<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

急遽、飛び込みリクエスト3種

d0023047_18273874.jpg


ミニバタール(天然酵母)
天然酵母仕立てスコーン
紅茶のカンパーニュ(天然酵母)


今月のレギュラークラスにご参加いただいた方々から熱いラブコールにお応えし、
急遽昨日のリクエストクラス





d0023047_18262126.jpg


d0023047_1831129.jpg

フルーティーなトッピングは今回もお気に召していただけたようです。
紅茶のカンパーニュ、生地に茶葉をフィリングします。




d0023047_18342435.jpg

プチバタール
成型が命のバタール、今回は皆さん生地の扱いがお上手です、全てまっすぐに伸びた美しい形に焼きあがりました。



3種リクエスト、タイムテーブルの組み立てが成功すれば、スムーズに通常レッスン時間内に終了、が、体力勝負!!!


教室は4月2日までお休みいたします。
教室お問い合わせメールは順番にお返事しているところです。
また、生徒さんからのご質問メールも順番にお返事しているところですので、もう少しお待ち下さい。
[PR]
by chojiiro | 2010-03-24 18:44 | パン教室 | Trackback

3月クラス、ありがとうございました!

d0023047_17215499.jpg


レギュラーレッスンでは
「よもぎツイスト」
「セーグルフリュイ」

リクエストレッスンクラスでは
「パンドカンパーニュ」
「サブマリン」

よもぎが春を運んでくれたでしょうか?

3月2週目~3週目はダイジェスト画像でご紹介させていただきました。

d0023047_17283513.jpg


パンチングメタル状のメッシュ型、独特の食感を味わえます。
焼き色がつかないとのお問い合わせをいただきました。
電気オーブンの方はレシピ+40℃くらいで焼成してください。
今日から4月2日まで教室はお休みさせていただきますが、生徒さんからのご質問はお受けしておりま~す!


先日、生徒さんのNさんからお手製のレモンチュロをいただきました。
これが美味しいこと。

d0023047_17325888.jpg


ごちそう様です!!
[PR]
by chojiiro | 2010-03-24 17:27 | パン教室 | Trackback

弥生のおもてなし

Noe先生のお料理教室、(3月中旬)

d0023047_16511670.jpg


Ⅰ桜のカクテル

Ⅱミニ白菜のポタージュ
d0023047_16521072.jpg


Ⅲ早春のマリネしたシーフード、カップ仕立てシュレ・ドレッシング
d0023047_16531047.jpg


Ⅳフランスパン
d0023047_16534430.jpg


Ⅴトゥルヌド・ロッシーニ風、ソース・ペリグー
d0023047_1655545.jpg


Ⅵ塩キャラメルのババロア
d0023047_16562910.jpg


今回はメインがリクエストメニューになっています。私は既にレッスン済みでしたが、他の方々は初めてのルセットです。舌を噛んでしまいそうなネーミングのトゥルヌド・ロッシーニ風、ソース・ペリグー、音楽家ロッシーニが好物だったと言うぺりゴール地方(トリュフ・フォアグラ)の産物が牛フィレに添えられ、お野菜のガルニチュールはNoe先生の繊細かつ美しい包丁捌きがあってこそ。
盛り付けの美しさ!!!
毎回、見惚れています。

白菜をポタージュにと新鮮なやさしいお味付け、ドレッセの白菜のジュリエンヌとベーコンのソテーが華やかさを+しています。

デコポンを器に、果肉はドレッセ用にセグメント、果汁はジュレに。
シーフードの海老・ひいか・タコがなんとも爽やかなお味つけに。

今回デセールの塩キャラメル味のババロア、ババロアと表現するに、あの組み立て、手順!!
これはまさに、一品でも充分な存在感、飴細工も美しい!


