CICOUTEのマフィン・・・・

d0023047_1913880.jpg

d0023047_1925044.jpg

購入するのが一仕事なチクテのマフィンにも関わらず、今回は一筋の汗も流さずにいただいてしまいました~。
これも、、、台風の最中、汗ダクダクでマフィンを準備してくださったアンちゃんのおかげ
レアなマフィンですもの、気を引き締めていただきましたよ。
レーズン酵母のサワー種、粉は国産小麦 みのりの丘、塩はブルターニュ産ゲランドの塩、
と材料を拝見しただけで美味しさが伝わってくるようです。
天然酵母使い、国産小麦、ゲランドの塩、、、ここまでは実はciacolittaの材料と同じなんです。
季節や温度で少しずつ変わる酵母菌と上手に付き合いながら一つ一つ焼いているというプロセスもおこがましいようですが実は同じでして・・・・。パンへの愛情はパン作り手としてはプロも素人も同じですね。

こちらは正統派ドイツパン「東京フロインドリーブ」のポンパニッケル、グラハム、ソフトバイエルン

d0023047_1944014.jpg

d0023047_1935856.jpg

ライ麦90%配合グラハム粉90%配合のずっしりと重い本格的なドイツパン、もともとドイツは土地が肥沃ではないため小麦が栽培できずにライ麦の栽培が盛んであった国。ライ麦比率が多いほど、色は黒く、酸味が強くなり、もっちり感が増し、歯ごたえが強くなります。保存性もよくなるだけでなく、ライ麦比率の高いブロートほど、あじの濃い食べ物との相性がよくなります。クセのあるチーズが合うのだろうが朝食にはいささかチーズも重く、手軽なペッパー入りクリームチーズと自家製ピクルスでいただく、このシンプルさが美味しい。アンちゃん、ご馳走様♪そうそう、またレアなドバイのサフランこの時にサフランライスにしましたよ~。ドバイ・・・・あのキンキラな・・・よね~。どうりで金の味がしたわ~(爆)。

10月10日、29日の追加の「Baking Studio Grano Di Ciaco」沢山のお問い合わせありがとうございました。お問い合わせいただいた方々にはメールをさせていただきました。
当日楽しみにお待ちしております。
また、11月はクリスマスのパンであるクリストシュトーレン・パンリース飾りレッスンご希望のお声もあり、また随時募集させていただきます。また、今回は残念ながら時間や日程のご都合が合わなかった皆さんともメールでお話できましたこと嬉しく思っております。またご縁がありましたら、よろしくお願いいたしますね。

[PR]
by chojiiro | 2007-09-28 19:38 | ありがとう
<< 新人戦   Baking studio G... >>