<   2005年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

良いお年をお迎え下さい

d0023047_20244951.jpg

伊達巻を作ってみました。いつもお正月は、夫の家、私の実家で過ごしており、おせち料理を作ったことがないんです。

ここ数日、慌しくすごしていました。実は一昨日母が入院してしまいました。父からのTELで病状の報告があり、心配ないからと・・・。とはいえ、心配ですぐに病院に向かうことにしました。
病院まで車で2時間、この時間がいつになく長く倍の時間に感じられました。
思いの他母は元気な様子で、病状も心配ないとのこと、一週間ぐらいの入院になりそうです。
安心しました・・・・・。

今年は4月にブログを始めたことで、皆さんとの出会いがあり日々のいい刺激になりました。
ここまで続けてこられたのも、こうした皆さんの温かい声があったからかと思っております。
これからも、この出会いを大事にしていきたいと思っております。
本来ならば、皆さんのブログにコメントを残して締めくくりたいのですが、またすぐに実家に向かいますので、ここでごあいさつさせていただきます。

「素敵な出会いが沢山あった年でした。またこの出会いを大事にしていきたいと思っております。また来年もおつきあいくださいね。
良いお年をお迎え下さい。来年もどうぞよろしくお願いいたします」
d0023047_2025887.jpg

        伊達巻、お互いの家へのお土産にします。

この伊達巻、今は亡き祖母の大好物です。持参するといつも喜んでくれていました・・

             良いお年を!
[PR]
by chojiiro | 2005-12-31 20:26 | ファミリー | Trackback | Comments(48)

ほうれん草の巻き寿司?

d0023047_2264337.jpg

このほうれん草の巻き寿司、母がおもてなし料理によく作る一品です。ポン酢をつけていただくと美味しいんですよ。

今日はおいなりさんを作るはずが、味のしみこんだ油揚げが残ったので急遽、こんな一品(ほうれん草のお寿司)を、3合の酢飯でおいなりさん18個を作り、残った酢飯でサラダ巻きを一本作りました。
d0023047_2226176.jpgd0023047_22264193.jpg










小さい頃の思い出の中にこんなことが・・。母のお寿司作りの横でうちわを仰ぐ手伝いをしていました。母の海苔巻きは、ハナミズキのお花模様、ちゅうちょなど絵柄が切り口に出てくるんです。あの頃は、そんな母の手巻きが、手品のようにも見え「凄い!凄い!」を連発、こんな記憶しっかり残っているんです。

d0023047_22364286.jpg

[PR]
by chojiiro | 2005-12-28 22:36 | お家ごはん | Trackback | Comments(26)

3時のおやつは・・・

d0023047_169957.jpg

d0023047_1612375.jpgd0023047_16121880.jpg










今日から年末年始休暇に入りました。1月5日まで久しぶりの長期休暇、午前中は、お洗濯・お掃除に明け暮れました。子供部屋のカーテン・ベッドカバーの洗濯、お台所のお掃除・・・・まだまだ目に付くことばかりで明日までかかりそうです。午後そうそうに長女をピアノのレッスンに送迎した後は次女とのんびりティータイム・・・こんな優雅な時間があったんですね!!忘れていました。
午後からは次女とティラミスを作りましたので、これをおやつに頂こうかと思っていましたが、次女曰く「杏子ちゃん(長女)がいないから、これ明日にしよう」と・・・・・・。
ということで、今日のおやつは頂き物のユーハイムのお菓子・アイスクリームです。
ティラミスは明日のおやつに・・とっておきます。
明日は美容院に行く予定、今年も残りわずかになりましたね。
いったいお掃除はいつになったら終るやら・・・。
[PR]
by chojiiro | 2005-12-27 16:31 | 日々 | Trackback | Comments(28)

Merry  Christmas ☆

d0023047_664851.jpg

娘二人のお買い物にお付き合いの一日、お台場のヴィーナスフォートへ、お昼を神田淡路町の「まつや」さんで(今日は行列が出来ていました)すませ、こちらで夫は昼から優雅に熱燗をいただき、今日は私が運転手、お台場は駐車場も混雑している様子、新橋の駐車場に車を止めて「ゆりかもめ」で青海まで。人・人・人・・・にもめげず、目的のお買い物を無事すませ、夫と娘たちは日本テレビのイベントに、私は銀座でお買い物、まずお取り置きをお願いしていた「HIDEMI SUGINO」さんで閉店間際にケーキを受け取り、こちらはクラウディアさんあずみさんのブログで拝見していたお店、噂通りのお味でした。
この時間(午後7時)になってしまい、今日はデパ地下グルメメニューに(手抜きのクリスマス)
一日歩きつかれ新橋~銀座といってもほぼ京橋寄りまで往復、クタクタな一日でした~。

