<   2009年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Welcome to my home

英国からやってきたソフィー15歳、ブロンズのロングヘアーはナチュラルカール。
瞳はブルー。

先週から賑やかな我が家です。

先週の教室の模様、Noe先生のお料理教室、8年ぶりに帰国したFちゃんとの鎌倉デート、週末クラス、welcomeparty,ソフィーとの表参道散策、今日のレッスン、、、と画像は山積していますが、
PCに向かう時間が無く・・・。時間を見つけながら、少しづつ更新していこうかと。


英国人は食事の好みが難しいと多くの方から伺っていたのですが、ソフィーは寿司も、日本食も大好きだとか。緑茶も好物!

娘いわく「ソフィーはいい香りがする」
「パフュームの名前を聞いてみたら」
「何やら聞き取れない・・・」
「スネールと言っている」と。
「え?」
スペルを聞いてみたら、、、なんとCHANEL
シャネル!!

英国英語の発音は何ともかっこいい!
[PR]
by chojiiro | 2009-10-26 18:45 | 英国からの留学生 | Trackback

シャンパンゴールドな食卓

昨日、今日のクラスから

d0023047_2265712.jpg


学生時代に色彩学を学び、その後の仕事でも色彩を実践的に捉えていたからか、色にはかなりの拘りを持っているように思います。その原点はというと、幼少の頃かもしれません。子供なりに、色の自分線を引いていました。

ブログタイトル「丁子色」は、色の中で一番居心地が良い色の名前、日本の伝統色名です。

丁子(香木)を煎じた煮汁で染めると、ベージュのような色になります。よい香りの優雅で上品なイメージをもった色名、 色名もまだわからない幼少期、原色ではなく、こういったベージュ系、或いはシャンパンゴールドのようなスモーキーな色に魅かれていました。あの原色の赤いランドセルが嫌で嫌で・・。今ではランドセル色も豊富で個人の好みに任せられるようですが、かつては女の子は赤が主流。都心の小学生は、その頃でも黒のランドセルを背負っていましたが、それが羨ましかったこと。こんな拘りは洋服にも持ち物にも(文房具など)。母を悩ませていた、拘りでした。

今週のテーブルはまさにシャンパンゴールドイメージで。


d0023047_22344271.jpg


写真ではなかなかお伝えできないのですが、シルバーのプレースプレート、カトラリー類も同じくシルバー色、アクセントに、白のトルコキキョウ、まさにシャンパンゴールドなカーネーション、秋色紫陽花、フラワーベースはアッシュなシルバーグレーがかったブルー。
テーブルクロスは「丁子色」。

ボタニカルアートの額はゴールド、ラインはスモーキーピンク、エシレバターのかごの中にはアッシュグリーンのドライフラワー、ちょっと褪せたエアープランツもまたアッシュ系。私にとっての秋色のインテリア小物です。
[PR]
by chojiiro | 2009-10-20 22:15 | パン教室 | Trackback | Comments(38)

秋のお弁当

先週ですが、大好きなReiko先生のお料理教室「Salon de R」に行ってきました。

10月はお弁当がテーマです。
d0023047_1981243.jpg

お弁当は「五色五味」が大事であるとお教えていただき、こうして振り返っても色彩、味ともにまさに言葉通りです。

d0023047_192345100.jpg

テーブルの設えもしっとりとした秋時間。

季節の食材の秋刀魚は蒲焼に、きのこはご飯に炊き込み、さつま芋はデザートとしてモンブランに。季節のお野菜は練りゴマ和えに。


d0023047_19112117.jpg



秋刀魚の蒲焼
季節の野菜の練りゴマ和え
なすの翠煮
大根と厚揚げの炊き合わせ
たこと茗荷の梅風味
たたみ鰯のチーズのおつまみ
栗の揚げ物
野菜の味噌漬け
きのこご飯
さつま芋のモンブラン
コーヒー


全体のメニュー、構成、作り方をご説明いただきました後、皆さんでのお料理開始です。
今回9人と大人数でしたので、あっと言う間に完成、女性がこれだけ集まるとこの品目を持っても心強い!

