今日はプーシキン展

d0023047_8304156.jpgロシア・モスクワのプーシキン美術館が誇る、印象派を中心とする名画の数々がついに東京都美術館にやってきました。マティス・オーギュスト・ルノワール、クロード・モネ、フィンセント・ファン・ゴッホ、オーギュスト・ルノワール、国内での印象派を中心とする世界的なコレクション展としては、1994年の「バーンズ・コレクション展」、1997-98年の「コートールド・コレクション展」以来となる、待ちに待った大型展です。今日は上野の森~青山界隈を散策、天気もいいですからお出かけしたくなりますね。

              この続きは戻りましたら・・・・・。

ということで、戻りました・・・・・・。
d0023047_15462951.jpg

聞きしに勝ると言うか、フランス絵画の印象派がこれだけ揃うと迫力があり全てを見尽くすには数時間かかります。入場者にも圧倒、入場制限が必要なほど大盛況、入場するまでに30分くらい要しました。一日がかりを念頭におきお出かけされたほうがいいですよ。

ふたりのロシア人実業家、セルゲイ・シチューキンとイワン・モロゾフは、パリで精力的にフランス近代絵画を収集しました。彼等は、当時認められたばかりの印象派に端を発し、マティスやピカソなど一般に評価の定まっていない芸術家たちの作品も購入するなど、優れた審美眼を発揮し、質の高いコレクションを成しました。「シチューキン・モロゾフ・コレクション」の最大の魅力は、マティスとピカソの優れた作品を多く含む点にあります。

約40年ぶりとなるマティスの傑作「金魚」をはじめ、ピカソが旅芸人を哀歓深く描いた初期作品「アルルカンと女友達」、モネの典型的な作風による「白い睡蓮」、パリの男女を印象派のタッチで描写したルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの庭で」、タヒチの神話上の美女を描いたゴーギャンの「彼女の名はヴァイルマティといった」など....。

マティスは金魚を題材にした作品が何点かありますが、これほどまでに金魚をクローズアップした作品は珍しいそうです。色彩の放つ透明感、現代絵画のようなラフな描写、これが多くの女性に好まれる所以なのでしょうか。

絵画はもちろんの事、絵を照らす照明器具に何が使われているか、どのぐらいの距離で、何箇所からスポットを当てているか、こんなことも気になり気がつくとメモを取っていました。

この隣のブースは「日展」のコーナー、実は義母の作品が出展されています。洋画の部門に。こちらも、見てきました。先ほどとは打って変わってのんびりと独占状態です。
美術鑑賞に数時間を施し、青山散策は次回に、そのかわり、日本橋室町のお気に入りのおそば屋さんでお昼時を過ぎて空腹なお腹を満たし(ここは夫が独身時代から通った「室町砂場日本橋店」)、日本橋高島屋でお買い物を済ませ帰路つきました。

私と絵の想い出は、小学校の頃から。絵を描くのが大好きで、暇さえあると風景画、果物画、人物画を描いていました。あの頃はいろいろな賞もいただき、そのうち家の間取り図をそれこそリカちゃんセットのような2階建てのお家や、シンデレラに出てくるようねお城をマネて描くようになりました。今考えると、この仕事への興味は、そのころから培われたのかな何て思います。
[PR]
by chojiiro | 2005-11-08 08:36 | 日々 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://chojiiro.exblog.jp/tb/2152759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rururu at 2005-11-08 09:32 x
プーシキン展、夫も行きたいと言ってました。
混んでましたか?
結構体調もよくなったので、調子にのって週末銀座をぶらぶらしたら
帰ってきてひどい頭痛になってしまいました。
長時間のお出かけはまだまだ無理なのかな?という感じなのですが、
せっかくだから行きたいです。
Commented by youyouyousy at 2005-11-08 10:48
私、マティスが好きです。数年前、南仏のニースの美術館に行って、感激しました。もちろん、モネや、ピカソ、ゴッホも好きなので、とても興味のあるコレクション展です!
Commented by chojiiro at 2005-11-08 16:36
♪rururuさん

混んでましたよ。チケットは前もって準備して言った方がいいです。
オープンの9時に入るといいかもしれませんよ。
私も人ごみ苦手なんです。早めに行くのをお薦めしますよ。
体調良くなった?年末になると銀座などは、ますます人ごみに出かけているようですね。
内容は充実していました。あれだけの作品が一箇所で見られるのはあまりないように思いますよ。芸術の秋、上野の森も大道芸人さんや、路上来ライブの人で「芸術の都・上野」になってました。
Commented by chojiiro at 2005-11-08 16:42
♪yousyさん

マティスの「金魚」最高でしたよ!!あの色使い、やわらかな日差しが降注いでいるような描写、何かを訴えかけられたような気がしました。
モネの睡蓮もあの優美な風景、うっとりしてしまいますよ。フランス絵画の巨匠の絵画が一堂に会した展覧会、人の波も異常なほどでしたよ。
Commented by chojiiro at 2005-11-08 21:26
♪yousyさん

大阪・国際美術館で2006年1月11日~4月2日まで開催されますよ。
今日いただいたパンフレットに表記されていました。
Commented by pe-yuri at 2005-11-08 21:29
もう、行って来られたのですね。私も同僚と20日に行く予定です。日曜日は避けたほうがいいですかね・・・。
モネの絵、大好きです。オランジェリー美術館で釘付けになってしましました。印象派の絵がやっぱり好きです。マティスの金魚見るの楽しみです。
Commented by yoka-style at 2005-11-08 21:44
私も気になって、行きたいと思ってたところです。
でも、すごいですね。平日でも、入場制限するほど混んでるなんて・・・
12月18日まで開催されているんですね
少し、ほとぼりが冷めた頃、行って見ようかしら・・・
Commented by chojiiro at 2005-11-08 21:54
♪yuriさん

