback
トラックバックURL : http://chojiiro.exblog.jp/tb/13170580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 気がつけば  日本の春色 がんばれ日本 がんばれ東北 >>