カテゴリ:すき( 20 )

グリーンコーディネーター

かねてから資格取得したいと思っていたグリーンコーディネータ、とうとう、仕事がらみで植物の提案がかかせなくなり思い腰をあげました。植物の特性・育て方・アレンジの仕方など、住まいとは切り離せない分野になっていますね。こちらのお店の感性が好き!
d0023047_9445638.jpg

d0023047_9453344.jpg

d0023047_10165295.jpg

d0023047_9474491.jpgd0023047_947577.jpg






















肩を張らない、住まいに溶け込んだグリーンの使い方、こちらのお店ではそんな植物への思いが感じられます。
追記Verrine de Vert←mikiさんこちらのお店です。あのカモミールのコーヒーカップの・・・)そしてブレークタイムの・・・
 

☆追記しました☆
*グリーンコーディネーター(13歳のハローワークから)
観葉植物の知識を持ち、観葉植物を使って、家庭や商業施設、飲食店や小売り店などの店、ホテル、オフィス、イベント会場などを演出するプロフェッショナル。グリーンコーディネーターに必要なものは、観葉植物の種類や栽培・管理方法に関する知識とノウハウをはじめ、インテリアやエクステリアのデザインセンス、植物と照明の関係、エコロジーと環境の知識など。また、顧客にわかりやすくデザイン案を説明するプレゼンテーション力や、仕入れや搬入といったマネジメント力、重い観葉植物を運べるだけの体力が欠かせない。職場は園芸店やフラワーショップ、植物リース会社、インテリア会社などのほか、フリーで働く人も多い。経験や知識がなくても就職は可能だが、最近ではグリーンコーディネーターの養成コースがある専門学校も登場した。なお、園芸装飾技能士(1、2、3級)や、フラワー装飾技能士(1、2級)の資格をとっておくと、有利になる。
[PR]
by chojiiro | 2006-10-01 09:57 | すき | Trackback | Comments(44)

コーヒーは果物だ!

このときご紹介したコーヒー豆、ここ数日癒されてま~す。
d0023047_2140646.jpg

[PR]
by chojiiro | 2006-04-17 21:41 | すき | Trackback

柿の葉寿司、ミニミニ・・・・・

弥生時代は約600年間も続いた長い時代です。吉野ヶ里遺跡では、この長い弥生時代の全ての時期の遺構・遺物が発見されています。しかもそれぞれの時期の特徴をよく表しているものが見つかっており、この時代にどのように社会が変化していったかが分かる極めて学術的価値の高い遺跡です。

こんな歴史のある街にある中谷本舗の柿の葉寿司、鯖、鰺、鯛,鮭の4種類が個ずつ入っています。柿の葉を網焼きしていただくとまた香ばしいお味を楽しめます。
「ゐざさ献上寿司」はその御足跡をたどり、毎年2月11日の建国記念の日に橿原神宮天皇陛下の勅使様への献上品としても有名、高島屋各店・東京駅などで販売されています。

d0023047_7191192.jpg


d0023047_7295399.jpg

                ミニサイズのハンバーガー?
まい泉と言えば、とんかつ、こちらのミニメンチカツバーガー、娘たちの好物です。このサイズをお弁当に入れたら可愛いいですね。今度はミニサイズのバンズを焼いてお弁当に挑戦してみます。

            上記の2品、最近のお気に入りなんです。
[PR]
by chojiiro | 2005-11-10 07:34 | すき | Trackback | Comments(20)

芽がでてきました。

d0023047_03671.jpg

             海を渡って我が家にやってきました。
        いつの間にかこんなユニークな芽を出してくれました。

domaのMasakoさんからのプレゼントです。カリフォルニアのサクラメントに素敵なご主人様のEDDIE、黒猫HANA,愛犬KONA、そして8月に誕生したばかりのBABYちゃんの高乃くんに囲まれて、日本の食・インテリア・日本古来の伝統美をこよなく愛し、毎日をポジティブに過ごしているMaskoさん、彼女との出会いは私がブログを開設する以前、お互いがよく遊びにいっていたサイト(今、残念ながらお休み中)のbbsを通じてなんです。Maskoさんはアメリカでの生活が12年になります。日本古来の建築物・色がお好きでサクラメントの素敵なお宅にも取り入れていらっしゃいます。そういえば「丁子色」このタイトルに反応してくれましたね。

                この芽は、こうして頂くんです。
d0023047_0285594.jpg

  カップにお湯を注いで、この芽を掴み中にいれますと、おいしい紅茶の出来上がり。
          早速、今朝いただきましたよ。ありがとうございます。

        この美味しい紅茶を頂きながらのんびり、お気に入りの本を
d0023047_0354323.jpgd0023047_037256.jpg










d0023047_0382226.jpg季刊誌の「住む」・・この中には私が住まいに望む全てが詰まっています。以下編集後記から抜粋・・一軒の家が出来上がる。住まいはそこから始まります。家は、そこから長い一生を開始するのです。家は、愛着をこめて手をかけてやると不思議と応えてくれます。そしてだんだんと住まい手に馴染んでいくんです。住まいは、完成しません。それは住まい手が育てるものです。

