ぐるぐる巻き巻きパンのその後

あの時拝見した、那須のペニーレインのブルーベーリーパンが脳裏に焼きついたまま忘れられず、パウンド型で小型ブルーベリーパンを、あの姿を思い描きながら作ることに、これがなかなかのお味、今回、粗蛋白11.0% 灰分0.48%、フランスの代表的なパン職人エリック・カイザーと日清製粉で共同開発したプレミアム小麦粉(メゾンカイザートラディショナル)、これがそれはそれは深いパンのコクを味わえるお粉、パンのお粉はパンそのものの味を決めると言っても過言ではなく、美味しいと言われるパンは、粉へのこだわりが相当のものだと推測しています。
d0023047_1634207.jpg

d0023047_16344018.jpg

天然酵母には、国産小麦の「はるゆたか」を、ボリュームを出すパンにはJHBSの食パン用粉を、お教室の時もパンのレシピにより厳選したお粉を使用、粉の蛋白質量11.5~13.5%の小麦が最高級品と言われており、カナダ産アニトバ州のウエスタン・レッド・スプリングが世界No1と評価されていると、以前講師研究科のゼミでJHBSの校長先生からお話を伺ったことがあります。これが俗にいう特等粉といわれ、階級は1等粉・2等粉・3等粉・・とその下が末粉、この末粉にあたるのが、カメリアのイーグルあたりです。
パン作りをされていらっしゃるブロガーの皆さん、是非メゾンカイザーのトラディショナルお試し下さい。格段上のパンができるかと思いますよ。(富澤商店で扱っていますよ)
[PR]
by chojiiro | 2006-09-07 16:52 | パン教室 | Trackback | Comments(32)
トラックバックURL : http://chojiiro.exblog.jp/tb/3734612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by naturelle_maki at 2006-09-07 18:06
とても美味しそうですね 素敵なお茶の時間になりそう!
お粉でそれほどにもお味が違うものなんですね
奥が深いです・・・・・・・・・・・
お教室 ほんと体験したいぐらいです ^^
Commented by fairy-hiromi at 2006-09-07 18:58
うううっ!なんて美味しそうなんでしょう~
粉もいろいろあって味が違うんですね。
何にもわからない私も、食べればわかる!(笑)
このパンは、見ただけで美味しいってわかりました。
chakoさんに教えていただく日がいつか来るのかしら?
劣等生だろうなぁ~
Commented by miki3998 at 2006-09-07 19:20
やはりお粉にもこだわりがあるのですね。一度いただきたいものですね。
私はグルメではないので、何にも知らないのです。ブログを始めていろいろな情報を教えていただきました。chojiiroさんのパン教室、通ってみたいです。食べるのが専門ですが(笑)。
Commented by yukino1997 at 2006-09-07 19:30
一度色々なお粉で作った同じタイプのパンを食べ比べしてみたいです。
ふくらみ方などにも違いが出そうですね~。
パン作りは全くの初心者なので、一度しっかり教えていただきたいです~!
Commented by mrs.samantha at 2006-09-07 19:55
粗蛋白11.0% 灰分0.48%???・・・陶芸釉薬配分も化学ですがパン作りも化学なようで・・・数学、化学もっと勉強しておけばよかったです(汗)パンの方は食べる専門で・・・食べ比べのお教室への参加希望いたします!
Commented by gen3da at 2006-09-07 20:18
おーーーーー、化学の授業かと思って懐かしくなっちゃいました。
「メゾンカイザーのトラディショナル」という粉が売っているのですか?
富澤本店は小学生の頃からウン十年愛用しているので、
早速物色に行ってみます!!。徒歩10分!!
Commented by pe-yuri at 2006-09-07 20:34
何度かいただいたchakoさんの美味しいパンはお粉から吟味され作られているのですね。納得。
先日、私も、那須のお土産にこのパンいただいたばかりです。chakoさん作も美味しいのでしょうね。
Commented at 2006-09-07 20:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by happyseeds at 2006-09-07 21:29 x
「美味しそうなパン」いえいえ、「美しいパン」と呼びたい姿です。
私もchakoさんに教えていただいてからトラディショナル
愛用しています。
国産小麦とはまた違った深い味わいですよね。
酵母にも合う気がします。
あー私もこんな美しいパンが焼きたい・・・です。
Commented by chojiiro at 2006-09-07 23:12
♪まきっちさん

