そば粉のガレット

d0023047_17174561.jpg


「そば」と言うと、日本の食品のように思いますが、ヨーロッパ、アジア、アメリカでの消費も多く、フランス、ブルターニュー地方のそば粉のガレットはよく知られていますね。

栄養価が高く良質なビタミンB1、B2が豊富なそば粉、とは言え、小麦粉の数倍の価格、
お店のガレットがお高いのも頷けますね。
ガレットと言えば、シードル、ビタミンCの含まれるシードルと一緒に摂取するとビタミンB1,B2の働きが増すようです。これも理にかなっているのですね。


<ビタミンB1>
ビタミンB1は「疲労回復ビタミン」と呼ばれ、糖分やでんぷんなどの糖質をエネルギーに変換するのに不可欠な存在。そのためビタミンB1が不足すると、体力の低下、イライラや食欲不振の原因になる。
<ビタミンB2>
ビタミンB2には、たんぱく質や脂質、糖質などの代謝に関係する酵素を助けるはたらきがある。栄養素の代謝を助け、成長、発育を促すのがビタミンB2なのだ。皮膚や粘膜を保護し、肌・爪・髪の発育や体全体の抵抗力を強め、成長と生殖を助けるはたらきを持っている。
■ 良質なたんぱく質が豊富!
そばには植物性たんぱく質が多く含まれている。精白米やうどんと比較しても豊富。そして、何よりたんぱく質を構成しているアミノ酸のバランスがよい。通常、小麦などの植物性たんぱく質はアミノ酸スコアが低いと言われているが、そばは他の穀類と比較してアミノ酸スコアが高い。とくに、発育に大切な必須アミノ酸である「リジン」が、そばには多く含まれている。アミノ酸が不足すると、体の疲れや体力の衰え、脂肪蓄積などを招くことになる。



カマンベールを焼き、ほうれん草のバターソテー、卵、野菜数種。



d0023047_18555678.jpg


夏を乗り切るビタミンカラーをトッピングした「パニーニ」(天然酵母)
ビタントニオのパニーニプレス型にちょうど良い大きさにパン生地を成型し、焼成後にプレス。
お弁当なら、簡単にハムとチーズを挟んでプレス、プレス後ズッキーニのオイル焼きを加えたり、
ほうれん草、パルミジャーノでプレスしたり。

今回は、ラベットラ落合さんのレシピで作った「カポナータ」をサンド。


沢山焼いて、暑さをカットしてから冷凍しておくと便利ですよ。
[PR]
by chojiiro | 2011-07-10 18:37 | パン教室 | Trackback
トラックバックURL : http://chojiiro.exblog.jp/tb/14056840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< In Doha 2 ファラフェル >>