<   2006年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

骨格矯正

骨盤チェックで美脚とスリムアップ
なんて魅力的な宣伝文句、
d0023047_20571577.jpg

ここ数日腰痛からくる坐骨神経痛で臀部から脚の側面部にかけて鈍痛が酷くオフィスワークにも支障が出てくる始末。
この宣伝文句に引き寄せられ、まずは予約、人気なのか予約は何ヶ月先まで一杯、痛みが出てきているようであればお昼の時間に特別に見てくださるという事で、行ってきました。体験してきました。
まずは体チェック、
私の体、かなり歪んでいるようです(笑)右肩が下がり、右腰が上がり、左側に湾曲~
腰が四角く内側に入っている・・・これて人間の体?
そうこれが下半身が痩せられない原因!だそうです。
代謝アップするための筋肉の揉み解し(これは、足のむくみ・ダイエットでとれないセルライトが筋肉に着目した揉み解しで減少するんですって!)
はじめは体全体の揉み解しから、かなりリラックス、ただあちこちから「痛い~きゃ~」の声
何か不吉な予感が!事前説明でも「かなり痛いはずですから・・・・」と。
その痛み、半端じゃありませんよ。あまりに痛くて施術してくれた方の手をはらってしまいました。(笑)こんな人いませんかね?
d0023047_2175312.jpg

という訳でセルライト減少・代謝アップ・腰痛・坐骨神経痛を治すべく通うことにしました。

施術は75分、よく雑誌で見る骨格矯正はお値段がかなりお高いですが、こちらは良心的なお値段、一万円でもお釣りが数千円きますよ!
3ヵ月後のヒップアップ期待しながら、いえいえ腰痛が先ね。

股関節もかなり硬いようで、これをほぐすべく痛みと戦っていこうと誓った今日この頃でした(笑)
こちらの施術してくださった方、私と同じ年で以前はこちらの患者さんだったそうです。
骨盤矯正で10kg痩せ、骨盤がもとに戻ったそうです。それからというもの整体学院に通い資格をとり施術する側になったそうです。もう見る限るスリムできれいな体、何といっても説得力があるの。
この方を目標に頑張るぞ!!

そうそうオフィスワークで座りっぱなしのおしりは酸素不足だそうです。もちろん私も!
でもどうしたら酸素吸えるの(笑)そうよね血液中の酸素よね。
[PR]
by chojiiro | 2006-03-31 21:22 | 日々 | Trackback | Comments(49)

表参道ヒルズ

同潤会青山アパートは、関東大震災後に建てられた、日本の集合住宅の原点とも言える建物です。その後も建て替えられることなく建築当時の姿を残していた同アパートは、華やかなファッション街の装いとは裏腹にノスタルジックなたたずまいをしていましたが、時を経て生まれ変わりました。もう既にご存知の、
d0023047_1511886.jpg

      安藤忠雄さん設計、建物のコンセプトはこちら
      建物より気になって写した画像がこちら
d0023047_1535454.jpg

天井はトップライト、ここからの光がB3階までは届いていないようです。
ルーバーによって日光が閉ざされており、そのため演出用のプロジェクターや照明によって人口的に光りを作りだしています。今でもこの点は建築家の間で物議が交わされているようです。

このトップライトに下がっている器具、これはスピーカーです。ケヤキ並木のファサードに特殊な装置が備え付けられ、ここからの発信に応じて、流す曲、音のイメージを変えているようです。今日は鳥のさえずりでした。

娘達のお買い物に付き合わされた一日、青山・神宮界隈を散歩しながら風の冷たさに震えてしまいました。春の装いには早かったようです。

中谷本舗さんの桜寿司、(今晩のお夕飯から)
d0023047_2204817.jpg

    真鯛と桜の葉、この組み合わせ、う~ん春ですね♪
[PR]
by chojiiro | 2006-03-30 21:30 | 日々 | Trackback | Comments(31)

クグロフ

クグロフ(フランス)
イースト菓子の一つ。クーゲルホフとも呼ばれています。
ルイ16世の妃マリーアントワネットの好物でした。アルザス地方の名物で、干しブドウが入ったブリオッシュの一種。斜めにうねりのある蛇の目型の内側にスライスアーモンドをつけ型に生地を入れて焼き上げる。アルザス地方では日曜日の朝食によく出され、アルザスのワインとよく合うといわれています。
d0023047_22281030.jpg

