<   2007年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

椅子と机と人間工学

ナチュラルで洗練されたご自宅のインテリアが素敵なwiwiさんがPC用の机と椅子の高さが合わずに目の疲れ・足のむくみ症状がでてお辛いPCタイムを送っていらっしゃるという
内容の記事を、以前UPされておりました。wiwiさんの身長からの適正寸法をコメントしたところ、すぐさま、その高さに見合った机の高さを調節、椅子を探し出されご使用になられ結果、嬉しいことに快適なPCタイムを送っていらっしゃるようです。
人間工学から生まれた寸法は家具のみならず住まいの設備機器、建具・収納寸法を決める意味でとても重要なポイントになってきます。今回は机と椅子の寸法につて説明させていただきますね。
d0023047_1116336.jpg

椅子の掛け心地を左右する要因には次のようなものがあります。

①寸法・角度
寸法・角度とは座面の高さ、奥行きとその傾斜角度、背もたれの角度、背もたれ点の位置の相互関係のことです。

②体圧分布
人体には感覚の鋭敏なところと鈍感なところがあり、鋭敏なところには小さい力が、鈍感なところには大きな圧力がかかるようにつくられることが望ましいです。
  
③クッション性
作業用の椅子ではクッション性はあまり要求されませんが、休息用の椅子では必須条件になります。ただし、クッション性を良くしようとして柔らかい材料を詰めただけでは、身体が沈みこんでしまうので、最終安定姿勢を好ましい形に保つことができなくなります。  

d0023047_16202060.jpg

机を機能という立場から見たとき一番大事な項目は、坐骨結節点から甲板までの垂直距離(差尺)が、人体寸法に合っているかどうかということです。人間工学の立場でいう机の高さは差尺のことで、床から甲板までの総高さではありません。
事務作業をする時の適正な差尺は、次のように考えてください
①筆記作業が主で能率に重点を置いた場合
  (座高)×1/3
②読書および緩慢な作業が主で、長時間の使用に重点を置いた場合
  (座高)×1/3-(2~3cm)

事務用家具のJISも学校用家具のJISも上記の考えを参考に決められています。事務用机のJISでは、高さが70cmと67cmの2種類になっています。成人男子に適した机は70cm、成人女子は67cmです。
改正前の旧JISはアメリカ軍用家具をそのまま見習っていたため74cmになっていました。
日本では従来から机は高いほうが姿勢がよくなると信じられていましたが、それは誤解、机が高すぎると、肩こり、目の疲れ、足のふくらはぎがだるくなることが実験によって証明されています。

適正な寸法を知ることは、体を保護する意味においても大事なことですね。
[PR]
by chojiiro | 2007-04-25 16:56 | インテリア講座 | Trackback

クロスネックレス

先日、ビーズの魔法士こと(・・・私が勝手に考えただけです・・・でもあの作品の数々を拝見すると、、、、本当に魔法のようでして、、)「びーずさん」にお願いしたクロスネックレスが届きました~。
素敵♪♪♪
d0023047_1704910.jpg

シックで存在感があります。さあ、、クロスネックレスデビューはどこにしましょう!

         びーずさん、お忙しい折、ありがとうございました
[PR]
by chojiiro | 2007-04-25 16:40 | ありがとう | Trackback

品川~表参道~神宮前~丸の内

d0023047_21204297.jpg

品川のDEAN&DELUCAで待ち合わせ、その後表参道ヒルズ内をウィンドーショッピング、神宮前のkurkkuでお食事、丸ビルのコンランショップ、yokoさんの横浜・東京最後の日、ご一緒させていただきました。yokoさんの一人旅の思い出の一ページになれば幸いです。
d0023047_2143993.jpg

お野菜たっぷりのお食事とグリーンを周囲に配した空間のKurkku、素敵なお店!!
こちらからすぐの、このロゴの本屋さんといえば、
d0023047_21475995.jpg

今回で4回目かな?相変わらず心地よい空気感、終日こちらで読書に耽りたい!!
そんな空間の中に相変わらず素敵なコーナー
d0023047_215076.jpg

新幹線のお時間まで丸ビルをウロウロし、コンランショップを一回り、東京駅新幹線口に移動しお別れ、、、一日あっという間。この日ご一緒していただいたmariaさん、yumiさん、
claudiaさん、cubicさん、そして微笑んだお顔がアグネスラム似のお美しいyokoさん、ありがとうございました。
[PR]
by chojiiro | 2007-04-23 22:16 | 日々 | Trackback(5)

皆さんから・・・・ありがとう!

