<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

気がつけば  日本の春色

d0023047_2341959.jpg

       (お隣の公園の桜)
        
        春色といえば桜色。
        いつもなら、真っ先に気がつくはずの桜の蕾のふくらみにさえ、目がいかず、
        開花して初めて「さくらが咲いた」と。

        怖いほどの自然の力を見せられ、視界も心も狭くなってしまっていたのでしょうか。 
        この春色、いつか被災地の方々にも届くはず、いや、届けてあげたい!

庭にも春の訪れ
[PR]
by chojiiro | 2011-03-29 23:19 | my garden | Trackback

笑顔

d0023047_331438.jpg


大震災から1週間、余震も続き不安もあるでしょうに、リクエストclassに、沢山のご参加いただけましたこと、何て表現していいのか!生徒さんの笑顔、心に響きました。
教室後にいただいたメールには「心の栄養をいただけました」など、これまたズキンと響くお声。
この日、震災日にレギュラークラスにご参加くださったWさんとご一緒に、姪子さんのTさん(大学4年生)がご参加。3月15日に大学の卒業予定だたようですが、延期となり、またご実家が震災で断水・停電・交通網の遮断と、帰省できずに生徒さんのお宅に滞在しているとのこと。4月からは社会人となり会社の寮にお引越し予定だそうですが、こちらもご実家の震災でどうなるのかとご不安を抱えてのご参加にも関わらず、初々しい笑顔輝いている笑顔、また前日は札幌に出張であった理系キャリアのTさん、来週のレギュラークラスも楽しみにして下さっているMさん、Sさん。
皆さんの笑顔に、どれだけ元気をいただけたか!


d0023047_3234454.jpg

リクエストは「天然酵母スコーン」「よもぎツイスト」
2日前から仕込んでおいたスコーン生地、こんな情勢ですから当日のキャンセルも自然災害時は多いかと、教室で使えなくてもご近所や友人にプレゼントしようと、多めに仕込んでいます。
スーパーのパン陳列棚はすぐに在庫切れでカラになるようです。ここ数日せっせとパンを仕込んでは焼いています。パンの師は、かつて「阪神大震災」時、教室の生徒さん有志で焼いたパンを被災地に配って歩いたとか。今はまだ、個人が勝手に行動できる状態ではないのでしょうから、時期がきたら

上記パンの師、パン作りだけでなく、お人柄に惚れるほど、大尊敬している女性です。長年、末期がん患者さんのホスピタルでのボランティア(お話を聞いたり、焼きたてパンを差し入れしたり)、以前はお手伝いしたこともありますが、こんな時期だからこそ、自分でできる分野で何かお手伝いができないかと自問自答しているところです。






d0023047_344383.jpg



d0023047_3492910.jpg


         笑顔、何よりのご馳走でした、私にとっても。



    レギュラークラスの模様はこちらでご紹介させていただきます。
    クラス人数に限度があり、体験レッスンはお受けしておりませんでしたが、
    余震の不安、交通網の不安などからキャンセルもあり、レギュラークラスの空席を
    体験レッスンとしてご案内させていただきます。
[PR]
by chojiiro | 2011-03-19 03:24 | パン教室 | Trackback

がんばれ日本 がんばれ東北

日本中の応援ばかりでなく、世界中からの応援、
イギリスの「INDEPENDENT」紙
日の丸に
「がんばれ日本」
「がんばれ東北」

世界中が応援しています!



[PR]
by chojiiro | 2011-03-15 19:59 | お知らせ | Trackback

明日のレッスンはお休みさせていただきます

今日の地震、本当にびっくりしました。生徒さんをお見送りした後でした。
皆さんご無事でしょうか?

明日の教室は、交通手段も把握できず、心配な事も多々ありますので、お休みとさせていただきます。残念です!