このパンを、おいしい@かおのeriさんのブログで拝見したのが1月、星野天然酵母をお使いのeriさんのパンはどれもこれも香りが届きそうなぐらいの美味しさ!
JHBSのパンはドライイーストを使うのが基本のため、天然酵母作りは夢でした。eriさんは自宅でお教室を開かれていらっしゃいますから、生種作りを今度教えていただこうと思っています。
丁寧なレシピをメールでいただいてからはや2ヶ月、作りましたよ!
レシピは生種酵母が基準でしたが何とかドライイースト仕様にアレンジしました。
d0023047_22364070.jpg

あまりの美味しさに自画自賛状態です。ブリオッシュ生地の中にオリジナルでラム酒漬け
ミックスフルーツを入れました。他にカカオ成分35%以下のホワイトチョコが、チョコがまた生地に溶け良いお味なんですよ。(eriさんに教えていただいたところ35%以上ですと溶けないで生地に残ってしまうそうです。)

4月のパン教室のお問い合わせ、日程至急お知らせしますのでお待ちくださいね。(初級・中級・上級の皆さんへ)
[PR]
by chojiiro | 2006-03-28 22:39 | パン教室 | Trackback | Comments(34)

ちょっと一息

d0023047_2135477.jpg

疲れにはチョコとコーヒー!コーヒー党の私は普段はブラックですが、目先を変えてといいますか、甘いものを体がいや脳が(言い訳です)欲しがってます。ここ数日の仕事漬けの日々のブレークタイムはこんなクグロフ型のお菓子もつけて。オレンジピール一度、コーヒーの中に落ちました~。慌てて掬い上げたのも空しくチョコのテンパレートが溶け出す始末。
(同僚の息子さんが神戸の大学に見事合格し、先日お引越しを兼ねて、神戸に行った際のおみやげにいいただいたお菓子です)

d0023047_21401253.jpg

今日の夕飯は手抜きの手抜き・・・・昨日の残りのハンバーグ・ルクに放り込んだだけのキャベツ・菜の花蒸し(白胡麻油・ポン酢で)・漬物・ご飯・赤だし味噌汁(お豆腐・わかめ)以上。

手抜きの理由は、今晩夫が第一回目のお花見でお夕飯がいらない為、
今週は移動される方の送別会やらナンやらで多忙のよう
もちろん第2回目のお花見、第三回目・・が企画されている様子、
こんなスケジュールにニコニコ顔なのはこの私、
今週は思いっきり手抜きさせていただきま~す。ハイ!

お花見いつされますか?明日の夕方からまた雨模様?
夜桜は綺麗ですが寒さには勝てず、お昼のお花見弁当いただきながらのお花見企画予定!
雨が降りませんように・・。
[PR]
by chojiiro | 2006-03-27 22:05 | 日々 | Trackback | Comments(30)

赤ちゃん誕生!

d0023047_752123.jpg

ウンベラータ(半ば諦めかけていたんですが・・・)出てきました~。
d0023047_77117.jpg
植物も自然の摂理に元づいて春になると新しい生命が生まれるんですね。
このウンベラータこちらで紹介したことが・・・この時点で全ての葉が落ちてましたから・・・。窓際に置いて外光を浴びて、今日もまた一枚一枚と誕生しています。



d0023047_792694.jpg

[PR]
by chojiiro | 2006-03-25 07:13 | 日々 | Trackback

フランスパン用粉

エピとはフランス語」で「麦の穂」の意味。穂先のような形は棒状の生地に、はさみでカットして作ります。パリッと焼けた皮の香ばしさ、口当たりはいただくときの楽しみです。
d0023047_2310107.jpg

同じ生地からフォカッチャを、古代ローマより作られてきたイタリアのパン。オリーブオイルの豊潤な風味が際立ち、サクッとした歯ざわりが魅力ですね。トッピングにオリーブオイル・ガーリック・ソルト・ローズマリー
d0023047_2316436.jpg

玉葱がこげこげです・・・この画像却下しようか迷いましたが美味しかったのでのせちゃいました!クリームチーズオニオンフォカッチャ(オニオンの下にクリームチーズをぬっています。)
この組み合わせお薦めです。
d0023047_23175927.jpg

