<   2005年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

GW・・・・明日まで仕事

今年のGWは10連休になるようですね。いかがお過ごしですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は今日も明日も仕事・仕事・・・・・2日~5日までが休日になりますが、こんなにお休みできるのは、年末・年始休暇以来です。とても貴重な4日間になりそうです。

今日はH様邸新築工事の内装材・配線の打合せでした。
内装材はスムーズに決まりましたが、ニッチにアクセントクロスを入れるか・ニッチの寸法など意匠部分の打合せが続きました。
住宅の工法は在来工法・2×4・軽量鉄骨・などなどです。・・・・・・一番自由度が利く工法が在来工法です。従来、寸法は尺で表現されておりましたが、今はメーターモジュールがよく採用されています(サッシの規格もMモジュールに統一されました)

H様邸は在来工法の尺モジュールです。尺(910mm)の間に構造材の間柱が入ります。ニッチを入れる場合、構造上抜ける柱であればどこにニッチを作っても問題ないのですが、どうしても抜けない間柱がありこれを説明するのにかなりの時間がかかりました。H様は見た目のデザイン重視で問いかけてきますが、デザインだけではどうにもならないことをどう説明しようか試行錯誤しました。(現場で説明すれば理解していただけるかも・・・・・)ということで、急遽現場に行くことにしました。
車からの風景はまさに、GW一色・・・

今日も大工さん(N大工さん親子・・・私のお気に入りの大工さんです)は、もくもくと仕事を進めておりました。
今でこそ職人さんにも臆せず指示したりしておりますが、20代半ば設計事務所に勤めていてころは(オフィス・店舗・結婚式場)など大手ゼネコンさんの現場が主でした。)「ねえちゃん!何してんだ!」(こんな職人さんの世界)で涙が出そうになった思い出があります。
日々の積み重ねはそんな職人さんの”女”への意識を変えていきました。何年かかったでしょうか。今ではよき理解者になっております。

H様も現場を見てようやく理解し納得したようです。時間はかかりますが、そういう積み重ねが大事なんだと再認識した一日でした。

最近では家作りのサイトをよく拝見いたします。ICへの期待度が大きいことを感じ、その期待に答えるだけの器をもっていられるICでいたいと痛感しております。

明日も終日、内・外装の色決め・配線打合せの予定です。

いろいろな出会いがわたしにとっては、仕事のやりがいに結びついているようです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
d0023047_17441222.jpgd0023047_17442587.jpg












d0023047_1745185.jpgd0023047_17452178.jpg















T様ともよく現場で打合せしました。真冬の手も悴むころでしたね。タイルの色・ガラスタイル選びなど時間かけての出来上がりました。今度はカーテンを紹介させていたただきます。今日、Telで、「とても気に入っております!」と嬉しいお知らせ・・・・そうそう だから、頑張れるんですね きっと。
[PR]
by chojiiro | 2005-04-30 23:35 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

プルマンブレッド焼きあがりましたよ~

                プルマンブレッド   パンの焼きたてのかおり・・・好きです
d0023047_1462615.jpg

2斤 プルマンブレッド(中級コース)
d0023047_1344228.jpg捏ね機で20分ニーディング 捏ね上げ温度は27~28度(こうするために水温で調整・・仕込み水温=40度-粉温(室温)  季節によって+-5度あり  捏ね上げ温度はおいしいパンを作るうえで重要です。


d0023047_1353717.jpg生地を4分割します。スケッパーで切り口を大きくしないよう三角形にカットします


d0023047_1372090.jpg丸め→ベンチタイム20分


d0023047_1381391.jpg成型・・ブール成型(生地の真ん中を中心に風車のように折っていきます


d0023047_1392788.jpg2斤型にセパレ(スプレー式オイル)し生地をそっとおきます

d0023047_1425788.jpg仕上げ発酵がケースの8分目位でふたをします。焼成・・150度ー15分 200度ー17分(コールドスタート・・低い温度から焼き上げること)

d0023047_1472928.jpg
       d0023047_2103472.jpg                 
グラハムブレッド(グラハム大好きなんです)我が家はシンプルなパンが大好きです。(先日焼いた画像です)                        
朝が楽しみです。朝食の様子を・・・・ちょっとだけ

d0023047_1163765.jpg

              オープンサンド(ディ・ジョンのマスタードが美味しさをひきたてます)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by chojiiro | 2005-04-29 02:04 | パン教室 | Trackback | Comments(0)