d0023047_2215583.jpg

3日間、大勢の皆さんにお土産、、、お顔だけ、、、皆さんの笑顔だけで充分でしたのに、ありがとうございました。yokoさん!!巧みに皮のお色、普段使用している筆入れの皮の色に合わせたかのようなグリーン。早速筆入れのお仲間に加えさせていただきました。
ハロッズのコンフィチュール、今日焼き上げたプルマンブレッドで頂戴しました。「美味しい~」

また、、、ご一緒させていただいた皆さんからも素敵なお品物を頂戴しました。
d0023047_2224995.jpg

オフ会=お土産、、、こんな構図が、、、お会いできるだけで充分に嬉しいこと次回はお互いに気遣いなく行きましょうね!!指きりゲンマンね♪
[PR]
by chojiiro | 2007-04-23 22:00 | ありがとう | Trackback

連日パン教室

Curryパン教室の次の日は初級クラスのパン教室
d0023047_533957.jpg

d0023047_5242995.jpg

チーズスティックと小倉あんパン、チーズスティックは一次発酵入らずの短時間で仕上がるお手軽パン、パルメザンの香ばしい香りが充満した室内。生徒さんのリクエストで今回はこの2種類。
簡単そうに見えて難しいあんパンの成型はことのほか上手に手早くできたけれど、、、まだまだ丸めに四苦八苦のようでした。
ここがポイントなので、じっくりでも生地が張る丸め法覚えましょうね。「パンの作り方」の各種出版されている本にはこの丸目、端折られているケースが多いように思います。
綺麗な生地にしあげたいのなら,まずはここがポイント。来月も小さい分割が引き続き登場しますので、今回のおさらいしましょうね。
d0023047_5132634.jpg

[PR]
by chojiiro | 2007-04-19 05:18 | パン教室 | Trackback | Comments(42)

Curryでパン教室

インド式の薄焼きパンを「チャパティ」、一次発酵・仕上げ発酵いらずのお手軽パン、そうそう、これからの時期BBQでキャンプで活躍すること間違いなし。

わが家自慢のスパイスたっぷりのチキンカレー、スパイスは、赤唐辛子・カルダモン・コリアンダーシード・ターメリック・クミンシード・シナモンスティック・コリアンダーパウダー・カイエンペッパー。具材は、鶏もも肉1kg、人参2本・りんご1個・しょうがのすりおろし、セロリ2本、玉葱2個、ニンニク2かけのみじん切り。早朝から骨付き鶏がらでダシをとったチキンブイオンでカレールゥを。パンがメインなのか、カレーがメインなのか?
はい!今日はこのカレーがメインです。今日の皆さんはパンのお付き合いがかれこれ数年越しのベテラン生徒さん、百数種類(あら!大げさ、、、でもかなり種類をこなしたはず)のパンを作り終え、、、、少々変化球勝負に打って出て・・・結果は、、、ホームラン。このカレー、、、いたくいたくお気に入りになられました。(かなりの自画自賛申し訳ありません)
d0023047_19373740.jpg

d0023047_19381786.jpg

d0023047_19383263.jpg

d0023047_20242788.jpg

d0023047_20243920.jpg

もちろん、オレンジピール入りブリオッシュアテートは従来どおりの作業で、ブリオッシュの先端の成型どうなっているかご存知ですか?小さい○、、、、ブブゥーーー。

アップルのキャラメル煮のマフィン、春野菜サラダも手際よく、
d0023047_193941100.jpg


また、来月の変化球も楽しみにして下さいね。三振なんて、、、ことにならないよう日々研究しておきます!!!

そうそう正解は、、、、、円錐形でした。
[PR]
by chojiiro | 2007-04-16 20:00 | パン教室 | Trackback | Comments(60)

シャビーシック

『shabby シャビー』とは、みすぼらしいと言う意味ですが、数年前から、アンティークな家具・小物に手を加え、新しい再生を求めた『shabby cick シャビーシック』がインテリア業界・アパレル業界で、もてはやされております。

日本人はどちらかというと流行に左右されがちですが、最近は逆に年月が経っているよう古びた感じを出す為、サンドペーパーで擦ったり、わざと傷を付けたり、汚れたように塗装して味を出したインテリア家具・小物の売れ行きも好調のようです。デニムもしかりですね。わざと生地の色を抜いたり、使い古されたような風合に。さすがに、、、穴の開いた?デニムは抵抗がある年齢ですが?皆さんはいかがでしょう。

歳をとることがエイジングなら、ただ老いるだけでなく、歳をとるほどに優雅に、洗練されていく姿に憧れます。インテリア・アパレルに限らずそこに美学を見出し心奪われるのかと思います。

日本でも西洋のように古いものをインテリアに持ち込むセンスを身に付け、代々と受け継ぎ数百年と使えるインテリア家具・小物を大事にしていきたいものですね。ある意味、エコに繋がる考え方!万歳shabby !!