デザートはモンブラン仕立てのアイスクリーム
こちらもまたクリーミーで美味しいこと!!

お料理も甘み、辛味、酸味、・・・と多層な五味。
女性は特にこういった少しづつの多様なお弁当がお好きですね。

玲子先生の同級生、また長年参加されていらっしゃる方々とベテランの皆さん、7月のコラボレッスンに参加いただいた方とは嬉しい再会でした。

週末さっそく、お夕飯に数品作りましたがどれも大好評です。
Reiko先生、美味しい秋のお弁当のご指導、ありがとうございました。
ご一緒いただいた皆さん、楽しいお時間をありがとうございました。



レシピからもお料理の一手間が充分伺えます。Reiko先生のこれまた同級生のエリゾウさんが、こちらで書かれていらっしゃる、たった1mmの違い、「ココ・アヴァン・シャネルのお洒落の拘りも然り、お料理にも、クリエイティブな範囲ではこの1mmが全てにおいて最上級にもなり得るキーポイント、そんなお話もまた心に残るお味に余韻をいただきました。

次回のコラボレッスンの構想
[PR]
by chojiiro | 2009-10-19 19:47 | お料理教室 | Trackback | Comments(8)

新規クラスとアシスタントデビュー

お待たせしてしておりました新規クラスが、スタートしました。
スタートは、天然酵母バゲット・ア・ラ・シェンヌ、ハリウッドマフィン

d0023047_3293589.jpg

6人中4人の方が、パン作り初心者でした。

パン作りに必要な道具・材料からパン作りのプロセス、ポイントなどを説明後、ドライイースト生地1単位を手捏ねで、1単位をニーダーと2種類の二ーディング方法後と実際に手捏ね体験をしていただきました。
一次発酵後は各自分割からの手順です。
焼きあがったハリウッドマフィンでサンドイッチ

d0023047_33617100.jpg


また、天然酵母の起こし方~ドライイースト生地との違いなどを含め説明後、アラシェンヌ生地を分割・丸め・ベンチタイム・成型・仕上げ発酵・焼成、自宅でハード系が焼ける楽しみを少なからず感じていただけたようです。


d0023047_3325068.jpg

ウエルカムドリンクは食卓に華やかさを+する彩りに
かぼちゃベースのスープはNoe先生の極めて繊細なシノアパッセをイメージしながらスープベースを深夜に仕込み、当日は生クリームホイップを加えながら温めてサーブ、
お食事時間はリラックスできるように、かしこまらないカジュアル感覚な食卓をイメージ

d0023047_3335263.jpg




長い間ブログを愛読していただき、念願叶って・・・などど畏れ多い言葉をいただき、恐縮してしまった次第ですが、今日もお一人お一人との会話など、どれをとっても新鮮で、こんな出会いがあるから明日に繋がるのだなぁ~と実感しているところです。NY駐在時代からご覧になっていただいていた方、生徒さんのご友人さんつながりだったり、今回、有給休暇を取得し参加してくださったりとお問い合わせまでの皆さんの思いを充分に受けとめた出会いとなりました。

今年はもう1回新規クラスが予定されておりますが、ここ数ヶ月のお問い合わせをいただいた方は来年以降と、もうしばらくお待ちいただくことになってしまいます。お一人お一人のお問い合わせメールに込められた思いを想像しながら、次回の新規クラスをお待ちしております。

d0023047_3575232.jpg

初級編バゲットの第一弾は、バゲット・ア・ラ・シェンヌ
中級編といえば、こちら



特に新規クラススタート時レッスンは、説明事項も多くタイムテーブルの構成も難しいため、教室のキャリアも長くなっているこの方にアシスタントをお願いしました。機転の利く動き、細部の心遣いのおかげでスムーズな流れでのレッスンが進行しました。
[PR]
by chojiiro | 2009-10-16 01:49 | パン教室 | Trackback | Comments(14)

