<   2008年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

San Joseからの風

d0023047_1872174.jpg
桜が満開だというのに花冷えの雨模様、今日のコーヒータイムは
姉1が早々に紹介しているUSA San Joseからの風と供に。

友情賞読者賞優しいお姉たん賞」こんな栄冠をつけてくれたyukaちゃん♪
なにやら難しい勉強を大学で学び(詳細は知りたい方はこちらから)+主婦業、このお休みはお豆腐作りやらごま豆腐作り、お菓子作りに励んでいるようで、そんなあたたかい気持ちが一杯込められたこの箱の中身は・・
d0023047_1748996.jpg

d0023047_16244954.jpg


娘達とのコーヒータイム
d0023047_174459.jpg

まきまきお皿(姉1からのプレゼント)+yuka印お菓子
やめられない、、、とまらない・・・・・(なにやらあのCMソングのよう)

盛りだくさんのお菓子一挙公開♪
[PR]
by chojiiro | 2008-03-31 17:13 | ありがとう | Trackback(1) | Comments(18)

3月26日、28日のパン教室

この日、中学受験を無事終え明日入学式を迎えるお嬢様と供に参加してくださったKさん、このグループのまとめ役のYさん、毎回腕を上げているSさん、Yさん。
Baking Studio Grano Di Ciaco「チームA」とネーミングした4人の結束は強く、また日程の連絡などを一挙に引き受けて下さっているYさんのおかげ毎回スムーズお教室運び、助かっております。

d0023047_17305158.jpg

d0023047_20101253.jpg

天然酵母シャンピニオン、ライ麦配合のSeigle et Fruitu
d0023047_17311150.jpg

Sさんから頂戴したルタオのストロベリースフレは食後のデザートにいただきました。
ご馳走様♪

また28日は、初めて参加された方お二人+三回目の方3人、
プルマンブレッド、イングリッシュマフィン
d0023047_17353565.jpg

田園調布のパテ屋さんから調達していただいたパテ2種類を差し入れてくださったFさん、いつもありがとうございます♪


ここで少々春休みモードに突入します。
次回のレッスンは4月11日新規クラスがスタート!

明日からはまたオリジナルレシピの作成、また大掃除と盛りだくさん、桜もこの雨で淋しい表情を見せておりますが、これから社会人スタート・移動・入学と門出の時期、四季の移り変わりに絡めてそんな門出の思い出が浮かんできますね。春=新しい出会い、別れ、そんな様々な思い出を振り返っていますが、お教室の生徒さんの中には10日に結婚式を迎える方、お子様方の入学式を迎える方、我が家も長女の入学式が控えております。そんな晴れの門出を心からお祝いしております。
[PR]
by chojiiro | 2008-03-31 16:50 | パン教室 | Trackback | Comments(14)

3月24日 Baking Studio Grano Di Ciaco

先月スタートしたクラスの2回目。
桜の蕾も膨らんできたこの頃、室温も日ごとに上昇し、酵母生地の一次発酵の進行が一段と早くなっているのを感じます。

今日午前1時にパン・ド・カンパーニュの生地1200g仕込み、かなり大きなボールに移して乾燥しないようにしておりましたが、あれやこれやの間に発酵がすすむこと!
うっかりできない陽気になってきています。日々湿度・温度により仕込み水量を変えておりまが、これからの時期はますます要注意◎、きちんと室温を計って仕込水を計算しましょうね。

d0023047_23315933.jpg

クープは今流行の模様に。蒸気焼成でクラストがかりかりに、また国産小麦配合のホシノ酵母生地はクラムがもちもち。この優しい甘味にはスイート系のコンフィチュールも抜群にいい相性。先日お料理研究家であり、パンレッスンに半年前から参加くださっている方の手作りの夏みかんのコンフィを添えていただきました。

d0023047_23373776.jpg

d0023047_2337391.jpg

d0023047_2338099.jpg


カンパーニュ同様存在感大のクグロフ
d0023047_23391276.jpg


クリスマスイメージのパンではありますが、この甘味はこの時期もまた格別です。


パン・ド・カンパーニュの成型方が上手くいかないというお声が届いております。
丸め・めん棒のかけ方ももちろんですが、何よりも大事なことはブール成型後にしっかりと綴じ目をつけることです。これを心がけますと、綺麗な形に焼成できるかと思います。特に発酵かごを使用するときには何度も綴じる心構えが必要かと思います。

