<   2005年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

松岡修造さんの  熱血指導!

d0023047_2352629.jpg

   この真剣な眼差し、力瘤、最初からこのパワーは衰えることがないんです。
   NHK主催のテニスパーク、小さいお子様から、中上級者向けのクリニックまで
   実に長い時間、松岡修造さんの声のトーンは変わらず・・・・

   我が家の家族の共通のスポーツは、テニス・水泳、夫も私も学生時代から、
   結婚してからも週末はテニススクールに通って腕を磨いて?いました。
   子供たちも2年前からスクールに入り夫と共に週末をテニスレッスンに。

   私の学生時代はフリフリのアンダースコートに憧れたものです。
   「エースをねらえ」に影響されていたからでしょうか。
   アニメが放映された次の日は、友人と「藤堂さんがね・・宗像コーチがね・・・お蝶婦人
   がね・・・・・・・・」
   と盛り上がっていたものでした。先日放送されたTVドラマ「エースをねらえ」
   はあまりにもイメージが異なって、ほとんど見ることなく終ってしまいました。

   夫は今でも休日にテニスの試合に参加したり、相変わらずなテニスファン、
   私はといえば、日焼けを考えると(日焼けのせいにしていますが)
   一つの事がある程度できるようになりますと、違うことに目が向いてしまうのです。
   あきっぽい性格なんですよ。

            今回は参加してきました家族4人で・・・。あの熱血に負けました・・・
            凄い!子供の集中力を向ける技、長けてます。
            ウィンブルドンコートを飾った技、精神力、今でも健在です。
            あ~、筋肉痛にならないことを祈るばかりです・・・・。
d0023047_0382368.jpgd0023047_0384820.jpg
[PR]
by chojiiro | 2005-10-30 23:40 | 日々 | Trackback | Comments(22)

「チバリーヒルズ」   ワンハンドレッドヒルのある街

d0023047_23543785.jpg

     「チバリーヒルズ」???「ビバリーヒルズ」はご存知の方も多いはずですね。
     それを文字って出来た言葉ですが、千葉のビバリーヒルズと言われる               
     「ワンハンドレッドヒル」この邸宅街は周囲とは別格の佇まい
     何せ、土地の坪数が500~1000坪、プールあり、分譲価格が当時
     10億以上・・・東急さんが、鳴り物入りで販売しておりました。是非この
     HPご覧になって下さい。(最近販売の価格は当時の10分の1)

d0023047_043013.jpgd0023047_051884.jpg










d0023047_052796.jpgd0023047_093312.jpg










   この街は以前から自宅お教室、自宅ショップ、高級食材スーパーが並んでおり、
   千葉の中でも人気区画になっています。
   
   この時期になると、街は「USA?」と間違うようなお庭の飾りつけ、ハロウィン
   の様相、クリスマスにはイルミネーションの点灯があちこちで見られます。
   東急さんの建物が立ち並ぶこの街は、輸入住宅の外装が目立ちます。建物ばかりで
   なく外構も手入れが行き届き道行く方の目を楽しませてくれます。

 こんな素敵な自宅ショップも
d0023047_034835.jpg「Gureen Terrace」オープンは毎週木・金の10時半~17時、オーナーの長谷川さんはとても素敵な名古屋出身の方、以前からこちらでは、住宅展示場の飾りつけ小物を調達していました。お店にないものでも取り寄せてくださいます。インテリア小物~ガーデングッズまで、見ているだけで優雅な気分に浸れます。クリスマスグッズもエレガント揃い、キッチン輸入小物、アロマオイル、置いている全てのものは長谷川さんのセンスから選び抜かれたもの。そして名古屋のお菓子の有名店ダウニーのスイーツ(ふわふわロール・季節限定ロールが毎週木曜日に店頭に並びます。)千葉市緑区あすみが丘7-13-8    TEL043-294-9038

d0023047_0525493.jpgd0023047_0544317.jpg










d0023047_0552654.jpgd0023047_0563178.jpg









     クリスマスツリーも素敵なんですよ! ガーデングッズも☆ 
d0023047_10122.jpg この街をウォーキングするのも楽しいですね。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     


    
[PR]
by chojiiro | 2005-10-29 01:19 | お知らせ | Trackback | Comments(25)

