カテゴリ:手作り( 14 )

教室後

d0023047_16313229.jpg



先日の、お料理教室で教えていただいた、抹茶と小豆のガトーショコラ。
急いで冷まして、食後のデザートに。といっても、レッスン後ですから3時過ぎの遅いランチデザートです。二人の娘達にも大好評なデザートとなり、翌日のお弁当のデザートに持参。


d0023047_16414581.jpg

     アングレースソースとアイスクリームは省略しましたが、それでも充分に美味~です。
     パンの型はほとんど揃っていますが、マンケ型な無し。今回は18cmデコ型丸で。
[PR]
by chojiiro | 2011-05-29 16:39 | 手作り | Trackback

教室を終えると・・・

d0023047_1495926.jpg



コンソールテーブルには涼を感じさせてくれる「どうだんつつじ」の枝、
と、お気に入りのLottaのキャンドルホルダー(鳥モチーフ)
ガラスドーム





d0023047_153248.jpg




窓の外のケヤキの深緑を眺めながら、遅いお昼ご飯(前日の残りベジタブルカレー)

d0023047_17461691.jpg


先週のズームインサタデーでは
[PR]
by chojiiro | 2010-06-19 18:01 | 手作り | Trackback | Comments(6)

週末家ごはん

d0023047_18135460.jpg


ELLE a table  4月号に掲載されたレシピから

ブレッドファースト革命で朝のシドニーが変わった
ホームメイドスタイルの朝食が「世界一の朝ごはん」と称されるパンケーキ。

ご存知「bills」のリコッタチーズパンケーキを再現したもの、

どうも膨らみがいまいちです。
次回はメレンゲ作りをもう少し丁寧に、レシピ量を半分量で作ったのが要因か
(レシピ量は15枚分)
その上、1カップはオーストラリア250ccの注意書き、
分量を間違えたのか、本来のふわふわ感がダウン。

これはリベンジあるのみかな・・・。

娘は「おいしい」と。
夫は黙って!(笑)

もちろん、ふわふわの食感にあのお味、本家と比べると・・・。
もう一度本家本元を味わいに行かなくては!




世界一のご飯といえば、
炊き立てのご飯に

d0023047_18242245.jpg

魚久の銀だらの西京漬け

d0023047_1825211.jpg

京都産万願寺とうがらしを軽くあぶり、かりかりに炒ったチリメンジャコと合え、
少しのお醤油とおろししょうがをそえて

d0023047_18265946.jpg

炊き立てのご飯には「まつのはこんぶ」



味噌汁は
hikaru先生に教えていただいた「モロヘイヤの赤だし」

今夜お夕飯は、こんなラインナップで、
これだけで最高なのだけど、その上にこんなご馳走もあり

手を加えなくても素材の美味しさだけで充分、いや至福。

次女が見たら卒倒かも、炊き立てご飯。
昨日はロンドン三越で焼き鳥、から揚げ、ご飯を購入したとか。
どんなに美味しかったかは、それを説明するトーンで伝わる。








d0023047_18284124.jpg


山東省の魯菜料理を習っていらっしゃる生徒さんのSさんから頂戴した
「チャン ファー   ガー ピン」

ご飯がすすんで大変です!!!!
[PR]
by chojiiro | 2010-05-30 18:29 | 手作り | Trackback | Comments(13)

明日、明後日に  渇!!!!

d0023047_16912.jpg



明日、明後日の二部制のコラボレッスン、
朝から夜まで家を空けることになるため、
常備食作り。

出来上がった常備食で一人優雅に、明日からの「渇!」を入れつつ
食事をしようとしていたところに、娘が帰宅。
あら「今日、早いの?」
お弁当を持たせたので通常通りかと思っていましたが・・、今日は早帰りだそうです。
「ご飯は一人よりも大勢の方が美味しいもの」
と、長女と一緒のお昼ごはん。長女は持参したお弁当。

