カテゴリ:Kiredo( 12 )

キレドベジタブルアトリエでモリvegeパン

d0023047_13464381.jpg


キレドベジタブルアトリエさんでのイベント、
キレドさん朝採り季節の野菜でパン作りをご参加も皆さんと楽しむ
「モリvegeパン」を先日担当させていただきました。

盛りだくさんの野菜を生地のフィリングにトッピングと
何とも贅沢な極みなパンに仕上がりましたよ。

d0023047_13482480.jpg


赤丸蕪とキャローナッツ(バターナッツのベビーちゃん)をみじん切りにしてフィリングに
トレビス、スイートハラペーニョ、パープルカリフラワー、ビーツは生食で!!!
かぼちゃの蔓はソテーして!(甘く食感もいい)
キレドさんのお野菜を宅配して3年くらいになりますが、ビーツを生食でいただいたことがなく
この日、ビーツを切りながら「このまま食べてみようかな」と味わうと、その美味しさに驚嘆!!
ご参加の皆さんにも生でモリvegeしていただくことにしましたが、やはり皆さん
その美味しさに目を輝かせていらっしゃいました。

ハワイアンオニオンは根っこをつけたままパン生地を巻きつけて
丸焼きに!
d0023047_13544312.jpg

根っこのまるで牛蒡のようなお味!!

キレドさんだからこその、まるごと野菜のvegeパン
もちろんvegeパンの美味しさはご参加の皆さんの驚嘆ぶりからも伺えましたが
贅沢極まりないふんだんな季節野菜を使わせていただく幸せを改めて感じた1日でした。

プレーンなパン生地よりも少ない仕込み水の加水率でも
野菜の酵素でびっくりするようなフワフワ感、
生野菜に含まれる酵素が焼成時に放出されるからの効果
野菜のパン、今後もメニュー開発の楽しみになりそうです。

仕上げ発酵・焼成の時間にはご参加の皆さんへのプレゼントとして、
天然酵母ワッフルを各自で焼いて焼き立てを召し上がっていただきました。
d0023047_14161278.jpg



1部、2部と終日のイベントにご参加下さった皆さん
キレドの栗田さんケイコさん
皆さんのおかげで幸せな1日になりました。
ありがとうございます!!
[PR]
by chojiiro | 2016-06-28 14:07 | Kiredo

キレドベジタブルアトリエで「ポップオーバーの会」

d0023047_229358.jpg


キレドベジタブルアトリエさんで、2月・3月と2回に渡って
「ポップオーバー×キレド野菜」の会を担当させていただきました。
d0023047_231558.jpg

d0023047_233413.jpg


1月22日発売の「大人のプラスワンリビング」に掲載された6ページのニューヨークデリスタイル
の中からキレド野菜に合わせる「ポップオーバー」を再現する会でもあり、
Baking Studio Grano Di Ciacoの生徒さん以外にも
沢山の方々にご参加いただきました。

シュー生地よりも美味しい!!と実感できるポップオーバーのレシピは
ご参加いただいた皆さんにも支持され、イベント直後に型が売り切れるほど。

キレドさんのお野菜やアイスクリーム、果物・・何でも合うポップオーバー
その上このビジュアルの可愛らしさ!
レシピは「大人のプラスワンリビングvol.2」にご紹介しています。
これを焼いてみたい!という方はこちらのレシピをご覧になってくださいね。

初夏にはキレド野菜×ciacoパン、キレドベジタブルアトリエさんで
キレドさんのお野菜を使ったパン作りの会も企画されていますので、
またご一緒してくださいね!
以前担当させていただきました、キレドさんのお野菜でパン作りはこちらです。


両日ご参加いただいた皆さん、キレドの栗田さん、ケイコさん、スタッフの皆さん
Baking Studio Grano Di Ciacoの外部イベントを支えてくれているさつきちゃん!
ありがとうございました!また初夏の会よろしくお願いします。
[PR]
by chojiiro | 2016-03-17 01:53 | Kiredo

キレドベジタブルアトリエさん4月18日オープン!!

千葉の大好きなお店を巡った2日間!
d0023047_21372329.jpg


4月11日はキレドベジタブルアトリエのプレオープンでした。
レッスン終了後、急いで片付けして午後4時からのプレオープンパーティーに。
「おめでとうございます!!」
栗田さん、ケイコさんの「好き」が詰まった素敵な空間ですよ。

4月18日(土)10:30-16:00 オープンです!

