小型の食パン型

パンを焼くのにむいているのはガスオーブンですが、普及率からいえば電気オーブンのシェアが断然高いようです。電気ですと焼き色が薄く、上部が焦げてしまうという質問をよく受けます。
   この対処法としては、温度の調整を2段階(コールドスタート150度で焼成後、
   190度で焼成)焼成を、もう少し細かく温度調整することですが、
   この方法は手間がかかりますね~。
   では、小型の型を使うというのはいかがでしょうか?焼成時間も短縮されますし、
   上部が焦げる心配も不要です。
d0023047_673148.jpg

どんな型をしようしたかというと
d0023047_6243867.jpg

   どうして食パンを焼いたかといいますと、夕方憧れのバター(CANTIN)が届きました。
   フランス旅行のおみやげなんです。CANTINのチーズは新宿伊勢丹で扱っていますが
   バターは日本未入荷なんです。貴重なお品ありがとうございました。
   CANTINをメインにしたお料理考えます。その前に、
   朝食のパンが楽しみです~~。
[PR]
by chojiiro | 2006-02-21 23:55 | パン教室
<< CANTINのバター 春色 >>