カテゴリ:パン( 12 )

バゲットの食べ方  あれやこれや我が家編 

d0023047_11353928.jpg


やはりパンは、バゲットが好き。
2日に一度焼いては、あれやこれやトッピング。
上は、白無花果のコンフィチュールとbeillevaireの無塩バター。

d0023047_1234716.jpg

カリカリベーコン、紫キャベツ、ルッコラ、ズッキーニソテー、ゆで卵をスライスとパルミジャーノ

d0023047_1136259.jpg

チコリ、パラペーニョチーズ、丸ごとラディッシュ、オレンジオリーブ

d0023047_11364211.jpg


ただ今試作中、ルヴァン種のバゲット、バゲットはイーストより天然酵母が好き。
粉は3種配合、深みが出て美味しい、水は硬水を加えて。
これには、ブラックオリーブにオイル漬けドライトマト、松の実を炒って、
アンチョビ、ニンニク、オリーブオイルをフープロで粉砕したタプナードがぴったり、
いや、どんぴしゃ!生ハム、ホワイトチェダーチーズをスライスと、クレソンと共に挟んで。

d0023047_16302639.jpg




ホシノ天然酵母バゲットはスライスして(いつでも食べられるように冷凍庫に数本ストック)
ブリーや、ゴルゴンゾーラにはちみつを垂らして少しトースト、これには赤。

d0023047_113993.jpg


来週はリクエストクラスにて赤ワインを仕込み水にした、バゲット・オー・ヴァン。
いろいろ試してみたけど、低温長時間発酵がバゲットには向いているよう。この時期常温でも
その環境容易に作れ、バゲット試作、しばらく続きそう。
オー・ヴァン、軽く赤ワイン1本消費なバゲットゆえ、日常使いではないけど、
この快適バゲット環境を利用しなくては!
[PR]
by chojiiro | 2013-02-22 18:24 | パン | Trackback

Gran Vino

d0023047_47766.jpg


ベーカーズパーセンテージ(粉100%とした場合)にして、ワイン40%配合
断面は紫、カナッペとして薄くスライス、ゴルゴンゾーラと、はちみつをトッピングして180℃で6分焼く、ゴルゴンゾーラとはちみつが融合したお味がなんとも❤❤❤
12月レギュラークラスにご参加下さった方々から「エッジの立ったクープが開きました」のお写真添付メールを多数いただきました。またご家族の皆さんもカナッペのトッピングをお気に召してくださったご様子、ほんのちょっとですがお伝えできたこと、私こそ嬉しく嬉しく思っています。
[PR]
by chojiiro | 2010-12-28 04:19 | パン | Trackback

初釜ならぬ初窯

d0023047_972865.jpg



お料理・パン・お菓子とマルチにお上手なこの方が初窯でスコーンを焼いていらっしゃっていらしたを拝見し、
そろそろ始動しなくては!と、
私も初窯で数種類焼いてみました。

上記はホシノ天然酵母を使用、
冷蔵庫で低温発酵させてねかせること2日、昨日焼成。
年末年始と、一切パンを焼いていなかったせいか、
一つ焼きだすと、次々と焼きたくなります。



紅茶のカンパーニュ
d0023047_9142283.jpg



薄くスライスし、クリームチーズとラフランスをトッピング、
この食べ方が私の中でNO1な組み合わせです。
パン生地にはFAUCHONのアップルティーの茶葉をフィリングしています。
この茶葉は極めて細かく、パンには最適かと。


数日分の保存用パンとして

d0023047_9175168.jpg

プルマンブレッド

d0023047_9181286.jpg

ハリウッドマフィン


今日、明日はコラボレッスンパンの最終調整です。

More
[PR]
by chojiiro | 2010-01-07 09:23 | パン | Trackback

木の実のシュトーレン

先ほど決定した2016年、五輪開催地。
本命と言われていたとおり、リオデジャネイロ。南米ブラジルは2014年のワールドカップサッカーに引き続き、ますます盛り上がりますね。
東京オリンピックと言えば、1964年。産声をあげた年。映像、紙面の世界が東京でと、期待していただけになんとも残念!!発表の瞬間、受験発表直前のような気持ちになりましたもの・・。

周囲の友人、或いは教室の生徒さん、ブログ友達にも1964年生まれが多く、年齢を説明する替わりに「東京オリンピックの年です」と言いますと、お互いの年齢差をいち早くキャッチできます。私にとっては今でも、きっとこれからもキーワード的な年号になりそうです。

