<   2006年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ルク今日も活躍!

    yukiさん(yuki景色)に教えていただいた
    「チキンとガルバンゾのパプリカトマトソース」
d0023047_7443226.jpg

鶏肉のみルクで茹でますが、なんと茹で時間5分、その時のこと細かな注意事項までご伝授頂きました。
おかげで、こんなやわらかい、チキンの仕上がりに・・・このやわらかさ、アドバイス無しには出来ませんでしたよ。
ワインのお供に・・・
d0023047_748021.jpg

    家族に大好評のお味でした。yukiさん、ありがとう~♪
    yukiさんのお肉料理レシピはいつもやわらかな仕上がり、
    ゆっくりお肉の温度を下げる効果でしょうか。


昨日は表参道ヒルズに出かけたのですが、駐車場は満車、人・人・人、
ということで、急遽方向転換し、調味料・噂の食材集めに走りました。
パンは南青山のデュヌラルテ・調味料は紀伊国屋・伊勢丹と食料の買出しとなりました。
欲しかったオリーブオイル・塩・パスタ・ワイン(お酒類は青山の”やまや”こちらデパート
の半額のお値段です!!)、”やまや”は近所にもありますが、ワインの品揃えがさすが違います。場所柄レストランなど店舗をお持ちの方が大量購入していました。
場所は青山ツインビルと赤坂郵便局の間を六本木方向に行きますとすぐに。
目から鱗のお値段ですよ~。
[PR]
by chojiiro | 2006-02-27 08:03 | お家ごはん | Trackback(1) | Comments(26)

重要文化財のステーキハウス

     300年以上前に建築された風情あふれる古民家、重要文化財
d0023047_2342446.jpg

d0023047_23432096.jpgステーキを中心とした和洋折衷のお店、素材には高いこだわりを持ち、市内に和牛の牧場や田んぼがありここで素材が飼育・栽培されています。備長炭で焼き上げられたステーキは、一口食べるごとに口中に脂の甘みが広がります。 肝心のステーキの写真、ボケて使い物になりません~(涙)。光量が足りないのかな?


d0023047_23445822.jpg漆喰材の商家だったという豪奢な店内。灰屋は江戸時代の屋号の名残だとか。この梁、立派でしょう!
カウンターは一枚板、随所に磨きぬかれた古材が使われているんです。この空間落ち着くんです。




d0023047_23442427.jpg

        仕事柄か、建物の内装材・外装材・意匠・気になります。
        気がつくと、お食事のお写真より
        建物のお写真ばかり・・・・。重要文化財に指定されると、
        建物を壊すことが出来なくなるため、
        こうして内装を一新し、梁・柱を上手く利用し店舗にしたようです。
        この一本の柱・梁、最近の建物からは味わえない贅沢さがありました。
         
        今日は同僚の結婚のお祝い、”おめでとう、幸せになってね
[PR]
by chojiiro | 2006-02-24 23:55 | 日々 | Trackback | Comments(25)

ル クルーゼ  デビュー

以前からsamanthaさん(samanthaの食卓)、あずみさん(Azumi_Diary)のブログで拝見し恋焦がれておりました、ルクさんが我が家にやってきました。
ルクさんどうぞ~
d0023047_23312984.jpg

   ステンレス多層鍋各種、圧力鍋、など手持ちの鍋でお台所は一杯、迷いに迷いました。
   ルクさんのデビューは、samanthaさん直伝のレシピに多少のアレンジを加え、
d0023047_2334615.jpg

   溢れんばかりに、白菜・もやし・ばら肉・菜の花を重ねながら多少の日本酒と貝柱スープ
   の顆粒を加えコトコト・・・・と。
d0023047_23384648.jpg

   これにsamanthaさんお薦めの塩、胡椒、太白のごま油を少々かけてて
   いただきました。

   ル クルーゼ、やはり多大な威力発揮です。お野菜本来の甘味とそこから出る
   水分が絶妙なバランスで旨み・甘味を引き出し封じ込めます。      
   聞きしに勝るルク ルーゼ。

  この量、娘2人・私で完食、夫の分は追加しました。明日から飽きるまでルク料理が登場
  することでしょう。
  このお鍋、あずみさん、ともともさん(BLUE MOON),
  chakoさん←私じゃないよ!(Chako_Diary)もお揃いなんです。
[PR]
by chojiiro | 2006-02-22 23:58 | お家ごはん | Trackback(2) | Comments(54)

CANTINのバター

お待たせしました!て、待っていなかった?
d0023047_1414534.jpg

この包みをほどくと
d0023047_14143241.jpg

プチ食パンにつけて
d0023047_14311147.jpg

    ふわふわな空気で包まれているようなコクのあるバター、これ絶品です!!
    日本で手に入らないなんて・・・て、思うとますます宝物に見えてきました。
[PR]
by chojiiro | 2006-02-22 21:17 | パン教室 | Trackback(1) | Comments(38)

小型の食パン型

パンを焼くのにむいているのはガスオーブンですが、普及率からいえば電気オーブンのシェアが断然高いようです。電気ですと焼き色が薄く、上部が焦げてしまうという質問をよく受けます。
   この対処法としては、温度の調整を2段階(コールドスタート150度で焼成後、
   190度で焼成)焼成を、もう少し細かく温度調整することですが、
   この方法は手間がかかりますね~。
   では、小型の型を使うというのはいかがでしょうか?焼成時間も短縮されますし、
   上部が焦げる心配も不要です。
d0023047_673148.jpg

