<   2006年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

島オクラ

d0023047_21195178.jpg

島オクラは沖縄で多く栽培されている在来種だそうで、断面は角がなく比較的丸に近い形が特徴です。これが柔らかくて実に美味しい~。日光の生湯葉に島オクラを和え少量のわさびと出汁醤油でいただきます。島オクラの美味しさを味わってからというもの、これを求めて確実においてあるスーパーに出かけてしまいます。最近近所にオープンしたスーパー、全国の名産品・調味料・輸入食品も揃っており、何といっても生鮮食品が豊富で新鮮。昨日はまぐろの解体イベントが行われていました。
d0023047_2121388.jpg

万願寺とうがらしを焼いてカリカリじゃこをのせています。こちらのピーマンバージョンはお料理上手いえプロの腕前のyukinoさんのブログで紹介されておりまして、参考にさせていただきました。

これはご飯が美味しい!いや・・日本酒が美味しい~~。
[PR]
by chojiiro | 2006-09-28 21:33 | お家ごはん | Trackback | Comments(30)

オープンサンド

パンの中で一番作る回数が多いのが2斤の型を使う、プルマンブレッドです。
d0023047_16313625.jpg

トーストしても良し、サンドイッチも良し
レタス・カリカリベーコン・ピクルス・スライスオニオン・トマト・目玉焼きをのせたオープンサンド
マスタードをたっぷりきかせ、ブラックペッパーをゴリゴリして・・。さあ、いただきま~す。
d0023047_16335935.jpg

この食べ方は週末朝食に多く、平日は専らトーストしていただきます。またオリーブオイルにパラパラと岩塩をふり、そこにつけていただくのも格別です。
皆さんのパン活用術、パントッピング教えて下さい~。
d0023047_16434628.jpg

[PR]
by chojiiro | 2006-09-26 16:44 | パン教室 | Trackback(1) | Comments(30)

愛用品

d0023047_10361445.jpg

d0023047_10364771.jpg


このミニカゴの中身は?
[PR]
by chojiiro | 2006-09-25 10:49 | 日々 | Trackback | Comments(34)

自家製ミニハンバーガー

d0023047_8221754.jpg

先日ご紹介しました、「とまとオレガノブレッド」を55g分割にし、先日より少し大きめに成型し焼成しました。ここに小さく丸めたハンバーグと自家製ピクルスを挟んで娘のお弁当に。これが美味しいと大好評でしたので、今日は私もおべんとうに持参しました。

日中、仕事で打ち合せに、アポが時間刻みの為、食事の時間がとれないであろうと、朝からかばんに忍ばせておいたミニハンバーガー、やはりお腹にしみました~。
今回はピリッとスパイスを効かせるために、バジル・オレガノ・ブラックペッパーをかなり多目に
配合してみました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
d0023047_0562420.jpg

最近すっかり本業のインテリアのことがブログに紹介できずにおります。法人の仕事をお引き受けしており、完成するまで公にできないのが辛いところです。
住まいのインテリアと、店舗・オフィスのインテリアはまたセオリーが異なり、今までとは違った分野で格闘中です。(とは言うもの、設計事務所時代の仕事はほぼ、店舗・結婚式場・オフィス・駅ビルなど、この手の仕事内容ばかりでした)
IT業界には及びませんが建築業界の流れも速く、どうやらこの時の知識だけでは、立ち向えないようです。日々移り変わる新建材・デザイン・当分追いつくまでに時間がかかりそうです。
11月にはインテリアトレンドショーが東京ビックサイトで催されます。
ファブリックメーカ・家具メーカー・キッチンメーカー・住宅メーカー・他多数参加するイベント、インテリア好きの方には充分に楽しめると思いますよ。
[PR]
by chojiiro | 2006-09-20 23:47 | パン教室 | Trackback | Comments(46)

ルッコラピザ

d0023047_23404520.jpg

d0023047_23414180.jpg

三連休だというのに、日曜日から風邪気味、こんな日はおとなしくコネコネをすることに。
ピザの生地の作り方は何種類もの配合の仕方・作り方がありますが、次の作り方が一番好きなトラットリア風。材料はというと、お粉はメゾンカイザーのトラディショナル+薄力粉(一般的にフランスパン用粉+薄力粉が本格的)、お塩はゲランドのあら塩、ドライイースト、モルトパウダー、オリーブオイル、お水。
生地をニーディング(捏ねて一まとめ後)後、丸め12時間冷蔵庫で休ませる。その後、生地をのばし好みの大きさにのばす→トッピング→焼成。
焼成の間に、シーザーサラダ、ドライトマトパスタ
d0023047_2355528.jpg

d0023047_23554881.jpg

を準備していたら、何と焼成時間を過ぎ余熱で焼けすぎのピザに・・・残念!!アラアラ、サラミがこげこげだこと~~

もちもちカリッのこのピザ、「ルッコラがさっぱりなお味で美味しいね。」なんて反らしてみたけれど、周りのおこげ生地・・皆残していました^^;という訳で、おこげ部分をボヤ~と隠しながらの撮影に手間取り、おおぉぉ~おかげで、良~くその部分隠れました。。こんな時マクロレンズは便利!なんて「使い方違います」の声が聞こえてきます。
[PR]
by chojiiro | 2006-09-18 23:58 | お家ごはん | Trackback | Comments(32)

