カテゴリ:ZWILLING ( 3 )

ZWILLING ヘンケルス社 スペシャルクッキング

3月12日ZWILLINGヘンケルス社のスペシャルクッキング1部・2部を担当させていただきました。


d0023047_1984930.jpg


外部イベントは食材の調達・下拵えをいつも以上に万端にし、
出発前まで準備した食材をチェックし
車へ積み込み、横浜に向けて8時に出発、9時前には元町に到着。
スタジオに荷物を運びこみ、テーブルコーディネート、
器などはZWILLING社にあるものからピップアップしますので、
当日の直感が勝負、ほぼ数分で春のテーブルを作りだします。

d0023047_199153.jpg


「清明の候  春爛漫のテーブル」

11時半~1部のスタートです。
4か月ぶりのスタジオ、はじめましての方も多く、慣れているはずの挨拶も今回は緊張しました。
クッキングデモスタートです。
ZWILLINGのミーレのキッチンはラウンド状、一周回りながらクッキングができます。
IHコンロもコーナーごとに4か所、お料理をしながらぐるぐる回りながら説明していきます。
今回は本日新発売になる「スキヤキグリルパン」をメイン料理に使いました。
綺麗な焼き目がつき余分な油は溝に落ちます。
鋳物の良さは、食材にゆっくり火が入り、グリルパンの保温性が高いので
温度が下がりにくいこと。
肉や魚がふっくり、野菜は甘みが出ます。
実用性の高い鍋の形と蓋がグリルパンという組み合わせは既に
「便利!!」「実用性大!」とのお声も多数いただきました。
今回使用した鍋は、「スキヤキグリルパン」地鶏のお料理に
「オーバル」高加水パンドカンパーニュ、鍋ごとオーブンに入れて焼きますと
クラストがカリカリ、クラムがもちもちに!こちらも大好評で教室での
レッスンのリクエストも頂いたほどです。
「シャローパン」でパンプディング、
「ラウンド」でニンジンのスープ
全てのお料理にstaubの伝導率の良さが効いています。
小物も人気があり、鍋蓋スタンドやツール置きディッシュ、
キッチン用品大好きな方はスタジオにいるだけでワクワクされるかと思います。
終日、各種staub鍋・ヘンケルス社のキッチン用品に囲まれているなんて、
なんて幸せなんだろう!

d0023047_1910578.jpg


お料理の後は、スパークリングで乾杯♪
「かんぱーい」の合図で演奏のスタート(KANTAN withモギちゃん)
お料理に合わせて白・赤ワインをサーブ。
私たちスタッフはひたすらお料理の盛り付け・・・でしたので写真を撮る余裕がなく
空いている時間に撮った写真のほかは、ご参加くださいました方々が
送って下さったものを編集しました。

1部が2時に終わり、皆さんをお見送りした後は休む暇なく2部の準備です。
1部で学習しますので2部は毎回スムーズに準備が運びます。

お料理は
スパークリングワイン・白ワイン・赤ワイン
■ニンジンのスープカプチーの仕立て
■シーフードマリネのジュレ、春野菜添え
■地鶏のグリエ、サルサ春野菜添え
■プルーンのぱんプディング
■staubで焼く高加水カンパーニュ
■ハリウッドロール(自宅で焼いたパンを持参サービスメニュー)
■紅茶


今回はじめましての方も多く、教室へのお問い合わせやご丁寧なメールも頂戴し
嬉しいご縁をたくさんいただきました。
ご参加いただきました、素敵で楽しい皆さんありがとうございました。

d0023047_19123314.jpg


毎回助けていただくZWILLINGのスタッフの皆さん、
朋子さん
アシスタントのさつきちゃん
沢山支えていただきありがとうございました!

KANTAN with もぎちゃんの演奏・歌
場を和らげて毎回盛り上げてくれます。
1日お付き合いいただきありがとうございました!

皆さんもぜひ横浜元町ZWIlLIGヘンケルス社のスペシャルキッチンでご一緒
してくださいね。次回は7月1日の予定です。(変更になう可能性もあります)

当日の模様は同じくエキサイトプラチナブロガーのこの方がご紹介くださっております。いつ拝見しても透明感のあるお写真と優しさ溢れる文章です。



d0023047_19125717.png

[PR]
by chojiiro | 2017-03-14 19:14 | ZWILLING

ZWIlLINGヘンケルス社スペシャルクッキングを担当させていただきました

10月23日(日)横浜元町ZWILLINGヘンケルス社にてスペシャルクッキングを担当させていただきました。

d0023047_12592296.jpg


自宅レッスンで使用したstaubブレッドパンで「ブレッドタタン」
この秋新発売になったジャポネスクシリーズWa-nabeで「塩豚の栗の渋皮煮とプラム、赤ワイン煮込み」
ラウンドココット22cm のお鍋で、野菜のフォカッチャなどをご紹介させていただきました。

d0023047_13414.jpg

左側がstaubスチームグリルパン26cm
真ん中がstaub「ブレッドパン」
右側がイタリア製「ベッラリーニ」(銅コーティング)

