インテリアトレンドショー

d0023047_3303084.jpg

インテリア業界を代表する企業が世界から集う国際産業見本市で1982年から続いてます。カーテン、テーブルクロスやラグ・カーペット等のファブリックスやデザイン性の優れたインテリアが出品、その中でも、日本の伝統美(主に布の見せ方)に注目した展示、あまりにも素晴らしかったので紹介させてください。

祭りと布をテーマにした「ハレの日のしつらい」をアトリウム内で展示。(かつての日本の良さが失われてしまった現代に、新しい生活提案として、家庭生活のハレの日を再構築し、その喜びと楽しさを盛り上げるための展示です)。
d0023047_451094.jpg













日本古来の伝統を受け継ぐ「祭り布」のゾーン
●加賀友禅の魅力の一端を味わえる、「花嫁のれん」、能登七尾周辺では今でも」お嫁入り当日「花嫁のれん」を婚家の仏間、部屋に吊り下げる風習が残っているそうです。
d0023047_319558.jpg

●京都山科の伝統的な祭り「はねず踊り」で使用される布です。古式ゆかしい色名を今に伝える「はねず」。「はねず」とは薄紅色のこと。京都随心院には「はねず梅」と呼ばれる薄紅色の遅咲きの梅を集めた梅園があり、丁度このころ見頃を迎えるようです。
d0023047_3195955.jpg

●長野県飯田市ふるさと水引工芸館より冠婚葬祭に欠かせない真心細やかな美を表現する「水引」をお借りします。
d0023047_320388.jpg

●青森県津軽地方の「津軽獅子踊」で使用される布、獅子頭と衣装と背景になる布などが見どころです
d0023047_3205672.jpg

●桜ともみじの布使い
d0023047_3221457.jpgd0023047_3222511.jpg










日本の伝統色、好きなんです。「丁子色」のブログ名、そこから名づけました。
インテリアトレンドショーは東京ビックサイトで26日まで開催されます。
日本の伝統色には風情ある謂れがあるんですね。趣き深い色の名前、こちらでご覧になってください。
[PR]
by chojiiro | 2005-11-26 23:24 | インテリア講座 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://chojiiro.exblog.jp/tb/2261655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sodanote at 2005-11-26 07:20
トレンドショーの広告は見てました 行けないかなぁなんて
ちょうど設計事務所にお勤めのママ友達が昨日行ったようです
こういう日本の伝統美が見れるのは、滅多に機会がないのでいいものですね
伝統色は落ち着きがあり、趣もありますよね
ひさめ色や深支子など好きな色合いがいっぱいです
Commented by yuki_briar_rose at 2005-11-26 07:56
素敵ですね。私も見てみたいなぁ~!
和裁用の糸って日本の伝統名で並べられることが多いんですが、
その繊細な名前に穏やかな気持ちになったりします。
古典文学に出てくる色をみつけたりすると、なんだか想像がふくらんだりして
それもまた楽しかったりして・・・。
Commented by bluemoon_tomo at 2005-11-26 11:59
随心院の梅、実家の近所なのでとてもなつかしく拝見しました。
京都に行ったのに、京都を堪能できなかった分、
こちらで日本の美を堪能させていただきました。
色、名前からいろいろ想像するのもだいすきです^^。
Commented by kiyonokku at 2005-11-26 13:09
インテリアトレンドショーではこんな日本の文化も紹介されているんですね!日本の布の染め方や花の模様など、やはり長年日本人として無意識に刷り込まれているせいか、自然にきれいだなと思います。色の和名は今では聞き慣れなくてわからないものも多くありますが、日本人にはほっとできる色ばかりですね。 
Commented by bun at 2005-11-27 00:45 x
こんばんは!久しぶりに遊びに来たIC勉強中のbunです。
chakoさん最近、すごい勢いでアップされてますね♪素敵な事でもありましたか?私は、最近とても趣味が似ている友人が出来ました。好きなものが同じ感覚で分かち合える人がいるととっても嬉しいです。
そうそう、最近i-stylersに行った際に、「好きなブログで紹介されていたので遊びに来ました!」と言ったら、とても丁寧に家具の説明をしてくださいました。
VIRON@丸の内も行きました!でも、丸の内はモーニングやってないそうです。残念。私は、cicoute bakeryも好きです。オススメでーす。
Commented by azumihazumi at 2005-11-27 06:46
トレンドショーのイメージ違ってました。
最先端のディスプレイが満載なんだろうと思ってたので意外。
でも最近『和』が見直されているのでこういう伝統的な展示がトレンドなんですね(笑)
Commented by yoka-style at 2005-11-27 14:04
日本の伝統色名のサイト・・・教えて頂いてありがとうございます。
日本の言葉・・・趣があって 美しいですよね
色それぞれに由来があって、その背景にある物を
想像するのも楽しいです。
Commented by claudia8 at 2005-11-27 14:13
今回は日本の伝統が随分多く紹介されたようですね。
友人(IC)が昨年のトレンドショーである伝統工芸に惚れ込んで、それをメインにしたショップをはじめたいと頑張っています。
クリアしなければならない問題もありますが、実現するよう手助けできることはしたいと思ってます。
日本の伝統色の色彩は日本の四季、風土から生まれた色なので落ち着きますね。 名前も奥ゆかしい感じがして好きです(^^)
Commented by chojiiro at 2005-11-27 18:45
♪まきっちさん