世界をめぐっているといえば、パンの種類。(かなり強引な持っていき方ですが・・)
先日のシュトーレンはドイツ。↓のシュートーレンとはフィリングも配合も成型法もことなる「木の実のシュトーレン」

d0023047_227940.jpg

d0023047_228145.jpg

アーモンド、ウォールナッツ、ピスタチオ、へーゼルナッツ、など数種類の木の実をローストして熱を冷ましてから生地入れ。これまた木の実好きの方にはたまらない一品かと思います。
木の実、木の実・・と教室中連呼されていた方々のために画像を準備しました(笑)


メールへのお返事が遅れております。お問い合わせ、質問などいただいておりますが、もう少しお待ちください。

週末クラスの準備も終わり、生地仕込まで仮眠2に突入予定です。既に10時~12時まで仮眠1を終えて(笑)
このところ疲れを感じたときには利用している温泉での数時間が、睡眠同様、体調維持に一役かっているようです。

良い週末を!
[PR]
by chojiiro | 2009-10-03 02:35 | パン | Trackback

ベジ パニーニで朝食

d0023047_20162763.jpg



これを使って!


d0023047_20122779.jpg

フィリングはとまと、パプリカ、ズッキーニのオリーブオイルソテー(ハーブソルトに少々唐辛子をきかせて)アスパラガス、boursinのペッパークリームチーズ。

d0023047_2015990.jpg

粒胡椒たっぷりのboursinを塗って、ズッキーニの二段重ね

パンはイングリッシュブレッドを縦半分サイズで重ねて。

6月は、パニーニ用のパンをレッスンで登場させようかとただ今準備中です。
夏野菜をサンド、ハム+チーズをサンドとまたまたアウトドアを意識して。

この型で4分!
天然酵母生種を使用してのブリュッセルワッフルもいつかレッスンに登場予定です。
フルーツとバニラアイスをトッピングして。

お好きな、或いはお薦めのパニーニ具材がありましたら教えてください。

今回はベジベジパニーニ、辛味をきかせインパクトある味付けで、夏先取りのサンドイッチをイメージ、
この具材も美味しいですよ!

少し残っていた、レザンノアは
クリームチーズと「サダハルアオキ」の「コンフィチュールエキゾティック」をつけて、マンゴー・黒胡椒のハーモニーのコンフィチュール、これもまたお薦めです!

d0023047_20401322.jpg


朝食は先日と同じくフレンチプレスのコーヒーで、
d0023047_2041226.jpg


これが二瓶目
d0023047_2042931.jpg

[PR]
by chojiiro | 2009-05-25 20:27 | パン | Trackback | Comments(12)

パン・ド・ミーのトースト  朝食編

昨夜焼きあがったこちらのパン・ド・ミーを厚切りでトースト。
天然酵母パン好きの長女は2枚+端っこの薄切り、
d0023047_17324814.jpg

まずは端っこ薄切りから

夫はまず、バターで
d0023047_17343740.jpg

バター+いちごジャムで
d0023047_1734628.jpg


次女、私は、バターのみで
d0023047_17352173.jpg

d0023047_1871534.jpg



d0023047_17365255.jpg

カリカリ・サクサク、もっちりのこの食感、我が家の18番。
プルマンよりも主張のある食感・味に、仕上がり時間15時間も納得。
スクランブルエッグ、カリカリベーコン、ルッコラのサラダシーザーズドレッシングあえ、
さかもとさんのこーひーの中でも我が家18番カフェタブローの深入りコーヒーとともに。



2月のお教室空き状況はこちらです。
[PR]
by chojiiro | 2009-01-31 17:40 | パン | Trackback

朝食用に焼いたパン・ド・ミー

お教室がお休みだった30日、午前9時に天然酵母パンドミー生地ニーディング、
一次発酵11時間、丸め、ベンチタイム、仕上げ発酵2時間と少しゆっくりめに発酵させて焼成、生地の状態も丸め当初から思い描くイメージな触感、弾力、焼きあがり午後11時、二ーディングから半日以上経過。


d0023047_2492416.jpg

d0023047_250364.jpg

サイドの釜伸び跡(白い部分)がりがりっと引いた感じで、天然酵母生種、国産小麦使用のため最強力粉のようなグンと伸びた感じにはならないが、ここまでのんびりかまえて仕上げ発酵終了を見極めると、高さが生じ、いい感じに。生徒さんの復習パンドミーを拝見しますと、少々仕上げ発酵の見極めが早いのかと、また焼成温度をやや高め(レシピから30℃~40℃上げて)(ガスオーブンの方はレシピとおり)に設定した方が良いかと。また、左右の山の高さもできれば同じ伸びになるように手の力を一定に。円錐引き成型の引きをできるだけ丁寧に。