Noe先生の軽快な説明と、きめ細かい味のハーモニー、パンチの効いたメイン、
とろけるように美味なデセール、長く教えていただいておりますが、毎回得るものが大なお教室。


Noe先生、ご一緒いただいた皆さん、楽しく美味しい一時をありがとうございました。
Noe先生、塩キャラメルのババロアを早速作りました。娘曰く、声が発せないほどの感動だそうです。


来月もよろしくお願いいたします!
[PR]
by chojiiro | 2010-03-24 16:55 | お料理教室 | Trackback

Hikaru private Cooking class 3月

3月上旬

d0023047_16302447.jpg




Hikaru先生のお料理教室、食材も盛り付けも春爛漫です!


□食前酒 ゆず酒

□小さな三品  春野菜のゼリー寄せ
        帆立のゆずこしょうドレッシング
        カマンベールフライ

□春かぶのポタージュ
□塩スコーン


□煮豚の青梗菜添え

□寄せ卵のお椀
□うすい豆ごはん
□桜大根


□いちごのババロア


d0023047_163732.jpg


d0023047_1637297.jpg


d0023047_1637424.jpg


d0023047_16375943.jpg



d0023047_16382534.jpg


d0023047_16383913.jpg


d0023047_16385352.jpg


d0023047_1639984.jpg



身近な食材で至福なお味、春の設え、少し早い春の訪れを五感で得とく。
3月もHikaru先生マジックに酔いしれた一時でした。

丁寧な下準備と、お料理の楽しさを毎回教えていただけ、毎回日々の献立に活用させていただいております。


この日ご一緒いただいた皆さん、楽しい一時をご一緒させていただき、ありがとうございました。
Hikaru先生、週末におもてなしの席がありますので、これまでに教えていただいたお料理で構成予定です。
[PR]
by chojiiro | 2010-03-24 16:47 | お料理教室 | Trackback

3月2週目クラス

d0023047_4362745.jpg



◎30%のドイツ産ライ麦と3種の小麦粉、ウォールナッツ、ドライフルーツ3種をフィリング
 成型はクッペ型成型。

今月のレギュラークラスはカンパーニュ成型とクッペ型と2種をクラスによって使い分けています。
もう1種は、よもぎのふんわりとした香りが漂います↓


d0023047_440657.jpg



◎メッシュ型(パンチングメタル状のため、水分が適度に蒸発しクラストがパリパリな食感)
 スリム食パン型でツイスト型の山食と同じ生地で2種の成型方法と、
 メッシュ型でフィリングの在るなしの2種(生地はよもぎ配合、フィリングに白餡・大納言)



2週目、月曜日クラスはリクエストいただいた2種
「サブマリン」「パンドカンパーニュ」



d0023047_4572024.jpg




一番プレーンなカンパーニュは、粉の甘味、酵母の美味しさを存分に味わえると、嬉しいことに大ファンが多いパンの一つです。
この日は6名のクラス、お一人は2度目のご参加。
ご自宅で上手に成型できないと、同じ内容を再度、リクエストいただきました。
こうして、何度もご参加いただくお気持ちを考えますと、今日何か一つでも掴んでもらえたらと・・。

いつも以上にポイントを絞って、全てのプロセス、口は出しましたが、ぐっとこらえて、手は出さず、にしてこの出来です!素晴らしい!!


d0023047_562442.jpg


サブマリンはきめ細かい生地が特徴です。お食事用として、スイート系のフィリング、どちらでも適したお味に仕上げております。お食事に・おやつにと各ご家庭で好まれているご様子、嬉しいものです。





d0023047_5151688.jpg


火・木・金は今月のレギュラーレッスンの2種。
今日は週末クラスです!


準備万端でお待ちしております。
[PR]
by chojiiro | 2010-03-13 07:56 | パン教室 | Trackback

3月です!

d0023047_204216.jpg




春を運んでくれるフィリング「よもぎ」を生地に仕込んでみました。
同じ生地をスリム食パン型でツイストし、山型食パンに成型。
お食事用とおやつ用でフィリングを変えて2種、成型も2種。
おやつ用には白餡と大納言かの子
円柱型はメッシュ型を使用
成型方法も2種と盛りだくさんな3月の教室です。


d0023047_2045861.jpg




「よもぎ」といいますと、この時期になると、天国の祖母や母と一緒に摘んだよもぎ餅の味を思い出します。今でも毎年、母手作りのよもぎ餅が届き、その度に幼少期の実家界隈の風景が蘇ってきます。春の香り、風と五感で感じ取っていた幼少期の感性は今になってそれはそれは鋭い力があるかと、そんな環境を与えてもらったことに今更ながら感謝。