■メニュー
  *塩豚の栗の渋皮煮とプラム、赤ワイン煮込み
  *季節のフォカッチャ
  *ブレッドタタン
  *農園サラダ 

staubは煮込みにもグリルにも熱伝導が優れていますね。世界中に愛用者がいますので
その実力は皆さんもご存知かと思いますが、パンにもその力を発揮しますよ。

9月のレギュラークラスで「ブレッドパン」を使用しました。
一般的なパンの型と何が違うかというと、感じ方としては食感です。
パン生地の中の水分を程よく保った状態で焼成しますので、しっとりとふっくらと焼きあがります。
同じ分量の生地を焼く実験をして、焼き上がりの重量がパン型とブレッドパンでは変わります。

9月に多くの生徒さんがいち早く察知し、ブレッドパン人気に繋がったことからも
staubでのパン焼成の実力が伺えました。鋳物の抜群の熱伝導で均一に底から熱が伝わりますので、
今後はパン・ド・カンパーニュなどもstaubでのレッスンを取り入れていこうと思っています。

今回のスペシャルクッキングではパンを2種ご紹介させていただきました。
「ブレッドパンで作るブレッドタタン」
「ラウンドココットで作る季節のフォカッチャ」

レッスン過程の写真を撮る余裕がなく、スマホなどで合間に撮った画像を編集してみましたが
同じエキサイトプラチナブロガーのこの方が詳細にブログにご紹介くださいましたので、
ぜひご覧になってくださいね。

d0023047_13254273.jpg



コトコト1時間煮込む塩豚のワイン煮、箸でも切れるくらいに柔らかくなります。
フォカッチャもクラストがカリッとクラムがもちっとお野菜のジューシーさ、鮮やかな色が感じられる焼き上がりです。
ブレッドタタンはダイナミックな焼き方!キャラメリゼがブレッドパンから何とも艶やかに滴ります。
蓋が一気に器に変身なところもブレッドパンの機能性の一つ。
農園サラダの中のさつまいもは「スチームグリルパン」で。少しのお水でスチームできます。


食材を運ぶこともあり、自宅から横浜までは渋滞回避のためにもアクアラインルートで出かけています。
この日も!
もうそこがアクアラインというところで「アクアライン閉鎖」の電光掲示板!!
(えええ!!)と思いきや結局アクアラインに向かってみると、やはり!
何と、「アクアラインマラソン」でした。
この時点で8時50分!あと20分で到着予定だったのに!!
もう必死で戻り、羽田経由で一路横浜元町まで。
何とか10時前に到着でき下準備も間に合いました。
スタッフの皆さんはきっとご心配されていたかと思いますが、ご迷惑かけずに何とか間に合いました。

この日、午前・午後10人×2のご参加の皆さん、ありがとうございました。


今回も受付後すぐに定員になってしまいましたが、前日にキャンセル席でご案内のあった方は
キャンセル待ち9番でしたのに、参加でき嬉しいですとおっしゃってくださいました。
キャンセル待ち8番までの皆さんとは電話が繋がらなかったり、既に予定があったりだったようです。

次回は2月中旬~後半の日曜日になりそうです。

生演奏、今回はKANTANのベース担当のJさんが都合つかず、急遽
ボーカルのMさんが加わりました。甘い歌声に、皆さん酔いしれてくださってましたね。

短時間のクッキングではZWIlLINGヘンケルス社のクッキングスタッフの方々にいつも
助けられています。毎回きめ細かいアシスタントありがとうございます。
もちろん、Baking Studio Grano Di CiacoのアシスタントSちゃんも1日中ありがとう!!





d0023047_1358856.png

  
[PR]
by chojiiro | 2016-10-30 13:42 | ZWILLING

ZWILLING Special cooking class アーバンアウトドア

d0023047_19463499.jpg

横浜元町ツヴィリングJ.Aヘンケルス社クッキングスタジオにて
2回目のスペシャルクッキングクラスを担当させていただきました。
テーマは「アーバンアウトドア」
テーブルにはキレドさんのアーティチョークやファンネル・ルバーブなどを配し
ベジタブルガーデンの中でのグランピングなイメージを演出しました。
eco SOU LIFEの自然素材100%(土に戻る素材)の食器を使い、
器、花器にはstaub!
キッチンのデモももちろんstaubの各種鍋を存分に使いたい放題という
staubファンの私にとっては幸せ極まりないクッキングデモです。

d0023047_19582657.jpg

■メニュー
サングリア
バゲットピンチョス2種
スパイシーラップサンド
タコのガルシア風
キレド野菜のフリッタータ
サマークグロフ

d0023047_201715.jpg

横浜バージョンにレシピを変えたクグロフ!
さっそくレッスンのリクエストをいただきましたので、さっそく企画します♪

KANTANの生演奏も回を増すごとに癒しのサウンドとの声!次回も!!と声援も多く
また次回もクッキング同様、生演奏を聴きながらのお食事もお楽しみいただけるかと思います。
d0023047_20108100.jpg

(カンタンの画像はご参加下さったカズミさん撮影)
ご参加いただきました皆さん、楽しいひと時をご一緒していただきありがとうございました。
今回嬉しいことにあっと言う間に1部、2部共に定員となり、キャンセル待ちをして下さった方も多数
おいでになったようです。次回・・はぜひご参加いただけますように!!
[PR]
by chojiiro | 2016-06-07 20:11 | ZWILLING