Weekend Lesson~今月初デビューメニュー

天然酵母マフィン
d0023047_0184196.jpg

国産小麦の味を充分堪能できるようなやさしい味に仕上げました。食感はもちもち。

d0023047_0212392.jpg

d0023047_0215496.jpg

先週までリクエストレッスンが続きましたので、今回初めて新メニューとなりました。
2種共に天然酵母。
秋のミニ食パン、こちらは秋の味覚を凝縮させてミニ食パンです。



先日のWeekend Lessonから

d0023047_0262183.jpg

d0023047_0263221.jpg


前回同様早くもシュトーレン、一昨年のシュトーレンレッスンを見逃した方など、早めにご予約をいただいての、先取りメニュー、こちらもリクエストのパニーニ。
d0023047_027325.jpg

d0023047_0273495.jpg

パニーニのフィリングは今回、エリンギと舞茸のディップの上にルッコラ、生ハム、パルミジャーノ。パルミジャーノがパニーニプレス時に溶け、香ばしい匂いが立ち込めます。


明日は数ヶ月前から楽しみにしておりました、新規クラス。はじめましての緊張感と新しい出会いのワクワク感、楽しみにお待ちしております。
[PR]
by chojiiro | 2009-10-14 00:30 | パン教室 | Trackback | Comments(16)

サプライズブレッド

d0023047_21451579.jpg

パーティーに、ポトラックに是非添えていただきたい、サプライズブレッド。
成型は簡単のようだけど、実は成型の丸めなおしを極めようとすると生地の扱いにかなり注意を払う「丸めなおし」という技術。

ふたを開けると、2種のフィリングのサンドイッチ。

d0023047_21492955.jpg



ドリンクはハーブコーディアルの炭酸割り。

サプライズブレッドの切りぬき時、驚きの歓声が、やはりレッスン中もサプライズな雰囲気になっています。

お肌綺麗でしょう?
[PR]
by chojiiro | 2009-10-09 22:05 | パン教室 | Trackback | Comments(12)

Seigle et fruit ,ほうれん草とチェダーチーズのコーングリッツクッペ

レギュラークラス(千葉クラス)のchakoさんのご友人の方々のクラス、
お二人の方は私が学んだパンの学校Japan home baking school(JHBS)で、資格取得されているだけに、丸目が丁寧で美しい!

d0023047_21115499.jpg

d0023047_21121351.jpg

d0023047_21122696.jpg

クッペ成型の膨らみといい、一つ一つの形が均一かつ生地張りが美しい仕上がり。

d0023047_21145049.jpg

ライ麦配合の生地に、ドライフィグ・オレンジピール・ウォールナッツをフィリング、こちらも生地を張らせた成型が上手くだけただけに生地のボリュームが大。

chakoさんに以前頂戴したハーブコーディアルを炭酸で割ったドリンク
d0023047_21244555.jpg

季節の果物(無花果、巨峰など)
d0023047_21252679.jpg






パンの学校の中でもJHBSの試験基準はレベルが高いかと思います。
かつて会社員時代、深夜毎日三種のパンを毎日焼いて迎えた試験、あの日の頃の思い出は今でも鮮明な記憶に残るほど。試験前1ヶ月は毎日数時間深夜のパンつくり。技術的な面がチェックされ、ハードルが高いからこそ頑張れ、この日があるのかと、今となってはJHBSで学んだ数年は私にとって財産。このところ、JHBSの講師試験を終え、天然酵母を学ぼうとしている方のお問い合わせ、既にレギュラークラスになられている方が増えています。
共通することは、パンの扱いが丁寧、丸めが上手なこと。
ローマは一日にしてならず、パンつくりも同じく基本の積み重ねで、見違えるように上達されるかと思います。
[PR]
by chojiiro | 2009-10-09 21:16 | パン教室 | Trackback | Comments(8)