[PR]
by chojiiro | 2008-03-24 23:58 | パン教室 | Trackback | Comments(40)

ウイークエンドレッスン Baking Studio Grano Di Ciaco

かねてから、週末レッスンのお声を頂戴し、何とかそのお声に応えようと企画しました22日(土)昨日の春の嵐とは一変し穏やかな春の日。

d0023047_22443616.jpg

d0023047_22445017.jpg

ロースト小麦胚芽を配合したハリウッドロール、胚芽の香ばしさに加えお粉の甘みさえも引き出しているお味、ロールパンの成型がはじめてと言う方がほとんどでしたが、数回試みていくうちに三段の綺麗なシンメトリーに巻かれた形の出来上がり。
バゲットの成型には少々戸惑いながらも3本目を成型する頃にはコツが少々わかってきた様子、パンは丸めに始まり丸めに終わるといっても過言ではないように、この作業は非常に重要です。

ホシノ天然酵母生種作りから始まり、生種の保存の仕方、ニーディングの順番・材料の紹介・仕込み水の計算方式、凝縮してのレッスンはいつもよりも+2時間オーバーなほど、ヒートアップしました。

焼きたてのパン・温野菜のバニョカウダソース添えのランチ後には、
こちらの楽しみが待っています。

d0023047_22531878.jpg

d0023047_22533185.jpg

この日半年ほど前からこの日を楽しみに待っていてくださった方お手製の
「ウイークエンドシトロン」ほのかなレモンの酸味がアクセントに生地全体を引き締め、この味のバランス・生地のキメ・しっとりさ、またしてもプロ級。それもそのはず、お菓子教室に通い日々、難題とおもわれるような大作を作り上げていらっしゃる方がおつくりなのですから。

この日も酵母パンの美味しさを充分に感じて下さり、また丸め・成型に至っては真剣そのものの目つきで夢中になっていらっしゃいました!


また第2弾でお会いできる日を楽しみにしておりますね ♪♪♪
[PR]
by chojiiro | 2008-03-24 23:40 | パン教室 | Trackback | Comments(12)

Noe先生の「京都の思い出」  お料理教室

ご自宅の内・外装リフォーム工事のために2ヶ月ぶりのお料理教室。

お住まいの外装も春の日差しを浴びてまた今回の工事で一新し一際存在感大、また内装材は壁に珪藻土を塗り・床には床暖房を配置したテラコッタ貼り、まさに「プロヴァンス」。キッチンスタジオ並みの業務用の設備とはまさに対照的な和らいだ風が流れている空間。


Ⅰドリンクの「プッシー・キャット」
d0023047_18252148.jpg


Ⅱカブのポタージュ
d0023047_18261869.jpg


Ⅲ温製シーフード、京風サバイヨンソース
d0023047_1827418.jpg


Ⅳりんごのサラダ(りんごのドレッシング胡桃添え)
d0023047_18281091.jpg


Ⅴ桜ご飯
d0023047_18283924.jpg


Ⅵ牛ステーキ、柑橘系の和風ソース添え
d0023047_18292775.jpg


Ⅶきな粉のフィナンシェ、丹波の黒豆入り、コーヒー
d0023047_18302217.jpg


Noe先生が1月にお出かけになった京都の懐石料理屋さんからヒントを得てレシピを創作されたという、これまた毎月唸るようなお味に和の新鮮さも加わり、今回も何度唸ったことか!
カブのスープはピュレ・パッセを丹念に行ったせいか滑らかな食感この上なく、サバイオンソースにも和のアクセントになるある食材が決め手となり深みのあるお味の仕上がり、その創造性にも唸り、また何といってもメインの牛ステーキのやわらかくて美味しいこと!
早速この日のお夕飯に在庫牛モモ(本来は牛ヒレ)で作ってみたが、家族にも大好評は一品となり、早くも我が家定番メニュー入りの予定。今度は牛ヒレで!との要望あり。
また、お花見弁当に添えるとこれまた引き立つであろう、桜ごはん、桜の塩づけのなんとも上品なアクセントがこれまたお花見気分!(これもまた、お花見弁当で近々復習決定)

