寝室  読書のあかり

BBSにtokoさんからのご質問「寝室で本を読むための照明器具、明るすぎないもの、ワット数、大きさを教えてください」とありました。画像を交えながらの方が伝わり易いかと思いここで紹介させていただくことにします。
d0023047_2046928.jpg光ファイバースタンド・・ナイトポイント。特徴は必要なところだけを自在に明るくします。ランプを本体に内蔵し、導光ファイバーの先端だけが光る新構造でフレキシブルに曲げて必要な場所だけが照らせます。うつ伏せでも、仰向けでも、ファイバーがフレキシブルに対応し光の向きを自由に動かせます。迷惑光はほとんどありません。照射面は読書に充分な明るさ、熱・紫外線・チラツキがなく周囲に漏れる光も最小限に抑えます。ランプ部分と発光部分を分離した画期的な構造から生まれた光は、発光部の直径は8mmとコンパクトです。枕元において使えるスタンドタイプとベッド・ソファで使いやすいフロアスタンドタイプがあります。ランプは20形光ファイバー用ダイクール電球1灯、スタンドタイプの大きさは幅92mm・長290mm・高250mm、フロアスタンド用幅125・長323・高900で、どちらとも20Wです。




ハイライトポイント付スタンド
d0023047_2134035.jpgd0023047_2175188.jpgスタンドの光にハイライトポイントの光をプラスし読書も雰囲気演出もOK、読書する時は手元をさらに明るく
照らします。また、スタンドはお好きな明るさに調光できます。60W蛍光灯電球1灯(100%~0%)調光→滅・40形ミニレフ電球1灯、大きさは幅(セード部)340mm・高555mm、常夜灯としても使えます。



反射板付スタンド
d0023047_2122391.jpgd0023047_2123112.jpg













左右別々に調光でき中心に遮光板を取り付けているので片方だけつけても反対側はまぶしくありません。隣の人への思いやりのあるあかりです。60形クリプトン電球2灯、大きさは幅(セード部)225×350・高450、調光スイッチ付1(100%~0%)調光→滅



このほかにもユニークなスタンドがあります。生体リズムを整えるスタンド・・人の生体リズム(体内時計)を調整し、さわやかな目覚めを促す光の働きを応用し次第に明るくなる朝の光をシュミレーションし30分かけて枕元を徐々に明るくし、設定時刻になると明るさは最大になりアラーム音とともに生体リズムに則したさわやかなお目覚めをサポートするスタンドです。その名も「おめざめのあかり」

参考になったかな?
[PR]
by chojiiro | 2005-08-02 20:52 | インテリア講座 | Trackback
トラックバックURL : http://chojiiro.exblog.jp/tb/1447561
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夏野菜たっぷり 空間別照明    リビングルーム >>