<   2009年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今週のBaking Studio Grano Di Ciaco

月曜日~木曜日までのお教室風景
d0023047_183837.jpg

毎年この時期になると登場する自家製オレンジピール入りの
「パン・オ・オランジュ」ミニ食パン型に入れて焼成。
キメの細かいふわふわなブリオッシュ生地に仕上げました。

同じ生地をブリオッシュ型に入れて焼成
d0023047_18423633.jpg


今回、ホシノ天然酵母生地には、フレッシュスイートバジルの葉、チェダーチーズ、ナチュラルチーズ、2種のチーズをフィリングした、
「バジルと2種のチーズのコーングリッツリスティック」
d0023047_18491364.jpg


成型が手軽なせいか、皆さんこちら即復習とお話されていました。

d0023047_18502770.jpg

こちらは水曜日クラスでのリクエストメニュー「ホシノ天然酵母ベーコンエピ」
トッピングにはモッアレラチーズをトッピング。

d0023047_18521513.jpg

こちらは差し入れに頂戴したピクルス、酸味甘味のバランス良いです!パンに合います!
オレンジピールの次はピクルスを仕込みたくなりました。

d0023047_18535177.jpg

d0023047_1902518.jpg


木曜日クラスは久々にカカちゃん登場、手前のお皿はカカちゃん用にピーターラビットの丸皿、娘達の幼児期に揃えたシリーズです。以前流行りましたね。高校生の娘二人共に今でも懐かしいのか、たまにこのお皿を使用しています。よって、取り出し易い位置に収納。
いつも皆さんのアイドル「カカちゃん」、帰り際には
「せんせい、ありがとうごだいまちた」とちょこんと頭を下げて笑顔。
目に入れても痛くないとはこのこと!可愛い・可愛いと皆さんと連呼してしまいました。



気温が落ちついてくるこの時期、パン作りには最適ですね!
[PR]
by chojiiro | 2009-04-24 19:05 | Trackback

春の味覚

「先生、筍何本いりますか?」
「筍?」
「筍堀りに行くんですよ」

パンのクラスの生徒さんから頂戴した立派な筍
d0023047_422310.jpg


あく抜きに米糠!と思いきや、確か、この方が大根おろしを使ってあく抜きしていたブログ記事があったことを思い出し、早速メールをしたところ、
「大根おろしのあく抜きの仕方を教えてください」
詳細にあく抜きのやり方をお知らせいただました。
「アハ!私と同じくらい太い大根買ってきてね・・・」なんて、カモシカのようなおみ足なのに・・・。
猛ダッシュで大根を買いに走りました。(と言ってもダッシュしたのは車でしたが・・)

あく抜きに3時間。お出汁が浸みた油揚げ入りの筍ご飯の出来上がりです。
d0023047_47468.jpg

今朝は固い部分の筍を使って、豚肉とオイスターソースで中華風の一品にし、二人の娘のお弁当のおかずに。

ブログの更新はもう終わってしまいまい、なんとも淋しい思いをしておりますが、matoiさんのブログから、器・食・最新の食情報、旅、ほのぼのとした日常が審美眼磨かれたフィルターを通したセンスある画像、ほっとする文章で楽しませていただきました。ほんわかあたたかな気持ちを与えてくれた源でもあり、
心から「ありがとう♪」


アンちゃん、筍美味しかったですよ。ありがとう~ご馳走様でした。



d0023047_4193768.jpg

こちらは小田原からパンクラスに参加してくださったSさんがお持ち下さった小田原特産のみかん。
この時期にしか採れないとか。
フレッシュなジューシーさとバランスの取れた酸味と甘味。
ありがとうございました。
しばらく、日本を離れカナダ暮らしですね。次回のご帰国予定秋頃にパンクラスでお会いできますこと楽しみにしております。

d0023047_4242139.jpg

福岡パティスリー「ジャック」のクグロフマロン

ラム酒の効いたキメの細かいしっとりした生地に丸ごとマロン入り、久々にこれ!!と飛び上がる焼き菓子に出会えました。ご馳走様でした、一押しに頷きながらいただきました。
d0023047_714816.jpg