とまとオレガノブレッド

d0023047_1431716.jpg


今日のパン教室はとまとオレガノブレッドとバタートップ(1.5斤型)、一ヶ月半ぶりでの生徒さんとのパン作り、涼しくなり生地の乾燥を気にしながら楽しい会話のなか、先程終了しました。
お疲れ様でした~。パン作りのお好きなブローガーさんのためにオリジナルレシピをご紹介します。ルッコラ+とまとにオリーブオイル+岩塩を垂らし挟んだサンドこれが実に最高でした。
  
 *とまとオレガノブレッド
 [材料](10個分)
   強力粉・・・・・・300g
   ドライイースト・・・・・・・小さじ1
   トマトジュース(無塩)・・・160ml
   水・・・・・・・・・40ml
   砂糖・・・・・・・大さじ1
   粗塩・・・・・・・小さじ1
   オリーブオイル・・・・・大さじ1.5
   オレガノ・バジル・・・・・小さじ1(バジル風味がお好きな方は多めに)
   ブラックペッパー・・・・・少々(パンチのあるお味が好きな方は多めに)
*お教室材料は基本的にg表示ですが、分かりやすく簡単に大さじ・小さじ表示にいたしました。
*中にモツァレラチーズを入れて成型し焼成しますと本格的なお味になりますよ。

バタートップ(1.5斤型)・・焼き上がりのこのパリッ・ふわふわ感、これですからパン作りは止められません!
d0023047_14481012.jpg

               トマトオレガノブレッド、ベンチタイム
               きめ細かいお肌でしょう
d0023047_14484655.jpg

               焼き上がり~葉つきとまとの出来上がりです。
               みかんという噂も・・ちらり♪
d0023047_144941.jpg

d0023047_14513747.jpg


クリスマスを代表するパン、パネトーネ・シュトーレンのパン教室を開講予定です。10月30日(月)10時~14時を予定しております。
d0023047_14551428.jpg


千葉駅から車で20分、電車ですと外房線鎌取駅からバス7分と交通の便が悪い場所ですが^^;
[PR]
by chojiiro | 2006-09-15 15:02 | パン教室 | Trackback(2) | Comments(55)

夏のわすれもの

d0023047_21175065.jpg

d0023047_2118725.jpg

d0023047_22391517.jpg

d0023047_23231642.jpg

ワイキキ、カラカウア通り、日が暮れかかり、ガス灯が灯されると、昼間のビーチの賑わいを見下ろしていた空が、何か湧き出るような力のある色彩のグラデーションを作り始めます。

この通りの街路樹といえばプルメリア。
プルメリアはハワイではなく実はアジア諸国からの外来種だそうです。とはいえ、すっかりハワイでポピュラーになったお花、街中や公園などいたるところで見ることができます。もっとも多く見かけるのは白い花弁に中心が黄色いもので、シンガポール・プルメリアという種。
プルメリアの花言葉は情熱、熱心、気品
とても良い香りでレイの材料としても人気があるプルメリアですが、驚いたことに樹液には軽い毒性があるそうです。そういえば、以前プルメリア伝説という映画がありましたね(聖子ちゃんと神田さん主演)観ていないので内容分かりませんが、なぜかタイトルだけ記憶に残っています。

ヤシの葉?バナナの葉で編んだ帽子、プルメリア・ヤシの木陰で一生懸命に編んでおられる姿を許可を得てパチリ、完成した作品。自然素材でできた帽子、色は変化しますがそれもまた雰囲気があり素敵です。

d0023047_15514340.jpg

         自転車?もちろん自転車の形をしていますが・・オブジェでもなく・・・

d0023047_15521458.jpg

           思いっきり望遠をきかせ飛行機に接近してパチリ。


           機内からの夜明けは美しく、この何層にも広がるコントラスト
           を茫然とただただ見つめるばかりでした。
d0023047_15525512.jpg