また、唸ること何度目かのデザート、しっとりきめ細かなコルドン仕込の生地は、最高のフィナンシェ。フィナンシェ型ではなく敢えて、マドレーヌ型に入れたお心使いの訳を伺い、これまた納得。

こちらも春休みに娘とのお菓子作りで作りたいNo.1焼き菓子に決定。


d0023047_1856928.jpg


お料理同様に空間までも、ますます和ませていただき、日々バタバタな喧騒の中で蓄積された疲れが一気に吹き飛んだ一日でした。Noe先生、ありがとうございました 
[PR]
by chojiiro | 2008-03-24 19:08 | お料理教室 | Trackback | Comments(18)

3月17・18・19日 Baking Studio Grano Di Ciaco

今週は前半に3日連続でのレッスンになりました。
今回初めての方を3名お迎えし、また10月スタートクラスは今回6回目をむかえ、一回りも二回りも丸め・成型の手つきがパン職人の域に達してきました。また、苦手成型の補習を受けたいとのお申し出があった方も、今回そのポイントを見出すことが出来たようです。

3月17日
d0023047_201472.jpg

d0023047_2152599.jpg

d0023047_20132168.jpg

          バゲット・ア・ラ・シェンヌ、ハリウッドロール


3月18日
d0023047_20154241.jpg

d0023047_20155562.jpg

d0023047_2016426.jpg

             La Couronne、Seigle et fruit


3月19日
d0023047_20171433.jpg

d0023047_20172716.jpg

           バゲット・ア・ラ・シェンヌ、ハリウッドロール


今までに、土日のパンレッスンご希望のお申し出を沢山頂戴いたしました。明日初めて、ウイークエンドレッスンを開講する運びとなりました。
また、これを機会に月1回、或いは2ヶ月に1回くらいのペースでウイークエンドレッスンの企画をしていきたいと思っております。有給を取得されて参加されていらした方もお申し出いただければこちらに振り替えていきたいと思っております。今までにご参加いただいた方でご希望がございましたらメールでその旨のご連絡をお願いいたします。



[PR]
by chojiiro | 2008-03-21 20:17 | パン教室 | Trackback(1) | Comments(28)

ビクトリアンケーキ

昨日のお教室時、お菓子作りプロ級の方が早朝に焼いてくださった「 ビクトリアンケーキ

d0023047_1941618.jpg


ビクトリア女王の好物という焼き菓子、しっとりと上品なお味でここ数日の雑多な日々の疲れを忘れさせてくれるお味でした。ご馳走様~♪

このケーキを焼いてきて下さった方から、昨年11月くらいにお教室参加ご希望の鍵コメントをいただきましたが、アドレスのエラーで数ヶ月連絡取れずにおりました。年明け頃またお心こもる内容のパン教室参加希望のお声を頂戴し、ようやく昨日お目にかかることができました。
日々皆さんとの出会いに日々の楽しさを分けていただいております。

今週のお教室模様は後日ご紹介させていただきますね。
d0023047_19152764.jpg

花びらが繊細なチューリップ「シンシア
[PR]
by chojiiro | 2008-03-18 19:16 | 日々 | Trackback

3月13日 パン教室

パン好きな方々が勢ぞろいのレッスン
パン作りのお話になると毎回尽きません。

d0023047_8481481.jpg

今、一押しのライ麦配合ドライフルーツ(フィグ・オレンジピール・クランベリー)ウォールナッツをフィリングした「Seigle et fruitu」天然酵母。このままでも、クリームチーズをつけて、ワインのお供についつい手が伸びしてしまうお味です。

d0023047_8544712.jpg

シナモンロール、シナモンパウダーをたっぷり、巻き巻き、アイシングには少々クリームチーズを入れてコクをつけてみました。

d0023047_8564049.jpg

温野菜はバーニャカウダーにつけて、ジャガイモとモツァレラチーズのバジルあえ(こちら先日のガーデンカフェからアイディア拝借)、こうなるとワイン好きな方には頭の片隅に、ぶどう色一色ではなかったかと。

いち早く記事をUPしてくださった この方、昨日テーブルの真上から撮影していたのは目にしていたけれどそのセンス、構図、絵画的!

