カテゴリ:おすすめ品( 10 )

ラ・タピシエール

d0023047_2332123.jpg




先日、バインダーを作ってきました。カルトナジュの先生は、教室の生徒さんでもあるMさん。Baking Studio Grano Di Ciacoの生徒さん用に、7名分を準備しようかと今回初トライです。

タッセルは銀座の「ラ・タピシエール」で購入。
こちらのお店のオーナーさんはなんと!!生徒さんのご友人さまでした。
イギリスでインテリアを学び、イギリスでいうカーテン職人「タピシエール」の称号を手にしておいで、お店に飾られたウインドートリートメントもまさにイギリスの窓辺を彷彿とさせるデザイン、かつて、日本でもスイスのフィスバなどの高級生地が飛ぶように売れた時期がありました。駆け出しインテリアコーディネーター時代の頃です。あの頃を思い出すような優雅な2倍ヒダ・3倍ヒダをとったドレープ、こんな素晴らしい技術をお持ちだとは!!

ショップは、家庭画報7月号にも紹介されており、インテリア・ファッションの敏感な方は既にタッセルストラップを携帯につけていらしたり、ただ今注目されているお店。これから作るバインダー布地用に、イメージを伝えたところ、お見立てて生地サンプルを送ってくださるとご丁寧な配慮をいただきました。


d0023047_1609.jpg





今回は、手持ちのソレイアードの生地で作りましたが、
ラ・タピシエールのオーナーさんお見立て生地、実は楽しみにしているところです。
(お店のセンスを拝見すると、ワクワク度1000㌫です)


こういう工作的な作業、実はかなり好きな分野です。設計事務所勤務時代には図面を描いたり、模型作ったりしていましたから、切ったり・貼ったり、箱作りは得意中の得意、ただただ、夢中になる性格ゆえ、余りに手を出し過ぎないように、ただただ気をつけないと・・・。
願わくば、タピシエールの勉強もしたいぐらい・・・。
いつになっても夢ばかりが果てしなく・・・つづく。
[PR]
by chojiiro | 2010-07-09 23:58 | おすすめ品 | Trackback | Comments(4)

つくばレッドメロン

d0023047_19333953.jpg


美しい網網模様、上品な香りと味は、なんと表現したらいいのか・・・。
余りの美味しさに、沈黙で目を見つめ、頷く、家族。



d0023047_19352193.jpg

d0023047_19353259.jpg



生産者のお名前がブランドになるメロン!

今日も2個目を冷蔵庫に。
冷蔵庫3~5時間冷やすのが美味しいとか。

まさに生産者の方の愛情を感じるお味でした。
ごちそうさまです!
[PR]
by chojiiro | 2010-06-28 19:39 | おすすめ品 | Trackback | Comments(0)

これ、美味しい!

d0023047_2244486.jpg

数ヶ月前に頂戴したオーストリアのお土産のお塩。
アルプスの塩のようなピンク系岩塩。

d0023047_2263863.jpg

とにかく、びっくりなオリーブオイル。ドリンクのようなさらさら感と爽やかなお味。
バゲットにつけるとその美味しさが更に引き出されます。
ミニバタールレッスン時に、目を白黒させる方続出。

MARFUGA(原産国イタリア)

d0023047_2283384.jpg

こちらは数年来愛用しているオレンジ風味のオリーブオイル。
隣がレモン風味のオリーブオイル。
この大きさは初めてです。先日京都に帰省した生徒さんにお願いしていたところ、
イタリアンフェアーの最中、この大きなボトルをお徳な価格で販売していたとか・・。
重いものお願いしちゃって、ごめんなさ~い。

こちらは生徒さんの中でも愛用者が多くなってきました。
原産国(イタリア)

プロセッコといい、オリーブオイル・・・イタリアンフェアーな我が家。
[PR]
by chojiiro | 2009-12-15 22:00 | おすすめ品 | Trackback

KOCCA     NEW YORK

横並び、縦並び、いずれも愛らしい表情

d0023047_1812381.jpg


d0023047_17175515.jpg


3月のご帰国時に頂いたNY土産のこちらのジャム

あれから、半年。
嬉しいことに、今まで味わったことのないあれも、これもが再び我が家にやってきました!!


今日は、イングリッシュアフタヌーンティークラスのサンドイッチに使用、ホワイトバニラ&ラムがプルマン生地には合うかしらと生徒さんと意見合致、5種の中からのチョイスです。+クリームチーズ、りんごのシャキシャキ感を残した食感にラム・糖の絶妙なバランス。

d0023047_1725463.jpg

d0023047_18163769.jpg


正面も横顔も愛らしいこと!
d0023047_17255174.jpg

スコーンの上にトッピング、ホワイトバニラ&ラム+クリームチーズ。


KOCCA のコンフィチュールはこの春からディーン&デルーカでもお取り扱いされているようです。これが無くなったら、急がばディーン&デルーカといった感じ・・・なほどに美味!!
急がば、NYでなく安心。