[PR]
by chojiiro | 2009-04-21 04:01 | ありがとう | Trackback

自家製オレンジピールをフィリングに

パン・オ・オランジュ

↓のオーダーメイドのレッスン翌日もピザのオーダーと、もう一種はおまかせciacoパンとのオーダーにつき、
先月仕込んだ大量なオレンジピールをフィリングにした、「パン・オ・オランジュ」
バターと卵がたっぷりのヴィエノワーズ生地をややハード系に蒸気焼成。
お教室時、ハード系は天然酵母生地が今までの通例でしたが、今回はドライイーストで。
切り口断面を見てもイースト生地であること歴然としていますね。
キメの細かな生地断面、天然酵母では表現できない顔です。

d0023047_011893.jpg

d0023047_0112282.jpg

d0023047_0113895.jpg


ピザ、お持ち帰り用は白焼きで。保存用としても白焼きは便利です。
生地を成型後170℃で7分(ガスオーブンの場合)焼き(焼き目のつかない状態)、長期保存には冷ましてから冷凍庫での保存をお薦めいたします。

ランチ用はのばした生地にオリーブオイル・・・・具材をトッピングし、高温250℃で6分
高温短時間が美味しさの秘密です。
石窯で焼いたような空洞も全ての生地に完成!

これは美味しいです!

d0023047_0192121.jpg



月曜日レッスンから新メニュー登場です!
[PR]
by chojiiro | 2009-04-18 00:18 | パン教室 | Trackback

オーダーメイド

d0023047_2342466.jpg


3月下旬に一時帰国されたMさん提案のオーダーメイドなレッスン
オーダーは「サプライズブレッド・ピザ・天然酵母スコーン」と三種。

どれも長時間発酵のため、前準備が必要です。レッスンの二日前にはスコーン生地を仕込み、一日前にはピザ生地、サプライズブレッドは十分に熱が冷めないと切抜きが困難なために一日前には焼成を済ませます。と、この日のレッスンは3日がかりで成り立ちます。
この組み合わせは、いつもなら有り得ませんが、今回は別です。

Mさんとは3年前にメールでの教室お問い合わせをいただいてからのご縁です。その時点で、まさか海外からお問い合わせが来るとは想像もしておらず、目が点になった記憶があります。
そこから半年毎の帰国の中で集中的に定期的に参加して下さっており、その熱心な直向さ、またciacoパン各種にほれ込んで下さったお気持ちがストレートで、若干な老体気味な体に鞭打ってこのトライアングルな組み合わせが実現しました。と、同じくこちらも2年半のお付き合いになるでしょうか、愛知県から参加して下さっているAさんも嬉しいことに惚れこんでくださったciacoパン各種、やはり直向さには我ながら涙するほどです。

Mさんからのオーダーは、ほかにも(笑)
「さかもとこーひーさんの講義、美味しいこーひーの入れ方教室、ロイヤルミルクティーの入れ方を是非とも」と・・・。

こちらも実現させました、同日に!

d0023047_23104834.jpg

二日間低温熟成発酵させて焼成した天然酵母スコーン
生クリームと、メープルシロップでいただく
d0023047_23115441.jpg


他に4名の方々も加わり6名と賑やかな食卓でした。
Aさんはお若いのにさりげないお気遣いができ、場の雰囲気を和ませてくれます。
二名のIさん、ういういしくとにかく発言・行動が可愛い、
私と同じお名前のHさん、お優しくて・・・皆さんの心にほんわかした空気を運んでくれます。
皆さんから「大学生のお子様がいらっしゃるの?」なんて驚かれていらっしゃいました。