本来は生地の配合を変えますが今回はフランスパン用粉使用の共通点を利用しエピに合わせたベーカーズパーセンテージで配合しました。エピは一次発酵が70分と時間がかかります。
焼成もエピはオーブンを前もって300℃でフランスパン用鉄板とレンガを余熱するのがポイントです。焼成はレンガに水をかける蒸気焼成190℃で25分、一方、フォカッチャは一次発酵20分と短時間、焼成は200℃で20分(全てガスオーブン使用の場合)

ここでパン作りのコツを端的に

*美味しいパンはよい材量から
*正確な計量は安定した記事作りの基本
*温度管理こそパン作りのポイント・・パン作りは温度計を持たずして出来ないといわれるほど、温度に対するパン生地の反応は敏感です。
*イーストの性質を良く知っておく
*捏ね上げ温度は27~30℃が理想的
*パン生地の状態はこね方が大きく左右する
*生地を乾燥しないように注意する
*生地を傷めないように
*性能の良いオーブンを利用する
[PR]
by chojiiro | 2006-03-23 23:42 | パン教室 | Trackback | Comments(50)

イルムスキッズ

d0023047_22351455.jpg

丸の内・池袋に引き続き全国に広がりを見せている「イルムス」、キッズ用の店舗が近所のデパートにオープンしました。d0023047_22383210.jpg


ムーミン思わず買ってしまいました・・・。可愛い!!(自画自賛)
キャラクターの名前を忘れたらこちら





d0023047_22412562.jpg

スカンジナビアテキスタイルの特徴は豊かな自然をモチーフにしたものが多いこと、そのデザインからは自然と共存してきた北欧の人々の生活の歴史が感じられます。
最近、日本で北欧ブームになっているのは色彩が着物の特徴と通じるものがあること、(着物も自然がモチーフですね)デザインのインスピレーションの源として自然から多くを得ていること、大胆さと落ち着きを兼ね備えたデザインがその共通点を生み出しているのでしょう。

イルムスキッズ、もはや我が家の娘達にはいささか可愛すぎますが、こんなテイストでお部屋の小物を揃えるのもいいですね~。

中でも北欧の椅子は1950年代にデザイナーが次々と登場し、世界中に受け入れら「アルネ・ヤコブセン」のスワンチェアー、「アルヴォ・アアルト」のパイミオチェアー、「ハンス・J・ウェグナー」のYチェアー、など技術・素材に対しても芸術的な椅子を生み出してきました。

d0023047_23205353.jpgd0023047_2327151.jpg
[PR]
by chojiiro | 2006-03-22 23:31 | 日々 | Trackback | Comments(40)

草もち

太陽の中心が春分点(天球上の赤道を太陽が南から北へ横切る瞬間の交点)に達し、全地球上の昼と夜の長さがほぼ等しくなる日を境にして夏至まで昼間が徐々に長くなり、夜が短くなっていく。日本で昼夜がほとんど等しくなるのは、春分より3日前ですね。

「春分の日」にお供えするものといえば、ぼたもちですね。
ぼたもちは、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたもです。一方、おはぎは、萩の季節、秋のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く萩にに見立てたものです。

無知な私は、地方によって「ぼたもち」、「おはぎ」という言い方があるのかと、つい最近まで信じきっていました。無知というのは怖いことです(笑)
季節の植物に因んでの名前だったのですね。自然をたたえ生物をいつくしむという「春分の日」日本人の知恵には感心します。

昨日実家からこんな季節のものが、
d0023047_2103280.jpg

 ヨモギを摘んで作った草もちです。すぐ食べられるようにときな粉も一緒に届きました。
 さっそく、
d0023047_215660.jpg

 たっぷりのきな粉砂糖でいただきました。市販の草もちとは一味も二味も自然のヨモギの
 香り高いお味でした。おはぎが苦手な私にとっては「草もち」こそお彼岸にいただく楽しみの
 一品です。
[PR]
by chojiiro | 2006-03-20 21:13 | 日々 | Trackback | Comments(44)