フレーム階段

A様邸(ご夫妻共に、家作りを熱心に勉強され、材料も吟味しました。オンリーワンができましたね。オール電化住宅です。床暖房もIHも快適でしょうか?

d0023047_16461032.jpgd0023047_16462979.jpg







内装材は壁天井ともに珪藻土塗り・床はもみの無垢材を使用(もみ材は抗菌作用があります。とてもあたたかい風合いで足元が心地よく感じられます。)

d0023047_16493156.jpgd0023047_16494870.jpg














吹抜け部分はリビングダイニングです。フレーム階段になっております。障子が雰囲気をだしています。「家が生きている」この言葉がふさわしいですね。
d0023047_17535690.jpg


この階段もフレーム階段です。鉄建屋さんに作っていただきました。手摺の色は(錆止めの赤)白く焼付け塗装します。システム化された既成のフレーム階段はお値段が高いですから、作っていただく方をお薦めしております。

以前勤めておりました会社は住宅メーカです。規格商品ばかりで一歩超えた提案をすることができませんでした。現在は、100パーセント注文住宅ですので、日々アンテナを張り巡らせながら、最善のご提案ができるようにと努めております。d0023047_175874.jpg



ニッチはアクセントクロスでモノトーンカラの組み合わせ・・ハロゲンランプのダウンライトを使用
[PR]
by chojiiro | 2005-04-26 20:52 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

うつわ・グリーン・切子ガラス

                  ハートフルグリーン
d0023047_18344112.jpg

                   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
好みは年齢と共に変化しています。

20代はお給料の大半を服・アクセサリー・バック・靴などに費やしていました。折りしもバブル全盛期、都内(銀座まで徒歩で行けました)の設計事務所に就職した頃はお給料も夢のような金額を手にしておりましたから、あっという間にプランタン銀座・有楽町西武・阪急・松屋などに出かけ欲しい物を手に入れておりました。

今となっては手に入れた品物も負の対価になってしまいました。時代と共に服の形がかわり、定番といわれる品物も、ボタンの素材がかわったり(金ボタン・・・・  覚えてますか?ウエストシェープされたスーツ・・・ もちろん肩ぱっと入り ・・・ う~あの頃が・・・   なつかしく思い出されます)。←同じ年代でしたら頷いていただけるでしょうか?
最近まで捨てるに捨てられなかったスーツなどを先日おもいきり処分しました。

いったいあの頃はなんだったのでしょう!!!

こんな無駄を数多く積み上げながらも、今でも大事にしているもの・・・・愛着のあるものたちをご紹介いたします。

酒の器 と有田焼の皿
d0023047_18355841.jpg 

           

            義母からのプレゼント(作家もの)
d0023047_1837163.jpg


切子ガラスの各種グラス
d0023047_18374740.jpg
今まで記念日の度に揃えてきたおもいである一品です。誕生日だったり結婚記念日だったり吟味しながら選んだ一品・・・・無駄を重ねながらも生活に潤いを与えてくている品々はきちんと手元にのこっているのですね。
あの頃の消費の中からも大事なものは残っているのですね。

最近ではあの頃のような物欲がすっかり消えてしまいました。
そしてもっと大事なものが見えるようになりました・・・・・・・・

d0023047_183850100.jpg

 
            このリビングでの家族の時間・・・幸せなひと時です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の脱線事故では多くの犠牲者・負傷者が出てしまいました。
ご家族の方々の冥福をお祈り申し上げます。また、負傷された方々にお見舞い申しあげます。

家族を見送ったあと、こんな惨事に巻き込まれるとは誰しも考えないことです。
昨今何があってもおかしくない社会・・・・・自分で防ぎようのないことには殊更怒りがこみあげます。

家族が元気で過ごせる毎日は、なんて贅沢なことなんでしょうか。
[PR]
by chojiiro | 2005-04-25 23:02 | すき | Trackback | Comments(0)

ウィーン風ブリオッシュ・・・想いを込めて

*うれしい出来事*
d0023047_15105.jpg

先日とても”あたたかいパン”に出会いました。

ブログもお人柄が出ており、お母様がパン・お菓子を教えていらしたそのお姿をみて、母になった今かわいいお嬢さんの傍らで昔見たお母様とおなじようにパンを焼いていらっしゃる・・・母から娘へ・・・・受け継がれていらっしゃるのですね。・・”パン”にあたたかさを感じました。
d0023047_16227.jpg