どんな型をしようしたかというと
d0023047_6243867.jpg

   どうして食パンを焼いたかといいますと、夕方憧れのバター(CANTIN)が届きました。
   フランス旅行のおみやげなんです。CANTINのチーズは新宿伊勢丹で扱っていますが
   バターは日本未入荷なんです。貴重なお品ありがとうございました。
   CANTINをメインにしたお料理考えます。その前に、
   朝食のパンが楽しみです~~。
[PR]
by chojiiro | 2006-02-21 23:55 | パン教室 | Trackback | Comments(20)

春色

春のような陽気になったかと思うとまた寒さの繰り返し、この時期の時候のあいさつを以下に記しましたが、季節の移り変わりの言葉はなんとも響きに美しさがありますね。

   立春、節分、春寒、寒明け、晩冬、余寒、残寒、春浅、梅鴬の候、春寒の候
   厳寒の候、春まだ浅く、立春とは名のみの寒さ、冬の名残りがなかなか去らず、
   寒気は冴えかえり、春とは名ばかりでまだ真冬のように寒く、余寒厳しき折柄、 
   暦の上に春は立ちながら、三寒四暖と申しますが、三寒四温とか言われる季節、
   いくらか寒さもゆるみ、梅のつぼみもそろそろ膨らみ、何となく春めいて

   こんな表現にあう色彩・イメージをインテリアで表現しますと
d0023047_2241232.jpg

d0023047_22415329.jpg

d0023047_2373394.jpg


   春・春・春、出会い、別れ、卒業、入学、なんとなくセンチメンタルになる季節ですね。
[PR]
by chojiiro | 2006-02-20 22:47 | インテリア講座 | Trackback | Comments(38)

大納言ブレッド・・・とうとう全貌が!

メッシュ型を外すと、
d0023047_2215078.jpg
切ってみると、
d0023047_22155221.jpg

d0023047_22161853.jpg

外側はメッシュの穴から焼成時水蒸気が蒸発するためカリカリに、中は白あんの上品な甘さがふんわりしてきます。
[PR]
by chojiiro | 2006-02-17 22:22 | パン教室 | Trackback | Comments(48)

メッシュ型で焼くパンは?

d0023047_21165925.jpg

この中に小さく分割した生地が入っているんですよ。生地の中には大納言鹿の子を入れて成型、パン生地には白餡が入っています。100%の粉(強力粉)に対して糖分が砂糖15%・白餡40%。糖分が多くなると発酵に時間がかかります。こういう時は一次発酵の時間を長くすれば良いのですが、それ以上にこんな方法が・・・。イーストに優れ物があるのをご存知ですか?その名は耐糖性イースト。これを使用すると発酵が促進します。もちろん糖分の多いパンに限ります。
d0023047_21255467.jpg

          メッシュ型の中身は、こんな可愛いパン生地

d0023047_21271483.jpg

これが電子発酵機(仕上げ発酵に使用します)湿度と温度の管理はおまかせの優れもの
 
ただいま発酵中、どんな形になるのか想像してくださいね。
メッシュ型はこの穴から水分が蒸発しパンの回りがかりかりで中がふわふわに仕上がるんですよ。
[PR]
by chojiiro | 2006-02-16 21:34 | パン教室 | Trackback | Comments(46)

本命チョコは?

今日はパン教室の生徒さんといいますか友人が集まってのお菓子作り、卵16個・アーモンドプードル400g・クーベルチュールチョコ600g・グラニュー糖440g他膨大な量、こんなケーキが出来上がりましたよ。ガトーショコラ4個完成です!皆さん、ご主人様が喜んでくれるといいのですが?

d0023047_1834505.jpg


wa・sa・bi 2月号の、「とっておきのバレンタイン」から加藤千恵さんのレシピでテンパリング、温度管理がポイントのようで温度計でチョコの温度を管理しながらの作業、何とかこんな感じに仕上がりましたよ。
d0023047_18421830.jpg
d0023047_18423475.jpg

d0023047_18424462.jpg

d0023047_1843565.jpg


          オレンジピールはテンパリングに使用しました。
          夫の帰宅を待つばかりですが・・・・・・・・・。
[PR]
by chojiiro | 2006-02-14 18:47 | お菓子 | Trackback(3) | Comments(60)

オレンジピール

お正月に実家の庭には大きなみかんの木があり(以前ブログで書いたみかんの木)、このみかんを使ってオレンジピールを作りました。皮を干し、灰汁抜きを3度、更に干し、砂糖で煮詰めようやく出来上がりました。一ヶ月余かかってしまいました。
明日これを使ってバレンタインのお菓子作り・・の予定です。
d0023047_6411086.jpg

d0023047_6412949.jpg

      母に聞きながらはじめて作りましたがやわらかく仕上がりました。

娘達は二人とも友チョコ(友人同士で交換)をするようです。まだ男の子には興味がないようです。(ジャニーズは別のようですが・・)女の子が強くなると、男の子も大変ですね!
[PR]
by chojiiro | 2006-02-13 06:46 | お菓子 | Trackback | Comments(36)