サプライズブレッド

d0023047_2335930.jpg

d0023047_23352753.jpg


More
[PR]
by chojiiro | 2009-04-17 23:59 | パン教室 | Trackback

Menu de Printemps

エスニックメニューが2ヶ月続きましたNoe先生のお料理教室、久々にフレンチのルセットです。

遊歩道沿いには桜並木のトンネル、我が家から通じる遊歩道を歩いていくとNoe先生のお住まいがあります。週末にはこの遊歩道を夫とウォーキングするのが早朝の日課、桜、これからは深緑を愛でながらの散歩も気持ちがいいものです。

ドリンク
「キウイのカクテル」
d0023047_2241567.jpg


チーズ春巻きのオードブル、オレンジの香り
d0023047_225402.jpg

油で揚げない調理法にも関わらずカリカリの食感、揚げるよりもカリカリ感が増す食感、
巻き方~綴じ目の向き、綴じ目を上(発酵かごに入れるパン生地のようです)(覚書1)
まだエスニックが抜けきれないとNoe先生談、春巻きのソース使いにその辺りが伺えます。
スイートチリソースを果汁、調味料、などであえたソースをつけていただく。
このキャンディ形、ミニサイズをお弁当にと早速今朝作ってみました。
四分の一サイズに皮でミニミニサイズ、娘達の反応は極めて◎いや、ハナ○

好みの「タテルヨシノ」風な味のスープに大感激です。
旬な食材である、新人参、新玉葱を使用したポタージュ仕上げ、この左右に広がる二色のグラデーション
が美しいこと、濃度を揃えたことにより完成されるスープのドレッセ。お野菜の甘みやさしく広がる味、ただただ今回もNoe先生に敬服です。

新人参と新玉葱のポタージュ
d0023047_2220728.jpg




白身魚のプレゼ、軽いカレークリームソース

d0023047_2222499.jpg

肉厚な舌平目、プレゼ(蒸し焼き)には上からソースをかけるというフレンチのお約束事、
ガルニチュールは季節のお野菜がたっぷりです。この盛り付け、まさに絵画的立体感、
とろけるような舌平目のやわらかさと、ソースのアクセントが印象的です。


ピスタチオのクリーム・パティシエール

d0023047_2227241.jpg


コルドンブルーで使用していると言うピスタチオクリーム、滑らかで濃厚、ピスタチオクリーム好きには堪らないお味です。
セルクルに絞ったフィナンシェ生地、ドレッセにはシャポー付でいちごのクーリのピュレ、こちらも絵画的な構成の美。

Noe先生今月も先生の包丁さばき、下拵えの完璧は組み立て、もちろん、美味しいお料理に心が満たされました。ありがとうございます。

また今回ご一緒していただいて皆さんありがとうございました。
四人の方は翌日はパン教室にご参加いただき、心から感謝・感謝。






覚書として
[PR]
by chojiiro | 2009-04-16 22:36 | お料理教室 | Trackback

Reiko先生とのコラボレッスン

d0023047_21275188.jpg

5月号のELLE a table(エル・ア・ターブル)に登場されていらっしゃるReiko先生。2年数ヶ月前パンのレッスンに参加してくださるようになってからのご縁です。私にとってはお姉さまのような存在。お料理部門「Reiko先生」+粉モノ部門「Ciaco」なコラボレッスンでした。
テーマは「春餅、中華」
テーブルにはアンティークバティックをセンタークロスに、深小鉢は笠間焼き高野利明さん作、土色の感じがアジアンテイストにも和風にも時には洋テイストにも幅広い使い道のお気に入り器です。

d0023047_2137630.jpg


d0023047_21375581.jpg

d0023047_21422878.jpg

d0023047_21444647.jpg

1キロ仕込んだお肉も売れ行き好調です!余りに美味しく、お夕飯のお肉用に早速漬け込み、焼き、タレにまぶし、今夜我が家の食卓に登場しました。きっとご参加下さった方もお夕飯にお召し上がりになったかもしれませんね。

d0023047_21552024.jpg

 
中華パンの割包(粉モノ)には、
茄子の甜面醤炒め、チキンの北京ダック風、白髪ねぎをサンド

d0023047_2202347.jpg

春餅の皮(粉モノ)には、
*豆芽韮菜炒糸(読み方不明)
ドウヤージョウツァイチャオスー
*炸土豆児糸(読み方不明)
ジャートゥドウアルスー
*粉糸炒波菜(読み方不明)
フェンスーチャオポーツァイ
*銀魚炒蚕(読み方不明)
インユーチャオダン