NYでは、MARIEBELLE SOHO,
MARIEBELLE MADISON にてお取り扱い中、

このコンフィチュールは日本人の女性がお作りになっていると前回伺いました
甘さ加減が日本人好み、何よりもフレッシュさが秀でていると感じられる品質の良さ。
願わくば、このジャムの作り手さんに私のパンを召し上がっていただきたいと!
密かにそれぞれのお味に合うパンを構想中。
9月のレギュラークラスに登場する、ハード系2種にもきっと合うはず。
もし、もし、ご帰国の際はご一報をお願いします・・なんて願いを唱えてみます。
ネット社会ですから願わくば・・・あるかもしれませんよね。



今年ほれ込んだ一品です。
[PR]
by chojiiro | 2009-09-01 17:31 | おすすめ品 | Trackback | Comments(12)

イズニーAOC発酵バター

フランス産ノルマンディー地方のisignyバター有塩

d0023047_22303970.jpg


フランス産のバターと言えばCANTINを思い浮かべますが、どうして、どうして・・・。
isignyバター、あるところでは「世界最高級」と評しているところもあり。

天然酵母パンドミーに、バタールにと、自家製天然酵母パンに最高でした。
口の中で溶けていく滑らかで上品なミルク感。
かなり、かなりお薦めです!美味しくて、このバターをいただく為にパンを焼いている日々です。

このカゴとグリーンのチェックが乙女心?をキュンとさせるのです。

自力ではこんな美味しい情報はめぐってもこない日々、もうたまらないくらい美味しいバター、ご馳走さまでした!
[PR]
by chojiiro | 2009-07-22 22:31 | おすすめ品 | Trackback

Vitantonio

ビタントニオのワッフル&ホットサンドメーカー

d0023047_2015285.jpg


d0023047_2082463.jpg

ワッフルプレートはお使いの方も多いかと思いますが、
こちらもなかなか便利です。
d0023047_2025632.jpg

タルトレット型も、パート・シュクレ、パート・プリゼ生地でお菓子用タルトや、キッシュなど、5分~7分で焼きががりますよ。

こちらは、パニーニ型(イタリアのサンドイッチ)
d0023047_2075329.jpg


週末の朝食はこちらのプレートでパニーニ作り。
[PR]
by chojiiro | 2009-05-25 20:10 | おすすめ品 | Trackback(1) | Comments(2)

美味しい!

別名「裕次郎コロッケ」と言うそうです。
葉山に精通している玲子先生から頂戴したお品、
揚げるだけの冷凍コロッケにしてこの美味しさ、
d0023047_11311248.jpg


Miele Italiano
d0023047_11362597.jpg

イタリア産の純粋蜂蜜オレンジレモン バゲットを薄切りにしてカマンベールチーズをトッピングし、この蜂蜜をかけていただいたトーストカナッペは絶品です!

16区のマロングラッセ
d0023047_1141566.jpg

深い煎りのコーヒーとマロングラッセ、娘とのおやつタイムを堪能
上品なお菓子、マロングラッセ好きな方にはお薦めです。

クラブハリエのバームクーヘン
d0023047_1142458.jpg

バームクーヘン好きには嬉しい~♪♪
やさしい生地の美味しさがかなりかなり好みなクラブハリエ

d0023047_11434787.jpg



昨夜遅く帰宅した夫が抱えていたのは、ねんりん屋のバームクーヘン、
いつも30分~1時間待ちの行列ですので、
「並んだの?」と聞くと
若手後輩が並んだとか、どうも会社の女性からのリクエスト(ホワイトデーとして)である
ねんりん屋のバームクーヘンに便乗させていただいた模様です。

こちらもしっかりとした生地の美味しさに加えサクサクなシュガー。
朝食後にコーヒーと共に味わいました。


皆さん、ご馳走さまでしたぁ~♪
[PR]
by chojiiro | 2009-03-14 11:49 | おすすめ品 | Trackback

マギー  キッチンサイエンス

d0023047_1983130.jpg


小麦粉は国産小麦、最強力粉、準強力粉、・・・・と成分によって分類されているのは皆さんよくご存知のことかと思います。では何によって分けられているかご存知ですか。
たんぱく質含量のパーセンテージを見てください。この数字により、大枠では、強力粉、準強力粉、中力粉、薄力粉、デュラム粉などに分かれます。
たんぱく質含量の高い小麦粉は低いものよりもかなり吸収性が高く、水分比が同じ場合と比べますと、生地が硬くなります。
このような性質を知ることにより、目指すところの小麦粉の選択ができるようになってきます。そのような内容が丁寧に書かれている

マギー  キッチンサイエンス    食材から食卓まで」
d0023047_19252868.jpg



私の作るパンは大方数種類の小麦粉を配合しています。どんな味に仕上げたいか、どのくらいのボリュームを出したいかをイメージし、小麦の特性、お粉の味を頭の中で計算した上、まずは最初のレシピを準備、これをたたき台にして、仕上げていきます。