20日にいらっしゃるのですか。日曜日での開館に合わせて行かれるのなら混雑しないと思いますよ。http://www.asahi.com/pushkin/event/#kyoshoこちらを見て頂くと混雑状況が把握できますよ。
オランジェリー美術館はオルセー、ルーヴルから歩いていける距離にあるこじんまりとした、かわいらしい美術館でしたよね。「睡蓮」は何度見ても優美な色彩感と自然の素晴らしさ、改めて感動しました~。
今回のパンフレット、ポスターになっている「金魚」マティスの中でもここまで金魚をクローズアップさせた作品はないようです。色彩、そして愛らしいまでのライン、yuriさんも楽しみにしてくださいね。
Commented by chojiiro at 2005-11-08 22:02
♪yo-kaさんへ

平日はゆっくり見られると思っていましたが、混んでました~。
http://www.asahi.com/pushkin/event/#kyosho
こちらで混雑状況見られます。チケット販売所も混みますので、事前にチケット購入をお薦めします。
印象派は日本人好み何でしょうね。風景画、人物画が多いですからね。
yo-kaさん、ゆっくり鑑賞できるといいですね。
Commented by youyouyousy at 2005-11-08 22:35
わー。情報有難うございます!
忘れないようにしないと!!
素敵ですね!!
Commented by claudia8 at 2005-11-09 00:44
chakoさん家は芸術一家ですね!
先日もお義母様が画をやられているとおっしゃっていましたね。
日展に出展される腕前なのですね。
それに、chakoさんも賞を取られた経験をお持ちで!
そのDNAを娘さんたちが受け継いでいくのね。
Commented by sodanote at 2005-11-09 02:38
芸術の秋ですね
オランジュリー美術館の”睡蓮”をじっくり眺めたのは10年も前・・・
モネの絵が好きです
マティスの金魚もいいですね この色使いがなんともいえませんね
Commented by azumihazumi at 2005-11-09 05:09
オットは印象派の作品が大好きなので是非行こうと言ってます。
やっぱり混んでるんですね。
先日いった箱根のポーラ美術館も印象派の作品が多くて驚きましたが
それとは比にはならないようですね。
平日の方がいいかしら。
chakoさんの何事にも真剣に取り組む姿、小さい頃から培われてたんだー!改めて尊敬しちゃいました!
Commented by chojiiro at 2005-11-09 09:10
♪yousyさん

年明けそうそうですね。もうすぐですよ~。
Commented by chojiiro at 2005-11-09 09:14
♪クラウディアさん

それが、子供たちにはあまり受け継がれていないようです。次女が小1の時書いたお芋堀の絵が校長室に飾られたぐらいかな。MOA美術館の賞も頂いたんですが、半分以上私の手がかかっていた作品なんです。(笑)今でもデッサンは続けていますよ。
Commented by bluemoon_tomo at 2005-11-09 09:15
大阪でも開催されるんですね!早速メモ。来年の予定2決定です。
入場制限されるなら、朝から並ぶ覚悟で行かなきゃ~。
芸術一家でいらっしゃるんだなぁ~と改めて思いました。
ス・テ・キ・!
(sonyのテレビ早速電気やさんで見てきました^^。ありがとうございます)
Commented by chojiiro at 2005-11-09 09:18
♪まきっちさん

ルーブルのオランジュリー美術館行かれたのですね。私も学生時代
ヨーロッパ建築遺跡の旅に出かけ訪れました。「睡蓮」あのやわらかな
樹木の表現いつ見ても心が打たれます。
マティスの金魚の前が一番混んでいました。
Commented by chojiiro at 2005-11-09 09:30
♪あずみさん

ご主人様が印象派お好きなんですね。それでは是非是非ご覧になって下さい。昨晩は購入したてのカタログ見ながらもう少しじっくり見たい気分になりました。もう一回行こうと思います。エドガー・ドガの踊り子、カミュール・ピサロ、ゴーギャン、ピカソ、ゾクゾクしっぱなしでした。シチューキン・モロゾフのコレクションは世界に誇れると言われていますし・・・・・・・・・・話し出すと長くなりそうなので、今度お会いするときにでも(笑)あ、そうそう鍋のお話もお聞きしたいわ~。
開館時間すぐの入場をお薦めします。平日でもすごい人・人、一つの絵を見るのも時間がかかります。みなさん、じっくりと鑑賞されますから・・。
人ごみを掻き分ける勇気もありませんし・・・時間がかかりますよ。
Commented by chojiiro at 2005-11-09 09:40
♪ともともさん

大阪では年明けそうそうです。
今回は見ごたえ充分なんですよ。絵画は描くのも鑑賞するのも大好きなんです。義母に油絵セット揃えてもらいましたので、そろそろ思い腰あげないといけません。夫の両親は画廊をしているんですが、夫は絵には全く興味がないんです。音楽にはうるさいんですがね(笑)。
上野の森は憧れの東京芸術大学がありますし・・・昨日も楽器を抱えた学生さんを何人も見かけました。
BLAVIOどうでしたか?我が家も大型液晶TV探しているんです。
お薦めがありましたら教えて下さいね。大型といっても37型ですが。
30万ぐらいで買えるのは日立ぐらいなんですよね。性能はどうなんでしょう?ともともさん、お詳しそうです(PCも分解してしまうところ・・・尊敬)
Commented by bluemoon_tomo at 2005-11-10 17:36
TV、比較検討中なのです。色の好みもあるので、どうしようか悩み中です。
<< 柿の葉寿司、ミニミニ・・・・・ スーパーボール250000個 >>