わが娘たちもいつの日か、わが子の傍らでそんな日を送るようになるのだろうか?など考えながら想いを込めてパンを焼き上げました。
王冠のような形・・・中世のヨーロッパの文化を表しています。パンのクープ(切目)が十字架のようになっているのも、中世のキリストの十字架を表現しています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


一昨日の放課後、次女と次女のお友達が、飼い犬が迷い込んでいるのを発見し、小学校の先生に相談し、公園につなぎとめておくことになりました。次の日の早朝(午前6時)、えさを手にお友達と公園に行ってその犬と戯れていると、その犬の飼い主のおばあちゃんが昨日から探していたワンちゃんと、ようやく出会え子供たちも安心し家に戻ってきました。

昨日小学校を通じ飼い主のおばあちゃんから、お礼の言葉・お礼の品を頂戴いたしました。
帰宅後すぐにそのおばあちゃんにお電話しましたところ「お子さんに、やさしくしていただき・・・・・うれしいです・・・・・ありがとうございます。」「こちらこそ、こんなお気遣・・・・ありがとうございます」
「お子さんに遊びに来るよう伝えてくださいね」と。・・・とてもやさしい口調のおばあちゃん・・・3月に旅立った祖母の姿が横切りました・・・・

早速、二人はおばあちゃんの家に遊びに行ったようです(今日は竹の子までいただいてきました。)
おじいちゃんとお二人でお住まいでいらっしゃるようで、子供たちをかわいがってくださいました。

私もこんなおばあちゃんになりたいな~なんて思いました。おじいちゃん、おばあちゃんありがとうございました。地域社会が子供を育てるというのは、まだ生きていたんですね。



2人の行動は朝礼で紹介されたようです。おばあちゃんにこんなに喜んでいただけたこと・行動力を褒めてあげたいと思います。

午後から授業参観・懇談会があり仕事を抜け出席してきました。役員は3月までに選任済でしたが、卒業対策委員の選出がありました。想いの他スムーズに決まりました。今年は学級部役員を引き受けました。小学校も最後ですので私にとってもよい思い出になりそうです。(前向きに考えるようにしております。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人格をほめるとプレッシャーになる。行動力をほめるとやる気が出る。
*人格を評価されると初めは嬉しいが、それが繰り返されるとやがて、「いつもいい子を演じなければ」とプレッシャーを感じる。それより、その行動がどんないい影響をもたらすたかをほめると「自分は誰かの役に立つんだ」という気持ちやまわりの人への気遣いも次第にそだっていく。
     教育コンサルタント   中井  俊巳 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
[PR]
by chojiiro | 2005-04-22 23:38 | パン教室 | Trackback | Comments(8)

日本の伝統色について

日本の伝統色をご紹介いたします。(現在は鳥の子和紙・各地の伝統和紙にその名前がついております)
d0023047_23215582.jpgd0023047_232314100.jpg

                                                           

                                                             
           
                                                           


                                                              
   





丁子色(淡色) ・丁子色(中色) ・丁子色(濃色)・・・ちょうじいろ
 鳶色(淡色)   ・鳶色(中色)  ・鳶色(濃色)・・・とびいろ   


 菜種色(淡色) ・菜種色(中色) ・菜種色(濃色)・・・なたねいろ
 根岸色(淡色) ・根岸色(中色) ・根岸色(濃色)・・・ねぎしいろ 



 
 楊梅色(淡色) ・楊梅色(中色) ・楊梅色(濃色)・・・やまももいろ

 利休鼠色(淡色) ・ 利休鼠色(中色)・ 利休鼠色(濃色)・・りきゅうねずみいろ         
 灰桜色(淡色) ・ 灰桜色(中色)・ 灰桜色(濃色)    ・・・はいざくらいろ
 山藍摺色(淡色) ・ 山藍摺色(中色)・ 山藍摺色(濃色)・・・やまあいずりいろ                

