色彩    Image baton

d0023047_13383314.jpg

きままなclaudiaのclaudiaさんから、イメージバトンが回ってきました。

1.受け取ったキーワード 
イギリス→オースティン→サイケ→色→風水→オレンジ→NICE CHOICE→心の栄養→融合→『文化』・『アメリカ』・『決断』→海→『ストレス発散』→『自分への小さなご褒美』→『ゆとりの時間』→『幸せのひととき』→『秋』→『香り』→『色彩』

claudiaさんから受け取ったキーワードは『色彩』です。

インテリアコディネーターという仕事柄、色について考えることが日常茶飯事です。色彩・・・食べ物、ファッション、四季、マンセル記号・・・・・

専門的に言う色彩学は物理、心理、生理学の広範な分野に関連する境界領域の人間を対象にした学問です。今回は「味覚と色」「カラー診断」についてお話させていただきますね。

味覚は色によって左右され、同じ食べ物でも違う色だったり、違う色の食器で味わったりすると感じ方がまったく変わってしまいます。
色によって味にどんな違いが出るのか、どの色がおいしく感じるのか等、色と味覚の関係を見ていこうと思います。
------------------------------------------------------
  〇缶コーヒーの缶の色
コーヒーは何色のカップで飲むのが一番美味しいのでしょう?
「濃い茶色・赤・青・黄色のカップに1つのポットからコーヒーを注ぎ味を比べる」実験では中身が同じコーヒーであるのに味にかなりの差ができました。
         濃い茶色  味・香が非常に濃い
         赤          やや濃い
         青          やや薄い
         黄         非常に薄い
☆濃い茶色のカップではコーヒーがとても濃く感じるのに、同じコーヒーが黄色のカップではとても薄く感じられてしまいます。
味覚には、コーヒーの味自体より、カップの色の方が心理的に大きく作用しているようです。
ある大学では、甘味、酸味、苦味等の味のついた液体に色をつけてどんな影響があるか調べています。
色は、赤・茶色・緑など、6色に着色しました。
☆茶色の液は 旨味を塩辛く感じ、苦味を甘く、塩辛い味は無味に感じます。
色をつけた液の中では赤い液が一番味の識別しやすく、茶色の液は一番判別が難しいようです。
☆眠気覚ましに缶コーヒーを飲まれるのでしたら濃い茶色の缶が一番効果があるかと思われます。

  〇カレーライスのお皿の色
日本では昔から、黒や茶色の漆器や陶器が愛用されてきました。色は黒を背景にしたときが最も引き立つからです。
特に日本食にはご飯、白味噌、豆腐、白身の刺身などの白い食材が多く、それらは白い器に盛るより、黒い器の方がはるかに美しく見えます。
では、はっきりとした色のついた料理、たとえばカレーライスは何色のお皿が一番おいしく見えると思いますか?
「色のついたお皿にカレーライスを盛り、人気を調べる」という実験で、 一番人気がなかったのはカレーライスと同じ色の黄色のお皿(最も黄色のお皿に盛り付けする方はいらっしゃらないですよね!?)でした。そして逆の色(補食)である青いお皿も不評でした。
結局、カレーライスが美味しそうに見える色は白か黒のお皿ということになり、一番人気があったのは白いお皿でした。
☆食材を一番ひきたたせる色は黒ですが、「カレーライスには白いお皿」、という定番のようなものもあって、白いお皿がなんとなく安心できる結果になりました。

d0023047_14132498.jpg


先日、高齢者対象のカラーアドバイス&メイクレッスンの講習風景を見学してきました。実は今、カラー診断の勉強を始めたところです。カラー診断をすると、だいたいの方々が大きな変化をとげます。外見?確かに変わります。けれどもっと変わるのは、しぐさや表情です。始める前はガハハ笑いで、一見がさつなタイプの人でも胸元へカラードレープをあてると、まず顔つきが引き締まってきます。多分それは、じっと見ない鏡を見るということと、周囲の見学者に穴のあくほどじっと見つめられるせいでしょうか。照れと緊張の入り交じった表情になるんですよ。カラードレープで顔色の変化を見ながら似合う色を探していくうちに当人も今度は真剣な顔になってきます。食い入るように鏡を見つめはじめます。そしてメイクを施すうちに今度はだんだんと言葉使いや笑い方まで変わってくるから不思議です。
 
あのガハハ笑いがいつの間にかオホホになって急に女らしくなっちゃうから驚きです。そう、これは特定の人に限らずほどんどと言っていいくらいの現象だそうです。まず、背筋が伸びる、肌がこころなしか張ってくる、言葉使いが優しく丁寧になる、そしてウフフもしくはオホホ笑いになる。しぐさが女性らしくしなやかになる、座り方もきちんと足を揃える・・・。こちらが目を見張るくらい変わります。それを目のあたりにして見ているとやはり女性にはおしゃれが必要だとつくづく感じました。

2.渡すキーワード
  『おしゃれ』です。

3.渡してくれた人へのメッセージ 

claudiaさんはインテリアのプロ、生活を楽しまれるのがお上手です。青山のアイ・スタイラーズに、claudiaさんが企画したプードルラグが2Fに飾られております。環境保護にも関心がおありで、その実行力には心を動かされました。

4.次にバトンを回す人
  どなたか、バトンを受け取っていただける方がいらしたらお知らせくださいね~


            PS.   明日から2日間程出かけてきます。更新・BBSのお返事遅れてしまいます~~。
[PR]
by chojiiro | 2005-10-09 14:09 | 日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://chojiiro.exblog.jp/tb/1953206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 参勤交代の宿場町~大内宿 PAULのクロワッサンで朝ごはん >>