        今になりその夏を思い出しながら・・・・・・・・・心に残る夏の一枚を・・・・。

自転車・・・自転車のキーをつなぐ場所でした。このデザインセンスのさりげなさが美しい街並みを作り上げているのですね。
[PR]
by chojiiro | 2006-09-13 22:24 | お出かけ | Trackback | Comments(14)

ツルツル・ツルーのワンタン

d0023047_8213743.jpg

Azumiさんがお作りになられていた、ジャージャー麺のツルツルの食感、花椒のローストした香りが何とも食欲をそそります。もう一品のツルツルはざる豆腐。
ツルーははこれ。冷製たたき梅入りワンタン、ポン酢とラー油につけて頂くのが我が家風です。
d0023047_8251772.jpg

d0023047_8272737.jpg


        冷製たたき梅入りワンタンのレシピ(我が家風)
         *材料:ワンタンの皮(30枚)
          鶏挽肉(280g)・・今回は鶏胸肉をFPでミンチ
          ねぎ(1本をみじん切り)
          梅干(7個、たたき梅に)
         ::::味付けは何もせず、梅干の塩分だけ:::
         *作り方:鶏挽肉・ねぎ・たたき梅を、良くあわせワンタンの皮で包み
             熱湯で湯がく。
       
       *お薦めのいただき方
         粗熱が取れてから、冷蔵庫で冷やしポン酢・ラー油でいただく(夏バージョン)
         春・秋・冬、バージョンは湯がいて熱々なワンタンをポン酢・ラー油で・・。

                 食前酒は、杏露酒、シャンパン
d0023047_843747.jpg

   このワンタン、どうやら「この夏一番出番もリクエストも多かったでしょうNo.1」を獲得
   したようです(笑)
[PR]
by chojiiro | 2006-09-11 08:55 | お家ごはん | Trackback(2) | Comments(44)

二期倶楽部  森のフォーク

d0023047_9312343.jpg

栃木県那須の約4万2千坪の広大な敷地内に、専用のキッチンガーデンを配し、土壌の改良から良い堆肥の手入れ、地野菜の栽培・収穫まで取り組み、より安全で、より安心な食材、旬や地域性を大切にした素材選び、
“食”は命を慈しむことにつながっているとのお考え、何とも納得できます。
「森のフォーク」は、そんな二期倶楽部がプロデュースするナチュラルカフェ、お友達とランチに。
d0023047_935063.jpg

d0023047_9352491.jpg

d0023047_935553.jpg

d0023047_936813.jpg

d0023047_9362028.jpg

ここ、あのチバリーヒルズの街(あすみが丘)に、4月オープン、当初、夫とランチに、オープン時は人出で賑わい待ち時間もかなりなものでした。
何とかそんな喧騒も落ち着いたとはいえ、相変わらずの盛況ぶり、新鮮な素材ほど美味しいものはないですものね。
テラスにもテーブル席があり、秋晴れの下、イングリッシュガーデンを眺めながらのお食事もまた格別でしょうね。
[PR]
by chojiiro | 2006-09-08 10:04 | 千葉 見所・食事処 | Trackback | Comments(27)

ぐるぐる巻き巻きパンのその後

あの時拝見した、那須のペニーレインのブルーベーリーパンが脳裏に焼きついたまま忘れられず、パウンド型で小型ブルーベリーパンを、あの姿を思い描きながら作ることに、これがなかなかのお味、今回、粗蛋白11.0% 灰分0.48%、フランスの代表的なパン職人エリック・カイザーと日清製粉で共同開発したプレミアム小麦粉(メゾンカイザートラディショナル)、これがそれはそれは深いパンのコクを味わえるお粉、パンのお粉はパンそのものの味を決めると言っても過言ではなく、美味しいと言われるパンは、粉へのこだわりが相当のものだと推測しています。
d0023047_1634207.jpg

d0023047_16344018.jpg

天然酵母には、国産小麦の「はるゆたか」を、ボリュームを出すパンにはJHBSの食パン用粉を、お教室の時もパンのレシピにより厳選したお粉を使用、粉の蛋白質量11.5~13.5%の小麦が最高級品と言われており、カナダ産アニトバ州のウエスタン・レッド・スプリングが世界No1と評価されていると、以前講師研究科のゼミでJHBSの校長先生からお話を伺ったことがあります。これが俗にいう特等粉といわれ、階級は1等粉・2等粉・3等粉・・とその下が末粉、この末粉にあたるのが、カメリアのイーグルあたりです。
パン作りをされていらっしゃるブロガーの皆さん、是非メゾンカイザーのトラディショナルお試し下さい。格段上のパンができるかと思いますよ。(富澤商店で扱っていますよ)
[PR]
by chojiiro | 2006-09-07 16:52 | パン教室 | Trackback | Comments(32)