そんな感じで仕上げると、左右の山の交わる真ん中も丁度いい感じに引きが生じます。
d0023047_2574381.jpg


週末の朝食はこんがり厚切りトースト、バターたっぷりで。
と、深入りのコーヒー。

2月のお教室予定
[PR]
by chojiiro | 2009-01-31 02:18 | パン | Trackback | Comments(34)

Style-Hug Gallery 、カタネベーカリー

背中にウクレレを背負った夫と、足早に向かった先は原宿、Pさんとclaudiaさんのショールーム兼事務所。夫婦同士でお会いするのは今回が初めて。ご挨拶がてらのウクレレの音色と心地よい日差しに話題も広がる。午後用事のある夫は話途中で残念ながらおいとま時間となり、その後claudiaさんお薦めの話題のカタネベーカリーのべーカリーカフェへ。
ふと、周囲を見渡すと私達二人だけに、何と午後4時近く。慌ててお店を出、ベーカリーに向かう(階段を上ががる)、噂のパン!パンの列!酵母は小麦だとか!翌日の朝食、どんなに楽しみだったか、こちらのパンたち。

d0023047_06841.jpg

ルヴァン、程よい酸味とこのクラムの焼き具合!
d0023047_0111228.jpg

d0023047_0112929.jpg

オーランジェもオレンジピールの配合が生地量にどんぴしゃ、に加えハード系パンではこちらもかなりハートを打ち抜かれる。
とカスタードクリーム好きな私にとってはこちらが気になるところ。
d0023047_014750.jpg

うんうん、確かにカスタード美味!claudiaさんお薦めのカスタードプリンが次は気になるところ。

準備万端で直ぐにでも食べたいのだけど、夫・娘はまだ夢の中、日曜日午前5時!
早く起きないかな~。と、一人コーヒー待ち時間。
d0023047_0153297.jpg


美味しいベーカリーもさることながら、この日は夫が、あの空間Style-Hug Gallery に酔いしれていたようでした。
楽しい時間ありがとう、Pさん、Claudiaさん。これからも夫婦ともどもよろしくお願いしますね。
[PR]
by chojiiro | 2009-01-26 23:50 | パン | Trackback(1)

ハリウッド  マフィン


イングリッシュマフィンを作っていたある日、あるはずのコーングリッツがない!
あああ、どうしようか!!??
手持ちの材料を思い浮かべる・・・・・(数十秒後・・・)あるものが候補にあがりました。
窮地から誕生した
「ハリウッド マフィン」
トッピングに合わせて生地の配合も変えてみると、こちらもなかなかいい具合。

d0023047_1394648.jpg

d0023047_1310294.jpg


このまま焼いても下の形には焼きあがりませんよ。
型と生地が並んだ天板にオーブンペーパーをのせてからその上に天板をのせ焼成に入ります。ちょっとの発酵オーバーで、帽子のようなつばが出てしまいましから注意が必要です。
この生地はいつもより1℃低めの26℃に捏ね上げ温度を持っていくのがポイントです。
仕込み水温度を正確に設定すれば問題ないですよ。

d0023047_131143.jpg


型は名前の通りマフィン型9cm。
直径8cm、10cm、と3種類揃っているのですが、
この大きさが一番お薦めです。お教室の生徒さんには、合羽橋のあるお店をお教えしています(こちらお値段が市価の半分)このレッスンが始まると、9cmが売り切れてしまうようです。


d0023047_1320117.jpg


こちらも半分にカットしお好みの具材をサンドすると、お弁当にも戸外でのお食事にも便利♪

ちょっと半熟加減の目玉焼き、ルッコラ、カリカリベーコン、マスタード・粒胡椒こんなラインナップでがぶり 目が♥♥♥♥ なのだが、、、、、とろり~~~~~~~~~~~んの卵に要注意!

定番のイングリッシュマフィンといえばこちら
[PR]
by chojiiro | 2008-09-10 13:11 | パン | Trackback

ピクニックにいかが!

                  
       戸外で手軽にいただけるパンシリーズ!
       ピタパン、ポケットにベビーリーフ、グリルチキンを詰めて

d0023047_115245.jpg


        天板に、丸く伸ばした生地を置き、仕上げ発酵は時間厳守!
                 ちょっとの時間オーバーで中が割れなくなりますよ。

d0023047_157524.jpg


      
      器ごとパン!!
      手間はかかりますが、完成すると飛び上がるほど嬉しくなるパン



d0023047_2314222.jpg

     
     

     蓋を開けるとサンドイッチ、もちろん、器も蓋もパン!パン!パン!
     さあ!ピクニックバスケットにつめて、お出かけ♪


       
        
[PR]
by chojiiro | 2008-09-08 01:20 | パン | Trackback