お米と同じように、産地でお味が違います。これはコーヒー豆もお味ですね。そのパンの特徴に合わせてお粉を選ぶのですが、これがパン本来の味を左右するように思います。まきっちさんは、勉強家ですから、その辺のところ一度踏み入れたら、私などよりもお詳しくなられると思いますよ。
10月・11月にクリスマスのパンのパン教室開講予定ですが、その時期は、お忙しいですね~。パンだけでも試食してみますか?
Commented by chojiiro at 2006-09-07 23:17
♪hiromiさん

そんな~私こそ教えていただきたいですシュガーの世界。
美味しいパンを食べ尽くしておいでのhiromiさんですから、厳しい基準がおありかと。いつか召し上がっていただく時のためにも、精進あるのみですね。このお粉・・かなり美味しいです!!パン屋さんですと、コストとの兼ね合いでここまでの強力粉を使用するところが少ないので、パン好きのhiromiさん、味わっていただきたいです。
Commented by chojiiro at 2006-09-07 23:23
♪mikiさん

食べるのが専門だなんて、それも歓迎ですよ。皆で作ったパンを頂く時は、一瞬シーンとそのお味を噛み締め、その後は楽しい談笑会でして、
毎回あっと言うまの4時間です。お米と同じで産地により、美味しさに開きがありますし、コストも同じように開きがあります。これを商売の採算ベースで考えますよ、パンのお値段が高いのも頷けます。時間もかなりかかりますものね~。
Commented by chojiiro at 2006-09-07 23:29
♪yukinoさん

yukinoさんは和食からフレンチまで幅広くご存知でいらっしゃいますので、パン作りの面白さに目覚めたら・・かな~り凝ってしまうのではないでしょうか?パンの簡単な作り方というような本ですと、手軽には出来ても、
本来のパンの作り方ではない場合が良く見受けられますので、基本からの方が宜しいかと思います。食べる専門、それも励みになります、焼いて焼いて・・・食べて食べて・・これ楽しそうですね。
Commented by eclat_chako at 2006-09-07 23:39
夏はパンお休みしていました。
そろそろ焼き始めようかな・・・なんて思っていますが、また一からの出直しにならないかと心配しています。
お粉で出来が違うのは良くわかります!私がよく購入しているパン屋さんも、お粉とイーストに拘っていらっしゃるようなのですが、やはり美味しいですよ!
Commented by chojiiro at 2006-09-07 23:40
♪samanthaさん

陶芸も緻密な数字が微妙な色加減・焼き加減を作り出すのでしょうね。
以前体験入学で陶芸しましたが、一言で、楽しい!まだまだ先生のお手を煩わせてばかりでしたので、こんな生意気な言葉はご法度なのですが、時間できたら、打ち込んでみたいと思っております。
化学、まさに化学・数学かもしれません。美味しいパンを作る条件の一つでもある、その生地の適切な捏ね上げ温度にする数式、ベーカーズパーセンテージ(自分の焼きたい分量の割り出し方)の計算もすべて数学かと。また型の容積を計算して、パン生地をどれだけ入れたらよいのか、このあたりも・・。私の場合、当初はかなり細かく計算していましたが、最近では経験に物を言わせてしまいがちな傾向にあり、この辺で基本に返ってみても良いかなと。食べ比べ、感想、是非お願いしたいです。
Commented by chojiiro at 2006-09-07 23:55
♪genさん

