「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:お正月( 4 )

2016年お正月

2016年1月12日に一気に昨年11月からの記事を更新中です。ようやく2016年!

「あけましておめでとうございます」
家族で穏やかに過ごしたお正月でした。
d0023047_1841617.jpg

d0023047_18412396.jpg


今日1月12日は次女の誕生日。家族の誕生日にはできるだけお休みにしてお祝いの食事を準備したいと
そんなこともあり、少々時間の余裕もありブログを更新中です。
ブログ開設当初中学生だった次女も3月には大学を卒後し、4月から社会人となります。
配属の勤務地によっては一人暮らしすることになるだろうし、こうして日々一緒にいられる時間も
あとわずか。

家族の好きなものだけのお節とお雑煮でお正月を迎えました。

そして、松の内のある日、
nayaさんのオーナーOさん、フルリールさんご夫妻、キレドのケイコさん、ミレユンヌの堀さん
我が家でお食事。
尊敬している皆さんとの時間は何よりも幸せです!
d0023047_18491045.jpg


翌日片づけながらのテーブル
d0023047_18504711.jpg

楽しかった時間に浸りながら・・・・。
[PR]
by chojiiro | 2016-01-12 18:51 | お正月

2015年あけましておめでとうございます!

d0023047_13265090.jpg

穏やかなお正月でした。
早朝のウォーキング中、地面から上がる水蒸気がまるで雲海のよう。
(思わずスマホで撮影)
自宅から1時間も歩くと、まるで別世界。
懐かしい日本の風景が広がりますが、この日は格別な光景でした。
昨日のNHk大河ドラマ「花燃ゆ」の幕末の日本の風景のよう。
なぜか、気が引き締まります!

d0023047_1327884.jpg


次回用に「おせち」の忘備録を
12月30日、31日と2日間で準備したおせち
夫の両親分(重箱に)と家族分は骨董の大皿に。
今年は帰省できませんでしたので、「黒豆」「福豆」「のし餅」は手作りしたものを送ってくれました。
幾つになっても母の手作りは有り難いものです。
時間のかかる黒豆があるだけでおせち作りが急に楽になりました。

d0023047_1328270.jpg



■えびのつや煮
■丸赤だいこんの梅花甘酢漬け・ラディッシュの菊花漬け
■百合根の茶巾椿花
■炒めなます
■里芋の煮しめ
■筒牛蒡
■伊達巻
■錦巻(しめさば)
■梅花ようかん
■市田キリ
■粟麩の柚子味噌焼き(粟麩は京都麩嘉)
■三色巻
■黒豆(母)
■田作り

■お雑煮(小松菜、鶏肉、三つ葉、花麩・手毬麩・人参の梅・柚子)
 

市販のもの
■かまぼこ
■松前漬け
■数の子

*次回に向けて
●百合根の茶巾が大好評でしたので、倍量を準備
●伊達巻き、少し焼き時間が長かったのか焼き色がつきすぎ、調整の必要あり
●錦巻用のしめサバも倍量を準備

1月2日までにほぼ食べきれ丁度よい量でしたが
来年はもっとバリエーションをつけた本格おせちにチャレンジしたいなぁ~と。
2日には年末テーブルとお料理のクラスでご紹介した「蒸し寿司」を作りました。
これもお正月メニューの定番になりそうです。
酢飯に生姜・紫蘇のみじん切りを加え、あなご・ふわふわたまご焼き・海老酒蒸をのせて
蒸篭で蒸すと香りが高く仕上がります。
仕上げにイクラ・もって菊・さやいんげん。
(3合の酢米を4人で食べ切り)

ここにとどめておくと次回の準備に役に立ちますね。


d0023047_13302574.jpg




さて、8日からのレッスンスタートに向けソロソロ、材料・設え・テーブル小物・器の
準備に始動します。
2015年も「美味しい食」「Baking Studio Grano Di Ciaco」のレッスン風景を中心に
紹介していく予定です。


d0023047_13283485.jpg




今年もブログ・facebook・レッスンを通じて皆さんと
ご一緒していただきますこと楽しみにしています!
[PR]
by chojiiro | 2015-01-05 13:37 | お正月

