GW明け三日連続

5月7日~9日の週末レッスン復活第一弾まで、一挙ご紹介させていただきます。

5月7日はレギュラークラスのレッスン、「パン・ド・ミー」「ピタ」
d0023047_5295267.jpg

ピタパンは冷製ラタトゥーユをサンドして、
仕上げ発酵に2時間余かかるパン・ド・ミーはトーストしてカリカリ・モチモチの食感を楽しんでいただきました。
教室の人気No.1のパン・ド・ミーは、ホシノ天然酵母生種・国産小麦はるゆたかの両方の香りを充分に味わうことのできるフレンチタイプの山型食パンです。
d0023047_550322.jpg


d0023047_6575644.jpg

この日、パン・ド・ミーの写真を撮り忘れたために、以前の画像使用。
真ん中の引き、釜伸び、ボリュームが充分に出ています。

グルメなIさんから頂戴したデルレイのマカロン
d0023047_5381833.jpg

デルレイのチョコレート同様、品のあるお味です。ごちそうさまでした。



5月8日は久しぶりの新規クラス、
以前からお問い合わせを頂戴しお待ちいただいた方々、ありがとうございます。
「いつまでも待ちます!」こんなお言葉に甘え、かなりお待たせしてしまったかと・・・・。

d0023047_5425665.jpg

パン作りの基礎の基礎、お道具・材料の説明から、ホシノ酵母の起こし方、材料のニーディング法、材料を入れる順番の決まりごと、仕込み水の温度の算出法、捏ね上げ温度についてと、レクチャーに始まり、材料の計量、ニーディング、一次発酵の過程、分割・丸め・成型と、製法に沿っての技術指導、たまには手を取りながら丸め時の力の入れ具合なども調整してみます。

↑の初マフィンも美しい仕上がりです。
アボカト、エビをサンドして
d0023047_5481569.jpg

初ホシノ天然酵母は初レッスン恒例のバゲット・ア・ラ・シェンヌ

d0023047_5493691.jpg


この日、思わぬ出会いがありました。
私が以前担当させていただいた新築住宅のクライアントが生徒さんのお一人だったのです。クライアントさんにはパン教室をしていることなどお話していませんでしたから、驚かれたようです。
帰り際に、
「先生は、もしかして、○○会社でお仕事されてましたか?」
「はい!」
「え、あの○○さん?」と同時に、図面が浮かんできました。確か、片流傾斜屋根のスタイリッシュな建物!
お顔よりも、図面が浮かぶとは(失礼なようですが)不思議なものです。



5月9日イングリッシュアフタヌーン、週末レッスン復活第一弾です。この日ご参加のOさんが参加者をまとめて下さいました。週末レッスンはお問い合わせが多く、この日も7名となり賑やかなお食事時間でした。
d0023047_605861.jpg

天然酵母のスコーンは毎回、大絶賛を頂戴しております。
「ベーキングパウダーのスコーンとは別物ですね」とか
「こんな美味しいスコーンは初めてです」と、毎度のレッスン時同じ反応に嬉しい限りです。
プルマンブレッド2斤型、2本はすべてサンドイッチに仕上げました。

d0023047_68222.jpg

d0023047_685554.jpg


さて、今日からまた連日レッスンになります。このところ、気温が上がっておりますので、午前3時半に生地を仕込むため、本日も2時に起床。酵母の発酵時間に合わせた早起きの季節がやってきました。
[PR]
by chojiiro | 2009-05-11 06:04 | パン教室 | Trackback
トラックバックURL : http://chojiiro.exblog.jp/tb/9710974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 娘との時間  台所編 インテリア本 >>