卒業

        厳かな卒業証書授与式
d0023047_22461341.jpg

6年生全員によるお別れの言葉、スライドには入学当時の姿から6年間の子供達の生き生きとした表情が写し出され、1年生当時のあどけない表情を懐かしく思い出しながら耳にするのは、ハキハキとした心の篭った別れの言葉の掛け合い、卒業生全員の成長を目にし、思わず涙がこぼれてきました。
不安そうな表情、みんなあどけない表情、体よりも大きなランドセル、ここ子達が立派に「門出の歌」を歌い上げ、そのメロディが心に響いてきました。涙・涙、
何せ友人が涙もろく、入場行進から泣いているんですから・・・(笑)

           喜びに胸をはり
           おかあさんと来たっけな
           新しい服をきて入ってきたあの日

           明るい教室で
           君と並んでいたっけな
           かけまわった広い庭
           懐かしいあの日

           やさしかった先生を
           おこらせもしたっけな
           友達とけんかをして泣かせちゃったあの日
           
           思い出の校舎とも
           今は別れの時がきた
           新しい希望の道へ
           進む日も近い
           新しい希望の道へ進む日も近い


次女には一年生からの大の仲良しのお友達がおりましたが、昨年12月お引越しをされ
その頃から何か元気がない様子、担任の先生からも「お友達とのお別れが
辛いようですね~元気ないんですよ」とのコメントがありました。
それも成長過程で乗り越えなければならないこと、静かに見守ることに、
今でもメール・お手紙・FAXと通信手段を駆使し、そのお友達とはコンタクトを
取っている様子、2月半ばぐらいから少しづつ心の余裕ができたのか
前向きになってきたように見えました。
そのお友達、転校先の小学校での卒業式を終え、今日、我が家に遊びに来てくれたのです。

d0023047_23214999.jpg仲良しの5人のお友達もお迎えし、午後からは子供達とパン作りをすることに子供達のリクエストでハムロールを、丸く伸ばして、ハムをのせ、くるくるまきまきしてカット、こうして出来上がりの時間を待つことに。この間、次女の部屋からはキャアーキャアーと女の子ならではの叫び声が・・・・。久しぶりの再会に話が尽きない様子です。

d0023047_23304143.jpg

        粘土細工のようなパン作り、何とか形ができました。ホッ
        
        ついでに、明日の朝食用のライ麦ウォールナッツブレッド
d0023047_23364247.jpg

        数日、お友達が宿泊予定、次女も満面の笑み、
        「卒業おめでとう!!」        
[PR]
by chojiiro | 2006-03-17 23:41 | 日々 | Trackback | Comments(50)

ぐるぐる廻ってどっちが右?

昨晩から飲まず食わずなんです・・なんて大袈裟!今日のお昼までですが、一食・2食、抜くのならまだ何とか我慢ができますが、水分を摂れないことほど辛いことはないです。いつもなら寝る前にアルカリイオン水を一杯、起きてまた一杯、新聞に目を通しながらコーヒーを一杯、朝食時にまたコーヒー・紅茶・緑茶のどれかしらを、お洗濯後また一杯、と摂取水分量は優に1ℓを超えているはず。

今日は人間ドッグを受けてきました。
身体計測から始まって、視力・聴力・心電図・採血・エコー・胃部X線・子宮がん検診・乳がん検診(マンモグラフィー)
中でも一番苦手なのは、バリウム、毎年飲む量が少なくなっていませんか?
最初に顆粒の炭酸を飲み、その後あの何とも不思議なお味のバリウムをどくどくと飲み、検査技師さんのアナウンス通り右に左にぐるぐるぐるぐる(あ!滑る落ちるともがきながら・・・)、仰向けうつ伏せと上に下に、もうどちらが右か左かも分からなくなり
「ちがいますよ!右ですよ」と何度も軌道修正、右斜め・左斜め・・・・・・
こんなことするなら、胃カメラの方がどんなに楽か!お願い胃カメラにして!
毎回笑ってしまうのがマンモグラフィー、あの板に胸をのせるという作業、
自分の事ながら、この姿は誰にも見られたくないと思いますよ。(まな板の上の鯉の心境)
若い人ほど乳腺が発達しているようです。この乳腺はマンモの画像では白い網目となって
写ります。白い網目があるほど乳がんの診断が難しいそうです。

          ということで無事終了しました。ホッ♪
          健診後は同僚とイタリアンランチにまっしぐら。
d0023047_20163835.jpg

          夫からもらったホワイトデーのブーケでした~。
[PR]
by chojiiro | 2006-03-16 20:23 | 日々 | Trackback | Comments(48)