2014年 明けましておめでとうございます

d0023047_19124717.jpg

明けましておめでとうござます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末がタイムスケジュールに追われただけに(予定を一杯入れただけ・・)
何とものんびりとしたお正月を過ごしています。
今年は実家に帰省せず、自宅で。
家族が好きなお節だけ少し手作りしてみました。
年末まで来客があったり、ワックスがけ、窓枠を外しての窓掃除と
まとまった料理時間が取れないため、残らず食べてくれるお料理に限定して。

伊達巻(クリスマスの京都お買い物「有次」で買った鬼簾で巻いたみたらくっきり例年よりも
美しい仕上がりになりました。黒漆重箱の中)
黒豆、筒牛蒡、なます、田作り、錦巻(大皿に)
蓬麩柚子味噌添え(こちらも京都錦市場で)
和風コールドローストビーフ(わさびを添えて)
(ホームコンサートに続きNoe先生レシピで2回目の復習)
(お節料理は、ひかる先生、母のレシピより)

d0023047_19165929.jpg

他に市販の松前漬け、数の子わさび、イカ数の子、かまぼこ。

d0023047_19385064.jpg


元旦は、家族でお節とお雑煮をいただき、夕方から映画鑑賞
「永遠の0」
単行本を先に読んで感動していた夫の話や前評判通り
心に響くストーリーでした。
小説を読んで男泣きするという声にに納得です。
女性よりも男性に響くのかもしれませんね。
あの時代、妻を子供を思う愛に、しびれます!

さてと、夫の趣味が高じて「新春コンサート」が明後日都内某所にて!

今年も平和で穏やかな年になりますように。


d0023047_19415167.jpg

深紅のアマリリスと松。コンソールテーブルにはクリスマスアレンジをリフォームして
シャンパンゴールドの菊とグリーンのマム、水引を加えて。


今年もパンのレッスンや美味しいもの、身の回りの風景などを綴っていきたいと
思っています。お付き合いくださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年末年始のエピソード、こちらと、こちらこちらに。
[PR]
by chojiiro | 2014-01-02 19:53 | お正月

2012年 あけましておめでとうございます

d0023047_0195377.jpg

      福の箸置きは、2年前claudiaさんから、誕生日プレゼントにいただいたもの。毎日愛用してますよ~。       
       

       2012年 辰年
       我が家は年男、年女。

       あけましておめでとうございます。
    
       穏やかな幕開けでしたね。お正月は実家でのんびり
       元旦は、新年のご挨拶、お節・お雑煮で乾杯の後、初詣。
       1月2日は叔母さんご夫婦との恒例の新年会、
       今年はアメリカ在住のいとこファミリーも加わり、総勢16名。
       1歳年下のいとこAちゃんとは、幼少時代からの仲良しです。       
       17歳と12歳の女の子、男の子のハーフちゃん達は、
       日本語がまったくしゃべれず。
       会話成り行きの分からない叔母さんは、娘(Aちゃん)に向かい「日本語くらい教えなさい!」
       このセリフはいつもの事(笑)。
       「叔母さんが英語勉強してみたら」なんていっても、
       「72歳の頭では覚えられない」なんて諦め顔。
       「孫とも会話ができないんだからなぁ~」とは、一人娘の国際結婚に反対だった叔父さんの口癖。
       その口調が、かつて、大反対していた頃と打って変わり、既に目に入れても痛くない状態。
       モデルさん並のプロポーション、ハーフ美人孫を前に、年々目じりが下がりっぱなしなご様子。
       

           いつもはおんぶに抱っこでご馳走になりっぱなしの実家お節(母、妹手作り)
           今年は少し我が家のお節を持参してみました。母、妹の3重お節に加え、我が家の2重、
           叔母さんの中華お節と7重箱、恒例の「箱根駅伝」を観戦しながらの宴会です。
           といってもさすがの大人数、早朝からの総出の準備で、酣な頃には
           妹と二人でぐったり。リスニングで疲れた?もありますが・・・。
 
d0023047_248412.jpg
     
    

我が家持参お節の覚書(反省点多し)
[PR]
by chojiiro | 2012-01-05 06:10 | お正月 | Trackback | Comments(36)