この雑誌名「住む」に注目してください。半分に欠けた句点を用いているのはそんな思い、これから作り上げていく家への想いが込められているからです。

日本の住まいはここ数十年、生産者メリットを優先した新築競争に明け暮れ、装飾過多のデザインに陥り、必要以上の設備導入に追われてきました。最近、それはちょっと違うのではということに気づき始めています。簡素で身の丈にあった家、という志向、これが、実は最も難しいんです。住まいの本質を見極めなければならないからです。そんな豊かで簡素であるためには・・を気づかせてくれる一冊です。

       美味しい紅茶をいただきながらゆっくり時間が流れた一日でした。
[PR]
by chojiiro | 2005-10-23 22:50 | すき | Trackback | Comments(14)

デュヌ・ラルテのパン

d0023047_21534421.jpg

青山に出かける度にここのパンが気になっていました。インテリアショップ・ショールーム廻りは決まって仕事の休日(水曜日)が多く、水曜定休日のこちらのパンを眺めては・・・想いが遂げられず・・・・、とうとう届きました。お店からのクール便のお届けです。-45℃で急速冷凍し焼きたての味と香りそのままに残っています。
d0023047_2251155.jpgd0023047_2252481.jpg










青山のフレンチレストラン「カムシャングリッペ」の浅野シェフが手がけたというパン店です。奥にギャラリーもあり真っ白な店内は、パン店とは言いがたいほどおしゃれなお店。夜はバーになるようです。対面販売なのでどんなパンなのか聞きながら買えます。デュヌラルテとは「類い稀な」という意味らしいのですが確かにすべての面で類い稀です。パンもこだわったものばかり。浅野シェフが最近手がけたという吉祥寺のダンディゾンも気になっています。

          デュヌ・ラルテセット
     ブリオサン×3・・・・・デュヌ・ラルテオリジナル ブリオッシュ
     ルヴュ・デュ・ブレ×1・・・・スタンダードブレッド
     カカオテ×1・・・・・・ココア入り
     ヴィーニュ10C×1・・・・・山ぶどう100%入り
     セーグル×1・・・・・・・ライ麦粉の風味と酸味
     セーグル1/3・・・・・    〃
     ジェルム×2・・・・・・・胚芽入り
     アルル×1・・・・・ひまわりの種入り
d0023047_22171090.jpg

パン教室に通って講師資格を取ったほどパンは大好きです。添加物・保存料の入ったパンは口の中に入った瞬間何か違和感を感じます。ここのパンは添加物・保存料は一切使われていません。バターがより際立つのは、通常のブリオッシュのレシピと異なり、ブリオサンには卵を使っていないためで、濃厚なバターの風味とシルキーな食感は、苦めのコーヒーでよし、ミルクでよし、勿論ワインのお供にもGoodです。
私が所属するJHBSも材料にはこだわります。原料選定・もちろん添加物・保存料は一切使いません。こういう原材料を吟味されたパンは特別美味しいんですね。
d0023047_22214836.jpg

ルヴュ・デュ・ブレはもちろんこのままで充分おいしいパンですが、カマンベールチーズをレンジで溶かしいちごジャムを混ぜていただくのが何ともワインに合うお気に入りの食べ方です。



             
[PR]
by chojiiro | 2005-09-26 23:00 | すき | Trackback(2)

シューマン歌曲集より   Die Lotusblume

シューマンの歌曲集にはすの花の短い瞬間の命を歌った歌があります。はすの花は早朝短い時間だけ開花し短い命を全うします。今、まさに・・・。

d0023047_072230.jpgd0023047_074044.jpg












d0023047_0812100.jpgd0023047_082668.jpg












             はすの花は燃え盛る太陽をおそれて
              うなじを垂れて夜を待つ
               夢見ごこちに

             月こそはすの恋人
              その光に はすは目覚め
               いそいそとヴェールをぬいで
               つつましく顔をあらわす

             花ひらき 燃え立ち 光を放ち
              はすは言葉もなく 空を見上げる
               はすは匂い はすは泣き はすは
                愛と愛のせつなさゆえに

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
昨日夕方の地震はびっくりしました。仕事中でクライアント様との打合わ中、会社のある千葉市はまさに震源地付近でした。携帯には主人から安否を尋ねるメールが入っておりました。家族が離れているときの災害・・お互いの無事が気になりますね。
[PR]
by chojiiro | 2005-07-24 00:01 | すき | Trackback(1)