長女「一人でもセッティングしているの?」と傍らで大笑いな娘、
母「明日からのたぶん、忙しくなるだろう日々へのかっつーよ!」




笠間稲荷の初詣帰りに、初窯市で購入した
d0023047_1451111.jpg


     この台皿を使いたかったのもあるかな(笑)
通常の80%引きの金額に、ついつい財布のひもがゆるくなって、黒の長方形型の器も即買い

既に、明日不在でも何とかなるだろうと
[PR]
by chojiiro | 2010-01-08 14:14 | 手作り | Trackback

ピクルス  再び

d0023047_20173093.jpg

d0023047_20175877.jpg


先日のミニトマトはオイル漬けに(150℃で30分焼いてから一晩乾燥させ、オリーブオイル・ゲランドの塩・ニンニクの薄切りをスライス)、パスタに、パニーニに、チャバタに大活躍。

週に一回はピクルス漬け、
d0023047_20195020.jpg

空き瓶が大好きでコンフィチュールなどなどの瓶が収納庫にごろごろ!
収納スッキリ派の夫にはいささか邪魔な存在らしいが・・。瓶・かごは乙女の好きなアイテムですものね(笑)

d0023047_21101117.jpg

スパイス類は、ローリエ、ブラックペッパー、ピンクペッパー、ニンニク、赤唐辛子、の他に何とも便利なものが
GABANのピクリングスパイス(からし、オールスパイス、クローブ、ディル、シナモン、その他の香辛料入り)
ただ今、キッチン中、酢+香辛料の香りが充満、冷めたらこの中には、

d0023047_21153824.jpg

大きさもまばら、形もランダムなラディッシュ、そこが何とも愛おしい。

ヘーーーールプ
[PR]
by chojiiro | 2009-06-05 21:17 | 手作り | Trackback(1) | Comments(16)

オフ日には

ジムと常備食作りの一日

d0023047_0425338.jpg


思いつきから誕生したハリウッドマフィン、30個焼成。

パンドミー1.5斤型5個焼成、粉2.5㌔分
d0023047_0454290.jpg


このかご3個分のミニトマトは、ピクリングスパイスを使ってミニトマトピクルスに、残りはオーブンで焼成しドライトマトのオリーブオイル漬けに。
d0023047_047796.jpg


豚ロースは、この日習ったロール豚に
d0023047_0483854.jpg

肉たたきで均一な厚みに・・タコ糸巻いて、こんがりとした焼き目、その後調味液で煮込む、漬け込む
味が浸み込んだ頃、お弁当の一品に。

と、ホシノ天然酵母の発酵時間を利用して、合間に家事・ジムでのラテンダンスイベント、買い物とパン時間に合わせたタイムスケジュール。
[PR]
by chojiiro | 2009-06-01 23:00 | 手作り | Trackback(1) | Comments(2)

ノエ先生のルセットからピクルス

d0023047_19415177.jpg

d0023047_19421236.jpg


昨年7月のノエ先生のルセットを引っ張り出し、先週仕込んだピクルス。
本来はニンジン・セロリ・ミョウガ・ミニキュウリも入るのだけど、今回はカリフラワー・赤パプリカの二種で。

お酢の匂いが家中充満していたのか、この日帰宅する娘達に「これ何?」と嫌な顔をされました。
次女に至っては、足の匂いかとお風呂で洗ってきた様子(笑)
深夜近くに帰宅した夫まで「これ何?」と。もう半日も経っているというのに・・・。

この大瓶から1個・2個つまむのがまた楽しみ!

週末もまたピクルス作り!今度はルセットのお野菜で仕込もうかと。
[PR]
by chojiiro | 2009-05-22 19:14 | 手作り | Trackback | Comments(4)

手作り  つぶ餡  餅

お正月のお餅は、もち米を薪で焚いて蒸篭で蒸し、餅つき機でついた母手作りの伸餅。記憶がある幼少期から、正確にいうと、生まれてから手作り餅かと。
伸して切るまでがまた一仕事のようです。
d0023047_17222233.jpg

毎年12月28日~29日の頃をこの準備に当てているようです。幼少期の記憶を辿ってみるとその光景が鮮明に思い出されます。毎年同じような光景、庭の片隅での作業、霜、煙、蒸篭、煙の匂い、今は亡き祖父・祖母・曾祖母、
家族分以外に、叔母家族分、夫実家分、我が家分、その他にも母の餅を楽しみに待っている母兄弟家族分と一体何家族分になるのだろう。

