シャビーシック

『shabby シャビー』とは、みすぼらしいと言う意味ですが、数年前から、アンティークな家具・小物に手を加え、新しい再生を求めた『shabby cick シャビーシック』がインテリア業界・アパレル業界で、もてはやされております。

日本人はどちらかというと流行に左右されがちですが、最近は逆に年月が経っているよう古びた感じを出す為、サンドペーパーで擦ったり、わざと傷を付けたり、汚れたように塗装して味を出したインテリア家具・小物の売れ行きも好調のようです。デニムもしかりですね。わざと生地の色を抜いたり、使い古されたような風合に。さすがに、、、穴の開いた?デニムは抵抗がある年齢ですが?皆さんはいかがでしょう。

歳をとることがエイジングなら、ただ老いるだけでなく、歳をとるほどに優雅に、洗練されていく姿に憧れます。インテリア・アパレルに限らずそこに美学を見出し心奪われるのかと思います。

日本でも西洋のように古いものをインテリアに持ち込むセンスを身に付け、代々と受け継ぎ数百年と使えるインテリア家具・小物を大事にしていきたいものですね。ある意味、エコに繋がる考え方!万歳shabby !!

わが家のshabby 色
d0023047_20452437.jpg

わが家のアイアングッズ(shabby には関係がありませんが、、、好きなもので・・・)
d0023047_20471574.jpg

[PR]
by chojiiro | 2007-04-16 19:55 | インテリア講座
<< Curryでパン教室 ル・コルドン・ブルー デュプロ... >>