■キレド野菜のお惣菜
■キレド野菜の加工品
■ランチ&カフェ(イートイン・テイクアウト)
■調味料・食材
■器・調理器具・テーブルウエアなど
264―0006 千葉県若葉区小倉台5-13-4 1F
℡043-232-3470


プレオープンパーティーの後は、こちらに!
「フルリール」さんでフラワーアレンジレッスン
d0023047_21451128.jpg


ラインの作り方、立体感の出し方を丁寧にご指導いただき、なんとか完成したアレンジ!!
花材もその種類も、色、フラワーベース全てにおいて、さすが「フルリール」さんのセレクト!


翌日はnayaさんに。
d0023047_21503055.jpg

開店前にも関わらず週末ということもあるのか既に数十人の列。
いつもは前日までに予約して伺うのですが、当日お店に並んでいるパンからチョイス
するのもまた楽しいものです。最近登場したという「いちご酵母」のパンがほのかな甘みと
生地のやわらかながら食感が何とも美味しそうで、
九十九里の海を眺めながらさっそく、頬張りました。
大好きな「木の実のカンパーニュ」もホールで!

その後、月に1回のみオープンするカフェ
「カフェフューシャ」さんに。
d0023047_21573929.jpg


タルト2種もとろけるオレンジケーキも、紅茶も至福の味!

感じるのは「美味しいもの」「素敵な空間」を提供できるお店の方々は
お人柄も心豊かでおもてなしの心をもって、腰が低くて・・・素晴らしいってこと。

このところ出かけ先ではスマホに頼りきりの写真です!
[PR]
by chojiiro | 2015-04-13 22:07 | Kiredo

畑と野菜料理の会 黒水シェフ(オステリアティモーネ)の会

d0023047_0608.jpg

2月の畑と野菜料理の会は
黒水シェフ(オステリアティモーネ)

霜柱、北風、キーンとした空気、真っ青な空。
2月の畑にも、たくましい野菜がいっぱい。
4個分くらいある巨大なちりめんキャベツ!
Kired栗田さんから芯の部分をカットしていただきお味見させていただきました。
何とも甘いこと!!芯は生食に限りますね。

ポロ葱の根っこ、ねぎの根っこを食すのは生まれてはじめての経験!
根っこも葱味なんですね~!

収穫まで愛情いっぱい受けた畑の野菜たち。
以前、栗田さんから
「野菜の一生をみる」という言葉を伺ったことがありますが、
収穫するだけでなく、花が咲いて実になって、枯れて、
野菜の一生すべてを味わったものだけが言えるセリフだなぁ~と感激したものです。
野菜の一生を理解しているから、根っこも芯も、一般的には食として活用しない部分の美味しさを
ご存知なんだなと。
d0023047_062852.jpg

■ちりめんキャベツと島にんじん、ポロ葱のトフェイヤ
■マジョラム風味のグリッシーニ
イタリアン「オステリアティモーネ」の黒水シェフに上記2種を教えていただきました。
北イタリアピエモンテ州の煮込み料理、グリーンのstuabの鍋には
「伝統的なトフェイヤ」、こちらは事前に煮込んで下さった逸品!(深ーい味わいがありますよ!!)

d0023047_23535825.jpg

恋する豚ばら、ポロ葱、ちりめんキャベツ、白インゲン豆、うずら豆、
ローズマリー、シナモン、とハーブ・スパイスも加わり、
仕上げにパルミジャーノレジャーノ。
野菜の旨味を最大限に引き出したスープに仕上がりました。
マジョラム入りのグリッシーニを添えていただきます。


芯から体があたたまる煮込み料理!
毎回味の決め方、調理法、プロの技に見入ってしまいます。

黒水シェフ、Kired栗田さん、ケイコさん
ご一緒した皆さん、ありがとうございました!
週末、こうして心から癒される1日、幸せですね~!