朝から一人時間

d0023047_735595.jpg

最近めっきり冷え込んできましたね。朝もお布団のぬくもりが心地よく起床時間が遅くなってます。ここでの時間のロスは痛手になりますね~。朝の5分・10分は貴重な時間、今朝は6時40分に夫・長女を送り出し、すでに一人の時間。普段はお弁当を撮影してUPする時間もないんですが今朝は、昨日から次女が修学旅行に出かけていますので、出勤までは、のんびり。おかげで、家事が捗りました。お洗濯と、夕ご飯の下準備を終え、保湿パックをしながら(笑)PCに向かっています。

UPする画像がないのでお弁当を・・特別なお弁当でもないのですが・・
  長女のお弁当
     鮭ごはん(のりべんなんですが、さすがに黒一色ですと寂しいかなと鮭を)
     ハンバーグ(昨日の残り物)
     厚焼き玉子(長女が甘い味がすきなので、あま~い厚焼き玉子)
     しゅうまい
     空芯采のねぎソース炒め
     ブロッコリー
     柿

次女は昨日は、鎌倉散策~箱根~富士急ハイランド、今日は富士急で絶叫系で大騒ぎかもしれません、でも怖がりなんですよ。大丈夫かな?
[PR]
by chojiiro | 2005-10-28 07:55 | 日々 | Trackback | Comments(12)

かりがねほうじ茶   香悦 

d0023047_12220.jpg

    今日は次女の小学校のバザーの打ち合わせ。当日の仕事の分担、
    前売り券準備など、ほぼ午後過ぎまで小学校内で作業、次女は6年生、
    今年度が最後のPTA活動です。帰宅後昼食を取る暇なく、照明学会の勉強会に。
    時間に追われた一日、ようやく食事をいただけたのは夕方、疲れ果て残り物
    プレートとなりました。

    「かりがねほうじ茶・香悦」先日「きままなクラウディア」のclaudiaさんから頂いた
    品。これが実に上品なお味で茶葉も均一、何よりも香り高いんです。
  d0023047_046641.jpg     d0023047_046348.jpg









d0023047_142493.jpg

 お皿の中には   
    塩昆布で炊いたご飯・茶豆入り(昨日のごはん、冷凍を解凍して)
    サーモンマリネ
    焼き豚にねぎソース炒め(常備焼き豚を白髪ねぎとラー油・ねぎ油で炒める)
    スティック大学芋(お弁当の残り)
    海老のフリッター(  〃  )
    ナスの味噌炒めきゅうり添え(常備菜)
    ブロッコリーのサラダ

             う~ん!お茶・・・お・い・し・い
[PR]
by chojiiro | 2005-10-26 11:50 | お家ごはん | Trackback | Comments(14)

10月完工

d0023047_15165150.gif


     今月完工工事物件、かなりの棟数が予定されています。
    晴天の秋空、現場へ足を運ぶのも軽やか、あの真夏の日を思えば尚更です。        
    図面・打ち合わせ通りに施工されているかのチェックを兼ねて
    建築現場に行ってきました。

d0023047_16261176.jpgまだ、足場が外れません。10月は思いのほか雨の日が多かったようです。外装材を塗り壁にしたため、左官工事が遅れてしまいました。サイディング材であれば天気に左右されることなく工程が進みますが、この塗り壁はコテで塗り上げていく作業、天気に大きく左右されます。
室内はどんな具合?


d0023047_15294580.jpgまだまだ、大工工事が残っています。この四角の木枠にはステンドガラスが入ります。床はテラコッタタイル仕上げ。テラスになる部分、扉はフレンチドア・・、この空間出来上がるの楽しみなんです。
これから、壁はパテ補修が入りクロスを張ります。ここまでくると完工もそこまで・・見通しもたちます。う~!如何せんこの状態、職人さん、お休み返上になりそうですよ~。 





d0023047_16414184.jpg足場は、はずれ、う~んいい感じ♪これは間に合いそうね~。それが、それが、こんな状態・・・・だったのですよ~。天井の丸い穴はダウンライトの位置、クロス仕上げ後照明器具の取り付け」になりまう。もう一歩・・。
d0023047_15502180.jpg









ここもまだ、工程表通りには進んでいなかったのです。(現場監督から、遅れているのを聞いていたとはいえ・・!!)

