大人の林間学校 8年目の夏 NO.1  夕去りの會

d0023047_1143526.jpg


「大人の林間学校」今年で8年目になります。

新宿から5人で小淵沢まで、八ヶ岳の山荘からはrainyさんがお迎えに来てくれ、
先ずは、こちらに向かいました。

d0023047_1214153.jpg

八ヶ岳山麓の森の中にある「Chinese Tea Cafe gilin」
中国茶と飲茶の美味しいお店です。


この食事が唯一外での食事となりました。
山荘に向かいながらスーパーで食材を調達。
八ヶ岳の山の上は澄んだひやりとした空気。思わず深呼吸してしまいます。
下界の灼熱を思えば、この空気もごちそうです!

昨年に引き続き初日の夕飯は「焼津、茶懐石温石さんの出張料理」です。
今年はトリプル20歳(20×3とでも言いましょうか)を迎える2人のお祝もかねて。

「夕去りの會」
八ヶ岳の陽が落ちる時間の流れを楽しみ
夕去りの夕焼けが還暦をお祝いする赤にかけたという何とも詩人な
温石さんのテーマとそれになぞったお料理。

それに加え、骨董に造詣が深いrainyさんのご主人様がこの日の為に準備して下さった
素晴らしい器!
d0023047_1521577.jpg



■冷たいシャーベット状の西瓜にスパークリングワインを入れた食前酒
■先附の甘長唐辛子のポタージュ
■先附け 太刀魚、茄子、ジャガイモ
■碗盛り メバル、ジュン菜
■造り  鮪、鯒、烏賊
■焼肴の赤ムツ
■鰻 白焼き
■進肴伊勢海老、セロリ、梅のジュレ
■飯  鮑飯 冬瓜の味噌汁 漬物
■主菓子 半生菓子焼き立てで
 ■薄茶

芙蓉手の染付(お造り鮪、鯒、烏賊)
明朝呉須赤絵皿(焼肴の赤ムツ=のどぐろ)、江戸末期再興九谷の小鉢(伊勢海老、セロリ、梅のジュレ)
人間国宝の金重陶陽の備前手付き皿(鰻の白焼き)

d0023047_275753.jpg


温石の杉山さんのお料理は素材の良さはもちろんのこと味・設えには品格が漂い
丁寧さと心がこもったお料理、いつまでも愛でていたくなるくらいの美しさ
八ヶ岳の山荘の暖炉の薪の燃える音がバックミュージック。
このシチュエーションが夢のような時間でした。

トリプル20歳おめでとうございます!!(正確にいうと8月に1人、来年1月に1人がトリプル20歳)

八ヶ岳・・・つづく。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お知らせ

d0023047_822133.jpg8月6日発売の「ELLE à table」9月号にて
料理家ファイルのお料理とスタイリングを担当させていただきました。
ご覧になっていただけましたら嬉しいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by chojiiro | 2015-08-08 01:43 | 八ヶ岳
<< 大人の林間学校 8年目の夏No... 真夏のクリスマス Baking... >>