カテゴリ:我が家のインテリア( 8 )

開会式まであと15日 ロンドンオリンピック

d0023047_2242155.jpg


エリザベス2世即位60年を祝うダイヤモンド・ジュビリーの記念式典、
今年はイギリスが注目されますね。
あと15日でロンドンオリンピック!
時差を考えると、TVに向かって深夜熱狂することになりそうですね!

我が家のイギリスコーナーには、ユニオンジャックとミニクーパー、ロンドンバス、
絵葉書数枚、ショートブレッドが入っていた缶(イギリスカラーデザインが欲しくて購入)

次女の部屋には大きなユニオンジャックあり(クッション、クロス)
赤と青の2色、イギリスカラー
数年前からファッション、インテリアにも人気ですね、ユニオンジャック。

画像左下の全身ユニオンジャック
この時のピカデリーサーカス、待ち合わせのメッカ「エロス像」付近の
ショップで写した1枚をコラージュ。

ゆっくり、イギリス訪ねたいなぁ~、大好きな国!

その前にオリンピック観戦、頑張れ日本
[PR]
by chojiiro | 2012-07-12 22:14 | 我が家のインテリア | Trackback | Comments(12)

この色が好き!

d0023047_1846279.jpg


            世界の色名1765色の中から選ぶとしたら、
                 「アップルグリーン」「オパールリンググリーン」
                  「ホワイトグリーン」「キャビッジ」
   
    
         右側の2段の丸い箱は「DEMELチョコレート」、昨年末noe先生から頂いた
         キューン❤❤❤とするような色・デザインパッケージ。
          この系統色にはなぜか魅かれるんです。

        1月のテーブルは、DEMELチョコレートの箱ありきからの色あわせ
        八重咲きのアンジェリカ(チューリップ)も、またこのカラーがピンクとやわらかい
        ハーモニーを奏でているようです。





 
[PR]
by chojiiro | 2012-01-19 18:15 | 我が家のインテリア | Trackback

ときめくの魔法

d0023047_1236949.jpg

この本の魔法にかかり、日曜日は大掃除。
一から、物の見直しをしてみました。
いつか使うから、取っておこうと思っていた空きビン。
沢山のタッパー類。
「ときめく」ものだけ残すと、キッチンもかなりの物軽量化になるものです。
ときめかない物は処分するが鉄則。
二者択一、ときめくのか、ときめかないのか。
最初はもったいないと思う気持が強かったのですが、
不思議なものです。

お気に入りのデザート用ワイン(お料理に使用)
オリーブオイル各種、お友達がイタリアで契約したオリーブ畑のオリーブオイル。
デザートにちょっとだけかけると香り豊かなゴディバのチョコレートリキュール、
フランスのお土産でいただいたトリュフ塩・メゾンドショコラの容器には、シナモンシュガー。
こうして準備しておくと、シナモントーストも手軽に。
これらは全て「ときめく」の類に、
だからこそ、カウンター上に。

More
[PR]
by chojiiro | 2011-10-04 13:13 | 我が家のインテリア | Trackback | Comments(24)

我が家のインテリア小物、6月の庭菜園

d0023047_19464761.jpg


Baking Studio Grano Di Ciacoの生徒さんは、あ!あの空間とお分かりですね。
アイランドキッチンカウンターの横のチェストです。
チェストの上には、お友達のGalleryのDMをいつも置いています。



d0023047_1950368.jpg

生徒さんの中にはこちらのGalleryのファンの方も多く、
またDMのファンの方も沢山おいでです。
DMはどうぞお持ちくださいね。

7月2日~9日までの「水垣千悦陶展」
こちらに詳細がご案内されていますよ。
昨年は5寸皿、と小鉢を家族分購入し、頻度高く使用しているアイテムになっています。


ママ友から頂いたエディブルフラワーのボトルや、お気に入りのボトルを並べ
サーキライの枝を。


6月の庭、ハナミズキの実がついて、葉が深く色づいています。
d0023047_204356.jpg




家庭菜園コーナーには
d0023047_19581589.jpg


毛虫やら土を掘ればミミズ君もお出まし。
それでも土に触れている時間が癒しになっているのかな。
毎朝、ここから摘んだ葉物でつくるサラダの美味しいこと。
万願寺とうがらし、ゴーヤ、の収穫も今後楽しみになっていますよ。

インテリア小物の続きです。
1階パウダールーム
d0023047_2022587.jpg



今月のクラスが全て終了し、明日のclass・仕事はオフ。
今日は少し、PCタイム時間が持てそうです。
[PR]
by chojiiro | 2011-06-30 20:04 | 我が家のインテリア | Trackback | Comments(8)

サンキャッチャー  と 竹

d0023047_22333632.jpg


窓辺に吊るしてみました、サンキャッチャー。
何人もの方から「サンキャッチャーですね」と、尋ねられます。皆さんよくご存知~。こちらまであたたかな気分になる素敵な3人の方からのプレゼント(ありがとうございます)調べてみると、風水・インテリア両面で人気のクリスタルのようです。虹色の光がお部屋に幾つもの影を落としています。きれいですよ~。まさに虹が幸運を運んできてくれているようです。





d0023047_2240477.jpg

                      (壁に落ちた虹色の光)

         


畳コーナーの開口部に竹をはめ込んでみました。
ただ今、この枠外付けで和風麻でできた黒のロールスクリーンをオーダー中です。
竹は冬の時期に切りだすと、腐らないのだとか。
夫友人の竹林からいただいてきた竹、残り分は、竹の花器、インテリア小物にしてみようかと。


d0023047_22512062.jpg


畳コーナーには4年ぶりに陽の目をみた雛飾り
d0023047_23155783.jpg



d0023047_2393845.jpg

サンキャッチャーからおちる虹の橋を眺めながら、ここで過ごす、仕込み時間(翌日レッスンの準備)、本を読んだり、このアイランドカウンターでのパン・お菓子作り、今後のメニュー考案作業、
サンキャッチャーの効果か、心地よい時間となっていますよ~。


昨日、今日の新規クラス、特別メニュークラス、お疲れさまでした。
レッスンの模様は後日ご紹介しますね。2日間、素晴らしいアシストしてくれた初アシスタントなSちゃん、お疲れさまね~。本当にこの2日間、機敏に先を読み助けてくれました、ありがとう!