来週明けから連日のレッスン、初めて参加される方も多く今からその出会いを楽しみにお待ちしております。

・・・・・・・・・お知らせ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月お引渡しの仕事が最終段階に入り、連日現場仕事が続いております。
今日、クライアント様からOKをいただければ、何とかひと段落つけそうな具合です。

パン教室関係のメール・ブログお返事が遅くなっております。
今週末にはメールのお返事をお送りできるかと思います。
もうしばらくお待ちいただけけば幸いです。

[PR]
by chojiiro | 2008-03-14 09:07 | パン教室 | Trackback(2) | Comments(54)

青山 ガーデンカフェ

4月のような日差しが降り注いでいた昨日、
注文していたウッドスプーン・ウッドレードルが届いたとご連絡をいただき
claudiaさんが気になっていたというR246沿いにある「ガーデンカフェ」でお食事してきました。

d0023047_1834309.jpg

d0023047_1835287.jpg

                 スープ・グラハムブレッド

d0023047_1839252.jpg

                    ルイボスティー


2005年4月にブログ開設した時期もほぼ同じ頃、実は年齢も、またインテリア・建築と携わっていた分野もこれまた同じといつも刺激をいただいています!

昨日時間のある時に読もうと持っていったルヴァンの天然酵母の本
お土産にいただいたのが、そのお店の胡麻みそペーストとは、こちらにもご縁が。

            いつも、ほんわかした優しさをありがとう 
[PR]
by chojiiro | 2008-03-12 18:49 | 日々 | Trackback(1)

卒業式

長女中学校卒業式の合唱曲が心に残りましたので、先ほど楽譜を見せてもらいました。

卒業生代表の答辞が綴られていく中ば佳境の頃、
「その歌の」合唱が始まります。

長女はこの歌が大好きで今日はいつにもまして心を込めて歌ったとか。
帰宅するなり
「一生懸命に歌いたかったのに、涙で上手く歌えなかった」と何かを遣り残したような表情。

最後のフレーズ
「何年たっても忘れない 同じ時を過ごしたから
いつまでもいつの日まででも そっとしまって いつまでも」

この大合唱が静かに終わりを告げる頃に、答辞の続きがまた粛々と綴られ、
この頃には、ビデオで捉えた画面もゆがみはじめていました。



d0023047_23183760.jpg

高い空 3度目の夏 かげろうにさそわれて
毎朝 歩く坂道さえも 昔は長く感じたけど
教室の窓から見える チャペルの陶板屋根
いつもどおりの毎日に 友達の笑い声

変わらない景色の中で 
何が変われただろうか
いつまでも夢を
追い続けることができるだろうか

何年たっても忘れない 
同じ時を過ごしたから
いつまでもいつの日まででも 
胸にきざんで いつまでも

時計の針はそのときを 
今指そうとしている
僕らが過ごしたこの場所は 
僕らをはぐくんでくれた
人生のページをめくる 
月日は流れるけど
心は今のままでずっと 
夢を追い続けたい

変わらない瞳の中で 
何を見つめているのか
いつまでも夢を
追い続けることができるだろうか

何年たっても忘れない 同じ時を過ごしたから
いつまでもいつの日まででも そっとしまって いつまでも

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「帰らざる日のために」この歌は白金にあるM学院高校の生徒が作詞し、先輩が作曲した曲とか。メロディーを伝えられないのが残念ですが、久しぶりに歌を聴いて涙した一日でした。
[PR]
by chojiiro | 2008-03-10 22:49 | ファミリー | Trackback