重要文化財のステーキハウス

     300年以上前に建築された風情あふれる古民家、重要文化財
d0023047_2342446.jpg

d0023047_23432096.jpgステーキを中心とした和洋折衷のお店、素材には高いこだわりを持ち、市内に和牛の牧場や田んぼがありここで素材が飼育・栽培されています。備長炭で焼き上げられたステーキは、一口食べるごとに口中に脂の甘みが広がります。 肝心のステーキの写真、ボケて使い物になりません~(涙)。光量が足りないのかな?


d0023047_23445822.jpg漆喰材の商家だったという豪奢な店内。灰屋は江戸時代の屋号の名残だとか。この梁、立派でしょう!
カウンターは一枚板、随所に磨きぬかれた古材が使われているんです。この空間落ち着くんです。




d0023047_23442427.jpg

        仕事柄か、建物の内装材・外装材・意匠・気になります。
        気がつくと、お食事のお写真より
        建物のお写真ばかり・・・・。重要文化財に指定されると、
        建物を壊すことが出来なくなるため、
        こうして内装を一新し、梁・柱を上手く利用し店舗にしたようです。
        この一本の柱・梁、最近の建物からは味わえない贅沢さがありました。
         
        今日は同僚の結婚のお祝い、”おめでとう、幸せになってね
[PR]
by chojiiro | 2006-02-24 23:55 | 日々
<< ルク今日も活躍! ル クルーゼ  デビュー >>