化学選択していました?(あれ!これ選択でした?)遠い昔で記憶が曖昧なのですが、なぜか化学Ⅱまで必修だったような気がします。これが以外と面白く元素記号に足を何本も描いたり(だいたいこんな記憶、いい加減に覚えていることバレますね・・)
富澤商店本店はご近所なのですね!教室の生徒さんにもご実家が、あの辺りという方がおられます。今まではオンラインを利用することが多かったのですが、最近千葉にも出店され、助かっています。
トラディショナルという商品名です。いいな~本店がその距離、ショップの商品拝見しているだけで楽しいですよね。

Commented by chojiiro at 2006-09-08 00:03
♪yuriさん

まだまだ・・なパンをご試食いただきまして、その節はありがとうございました(笑)。つくばのお野菜が美味しいように、産地で小麦のお味もかなり違うようです。勉強の為に、市場に出回っているほとんどのお粉を試しましたが、やはり好みのものは絞られます。またパンのレシピによって
お粉の良し悪しがあり、まだまだ難しい分野、これからもまた新たな発見がありそうで楽しみです。ペニーレインのあの綺麗な幾重にも繋がるぐるぐる召し上がったのですね。今回小型のパンにしたため、あのぐるぐるの再現が難しく・・ぐ・ぐらいで終ってしまいました。
つくばの美味しいパン屋さん、教えていただいたのにお店の場所・名前忘れてしまいました。今度是非、常磐エリアのパンめぐり、ご一緒させてくださいませ。
Commented by chojiiro at 2006-09-08 00:09
♪鍵コメさん

今日はありがとう!週末、夫の動向をチェクの上、ご連絡を・・(笑)
あ、あの時のトラディショナルまだあるでしょう(笑)
では、時間がありましたら連絡しますね。
お料理、行きましょうか!gameさんにもメールしてみますね。
Commented by chojiiro at 2006-09-08 00:21
♪happyseedさん

前回はトラディショナル+天然酵母で作りましたが、この組み合わせも、好みです。パンの立ち姿て、わかりますよね。成型の巻きが甘かったりしていると、どちらかに傾いたり、生地が詰まったり・・パン作りしてきたからこそ、その姿で美味しいか否か・・今まで経験を積み上げたhappyseedさんからの心強いお言葉、身に余る光栄です。素直に嬉しく拝見しました。JHBSのきめ細かい講義のおかげで基本を叩き込まれたかと、思います。happyseedさんのパンもとてもお人柄のわかるような温かいパン、いつも楽しみに拝見しておりますよ。
姿は丸め・成型・この積み重ねのような気がします。講師テスト時、かなりこの辺り勉強しました。あの頃は毎日食パン4個、あんぱん20~30、ロールパン20~30個、1ヶ月焼き続けました(笑がでるぐらいの過酷さでした~)
Commented by harucooking2 at 2006-09-08 00:24
chakoさん
いや~偶然!夕べトラディショナルでクルミパンを作りました。明日の朝には家族の口に。。。UPできないかもです。3:2でトラディショナル:ヨットにしてみました。わたしは日本製粉のヨットが好きなんです。日清のカメリアと同じ等級だと思うのですが、もちもち感があって・・・。chakoさんこの秋、某計画を具体的に計画しましょう♪
Commented by chojiiro at 2006-09-08 00:28
♪eclat_chakoさん

ブランクが多少あると、あの作業がかなり面倒になりますよね。
でも、あの焼きたての感動、美味しさを思い出しますと、すぐにでも
焼きたくなりませんか?パンが切れているとついついまたパン捏ねして・・
焼成、この日々は変らず続いておりまして、eclat_chakoさんもすぐにまたあの感覚、戻ると思いますよ。
お粉のお味分かりますでしょう。そのお店とはもしや「ル・クール」ですか?私の一押しなのですが・・・。
Commented by chojiiro at 2006-09-08 00:39
♪haruさん