*お教室の生徒さんであるSさんから読み方を教えていただきました!
  いつもありがとうございます。玲子先生、覚えて下さいね。

甜面醤をつけて

中でも炸土豆児糸のカリカリ感が美味しさを引き出していた感があります。

d0023047_221299.jpg

デザート
杏仁豆腐 アップリコットソース

ガラスの器3つ分を
このガラスに取り分け
d0023047_22135114.jpg

d0023047_22141176.jpg


前回同様第二回コラボレッスン、ご参加いただきありがとうございました。
Reiko先生の機転の利くトーク、また細やかな心遣い、身近で勉強させていただきました。
ありがとうございます!

我が家のおもてなし料理リストに、今回のお料理追加いたします。
[PR]
by chojiiro | 2009-04-13 22:20 | パン教室 | Trackback

早朝ウォーキング

いつもは夫の日課な早朝ウォーキング、
葉桜を見ながらの週末ウォーキング、あたたかくなってきたこの頃は一緒に1時間余歩いています。体の芯から燃焼している感じが爽快です。
途中、お料理教室Noe先生宅横を通り、この後、タイミングよく、先生からメールをいただきましたので、
「先ほど先生のお宅前を通りましたよ」
「あら~、素顔でうろうろしていなくて良かったわ・・」なんてユニークなお返事が届きました。
Noe先生らしい可愛らしさ。あ!私も素顔ですもの・・・。

d0023047_21161589.jpg

d0023047_21164359.jpg


葉桜の桜もまた美しいですね。
d0023047_2117213.jpg

今度の週末にはどんか顔を見せてくれるのでしょう、桜並木・・・。
[PR]
by chojiiro | 2009-04-13 21:17 | 日々 | Trackback

4月9日  スタート!

4月9日、NY在住十数年のお仲間三人。
お一人は昨年日本に戻り、お一人は二年前、またお一人は一時帰国中。

オーダーは、ハリウッドマフィン、ハリウッドバンズ、ショコラカンパーニュでした。

d0023047_20322716.jpg

リズム感あるテンポのおしゃべりと、レッスンプロセス、いつもながらまとめ役のMさん。
NYから半年事の帰国の度に参加してくださっています。帰国する間毎週のように、
嬉しいことです。明後日も♪

d0023047_20352851.jpg

ハリウッドマフィンにはアボカト・海老をフィリング
ハリウッドバンズにはチキン・とまと・レタスをサンド

ショコラカンパーニュのフォンダンショコラのようなチョコの溶け具合画像に、NYから帰国したらこれ!と決めていたようです。

他のお二人もさすがMさんのご友人、テキパキしてます!

d0023047_20395092.jpg

クーベルチュールエキストラビターの溶け具合が抜群でした。

d0023047_2040502.jpg

d0023047_2041240.jpg

d0023047_20411416.jpg


美味しいものを共有できる幸せを感じた一時でした。
皆さん、「美味しい~」の表現がアメリカナイズされてます!
気持ちをストレートに表現する術はまさにまさにアメリカン。
[PR]
by chojiiro | 2009-04-13 20:42 | パン教室 | Trackback

蛤焼き

九十九里名物の蛤焼き(蛤を網で焼き醤油仕立てのたれをつけていただく)
4月2日、ちょっと年季の入った乙女三人での九十九里海岸ドライブ

d0023047_11454429.jpg


d0023047_12141284.jpg



まず向かった先は、スガハラガラス工房、工場見学・ガラス作りは予約をして体験できます。
「このガラスの器はこんな感じで使うと素敵ね、あちらは半額品!!」
なんて、やはりかしましい乙女。