銀座のショーウィンドー  右:シャネル   左:和光
d0023047_6315288.jpgd0023047_632251.jpg










d0023047_6334339.jpg

d0023047_6352563.jpg

              「HIDEMI SUGINO」のケーキ
d0023047_6471781.jpgd0023047_6474440.jpg








d0023047_648961.jpg

左上:エベレスト(次女・夫)    右上:フルーツのタルト(こんな名前ではありません・・忘れた~)  下:セシル(長女)

そうそう、日本TVでは「WaT」(ウエンツ瑛士 ・小池徹平 )「僕の気持ち」のライブを聞いていたようです・・・。娘から「WaT」と聞いてもピンと来ませんが、ごくせんの徹平ちゃんと聞いてようやくわかりました。最近は娘の影響でジャニーズJrには詳しくなりましたが~まだまだですぅ~。
[PR]
by chojiiro | 2005-12-24 23:55 | ファミリー | Trackback(3) | Comments(35)

クリストシュトーレン・・・焼き上げました

d0023047_3492869.jpg

ブッシュドノエルはフランス、パネトーネはイタリア、シュトーレンといえばドイツ、クリスマスにいただくお菓子です。いつもはもっと早い時期に作りますが、今年はのんびりしてしまいました。
d0023047_3515564.jpgd0023047_352135.jpg















最初の’Stollen’シュトーレンと言う文字は、1474年に、、ドレスデンホッフにあるバートロモイス病院の診療代に、復活祭前の精進食として記されてます。
長い形のパン類を中北部ドイツでは Striezel 又は Struzel と呼び、そのパンが Striezel markt で販売され、その形(白い粉砂糖を振り掛けられ白い塊のような外形)が降誕祭物語に記されている、『むつきに包まれた子供』、を想像させたのでしょう。これが由来といわれています。
*「むつき」は「赤ん坊のおしめ、オムツ」の意

又ドイツのザクセン地方の人々は地方語、方言で、この膨らんだ長いパンを、Stolle又は、Stollenと呼んでいました。


これは、仕事仲間、夫のテニス仲間に毎年プレゼントしています。
JHBS(ジャパンホームベーキングスクール)のパンの中で好きなパンベスト3に入るシュトーレン・。今年も無事お届けできそうです。
[PR]
by chojiiro | 2005-12-22 23:11 | パン教室 | Trackback | Comments(40)

アリエッタで鏡餅?!

d0023047_7575284.jpgアリエッタの大と小を重ねて鏡餅なんていかがですか?相変わらずの人気、今回はTELで注文を入れたところ大一個、小一個に限られた予約になりました。小があったなんて!皆さんご存知でしたか?これを重ねたら、まさに鏡餅、みかんがもう少し小さいとバランスが取れたのですが・・。今日はアリエッタのパンとビーフシチュー・ショートパスタ。ビーフシチュは娘たちの大好物で、もちろんお肉争奪戦を繰り広げていました・・・「お父さんのお肉何切れ残しておけばいい?」なんて・・・。今日の牛肉はちょっと奮発したんです。美味しいのが分かるんですね。



d0023047_881138.jpgd0023047_882332.jpg
[PR]
by chojiiro | 2005-12-21 23:56 | パン教室 | Trackback | Comments(24)

朝は何時起き?

いつも同じ時間に目が覚めます。AM5:00頃、まず身支度を整え、食事の準備、朝食の準備と夕飯の下ごしらえ、6時に娘と夫が、7時に次女と私が食事をとります。いつもこの繰り返し・・・・。
夕飯の準備は、お米を研いで、ポテトサラダを準備(タッパーへ)・鶏肉を調味料につけ冷蔵庫へ・お味噌汁の具を切り冷蔵庫へこれで準備OK、あとは帰宅後・・。

今朝の朝食は・・・
d0023047_10472915.jpgd0023047_10474432.jpg










d0023047_10482328.jpgd0023047_10483244.jpg











d0023047_10524426.jpg今日はきゅうりが切れていましたので、枝豆(冷凍品を解凍)を入れました。枝豆の冷凍はいつでも使え重宝しています。先日「ひとりごと ひとりごと」のyukiさんのブログで、ポテトサラダに何を入れるかのお話がありましたが、これが以外とみなさん家庭のお味をお持ちで参考になりました。
我が家のポテトサラダはジャガイモ・にんじん・きゅうり(今日は枝豆)スライスオニオン・ハムです。オニオンにフレンチドレッシングを少し混ぜた中にあつあつのマッシュしたジャガイモを入れ、マヨネーズ・塩・粒黒コショーで味を整え出来上がりです。
    
      みなさんのポテトサラダは何をいれますか?
[PR]
by chojiiro | 2005-12-20 08:05 | 日々 | Trackback | Comments(37)