「オステリアティモーネ」
千葉県四街道市めいわ4-1-14
043-377-7744
JR四街道駅 徒歩20分
営業時間
11:30~15:00(L.O.14:00) 18:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:日曜日
[PR]
by chojiiro | 2015-02-19 00:08 | Kiredo

畑と野菜料理の会 林幸子先生(ATELIER GOUT)の会

d0023047_1654043.jpg

霜柱、寒風吹く四街道の高台にあるKiredさんの畑も冬景色です。

今日はグー出汁、水切りヨーグルト、他料理出版本も大人気の
林幸子」先生のお料理の会です。

d0023047_16572446.jpg

ひとみ人参、特にKiredさんのこれは絶品!!
葉が枯れた頃が一番甘いとか。
小松菜はビニールハウスにて収穫。その場で一枚お味見、
紫大根も収穫。

さて、調理室に移って
林先生と栗田さんの掛合いが面白く
(さすが林先生関西人的な笑いもしっかりと誘って)

d0023047_1731782.jpg


今回はおろし金で味がどう変わるかにスポットを当てて説明してくださいました。
1、林先生が包丁職人さんにオーダーしたおろし金
2、市販のプラスティック製
3、アルミ製
4、プラスティック丸型

上記4種でひとみ人参をおろし味を確認!
d0023047_1791855.jpg

2~4は野菜の細胞を壊してしまうそうです。
お味も歴然です!

今日、教えていただいたお料理は
■タラのおろし煮
■焼き油揚げのおろし和え
■あけぼのごはん

d0023047_17851100.jpg

どれもこれもしみじみと美味しいお味だったなぁ~!!
グー出汁も最高です。このメニュー全て家族に食べさせたい!!
林先生の雑学を含めた知識もさることながらお人柄にも魅かれました!
表参道のお料理教室にも参加させていただこう!

キーンとした畑のこの時期の空気、透明なんですね。
[PR]
by chojiiro | 2015-01-18 17:13 | Kiredo

畑と野菜料理の会 キレド×Baking Studio Grano Di Ciaco

d0023047_032446.jpg


11月16日(日)快晴
キレドさんの畑に集合し、使用する野菜の収穫と畑ツアー後は、
キレド野菜を使った「ブレッドサレ」「ベジコルネ」作りです。
今回のイベントでは上記2種のパンを担当させていただきました。
1人ずつ手捏ねして、2種のパンを焼き上げ、お食事というプロセス。
自宅レッスンではニーダーで捏ねていますから、手捏ねは久しぶり。
4歳くらいから小学生くらいまでのお子さんも真剣に捏ねていました。あ!大人も真剣そのもの!
ベトベトな生地が耳たぶくらいの柔らかな触感に変化していきます。
手捏ねした生地は特に愛着が湧きますね。
皆さん上手!!綺麗な生地に捏ねあがりました。

d0023047_035487.jpg


採りたての金時長かぶ、ひとみにんじん、スティックセニョールを
生地と同じくらいのボリュームでフィリングします。
「ブレッドサレ」断面の野菜の美しいこと。タアサイとトレビスをトッピングしてみました。
島にんじんはひも状に伸ばしたパン生地を巻きつけて焼成、
「ベジコルネ」ワイルドながら、ビジュアルの可愛いこと!!!
どちらも焼きがると同時に笑顔と歓声があがります。
そうそうこの瞬間が何よりも幸せ。

野菜を入れたパン生地はいろいろな化学反応が起こるんです。
何も入れない生地よりもふわふわ!(これも今回実験)
これは野菜の酵素が発酵を促進した結果です。
キレドの栗田さんはそのあたりにかなり興味を持たれていたようです。

ピカイチな味の「ルッコラ」「パープルからし菜」をサラダにした
極上のベジプレートでお食事です。
摘みたての野菜、手捏ねし、焼きたてホカホカなパン
なんとも至極、豊かなランチになりました。


この日、参加くださった皆さん、ありがとうございました。

ご参加の皆さんが手捏ね、成型と、楽しんでいただけたご様子にほっとしているところです。
お子さまたちの興味津々キラキラした眼差し、
ジーンとしてしまいました。

何とも幸せな日曜日!今年の貴重な出来事になりそうです。
こんなにも贅沢極まりないパンを担当させていただく機会をいただきありがとうございました。

d0023047_043324.jpg

(ご参加いただいたTさん撮影)
[PR]
by chojiiro | 2014-11-18 00:10 | Kiredo

畑と野菜料理の会のご案内と申込みについて

11月16日(日)の「畑と野菜料理の会」を担当させていただきます。
こちらとこちらにご案内、お申込み先のお知らせがあります。
10月29日正午から、お申込みスタートとなります。
定員になりましたので、お申込みを締め切らせていただきました。ご参加お申し込みの皆さん
当日ご一緒できますこと、楽しみにしております!