以前、お友達から「ミアズブレッド サンドイッチの作り方」という本をプレゼントしていただきました。こちらのサンドフィリングの特徴はマクロビ的なお野菜中心、以前から気になっていたお豆腐のスプレッドの組み合わせを今回、よもぎパンにサンド、ヨーグルトドレッシングをかけていただきます。
奈良方向を訪問した際には行ってみたいな、ミアズブレッド!!



d0023047_2023780.jpg




もう1種はセーグルフルュイパンドカンパーニュ
クラスによっては、スティック状のセーグルフルュイ(既にレッスンを受けているクラスは上記)

d0023047_2072562.jpg


ライ麦配合、ドラーフルーツとして、ドライフィグ・ドライクランベリー・自家製オレンジピール(毎年生徒さんが楽しみにしてくださいますので、今年も大量に仕込みました)、ローストしたウォールナッツ、薄くスライスし、クリームチーズをつけていただきますと、ワインのおつまみにも良いかと。
以前もブログに書きましたが、オレンジピールのオレンジは実家の庭のみかんの木からの贈り物です。母が私達夫婦の結婚のお祝いにと植樹した木、その時は伝えられず、初収穫時にみかんと一緒にその旨を伝える手紙が入っていました。
こちらも毎年、母直伝の作り方で数十キロ分の仕込み、1ヶ月の教室分で使い切る量です。

先日ご参加下さった方から「市販のオレンジピールは苦手ですが、手作りはおいしく感じました」と嬉しいメールをいただき、数日と追われる作業も、喜んでいただける笑顔、声があるからできることです。





d0023047_20194831.jpg



今週も準備万端でお待ちしております!
[PR]
by chojiiro | 2010-03-08 04:55 | パン教室 | Trackback | Comments(14)

雛まつり

d0023047_524593.jpg





長女、高校2年
次女 高校1年
幼少期は双子のようでしたが、そろそろ、それぞれの道に向かっているようです。
長女の初節句に母が準備してくれた三段飾りの雛人形、今年も出さず仕舞いでしたが、
母が伝えてくれた風習を娘にもと、ちらし寿司と雛前菜で雛まつりの膳。




d0023047_550726.jpg


*ちらし寿司(蟹、海老、いくら、穴子などなど・・寿飯にはシソ、白ゴマ、千切りしょうが)
*雛前菜(生麩田楽、菜の花の信田巻き、キリおかか、芹のタラモ、長芋梅酢)
*蛤の潮汁
*鯛の昆布しめ





あと数十日でイギリスに出発する次女、部屋にどんとおかれたトランクを見る度に、
複雑な思いが交差してきます。
3ヶ月の寄宿舎生活後のホームスティ、1年間の中で、日本の歴史・伝統文化・風習などを語れるようにとの想いではいるもの、本人はいまだポーカーフェイスのまま。

秋に、我が家にやってきた留学生ソフィーは、髪のカラーの話題からなんとアングロサクソンの歴史にまでつながり、イギリスの一年のおまつりや、地域の歴史、家族、学校、お母さんのお料理のこともわかり易く説明(難は英語)
中でも印象深かったのが、焼き鶏の煙の匂いから、ボーンファイアーというお祭りを思い出すというくだりです。


今、特訓中なのが、太巻きの作り方(カリフォルニア巻き)、巻きすをお土産用にも準備、ホームスティ先のご家庭で、日本のお料理を披露できれば話の糸口になるのではと。







d0023047_5225681.jpg


ただ今、期末試験勉強中の娘達は、お腹が満たされると、早々各自部屋に・・・。
[PR]
by chojiiro | 2010-03-04 05:24 | お家ごはん | Trackback(1) | Comments(22)