4月の花嫁

d0023047_1125293.jpg

先週末、心あたたまる結婚披露宴に参列させていただきました。

Baking Studio Grano Di Ciacoの生徒さんであるHさん。
いつも明るくて、礼儀正しくて、お気遣いもきめ細かい印象を持っておりましたら、
ご友人や会社の上司、同僚の方々のスピーチにも、
そのようなことを物語るエピソードが、盛り込まれていました。

白無垢姿から純白のウエディングドレスにお召し替えされての登場は、音楽と共に幕が開き
お父様と手をつないでいるシーンから(見上げる位置からの)、お父様がご新郎さまにお渡しになるところ、
もう泣けてきます。お父様が「お願いするよ」と端的に深々と頭を下げて。

d0023047_11383940.jpg


パンに対しても努力家で、なかなか思い通りにならないと、成功するまで焼き続けていました。
一時期は、プルマンブレッドの失敗写真が送られてきて、質問事項と、確か毎日のようにメールと焼き上がりの写真をいただき、画像から判断する失敗の原因をその度にお返事し、
それから一週間くらい経ってでしょうか、もう完璧な焼き上がりの
プルマン画像をいただきました。責任ある立場で仕事をしながらの頑張りに
心から拍手を送ったこともあります。食に対しては非常にアンテナが高く、Hさんとの食べ歩きも
私の楽しみの一つです。

d0023047_11474411.jpg


そんな彼女から「先生、結婚することになりました」と伺ったのは、昨年の夏。
優しい優しい伴侶を射止めたのです。初デートには手作りプルマンでサンドイッチを
ご持参したとか。

年齢からしても、ご両親はこのまま結婚しないでそばにいるもだと思っていたようです。
お父様曰く「安心しきっていたのに・・」と。そんな微笑の奥に、ご両親の想いを感じ
また涙腺が緩んできました、そして極めつけは、花嫁さんからご両親さまに宛てたお手紙。
素直な言葉で綴った彼女らしい内容でした。

帰路の新幹線ホームから、この日を象徴しているような美しい富士山が望めました。

家族っていいですね!
そんな思いにさせてくれる、あたたかい披露宴、いつまでもお幸せにね。
[PR]
by chojiiro | 2013-04-15 12:02 | 記念日 | Trackback
トラックバックURL : http://chojiiro.exblog.jp/tb/18550240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 4月のBaking Studi... 桜と4月の庭 >>