d0023047_19521097.jpg


キレドの栗田さんの畑ツアー、ご参加の皆さんでの野菜収穫後、
野菜ごろごろ入ったパンや野菜にパン生地を巻きつけたベジコルネ
粉を捏ねるところからスタート、焼きたての野菜パン、ご一緒に作りませんか。
[PR]
by chojiiro | 2014-10-26 19:59 | Kiredo

畑と野菜料理の会

d0023047_7354791.jpg


高く広がる空、
雲が描写されたように薄く織りなし、
高台にあるKiredさんの畑に流れる風、ふかふかの土
まさに「パワースポット」です。
今回はKired野菜と「オステリアティモーネ」の黒水シェフのイタリアン料理の会

d0023047_7394155.jpg


「千倉港の魚とキレド野菜のカリアリ風、手作りフレゴリーナ」

お料理に使う野菜の収穫からスタートです。
栗田さんに続いて列になり畑の畝に沿って進んでいくと、
先ずはひも茄子、スイートパラペーニョ、とまと、タイム、空芯菜、
各野菜の特徴の説明を伺いながら摘んでいきます。

野菜の収穫後は、畑から徒歩2分の絶好の場所にキッチン食のスタジオに移動

d0023047_7491848.jpg


d0023047_895100.jpg


千倉港の魚は尾長鯛、この大きさ輝きにテンションアップ
ここからは、黒水シェフが調理工程を説明しながら栗田さんが1から調理していくスタイルの
デモンストレーション。この掛け合いが毎回楽しく、各グループに分かれての
調理実習への理解が深まっていきます。
先ずはセモリナ粉と水でフレゴリーナ作り、細かい粒つぶパスタを作っていきます。
野菜をカットっした後は魚の解体ショーではなく魚の捌き方
小回りの利く包丁で見事な黒水シェフの包丁捌き、
野菜をソテーして、アンチョビやサフランで味を調えサルディーニャのパスタ料理、
尾長鯛も皮目がパリパリで身はふっくら、各野菜の旨味も相まって
美味しい出汁にフレゴリーナの粒つぶの食感。
美しく目先が変わったおもたなしにも向くパスタ料理、
「これができたらいいね~」と盛り上がりました。
さっそく作ろう!

d0023047_813049.jpg


食後にはKired畑で収穫されたハーブ数種のハーブティー。

畑、黒水シェフのお料理でリフレッシュした1日。
美味しいものは美味しいもの好きのご縁も広げてくれます。
この日、ミレユンヌ日本総代理店代表の容子さんも参加され、
畑の環境、自然、お料理作りと無邪気に楽しんでいた笑顔も
栗田さん、黒水シェフはじめご参加の方々の満面の笑みも
素敵な笑顔で溢れていた1日でした。
やはり、パワースポットだ!!
[PR]
by chojiiro | 2014-09-23 08:12 | Kiredo

畑と野菜料理の会  Kired×ごはん同盟

d0023047_8573443.jpg

毎月楽しみにしているイベント「畑と野菜料理の会」
8月は「Kired」野菜と「ごはん同盟」さんによる
野菜を使ったちらし寿司の作り方を教えていただきました。

先ずは、野菜の収穫からスタート。
Kired栗田さんの各野菜についての説明、こうした生きた野菜知識ほど
為になるものはないですね。
真っ赤に実った「アイコ」やら「ブラックミニトマト」、水茄子、トランペットズッキーニ、
ベータリッチ(にんじん)、島オクラ各種
摘みたて野菜を使って極めた炊き立てご飯で作る「赤い寿司」
想像するだけでワクワクします。

d0023047_858475.jpg

野菜をみつめる栗田さんの笑顔も、参加された皆さんの笑顔も素敵でした。

「人参の茎と実の部分、オレンジ色だと美味しいんですよ」
そんな見極め方も教えていただいたり、栗田さんが育てる野菜はアクがなく生食でも美味しいのですが
その理由だったり、プロであるからこそのお話も盛り沢山。