これはほんの一部で、まきっちさんが参考にされる部分はこれから紹介しますね。内装材、ファブリック、かなりの新商品が出ており、これからの
まきっちさんの家作りに参考になる資料もありましたよ。
画像の紹介追々していきますね。この手の招待券は何部もいただきますので、次回差し上げますよ。
Commented by chojiiro at 2005-11-27 18:49
♪yukiさん

和裁の糸の名前も日本の伝統色なんですね。糸並べて眺めていたいですよ。お裁縫は懲りすぎて肩こりがひどくなりますので封印しているんです。yukiさんは和裁されるのでしょうか?
古典文学の色の表現は実に趣き深く美しいですよね!
Commented by chojiiro at 2005-11-27 18:54
♪ともともさん

随心院、ご実家のお近くなんですね。京都にお住まいがあるなんて憧れてしまいます・・。薄紅色の梅、そして伝統のおまつり、京都ならではの風景ですね。日本の伝統色も全てが京都の雰囲気に溶け込みそうな名前ですよね。ともともさんも色からの想像お好きですか?私も色彩の文献はよく図書館で借りて読んでいますよ。
Commented by chojiiro at 2005-11-27 19:00
♪きのっぴさん

そうなんですね。和名の謂れを調べますと、自然からの染料の名前、風景の名前など日本の美しさを表現していますよね。発色は水に影響されるようです。日本の水はこういう柔らかいしなやかな色を生み出すんですよね。日本人として誇れる伝統色でほっとしますね。

Commented by chojiiro at 2005-11-27 19:08
♪bun さん

はじめまして!ICの勉強中なんですね。ICの試験範囲は実に広い分野からですので勉強もかなり大変だと思います。2次試験の図面・パースも
平行して学習されていらっしゃるでしょう。是非夢をかなえてくださいね。
応援しています!
i-stylersいらしたんですね。4階のキッチンシャープで素敵でしたでしょう、5階のベッドルーム、そのまま自室のベッドルームにしたいぐらいです。
下北沢のチクテベーカリーですか?いろいろ噂は聞いていますが、まだ
食べてないんですよ。今度行ってきますね。bunさんこれからもいろいろな情報教えてくださいね。
また遊びにいらしてください。ICの勉強頑張ってくださいね。
Commented by chojiiro at 2005-11-27 19:13
♪あずみさん

これはほんの導入部なんですよ。メインは最新のトレンドのインテリアの紹介でした。追々紹介していこうと思います。あずみさんならかなり興味をお持ちになる内容かと思いますよ。素敵なファブリックにため息でした。
Commented by chojiiro at 2005-11-27 19:17
♪yokaさん

yokaさんも植物に興味がおありでしょうから、自然の植物が染料になり
その名前が色名になっていたり、日本の奥ゆかしさ・風情・趣・こんな抽象の世界を具体化した伝統色、これからも守っていきたいですね。
色のサイト暇がありますよ眺めているんですよ。
Commented by chojiiro at 2005-11-27 19:27
♪クラウディアさん

和の布の伝統日がコンセプトでしたが、美しい色の合わせ方にため息が出ました。ご友人のお店、楽しみですね。オープンしましたらお知らせくださいね。私も興味深々です。クラウディアさんが助っ人なら心強いはずですね。
日本の歴史が感じられる伝統色、インテリアの世界でも取り入れていきたいですね。

今回のトレンドショーでは。メカ物のメーカーさん(ニチベイ・立川ブラインドさん)がかなり力を入れていました。サンゲツさんはトラディショナルな世界をベッドルームで表現していましたし、トーソーさんは、バーチカル風なパネルスクリーンを、それも今までのファブリックのスタイルを打ち破って斬新で美しい展示でした。写真を撮ってきましたので、追々紹介させていただきますね。
<< クイジナートで時間短縮 ジュノエスクべーグル >>