ここからが底力・・こんな状態でも10月31には内装工事・設備工事・ハウスクリーニング・完了検査まで終わるんですよ。職人さんの底力はあっぱれなんですよ・・・・。

d0023047_168469.jpgd0023047_16104630.jpgd0023047_16135540.jpg









             


             久しぶりに仕事現場からお知らせしました。 
[PR]
by chojiiro | 2005-10-25 18:34 | 仕事 | Trackback | Comments(21)

芽がでてきました。

d0023047_03671.jpg

             海を渡って我が家にやってきました。
        いつの間にかこんなユニークな芽を出してくれました。

domaのMasakoさんからのプレゼントです。カリフォルニアのサクラメントに素敵なご主人様のEDDIE、黒猫HANA,愛犬KONA、そして8月に誕生したばかりのBABYちゃんの高乃くんに囲まれて、日本の食・インテリア・日本古来の伝統美をこよなく愛し、毎日をポジティブに過ごしているMaskoさん、彼女との出会いは私がブログを開設する以前、お互いがよく遊びにいっていたサイト(今、残念ながらお休み中)のbbsを通じてなんです。Maskoさんはアメリカでの生活が12年になります。日本古来の建築物・色がお好きでサクラメントの素敵なお宅にも取り入れていらっしゃいます。そういえば「丁子色」このタイトルに反応してくれましたね。

                この芽は、こうして頂くんです。
d0023047_0285594.jpg

  カップにお湯を注いで、この芽を掴み中にいれますと、おいしい紅茶の出来上がり。
          早速、今朝いただきましたよ。ありがとうございます。

        この美味しい紅茶を頂きながらのんびり、お気に入りの本を
d0023047_0354323.jpgd0023047_037256.jpg










d0023047_0382226.jpg季刊誌の「住む」・・この中には私が住まいに望む全てが詰まっています。以下編集後記から抜粋・・一軒の家が出来上がる。住まいはそこから始まります。家は、そこから長い一生を開始するのです。家は、愛着をこめて手をかけてやると不思議と応えてくれます。そしてだんだんと住まい手に馴染んでいくんです。住まいは、完成しません。それは住まい手が育てるものです。

この雑誌名「住む」に注目してください。半分に欠けた句点を用いているのはそんな思い、これから作り上げていく家への想いが込められているからです。

日本の住まいはここ数十年、生産者メリットを優先した新築競争に明け暮れ、装飾過多のデザインに陥り、必要以上の設備導入に追われてきました。最近、それはちょっと違うのではということに気づき始めています。簡素で身の丈にあった家、という志向、これが、実は最も難しいんです。住まいの本質を見極めなければならないからです。そんな豊かで簡素であるためには・・を気づかせてくれる一冊です。

       美味しい紅茶をいただきながらゆっくり時間が流れた一日でした。
[PR]
by chojiiro | 2005-10-23 22:50 | すき | Trackback | Comments(14)

今日は・・・

d0023047_23395424.jpg
   
   10月21日、今日は結婚記念日、あれやこれやで16年目になります。
   夫とはお互いが大学3年の時に知り合い、学生~社会人~結婚(共働き)~
   出産~(共働き)~この中で、よき理解者であり、一番のパートナー、こうして仕事を
   続けられるのも夫の協力・理解があればこそなんです。お互い夢を語り合った
   学生時代を知っているからこそ「私のやりたい今の仕事」をずーと応援してくれている
   のかもしれません。
   今日は仕事、手を掛けたお料理は諦め、出勤前にクリームフロマージュ・
   手巻きの下準備を終らせ、帰宅後、髪振り乱し大慌てで何とかここまで。
   いつものようにバタバタ劇でした・・。夫の帰宅は普段は深夜近く、
   今週もあいかわらずの忙しさ、今日ようやく家族一緒のお食事になりました。

               主人からは毎年この日にお花のプレゼント
d0023047_23422876.jpg

                 クリームフロマージュCAKE
d0023047_23441759.jpg

d0023047_23494713.jpg

   娘たちもこの記念日、覚えているんです・・車のNo、10ー21・・なんですよ。
     
[PR]
by chojiiro | 2005-10-21 23:37 | 日々 | Trackback | Comments(34)

BEIGE TOKYO

「BEIGE TOKYO」   シャネルとアラン・デュカスのコラボレーション
d0023047_7334130.jpg

         昨日は 銀座でランチデート、
         お相手は、チャーミングなこの方
         「きままなクラウディア」のclaudiaさん、ブログ中でclaudiaさんの
         ヨガ姿を拝見し、しなやかでスリムなシルエットから、お若いイメージ
         をもっておりました。それが何と、同じ年・同じ学年だったのです。
 