さて、いよいよ「お料理の会」です。
d0023047_992633.jpg

ごはん同盟の白井先生による「米の研ぎ方」「美味しいごはんの炊き方」
酢飯の美味しい作り方、レアなお酢のご紹介など実り多い内容です。



d0023047_904634.jpg

「イタリア風ちらし寿司」
合せ酢にはマリネ液、野菜は水茄子、ベータリッチ、トランペットズッキーニ、
パプリカ、スリーとパラペーニョ、かぼちゃの蔓(ソテーして)
ほとんどの野菜は生食で使います。
サーモン、パルミジャーノがアクセントに。
おもてなしにも抜群!!



d0023047_911094.jpg

「赤いちらし寿司」
合せ酢がなんといってもキーポイント、
まぐろ、とまとの角切りを醤油に漬けた「ヅケ」、これもキーポイント
赤オクラ、アイコを散らした元気が出る色彩「赤」な夏ピッタリのちらし寿司
さっそく、作りたい!

d0023047_913099.jpg

こちら栗田さんからのサプライズ!
あま~~~いスイカでした。

なんて幸せな1日!!

さて、これが欲しくなったな
d0023047_9424864.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
八ヶ岳続編は次回に!
[PR]
by chojiiro | 2014-08-18 09:48 | Kiredo

Kired open kitchen

d0023047_16303420.jpg

Kired open kitchenの1回目
「黒水 洋×キレド」
梅雨の晴れ間にしては夏日、高く青い空、畑を流れる風
住宅地に囲まれながらも高台に位置するKiredの広大な畑
時が刻むのを忘れてしまいそうでした。


d0023047_16352212.jpg


畑に集合してから、まずはKiredの栗田さんが案内して下さり、
今日のお料理に使う野菜の収穫。
ここから徒歩数分の場所にある「オステリア ティモーネ Osteria Timone」イタリアン リストランテ
黒水シェフによるパスタ料理教室が1回目のオープンキッチンです。

ロマネスコ、赤丸かぶ、スティックセニョール
この3種をちびっこちゃんが収穫、
可愛い姿に、思わず微笑んでしまいます。

畑からすぐのところに、なんとまぁ~この日の為というような食のスタジオがあり、
こちらに移動、
まずは、黒水シェフから
生パスタ作りとソース作りのレクチャーがあり、その後
まずは栗田さんが、パスタ作り、野菜・ハーブ刻み、恋する豚へハーブ投入し荒く混ぜて・・・と
レシピ通りに調理を進めていきます。
南イタリア地方のパスタ料理、ネーミングの時点で既に美味しそう!
「キレド野菜とハーブでマリネした恋する豚のカヴァテッリ」


d0023047_16493787.jpg


粉とセモリナ粉、他調味料を入れて捏ねるところから。
まとめて常温でねかせてから、細長い棒状に成型、それを3~4㎝にカットして
豆のさやのような凹凸を作っていきます。この作業かなり面白い。

栗田さんとシェフによるかけ合いデモンストレーションの後、3~4名に分かれて、粉の計量、
生パスタ作り、ソース作り・・・と進めていきます。


さて、出来上がりです!!

d0023047_16551567.jpg

パスタの凹凸部分にソースが絡み、そこに栗田さんの濃厚な野菜
充分に乳化させたソース、すべてが絡み合い美味しいこと!
千葉県香取市の「恋する豚」ここには、ワイルドフェンネル、ラベンダーの花、ローズマリー
タイムとこれまた採れたてのハーブ。

パスタ作りも、ソース作りのコツ、肉へふる塩のパーセンテージから、豚を少し焦がし目にしてから・・・
と幾つものプロのポイントを教えていただきました。

もう、美味しいの一言に尽きます。

生パスタの生地は3人分をお土産にいただいた上に、これに使用するお野菜まで。
さっそくパスタ好きな家族へ作りましたが、やはり大好評。
我が家の定番になりそうです。


ランチの後は、畑ツアーです。
野菜の香りをかいだり、味見をしたり、特徴を教えていただいたり、
ここで流れている時間はいつもと違って感じます。
なんとも贅沢なひと時。

栗田さん、黒水シェフ、ありがとうございました。
ご一緒させていただきました、皆さん、素敵な1日になりましたね。
[PR]
by chojiiro | 2014-06-16 17:13 | Kiredo