 灰紫色(淡色) ・灰紫色(中色) ・灰紫色(濃色)・・・はいむらさきいろ
 縹色(淡色) ・縹色(中色) ・縹色(濃色)     ・・・・はなだいろ
 藍鼠色(淡色) ・藍鼠色(中色) ・藍鼠色(濃色) ・・・・あいねずみいろ
 墨色(淡色) ・墨色(中色) ・墨色(濃色)      ・・・すみいろ


最近では和室なしでリビングダイニングキッチンを広くするプランが増えてきました。
和室の色決めでは畳縁・ふすま紙・内装材(クロス・珪藻土塗りなど)を選んでいきます。
そこに、日本の伝統色が使われます。(染和紙)

和紙は植物繊維100%の、自然素材です。生きている和紙は、室内の空気の清浄や湿度の調整を昼夜たゆみなく行っております。こんな、すばらしい日本の和紙を守っていきたいと思っております。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日はとても嬉しいことがありました。

    明日ご紹介させていただきます。
[PR]
by chojiiro | 2005-04-21 23:09 | すき | Trackback | Comments(4)

スポーツクラブ

今日は休日(先週に続き雨・雨の一日)
私の起床時間は5時半、主人と長女を6時半に見送り次女を7時半に見送り、これからが私の大切な時間です。
d0023047_22392750.jpg

今日もマットサイエンス・水泳・エアロビクスで大汗をかいてきました。
マットサイエンスは動きはゆっくりですが一つ一つの筋肉を動かしていきます。d0023047_22445929.jpg
   
     アミノ酸のドリンク・リーボックシューズです
ここでお会いし・お話しする方はお名前も存じ上げない方が大勢おります。ただ、この場にくると仲間意識が生まれるのか違和感などなく、心地よく大いに笑い盛り上がれます。平日はご高齢
の方も多いのですが、皆さんはつらつとし、きれいな筋肉を維持されております。エアロビの激しい動きにも遅れることなくついてこられます。やはり、「ローマは一日にしてならず」ですね。
仕事を退いたら多分毎日のようにここに来ているかもしれません。
[PR]
by chojiiro | 2005-04-20 23:12 | 日々 | Trackback | Comments(4)

好きな場所

d0023047_21421239.jpg


今日は終日デスクワークに追われてしまいました。プラン作成・見積り作成・図面訂正・・・こんな時は必ずここに立ち寄ったり、お茶をいただいたりしてリフレッシュ。

会社の近くに私の好きな場所(お店)があります。ここに来ると心が和み気力が湧いてきます。1Fは雑貨・フラワーショツプ・2FがTea Salon・・・イングランドの片田舎のようなナチュラルな佇まい。
       d0023047_2146081.jpg
d0023047_21474218.jpg
            










 

花束はいつもこちらでお願いしています。予算内で素敵なブーケを作ってくださいます。鉢も各種揃っておりガーデニングの好きな方にもお奨めのお店です。千葉市近辺にお住まいの方は是非立ち寄ってみてください。(こちらにに紹介する旨お店の方にお話しております。)

ベリン・デ・ベール
[PR]
by chojiiro | 2005-04-19 22:18 | すき | Trackback | Comments(2)

ショールームライティングプラン

d0023047_1658596.jpg

会社の支店が5月半ばオープンすることになりました。1階~2階はオフィス・打合せ室、3階はショールーム。既存のビルを大幅にリニューアルしたため、配線計画も大幅に変更しなくてはなりません。照明の配線はオフィスの場合天井から線を圧着して送り配線している場合が多いようです。これには、問題もあり、分電盤を何箇所かに分け起動電量が20Aから30Aの場合、照明のワット数計算が楽にいきますが、蛍光灯オンリーのオフィスであると分電盤一つで20Aになっている場合(ワンフロアー)があります。このビルも例外なくそのケースでした。このため天井を開け配線を何回路かに分ける作業から始めます。30Aですと、その1.5倍のワット数までの照明器具が付けられる容量になります。
d0023047_1705821.jpg

こうしないと、展示物(システムキッチン・衛生設備機器・外壁材・屋根材・模型・カーテン)など
を引き立たせるライティングプランが実現しません。

ハロゲンランプ・クリプトン・蛍光ランプのスポットをライティングレールに組み合せて配置し、配光曲線を考慮にいれてプランします。
今日はライティングレールの位置の打合せと工事に立合ってきました。

配線の職人さんの仕事には憧れます。現場に立つと大工さんにも憧れます。

どう頑張ってもあの仕事はこなせるワケもなく(電気工事士の資格が必要)、いつも頭が下がります。どんな無理難題もきちんと形にして返してくれます。
本当にいつも頼りになります、頼りにしてます。ありがとうございます!!!!
d0023047_17122081.jpg

という、私は家の中で(普通の家庭ではお父さんがやる仕事を)電動ドリル片手に何でもこなしてしまいますが、、職人さんにはほど遠~~いのでありました。  
[PR]
by chojiiro | 2005-04-18 22:17 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

神か仏か?  