         claudiaさん、スリムで美しく魅力的な女性、なによりも、
         やわらかく印象的な笑顔がチャーミングなんです。

同じインテリア業界で仕事をしておりますので、仕事の話は尽きることがなく、趣味・家族・食・ブログのお話、毎日ブログでお話しているせいか話題には事欠きません。言葉からはclaudiaさんのブログで醸し出す優しさが随所で感じられました。このお店はclaudiaさんのお知り合いの方が予約してくださいました。途中から総支配人さんがご挨拶におみえになり、総支配人さんのご好意で撮影を許可していただきました。コース最後のデザートの時でしたが・・。
お料理の盛り付け、特に「季節の 野菜と森のキノコのタンバン、ココット仕立て」これはル・クルーゼの黒のココットに直径2cmの円にカットされたお野菜が、円の中心から放心円上に並びまるで芸術作品、ココットがオブジェのようでした。
d0023047_7394255.jpg
d0023047_7401520.jpg

     
     こちらでも存分に洗練されたお料理、尽きることのない会話を楽しみ、     
     この続きはHENRI CHARPENTIERで・・・気がついてみると午後5時過ぎ。
     この時間になっても名残惜しいのですが・・・・ここでお別れすることに・
     地下鉄入り口付近で「また、お会いしましょうね」、ゆったりとした素敵時間を
     ありがとう!
d0023047_7471237.jpg

claudiaさんからは、ボトルウェアー(手作りなんですよ!)
ドライあじさいをさしてみました。京都のほうじ茶「香悦」
を頂戴しました。このボトルウェアー、ブログで拝見し
素敵!!と思っておりました。糸も、秋・冬バージョンにしてくださったの。
ここにも、claudiaさんのセンスが光っていました☆☆
d0023047_7483210.jpgd0023047_7485937.jpg
[PR]
by chojiiro | 2005-10-20 07:57 | 日々 | Trackback | Comments(22)

クリストシュトーレン

シュトーレン、市販品は甘いお砂糖につつまれてボソボソのお菓子がほとんどですが、JHBSのレシピで作るシュトーレンは最高のお味です。(これは是非味わっていただきたい~)この季節になると、このお菓子のようなパンを何本も焼き上げます。友人からのリクエストがあるのもこのパンが多く、お世話になった方への贈り物に添えて・・自信をもってさしあげられるパンです。昨夜2本焼き上げました。
d0023047_2173340.jpg

現在でこそ真冬のドイツでも新鮮な野菜や果物が容易に入手出来ますが、今日のように交通機関や農業技術の発達見られなかった昔ではどうでしょうか、食卓にのぼるものはザワークラウト、ジャガイモ、バター・チーズ、ハム・ソーセージ、黒パン、フルーツといえばラム酒で漬けたドライフルーツ、シュートーレンにはたっぷっりのラム酒漬けドライフルーツが入っています。クリスマスのための、ささやかな贅沢だったのかもしれません。
d0023047_2223588.jpg

ドイツではシュトーレンはアドベント(後節節)が始まるクリスマスまでの4週間前から薄く切って食べつつクリスマスを待つ、というのが一般的です。夕食後のひとときに一切れづつ食べ、クリスマスに食べきります。シュトーレンの歴史から想像するに、高級な材料がなかなか手に入らなかった昔、クリスマスの特別豪華なお菓子として、一切れづつ味わって大切に食べられたのではないかと思います。

今年もミックスフルーツ何kgか準備しました。クリスマス直前まで何本焼けるかな?JHBS中級のレシピです。シュトーレンにはもう1種類あります。マンデルシュトーレン、こちらは木の実がたっぷり入っています。
[PR]
by chojiiro | 2005-10-19 02:31 | パン教室 | Trackback | Comments(18)

蓮根の炊き込みご飯

d0023047_745325.jpg

先日BLUE MOONのともともさんがお作りになっていた炊き込みごはん、あまりに美味しそうなので真似させていただきました。蓮根のシャキシャキ感、胡麻油の風味が食欲をそそります。ともともさんのご主人様も何杯かおかわりされたようですが、夫も同様に気に入った様子。
紫蘇・たたき梅・しらすが混ざるとまた美味なんですよ。これは、「細木数子」さんがTVで紹介されたレシピのようです。

食欲の秋・味覚の秋ということで食の話題が続いています。そろそろインテリアの秋、復活させないと!

d0023047_7521038.jpg

右から見ても左から見ても、蓮根がゴロゴロ、これが美味しいの!!!
レシピはこちら、k'sでり~今日も楽しく「おうちカフェ」~のkitchenさんを参考にさせていただきました。
[PR]
by chojiiro | 2005-10-18 08:00 | お家ごはん | Trackback | Comments(12)