Kired open kitchen

d0023047_16303420.jpg

Kired open kitchenの1回目
「黒水 洋×キレド」
梅雨の晴れ間にしては夏日、高く青い空、畑を流れる風
住宅地に囲まれながらも高台に位置するKiredの広大な畑
時が刻むのを忘れてしまいそうでした。


d0023047_16352212.jpg


畑に集合してから、まずはKiredの栗田さんが案内して下さり、
今日のお料理に使う野菜の収穫。
ここから徒歩数分の場所にある「オステリア ティモーネ Osteria Timone」イタリアン リストランテ
黒水シェフによるパスタ料理教室が1回目のオープンキッチンです。

ロマネスコ、赤丸かぶ、スティックセニョール
この3種をちびっこちゃんが収穫、
可愛い姿に、思わず微笑んでしまいます。

畑からすぐのところに、なんとまぁ~この日の為というような食のスタジオがあり、
こちらに移動、
まずは、黒水シェフから
生パスタ作りとソース作りのレクチャーがあり、その後
まずは栗田さんが、パスタ作り、野菜・ハーブ刻み、恋する豚へハーブ投入し荒く混ぜて・・・と
レシピ通りに調理を進めていきます。
南イタリア地方のパスタ料理、ネーミングの時点で既に美味しそう!
「キレド野菜とハーブでマリネした恋する豚のカヴァテッリ」


d0023047_16493787.jpg


粉とセモリナ粉、他調味料を入れて捏ねるところから。
まとめて常温でねかせてから、細長い棒状に成型、それを3~4㎝にカットして
豆のさやのような凹凸を作っていきます。この作業かなり面白い。

栗田さんとシェフによるかけ合いデモンストレーションの後、3~4名に分かれて、粉の計量、
生パスタ作り、ソース作り・・・と進めていきます。


さて、出来上がりです!!

d0023047_16551567.jpg

パスタの凹凸部分にソースが絡み、そこに栗田さんの濃厚な野菜
充分に乳化させたソース、すべてが絡み合い美味しいこと!
千葉県香取市の「恋する豚」ここには、ワイルドフェンネル、ラベンダーの花、ローズマリー
タイムとこれまた採れたてのハーブ。

パスタ作りも、ソース作りのコツ、肉へふる塩のパーセンテージから、豚を少し焦がし目にしてから・・・
と幾つものプロのポイントを教えていただきました。

もう、美味しいの一言に尽きます。

生パスタの生地は3人分をお土産にいただいた上に、これに使用するお野菜まで。
さっそくパスタ好きな家族へ作りましたが、やはり大好評。
我が家の定番になりそうです。


ランチの後は、畑ツアーです。
野菜の香りをかいだり、味見をしたり、特徴を教えていただいたり、
ここで流れている時間はいつもと違って感じます。
なんとも贅沢なひと時。

栗田さん、黒水シェフ、ありがとうございました。
ご一緒させていただきました、皆さん、素敵な1日になりましたね。
[PR]
by chojiiro | 2014-06-16 17:13 | Kiredo
<< 休日は試作と、料理と庭仕事 gallery ten 「美食... >>