新鮮お野菜  Fromクルトロード

d0023047_0295251.jpg
母からの季節便が届きました。母の友人のお店がここなんです。クルトロード(産直お野菜販売店)農家から朝採りされたお野菜が店頭に並びます。
仕事を終え帰宅すると、届いていました。昨晩、「今日お野菜送ったからね・・・・」と母の弾む声。

さっそく、大根・里芋を使っていかと煮物(圧力鍋で大根・里芋を下茹)
ブロッコリーのミモザサラダ・
ねぎと頂き物の焼き豚を使ってねぎソース炒め
漬物2種(きゅうり・大根の柚子漬け)
豚ロースのクルクル巻き巻き揚げ(梅たたき・チーズ)←これが家族の大好物、かりかり、さっぱり、レモンを絞っていただきます。

d0023047_0261685.jpgd0023047_0262761.jpg










d0023047_0324962.jpgd0023047_03301.jpg










d0023047_0402863.jpgd0023047_0404361.jpg










d0023047_039820.jpgd0023047_039255.jpg











ここ数週間、土・日は打ち合わせ続きで、夫はまさに”主夫”、こういう助けがあるからこそ、安心して仕事に打ち込めます。(長年馴らされてしまった夫は幸か不幸か?)夕飯は、夫に休んでもらい何とか主婦挽回できました?
[PR]
by chojiiro | 2005-12-18 23:50 | お家ごはん | Trackback | Comments(24)

もう少し

d0023047_1711192.jpgd0023047_1714999.jpgd0023047_1724350.jpg










d0023047_1731436.jpgd0023047_1735053.jpg
















●上段の画像は内装材にステンドガラスを使用した施工例、テラス側・室内側から。

●下段は今月完工予定?の建築現場です。実は同僚の住まいです。土地は100坪、建坪65坪、ビルトインガレージ、I型アイランドキッチン(ダクトが下がっていますがここにファンがきます)、外断熱工法、外壁は白のタイルを乾式工法で貼っていきます。ただいま寒空の中左官屋さん奮闘中です。そんなこんなで、貧乏暇なしの生活が続いております・・・・・・・。

もう少しで、年末年始休暇!!その前にクリスマス!!
[PR]
by chojiiro | 2005-12-16 20:27 | 日々 | Trackback | Comments(22)

かぶら蒸し 出汁餡かけ~お料理バトン

d0023047_2253749.jpg

今晩の一品から、かぶら蒸し(鯛・ぎんなん・にんじん・えび・かぶ・かぶの葉)蒸したてをフーフーいいながらいただくとふんわりと溶けた食感がなんとも体まで温まりますね。おろしわさびの固まりを食べてしまい・・咽ました。わさびに注意です!

「素敵な花を咲かせましょう」のlily-hkさんからお料理バトンがまわってきました。
それでは、おつきあいくださいませ・・。

1、料理歴  小学生の頃からでしょうか、母の姿を追っては台所に、野菜を切ったり、酢
         飯をうちわで仰いだり、洗い物をしたり、宿題が終ると、台所で母と話しなが
         らの作業が続きました。


2、得意料理 

短時間で出来る料理(圧力鍋利用)、まだまだ勉強中です。
 
3,苦手料理 

てんぷら(時間が経つとカリ感がなくなります)どなたかコツ教えて下さい!
                    求む・天ぷら情報

4、よく使う調味料 

鎌田の醤油、紫大尽しょうゆ、柚子こしょう(青)、土佐ぽんず(ケンショー)、粟国の塩、アンデスの塩、赤ざらめ(山口製菓)

5、よく使う調理器具  

クイジナートFP、圧力鍋、ステンレス5層鍋、

6,料理にまつわる思い出 

*台所で母の姿を見ていた日々
*小学生の頃(お料理クラブ)で焼いたカステラが失敗し蒸しようかんのようになったこと。
*ル・コルドン・ブルーで資格を取られた先生のお料理教室に初めて参加したとき、お料理用語(フランス語)が全くわからずクラクラし料理どころではなかったこと
*パンをジャパンホームベーキングスクールで習い、講師資格を取得したこと(実技テストは苦労しました・・・3種類のパンを基準通り(焼き上がりの重さ、ボリューム、断面の生地の目)焼き上げなければ合格しないんです。OKがでるまで何度も焼きます・・・。この時期寝ても冷めてもパンパン・・でした。2.5キロの小麦粉8袋分で猛特訓・・・ガスオーブンの前でうなされてましたよ~。

7、一言で料理とは 尊敬する「辰巳芳子先生」の言葉から

   「手しおにかける」

この言葉には料理でも我子でも心をつくし、手をつくして愛するという意味が込められています。
辰巳芳子先生の料理に対する姿勢を尊敬しています。その心、少しでも守っていこうと思います。

lilyーhkさんいかがですか?こんな感じでいいのかな?
バトンは、ここに置かせていただきますねぇ。
[PR]
by chojiiro | 2005-12-09 23:56 | 日々 | Trackback | Comments(28)