某計画!それは賛成賛成~。
haruさん、配合も細かく研究されていらっしゃるのですね。私も、その辺のあたり少し試してみなければならないとは思いながら・・のびのび・・だらだらでここまできています。
ゴールデンヨットを2にトラディショナル3ですね。なるほど。なんとなくお味が想像できます。今回、全てがトラディショナルゆえパンの旨みはでるもの、お菓子感覚のふわふわさが今一足りなく、何か配合すればと思っていました。とてもありがたいアドバイス。
胡桃のパン、完食ですか?あら残念。成型はあの周囲をカットする方法でしょうか?あの成型綺麗な仕上がりになりますよね。
Commented by rururu at 2006-09-08 01:47 x
ふだんホームベーカリーで焼くときは、私もはるゆたかを使っています。
メゾンカイザートラディショナルという名を聞いたのは実は夫からで、
テレビでこれを使ったパンのことを見て食べたいといってました。

今は基本的にパン断ちしてますが、どうしても食べたいときは米粉を使って焼いて、少しだけバターをつけて食べてます。
もっと食べれるようになったら是非取り寄せて食してみたいです!
Commented by bluemoon_tomotomo at 2006-09-08 06:58
なんて美味しそうなんでしょう!
うわぁ~うわぁ~うわぁ~という言葉で
伝わるかしら?
ほんとにきれいで美味しそうです^^
Commented by chojiiro at 2006-09-08 07:47
♪rururuさん

rururuさんのご主人様、食のアンテナ高いですね~。
封をあけた袋から漂う香りがまず違うところ、さらさら加減も。
以前は10キロ入りしかなかったのですが、好評なのか1キロ・2.5キロも新たに発売されたんですよ。是非お試し下さいね。
まだ、パン断ちは続いているのね、つくばの街もパンの街に変貌するとかで、楽しみですね。その時はrururuさん、案内お願いしますね。
Commented by chojiiro at 2006-09-08 07:53
♪ともともさん

食パンぐらいの大きさにすれば、ブルーベリーのコンフィチュールの渦巻きが幾重にもできたのですが、パウンド型での成型、何とか、輪になったかな・・て感じで、美しい姿には若干遠いのですが、何よりも美味しかったので、これは満足しています。焼いた瞬間に娘達とおやつに頂き、あっという間に完食してしてしまいました。
Commented by yoko_mama at 2006-09-08 09:15
私、パン作りはしておりません。
なのでお味見だけを希望します。なーんちゃって(爆)
chakoさんが近ければ習いに行くのにな~残念!
いつもいつも画像だけで美味しさ気分味わってる私です(涙)
Commented by chojiiro at 2006-09-08 10:07
♪yokoさん

お味見にお出でいただけますか?わたしこそ、yokoさんに教えていただきたいことが山ほどあります・・。その一つがパッチワーク・お料理・・・・と
飛んでいければ最高なのですがね~本当、残念です。
Commented by azumi_diary at 2006-09-08 10:24
chakoさん、相変わらずパンの研究には余念がありませんね。
この探究心があのすばらしいパンを作る源なんですね。
ブルーベリーのぐるぐる巻きのパン、お味見隊で伺いますよ~(笑)
Commented by chojiiro at 2006-09-08 18:40
♪あずみさん

こちらにもコメントありがとうございます。それでなくても、コメントお返しするのが大変かなといつも思っておりますが、恐れ入ります。
ただただ・・パンが食べたいかなと、それだけでして、お恥ずかしい限り、
是非是非~~お味見隊のご到着、のぼり旗あげお持ちしております。
Commented by pugmug at 2006-09-11 14:08
非常に美味しそうです!!!
何だかあの時の美味しさが今にもよみがえって来そうです〜♪
それにしても、チャコさんのパン教室もとっても魅力的です〜(^o^)
Commented by chojiiro at 2006-09-11 22:55
♪pugmugさん

いえいえ、ペニーレインには程遠い出来ですが・・小型パンにしたために渦巻きのぐるぐるならず撃沈です^^;
私のお教室JHBSは全国各地にあるの~。たぶん、pugmugさんのお住まいのお近くにもあると思いますよ。思い起こせば、次女が年少に入った頃(あの頃は一時期専業主婦をしておりまして・・)パンを習い始めました。pugさんのセンスなら習得早いかと思いますよ。
<< 二期倶楽部  森のフォーク 今日も真似真似 >>