[PR]
by chojiiro | 2011-02-24 22:43 | 我が家のインテリア | Trackback | Comments(10)

スモークツリー

d0023047_023449.jpg




ワインレッドのようなパープルのようなスモークツリー。
ドライになりかけていますが、このふわふわ感と色に魅せられ、7月中旬以降の教室テーブルを彩っています。
のばらの実とともに。



d0023047_028718.jpg


オーブンフル回転時は冷房温度を24℃に設定していますが、それでもキッチンの中は熱がこもっています。今月は250℃余熱がないだけ、まだ良いのかな。

7月も折り返し地点ですね。半分のクラスが終了しました。16日からの後半8クラスの皆さん、楽しみにお待ちしておりますね。
[PR]
by chojiiro | 2010-07-16 00:27 | 我が家のインテリア | Trackback

初夏のインテリア

d0023047_22353313.jpg


GWは、いかがお過ごしでしたか?
普段は風邪もひかない長女ですが、GW前半に喉の痛みから咳きと順を追っての風邪症状に見舞われ少しぐったり気味でしたので、予定を取りやめ、急遽、ハウスキーピングに従事した数日でした。
インテリア小物を夏使用に、観葉植物は一枚一枚の葉をふき取り、床のタイルを磨き、ソーファーカバー・クッションカバーの洗濯、アイロンがけ、衣類収納の見直し、不用品処分、と以前から手を施そうと思っていた箇所がスッキリしました。

長女の体調が回復すると、映画鑑賞、最終日の5日は鎌倉・江ノ島界隈へ新緑を愛でに・・・。
新緑を愛でるというよりも、人人の垣根鑑賞というところです。
ランチは七里ヶ浜のbillsへ。初夏のような陽気にビーチが賑やか、光輝いている海水面を眺めながら。

鎌倉山では、野生のリスに遭遇しました。



d0023047_9192329.jpg



d0023047_22503797.jpg


リビング天井高2700と幾分高めですが、ウンベラータがもはや天井を目指す勢いで成長しています。
[PR]
by chojiiro | 2010-05-06 22:52 | 我が家のインテリア | Trackback

Eames Shell Side Chair DSW

コンランショップのナチュラル木製テーブル+シェルチェアーの組み合わせが印象に残ったのは、もう数年も前のこと。
この夏、夫の協力の元に600角タイル床の自力リフォームを試みました。(実はまだ残っている部分が・・・のんびり完成させるつもりです)、そのイメージでリビングテーブルを買い替えたところ、コンランのイメージが蘇ってきたのです。


(コンランショップのイメージとは違っていますが、こんな感じが近いかと・)
(↓画像は家具カタログの画像です)

d0023047_16452212.jpg



Charles Eames
チャールズ・イームズ
チャールズ・イームズはワシントン大学で建築を学び1930年に自身の建築事務所を設立。数多くの建築を手がける。初期のエーロ・サーリネンとのコラボレーションは、モダンデザインの誕生のきっかけをつくった。



d0023047_16472641.jpg


こちらが、リフォーム後のダイニングです。
テーブルはエクステンション式1800~2600とかなり長くなります。一枚板を入れると2200、2枚入れると2600。
300角ならまだしも、600角タイル貼りはかなりチャレンジャーな力仕事(汗)でした。オフホワイト系のタイルを一面に貼ったことで部屋全体をより明るくしてくれたように思います。
モルタルコネから、タイル圧着張り、目地埋めの一連の流れ、現場で覚えた知識が役立ちました。

リビング部分はまだこれからです。クッションは夏のイメージのままですし・・・(たぶん、このまま冬を越しそうです・・)
ダイニング天井は2400、リビング天井は2700の高さ、以前はフィカスウンベラータをダイニング部分に置いていましたが、あまりの成長の早さ、天井に届きそうな勢いでしたので、リビングに移動、まだまだ伸びてます!
d0023047_17141947.jpg



かなりな力作業とはいえ、思い描いたイメージでのリフォーム作業は楽しいものです。これからも、お休みの度に少しずつ、居心地の良い空間作りを続けていこうかと。
何よりもお手製リフォームは材料費だけで出来ることが何よりの◎です。

d0023047_17182163.jpg


コンソールテーブルには、グリーンとホワイトのあじさい
秋に見るあじさいの新鮮なこと。ドライ用ではないので色が褪せるのだろうな?
d0023047_1720137.jpg


こちらは、半年前にチャレンジしたモザイクタイルリフォーム
(以前は木製のカウンターでした)
d0023047_1721689.jpg

モザイクタイルと同時に玄関床もアンティークなランダムタイルにリフォームしていますが、毎月通っていらっしゃる生徒さんは気がつきましたか?
[PR]
by chojiiro | 2009-09-12 17:56 | 我が家のインテリア | Trackback | Comments(38)