この日、カフェの周囲の桜は5分咲きでしたが、今頃、満開になっている頃でしょう。
花より団子なのか、何といってもお食事処が気になる腹時計が三つ正午をお知らせしていました。
海を目掛けて車を走らせること10分ほど、目の前には九十九里の海が迫ります。




d0023047_1258193.jpg



蛤を網で焼いて特製の醤油仕立てのたれをかけて熱々を頬張る
鯵のたたきのなめろうと言い、
新鮮なお魚は臭みがなく甘い、鰯の刺身も鰯のつみれも絶品・新鮮!!ごはんが進むこと。
お店からは九十九里の海が一望できます。お風呂もありました(笑)


食後は海沿いをドライブし、カフェでのおしゃべり、日が長くなったせいか、まだ周囲は明るいので時間の経過も気にしないでいると早、午後5時。高速を走って千葉まで50分。銀座7時の待ち合わせ、間に合いましたね(笑)
潮風と海鮮の美味しさを充分に味わった一日。
と、気兼ねない本音トークのできるお友達との春爛漫時間の一こまでした。

残念だったのが、一押しのパン屋さん(NAYA)がお休みの日だったこと。
全国の美味しいパン屋さんを紹介する雑誌数誌に紹介され大人気のお店です。
原材料の拘りと、パンにかける愛情がそのまま味に反映されています。
この時にお店に伺った時にはランチもありましたが、今は販売とカフェのみ4月は金・土・日がオープンです。
このゆるい感じのスタイルが、極めるパンにつながっているような気がします。



Nayaですが、お店の撮影は今現在不可のようです。
[PR]
by chojiiro | 2009-04-06 12:12 | 日々 | Trackback

3月ラストを飾るレッスンは・・・・

先週までは人数の多いレッスンでしたが、今日は4人とスタートからのんびり。
半年に一度NYから帰国の度にレッスンに参加してくださるMさん同様、
パン好き、美味しいもの好きの皆さんが一同に介してのレッスンになりました。
(皆さん美味しいもののアンテナ高いです)


d0023047_22591387.jpg

d0023047_234251.jpg

NYのご友人さんがお作りになっているというこのコンフィチュール、もう美味しいのなんの・・・。皆さんの手が伸びること!!(日本に売っていないもの、存分にどうぞ・・どうぞ・・・)サダハルアオキのマンゴーとブラックペッパーのコンフィチュールもまた絶品!!


今月のテーマ「お花見パン」
d0023047_23242815.jpg

抹茶を生地に配合し、バンズ成型、丸め・成型が綺麗にできているのがこの画像から分かる仕上がりです。
ちょっとポイントをアドバイスしただけで見違えるように生地が張りました。皆さん素晴らしい!

d0023047_2328299.jpg

d0023047_23281270.jpg

春野菜をガラスの器をキャンバスに見立て皆さんにアレンジしていただきました。華やかさが加わりますね。
ナスタチュームの花・特に葉はピリッとしたアクセントが特徴です。

d0023047_23304183.jpg

粉・配合を変えたNewバゲット・ア・ラ・シェンヌ、サンドイッチ、チーズ、ワインのお供に合う味を目指した味に仕上がりました。お花見に、バゲットサンド焼いてみてはいかがですか?
もちろん、私も焼きますよ~。



d0023047_23311238.jpg


今月も多くの皆さんのおかげで心地良い時間が流れたStudioでした。今日から8日までお教室は春休みをいただきますが、その間新レシピを考え、次回のレッスンに備えるつもりです。

週末にはお花見ができそうですね。
もうひとつ楽しみが・・・。
まだWBC熱が覚めやらぬ中、開幕戦に行って来ます!
[PR]
by chojiiro | 2009-04-01 23:40 | パン教室 | Trackback | Comments(39)