クロゼッティ


d0023047_2261163.jpg

特別3種レッスンクラス時、熱々の手作りのコイン型生パスタ「クロゼッティ」を添えていただく。
あらゆる分野でプロ級の腕前をお持ちのSさん。3種のパンが焼きあがったあと、既にご自宅で作られたコイン型パスタを茹で、ソースは香辛料を擂るところからスタート!

d0023047_2224533.jpg

パスタの歯ごたえといい、ソースの濃厚でクリーミーなお味といい、本日ご参加いただいた皆さん大絶賛、我が家の分までご準備いただき、早速夕飯に娘といただきました。
娘曰く、「これは本格派」とかみ締めるように、かなり気に入った様子です。

イタリアン好きな夫もきっと喜ぶに違いないお味。

d0023047_22141872.jpg

d0023047_23134058.jpg


レインボーキューイ
中心が赤いキューイフルーツ、珍しい種類を頂戴しましたので、こちらもレッスン時、皆さんと一緒に食後のデザートに、甘みが強くまたこの鮮やかなグラデーションの色彩に花が咲いたり。

d0023047_22243670.jpg



d0023047_22191361.jpg



週スタートからして、和気藹々ながらも熱く真剣な特別3種レッスンクラス

レッスンメインは
[PR]
by chojiiro | 2009-10-05 21:43 | ありがとう | Trackback | Comments(16)

週末クラス~La Table de Joel Robuchon

10月3日の週末クラス

天然酵母ワッフル、パニーニの2種
d0023047_1395594.jpg


天然酵母パニーニ
d0023047_1401751.jpg


ワッフルは季節の果物、アイスクリーム、チョコレートシロップを添えて、
パニーニのフィリングはエリンギと舞茸のディップ+ルッコラ+生ハム+パルジャミーノ

2種ともに、夏バージョンとはトッピング、サンドフィリングを替えて秋スタイルで。
d0023047_1503670.jpg


平日はお仕事に従事し,輝いていらっしゃる皆さんとのレッスン、
かつては会社員生活であった私、皆さんの日頃、或いは休日の大事さが手に取るように理解できるだけに、貴重な休日にこうして熱心に耳を傾け、喜んでいただく姿にただただ嬉しいばかりです。

日曜日は楽しみにしていた大先生方と
[PR]
by chojiiro | 2009-10-05 02:00 | パン教室 | Trackback | Comments(6)

木の実のシュトーレン

先ほど決定した2016年、五輪開催地。
本命と言われていたとおり、リオデジャネイロ。南米ブラジルは2014年のワールドカップサッカーに引き続き、ますます盛り上がりますね。
東京オリンピックと言えば、1964年。産声をあげた年。映像、紙面の世界が東京でと、期待していただけになんとも残念!!発表の瞬間、受験発表直前のような気持ちになりましたもの・・。

周囲の友人、或いは教室の生徒さん、ブログ友達にも1964年生まれが多く、年齢を説明する替わりに「東京オリンピックの年です」と言いますと、お互いの年齢差をいち早くキャッチできます。私にとっては今でも、きっとこれからもキーワード的な年号になりそうです。

世界をめぐっているといえば、パンの種類。(かなり強引な持っていき方ですが・・)
先日のシュトーレンはドイツ。↓のシュートーレンとはフィリングも配合も成型法もことなる「木の実のシュトーレン」

d0023047_227940.jpg

d0023047_228145.jpg

アーモンド、ウォールナッツ、ピスタチオ、へーゼルナッツ、など数種類の木の実をローストして熱を冷ましてから生地入れ。これまた木の実好きの方にはたまらない一品かと思います。
木の実、木の実・・と教室中連呼されていた方々のために画像を準備しました(笑)


メールへのお返事が遅れております。お問い合わせ、質問などいただいておりますが、もう少しお待ちください。

週末クラスの準備も終わり、生地仕込まで仮眠2に突入予定です。既に10時~12時まで仮眠1を終えて(笑)
このところ疲れを感じたときには利用している温泉での数時間が、睡眠同様、体調維持に一役かっているようです。

良い週末を!
[PR]
by chojiiro | 2009-10-03 02:35 | パン | Trackback