パン教室の生徒さんからのご質問で「焼成、発酵、生地の作り方・・・」など復習で感じる疑問点のメールを頂戴することが多く、私の知識の中でなるべく理論的にお答えしているつもりですが、この本を熟読し、また粉について更に深く掘り下げて勉強することができました。小麦粉の基本構造についてまたはグルテンについて科学的なデータを元にパン作りすることは「美味しいパン」を作り上でも大事なことです。
パンに配合するメインの小麦粉はもちろんのこと、酵母・イースト・水・塩などの材料についても詳細に書かれております。

私の場合は特にパン・お菓子・パスタの分野を熟読しましたが、

お料理に関しても
Q1 肉汁の表面を焼き付けると肉汁が逃げない?
Q2卵を加熱すると固まるのはなぜか。

パンにおいては、
Q3パン生地を押すと戻るのはなぜか。その弾性が美味しいパンになるのか。

など身近な事例の疑問が解消できるようになっています。

常々お教室の生徒さんには「配合に拘ったパンは押しても潰れないわね!」と実際にパンを押し説明していたところでしたから、その科学理論はこれからのお教室でもさらに分かりやすいご説明ができるかと思います。そんな内容が満載





【内容紹介】
1984年にアメリカで出版され、食品と調理に関する
科学的知識が網羅されていることから一夜にして大ベストセラーになった
「On Food and Cooking ―The Science and Lore of the Kitchen―」の
内容をさらに充実させた2004年改訂版の翻訳書です。

プロの料理人の方から食関連の学際領域の仕事に従事している方、
料理を学ぶ方、そして家庭のお母さんまで、
料理をもっとおいしく楽しいものにしてくれる、
McGeeさんの“科学の調味料”
まさに料理・パン作りは科学と実感させられた一冊です。




お教室の生徒さんからも小麦粉、パンに使われる材料の勉強会をしたいとのお申し出がありましたので、
「勉強会+私の焼いたパンの試食会」こんなテーマのレッスン日を準備しているところです。
[PR]
by chojiiro | 2009-02-04 20:16 | おすすめ品 | Trackback(1) | Comments(16)

木村屋の豆大福

先日のスイート満載の一品でもあったこちら、
どっしりとした存在感、甘味抑え目ながらも粒餡の上品さに歯ごたえのある豆、

d0023047_22192195.jpg

d0023047_22193761.jpg


皮は柔らかさを保つための餅粉などはあえて使用せずに、もち米のみ
自家製のあん(北海道・十勝産、帯広産の小豆と砂糖のみを使用)

素材にこだわったところは一口でわかるもの。
こちら千葉神社の角に構える店舗、売切れ次第終わりということもあり早朝から買出しの人・車

今まで味わった全国の美味しいと言われる大福の中でもNO1。

前回も一度頂戴し、今回もまた・・・。
je couleurのchakoさん、ありがとう♪
[PR]
by chojiiro | 2009-01-13 20:10 | おすすめ品 | Trackback

FARMER'S MARKET

農薬と化学肥料を全く使わないで野菜・ハーブ・米を生産し、お二人で(とても可愛い女性+パートナーさん)生産したものだけを販売している「FARMER'S MARKET」。
野菜くずや、籾穀、米ぬかなどを鶏に与えそのフンを肥料として畑に還元してあげることで環境に配慮しつつの資源循環型の農業からの作られたお野菜。

d0023047_107379.jpg

そばの芽。昨日のお夕飯、豚しゃぶに旬の新たまねぎのスライスとこのそばの芽の葉・可憐な白いお花をちらして、ゆずポン酢でいただく。ほんのりとしたそばの香りが美味。

d0023047_1016389.jpg

こちらは、我が家生野菜サラダの定番。

d0023047_10164815.jpg

抗生剤・ホルモン剤などの薬物を投与していない放し飼い鶏のたまご。
こちらは、炊きたてあつあつのご飯にのせて。

d0023047_10184497.jpg

この葉っぱを刻み炒って、ゴマなどと絡めご飯のお供に。

d0023047_10194246.jpg

ほうれん草はシンプルにお浸しで。


d0023047_10214340.jpg

オーナーのTamamiさん、以前はフラワーアレンジのお仕事をされていたとか。
私の大好きな場所のガーデンデザインを担当し、ハーブに興味をお持ちになったことから、農業に発展していったようです。最近は食の安全を考えさせられる事件が多発し、ますます顔の見える安心できるお野菜を求める方が多いかと思います。
こちらを知ってから、こちらのお野菜を常備するようなりました。
また、Tamamiさんが作られるハーブウォーターも、気になる商品でした。
食感、お野菜の甘み、心のこもったお味はじんわりと体に伝わってきます。

FARMER'S MARKET 有限会社珠樹自然農園
〒266-0066 千葉県千葉市あすみが丘8-1-8
TEL/FAX 043-205-7783

4月8日  昨日
[PR]
by chojiiro | 2008-04-07 11:31 | おすすめ品 | Trackback(1) | Comments(60)