わが家のshabby 色
d0023047_20452437.jpg

わが家のアイアングッズ(shabby には関係がありませんが、、、好きなもので・・・)
d0023047_20471574.jpg

[PR]
by chojiiro | 2007-04-16 19:55 | インテリア講座 | Trackback | Comments(22)

ル・コルドン・ブルー デュプロムのお教室  春のランチメニュー

業務用のガス・ステンレスのキッチン小物、どれをとっても料理人仕様。まさに憧れのキッチン。
d0023047_1756263.jpg

4月のテーマは「春のランチメニュー」

オードブルの盛り合わせ
  パパイヤと生ハム
  海老とアボカトのカクテル
  セビューチェ
  りんごのキャラメリゼとカマンベールチーズ


フランスパン
春のキャベツとオレンジのサラダ
イベリコ豚のロティ、じゃがいものムースリーヌ、人参のピュレ添え
チーズケーキ、いちごのマリネ添え
コーヒー

d0023047_1757295.jpg

イベリコ豚の最高級、、、、、う~ん、う~ん、、、、美味しすぎる、、、、、、、、、。。。。。
そこに添えた、じゃがいものムースリーヌ、これはフレンチカジュアル「ブラッスリーオザミ」のお味そのもの。人参のピュレはパンプキンのムースかと思うようなキャラメリゼ味。
チーズケーキも滑らかで・・・これまた・・・唸る唸る
オードブル・・どれもこれも美味しいけれど、私の好みはセビューチェ(シーフードのマリネ)
ホタテとシズレとライムが絡み合い・・・丼一杯食べたいぐらい・・・・・・・。

お料理教室帰宅後の先程、、、復習。
d0023047_18123683.jpg

イベリコ豚はないけれど、地鶏に香草・ゲランドの塩・ブラックペッパー・唐辛子・オリーブオイルを絡め下準備、ちょうど春キャベツが・・・オレンジを剥いて、オレンジマヨネーズソースを準備
ル・ク・ルーゼでじゃがいものムースリーヌ、マッシャーで潰したけれど・・・実はこれが欲しい~
d0023047_18235282.jpg

d0023047_814549.jpg

「ムーラン」、このお道具で滑らかなムースリーヌに。

後は、娘の帰宅を待って鳥をグリルするだけ・・・。

ノエ先生、数々のスパイスの効いたご指導ありがとうございました。
来月のベトナム料理part2・・・楽しみにしております。
[PR]
by chojiiro | 2007-04-13 18:28 | お料理教室 | Trackback(1) | Comments(46)

元気ないの~?

酵母がどうも弱くなっている様子、糖分補給かな?
d0023047_17484832.jpg

d0023047_1749654.jpg

昨日までアワアワだったのに・・・消え始めた・・・・・。。。。。
手首にスナップきかせててぐるぐる回しているのだけれど・・・・・・。
酸素も補給しているのだけれど・・・・。
室温は22度をキープ。
師匠様・・・お出ましお願い!お願い!
[PR]
by chojiiro | 2007-04-13 18:25 | 業務報告 | Trackback | Comments(97)

パン教室

NYから一時帰国された、この方と、ご友人、2回目参加の、この方とまたもやブログつながりのお教室。天然酵母のパン・ド・ミー、クグロフ、ウィーン風ブリオッシュ。
皆さんパン作りに慣れていらっしゃるので丸め・成型がお上手でした。
こうして、パン作りにまた楽しみを見出していただけること嬉しい限りです。
d0023047_10281196.jpg

d0023047_10283410.jpg

d0023047_10284813.jpg

NYご帰国前に「プルマン」と「ciacolitta」の次回お教室、また楽しみにしていますね~。
そうそう、あのモンブラン、いかがでしたか?

一番上の画像に写っているオニクルミのスプーンはclaudiaさんのショップで購入。この日、バターナイフに活躍!そして横に写る、キャンドルはclaudiaさんの手作り。この日もホワイトポッド欲しい~とのお声がありましたよ。またの販売楽しみにしている方多しで~す。
[PR]
by chojiiro | 2007-04-11 10:43 | パン教室 | Trackback | Comments(57)