つきたてのお餅を、母特製つぶ餡+きな粉、でいただく。
それが子供の頃の年末のご馳走でした。

これまたお土産に貰ってきた母特製つぶ餡に黒豆きな粉、餅は半分にカットしてから網で焼く

d0023047_17132778.jpg


霞ヶ浦の豊かな水源、肥沃な地で生育された米、野菜は確かに美味、その土地を離れて初めて気が付くとは・・・。そんな土地で収穫されたもち米100%使用、保存料など一切使わないお餅のお味はそれはそれは美味、今年も冷蔵庫に冷凍庫に沢山貯蔵。

家族一押しの定番は、やはりお醤油海苔巻き
d0023047_1720549.jpg

これに幅広な海苔をぐるりと包んで
d0023047_17161126.jpg


昨日はつぶ餡でお汁粉に、当分お餅はおやつ兼食事にしばし登場予定。

ここ数年は同居している妹夫婦がその手伝い要員として駆り出されているようですが、もうそろそろ我が家も加わらないと・・・。ただ食いはいけませんね。



・・・・生徒さんへお知らせ・・・・

1月13日のイングリッシュアフタヌーンレッスン(天然酵母スコーン、サンドイッチ)時もまた、
さかもとコーヒーのオーナーさかもとさんによる、美味しい紅茶の入れ方教室あり、
さかもとさんはかつて紅茶専門喫茶やコーヒー喫茶店をなさっておりました。
現在はコーヒー好きの方の間では全国区になっているコーヒーの焙煎が主なお店のオーナーです。お店に伺うと試飲させていただけますよ。

もちろん23日のイングリッシュアフタヌーンレッスンでも同様な内容で、さかもとさんの講習があります。

楽しみになさってくださいね。

1月13日であればあと二名お受けできます。今回は大好評につき定員を少しオーバーしての募集になりました。
1月23日は締め切らせていただきます。
[PR]
by chojiiro | 2009-01-07 18:33 | 手作り | Trackback

手作りガラス製品、木製品


d0023047_15324799.jpg


先日のNoe先生のお料理教室の後、向かったところはこちら。

d0023047_1521663.jpg

Rikaちゃんお手製のガラスの器・・・・。Rikaちゃんはガラス工芸の学校で学ばれ、卒業制作では賞をいただいたり、作品からその透明感ある感性が伺えます。
我が家においてもこの器、重宝しています。パンの生徒さんにも大好評。
デザート用に、ドリンク用に、サラダ用にと、この夏は大活躍でした。

お父様作木製小物は種類が豊富になって、多様なデザインのトレーが出来上がっていました。
d0023047_15224866.jpg

d0023047_1523630.jpg




パンに合う丸太のカッティングボード、木製品トレー、
パンレッスンにいらっしゃる生徒さんからのご希望も多く
数点お預かりし、しばし我が家に展示させていただきま~す。


いつも素敵な器でウエルカムドリンクを準備して下さるお洒落なRikaちゃんママ、
ありがとうございます♪

[PR]
by chojiiro | 2008-09-09 15:36 | 手作り | Trackback(2)

無垢材の手作り家具

Noe先生のアシスタントをされているRさんのお父様手作り家具、
趣味で家具作りされていらっしゃるのですから驚きです。
自然のままの枝部分の湾曲した形、
板目の美が見事に表現された作品にすっかり心を奪われました。

d0023047_10575570.jpg

ご自宅のお庭には製作された家具があちらこちらに並べられております。


今回その中から数点我が家にやってきました。
表面の塗装を削っていただいたり、私の好みを快くお受けいただき完成した作品です。

d0023047_1122953.jpgd0023047_1133810.jpg

















天板の板目が美しいですね、木のあたたかさが伝わってきます。
コンソールテーブル、スツール、背もたれが独特の雰囲気を醸し出しておる椅子、ベンチ兼用テーブル、桜の枝からもれる光がまた味のある照明、他に木の器などなど。

d0023047_1162960.jpg

d0023047_1165393.jpg

d0023047_1174838.jpg

d0023047_119520.jpg

d0023047_1193768.jpg


Tさま、大事に使わせていただきます。
[PR]
by chojiiro | 2008-05-08 11:11 | 手作り | Trackback(1)