日本の伝統色

d0023047_7581639.jpg

長女に新調した浴衣です。中学生になり丈も大人用、柄もいままでのかわいい色から少し大人っぽい色になりました。
日本の伝統色は趣がありますね。
浴衣の地の色は紫紺色・・しこんいろ(濃い紺色がかった紫色、色調の荘厳さによって優勝旗の色として使われるます。花の色は中紅色・・なかべにいろ(紅花から製造した片記染めた中程度の濃さの紅色。帯は薄色・・うすいろ(淡い紫をさす)。はなびらは亜麻色・・あまいろ(亜麻の繊維の生成りの色からきた色名、水がき色・・みずがきいろ(うすい灰みの紅赤色。


d0023047_81576.gifブログのタイトル「丁子色」も日本の伝統色の一つです。丁子の蕾で染めた色です。
平安時代、丁子は古くから香料として用いられました。高価なため本来の丁子染めは一部の貴族だけのもでした。江戸時代は丁子の代用でこの色は染められていました。
[PR]
by chojiiro | 2005-07-18 08:27 | すき | Trackback

ピラティス

d0023047_2394759.jpg

ジェニファー・ロペス、ジュリア・ロバーツ、二コール・キッドマン、キャメロン・ディアス,ブラッド・ピッドなどの俳優さんはピラティスをおこなっているというスポーツクラブのコピーに惹かれ、始めたレッスンも半年が過ぎようとしています。昨年の7月靭帯剥離捻挫で右足首を傷めて以来エアロビクスなどの激しい動きのメニューを控えるようにしヨガ・水泳を中心にこなしていました。2005年1月から新メニューとして加わった「ピラティス」・・骨盤周辺の体の奥にある筋肉を鍛え骨盤が安定し姿勢がよくなりバランスのとれた体をつくります。さらに身体に効果があるだけでなく、心に作用するエクササイズです。

私の場合、13年前の出産で骨盤が傾きそれが原因で腰痛が度々おきます。整体に通いましたがその場では矯正されても,すぐ元に戻ってしまいました。半分腰痛も諦めていたところ、水泳・ヨガ・ピラティスを始めてからかなり改善されてきました。こうなったら、
毎日できるように本を購入(DVD付き)し、画面に向かってポーズしかないですね!

これから・・・・始めよう!。。。。マットを敷いてDVDをセット・・・・。。。

          
[PR]
by chojiiro | 2005-06-29 23:21 | すき | Trackback(1)

コーヒーはフルーツだ!

d0023047_0111395.jpg

さかもとコーヒーのオーナー・・坂本孝文さん「コーヒーはフルーツだ!」の名言
人生全てをコーヒーにかけていると言っても過言ではない姿勢、おいしいコーヒーを求めては世界各国の農園を訪ね奇跡の豆を探してくる熱意、ここまでコーヒーに全てをかけられることに驚きを感じて以来、かれこれ6年のおつきあい。好みの豆を焙煎し届けていただくうちに”フルーツかもしれない”とコーヒーの奥に感じる甘みを味わえるようになってきました。今いただいているコーヒーはサマンバイアナチュラル(サマンバイア農園)坂本さんがオークションで買い付けた一品。坂本さんは、「おいしいコーヒーを入れることは丁寧な暮らしをすること」とおっしゃいます。
世界各国のコーヒー会議に出席したり、年間おいしい豆の為に多忙な毎日を送っているようです。
おかげでこんなおいしいコーヒーをいただけます。

d0023047_0205710.jpg
d0023047_0212753.jpg
[PR]
by chojiiro | 2005-06-28 00:22 | すき | Trackback(1)

フィカス・ウンベラータ・・赤ちゃんの葉誕生!

d0023047_718457.jpg

d0023047_7195189.jpg

d0023047_7212322.jpg

d0023047_723329.jpg
フィカス・ウンベラータは相変わらず人気の観葉植物・・住宅展示場には必需観葉植物の一つです。先日までリビングの一角においておりましたが、葉が黄色になりどうやら元気がない様子。いろいろ調べた結果、日光が足りないことが判明・・この植物はアフリカ原産で外で育ててもOKらしい(葉が焼けないように注意・・霧吹きで葉の裏側にお水をかける)

バルコニーに出してからというもの力強いグリーンの色になってきました。また、赤ちゃん葉が沢山誕生しています。それらが赤茶のからを破って生まれてきます。
風通し、光、栄養・・・植物もこれが適切に与えられないと葉も薄く緑の色も弱弱しくなってしまいますね。・・・反省

ハダニもつきやすいようで結構デリケートな植物らしいです・・どうやら外の光が一番のお薬になったようです。
[PR]
by chojiiro | 2005-06-21 07:25 | すき | Trackback