仏様考
4月16日は実家の祖母の35日法要、自宅から車で2時間は掛かるので早めに出発、かなり渋滞している。11時までに到着したいが、間に合わないか?なんとか時間内に到着。11時からお寺さん(真言宗)のお経が始まった。

15分経過・・・お経がまだまだ・・・30分経過・・・お経が・・・足が・・・痺れる~~お焼香が回ってきた。もうそろそろかな。ところが、ここからなんと30分また、延々と・・・。足の痺れは限界を超えている。子供たちもじっと頑張っていた。大人の方がざわざわし始めた。葬儀より長いお経だ。神様助けて~仏様が長いんです(仏様が長いわけも泣く僧侶様のお経が長いのだ)

***
        真言宗(しんごんしゅう)の根本経典(こんぽんきょうてん)は、『大日経(だいにちきょう)』『金剛頂経(こんごうちょうぎょう)』です。法要(ほうよう)の中で唱えられる主なお経は『般若理趣経(はんにゃりしゅきょう)』『般若心経(はんにゃしんぎょう)』『観音経(かんのんぎょう)』などです。さらに特徴として『光明真言(こうみょうしんごん)』に代表される真言や陀羅尼(だらに)を唱えます。また経文(きょうもん)に節(ふし)をつけて唱える「声明(しょうみょう)」は広く知られています。また、お経のほかにも『ご詠歌(えいか)・和讃(わさん)』をお唱えすることがあります
                  ***(真言宗豊山派より)


ようやく終了、時計を見る・・12時過ぎていた。
  この我慢も祖母の供養になれば何でもないことだ。

私は「おばあちゃん子」だった。母が仕事を持っていたため、1日のほとんどを祖母と過ごしていた。大好きであったおばあちゃん。1年前から寝たっきりの病床生活であった。

3月のお彼岸に実家に行き祖母の顔を見て長女の卒業の報告、話したいことも沢山あった。そのつもりで仕事も打合せの予定を入れず、お休みできる状態にしていた。


3月の半ば母から電話「おばあちゃんがね、意識がない・・・・」と。

早く駆けつけたかったが、打合せやら3月完工がかなりあり仕事を休める状況ではない。
こんなとき、仕事を持っていることに「う~・・・・・」とはがゆくなる。
(二十日に行くね・もう少し頑張って)
長女の卒業式も無事終わった翌日、母から電話「おばあちゃんが・・・・」
間に合わなかった。
祖母は孫の卒業を待ってくれたように逝ってしまった。

仕事もお休みの予定を入れていた3月20日が葬儀になった。まるで私の予定も考えてくれたように逝ってしまった。

思い出してしまう。一緒に泣いたり笑ったりした日々を。

88歳だった。「おばあちゃん、ありがとう。いつまでも私の中に生きているからね」涙が止まらなかった。

お経ぐらい我慢しなくてはね。

神様考
「地鎮祭」・・・仕事柄よく立ち合せて頂くことがある。
      
        *** 土地の神様に...
最古の記録は日本書紀に持統天皇五年(西暦691年)とあります。土地の悪霊を祓い、神々を鎮めご加護によって工事の安全と無事な完成をお祈りするお祭りです。いわば神様へのご報告とご許可を頂く最も重要なお祭りとも言えましょう    ***


神主さんによって異なるがほぼ30分間の祈祷。真夏・真冬・強風・悪天候でも決行することが多い。それでも、30分と思えば頑張れる。お施主さんにとっては大事な式であり、こちらも常に同じ気持ちで出席させて頂くように努めている。

「神様!仏様!おばあちゃんを守ってあげてください!」「おばちゃん、3年前先に旅立ったおじいちゃんに会えた?」
[PR]
by chojiiro | 2005-04-17 01:46 | ファミリー | Trackback | Comments(2)