まだまだ余震も続いておりますね。災害の怖さをしみじみと感じました。
被害が広がらないようにと願うばかりです。
[PR]
by chojiiro | 2011-03-11 22:59 | お知らせ | Trackback | Comments(6)

築地    すず木

d0023047_2132042.jpg

2月週末最終classレッスン後、向かったのは
「築地  すず木」
昨年末、ザ・リッツカールトン東京「アジュール フォーティーファイブ」での食事時、
「実はお連れしたいところが・・・」との会話から実現しました。

ご一緒していただいた方は、「すず木」女将の憧れの方なのですよ~。
念願のご対面あり、前回に引き続き季節感溢れるお料理満載、疲れも吹き飛びます。

すず木の女将、Mさんもかつては「エキサイトブロガー」ニューヨークの日々を綴っていたのでよ~。
先付けの「白子の焼き物」やら、珍しい「屋久島のとうもろこし」など、おしゃべり・食事に夢中で画像撮り忘れています。白子の焼き物は一見「焼餅」これがとろ~んとして、たまらない食感とお味。屋久島のとうもろこしは、皮付きで焼いたものを、皮ごとヒゲごといただくのですが、アンティチョークのような苦味がまた美味しく、この時点でうんうん唸っていたり。




d0023047_2222974.jpg


女将Mさん、10月オープンから少しお店切盛りに慣れたということで、嬉しいかな「Baking Studio Grano Di Ciaco」に1月から復帰、教室後お店に出るというハードスケジュール。
(今月も楽しみにお待ちしていますよ~)
こちらは、旬のお野菜と刺身、春爛漫な一品でした。
奥のお座敷、カウンター席にもご近所常連さんがお食事を楽しまれていたご様子です。










d0023047_2434422.jpg


まるで玉手箱な「八寸」、お造り、焼き物、酒肴、蒸し物、土鍋ご飯、赤だし、甘味とお料理数多い上に一品一品うなる美味しさ~~~。
二人で何度唸ったことか!


しんじょうのお椀には蓬麩、ますの焼き物のうえのグリーン、海老芋団子の中には蟹、
甘味は大好評な「抹茶のお汁粉」と「わらび蓮根」と2種。




d0023047_2533523.jpg


築地 すず木
〒104-0045
東京都中央区築地1-3-2高嶋ビル1F
TEL&FAX 03-3543-1711

営業時間 18:00~21:30(L・O)
休日 日・祝日
        
コース料理 8400円~ 
ご予約はお電話でお願いいたします。        

東京メトロ有楽町線新富町駅より徒歩2分
東京メトロ日比谷線築地駅3・4番出口より徒歩5分

ランチはご相談できるかもしれませんよ~(夜のコース料理と同じ内容)
[PR]
by chojiiro | 2011-03-11 02:53 | 和食  築地すず木 | Trackback

娘とお雛まつり

d0023047_231725.jpg


今頃、ヒースロー空港を出発して1時間余が経った頃かな。

昨日高校を卒業した長女と二人、明日の日を想像しながら、午前中は、次女の部屋の掃除、ベットリネンの準備、午後は、ちらし寿司、手毬寿司、お菓子作り、パン作り。
酢飯には人参、干し椎茸、蓮根、、あなご、白ゴマ。酢飯の上に、錦糸卵、ズワイガニ、海老、いくら、蓮根の甘酢漬け、

先月hikaru先生に教えていただいた手毬寿司、今回は2種(教室では5種類教えていただきました)

お料理をスタートした頃、イギリスでは、ホストファミリーとのお別れ時間、
長女と、「今頃、お別れしているね」と。
多くを語らない長女も、明日の日を心待ちにしている様子が手に取るように伝わってきます。
長女スケジュール帳、3月4日「帰国、成田❤」と。



d0023047_23174639.jpg


若狭小浜の笹漬け小鯛は酢飯で、(酢〆魚Love)
蓮根の甘酢漬けは、古代米入り酢飯で
hikaru先生に教えていただいた方法でぎゅーと握ると
形も決まるし、水分調整抜群、
長女に、「これを包んでね」と。
「なかなか、上手いじゃない」
「そうかな~」と。

この間も、「明日のご飯はどうしようか」
長女「から揚げ、江戸前寿司、すき焼き、餃子、エビフライ・・・」と次女好物を列挙
「準備できたら、お買い物行こうね」「うん」


お世話になったホストファミリーのママのオープンカーに
トランクを積んだと、午前3時にメールあり。
「ママには、いっぱいお礼を言っておいで」と返事。




d0023047_2326433.jpg
たぶん、イギリス~日本とのメールの受信・送信はこれが最後なんだろうな~。
沢山のメールでお互いの体調を心配したり、
留学3ヶ月が経った頃に一度、スクールの留学生がほとんど一時帰国し、ポツンと残された時、電話があり「初めて一度帰りたいと思った」と。これが最初で最後の弱音だったかな。
「淋しいね~。でもそんな時間も大事だよ」そんな事しか言えずに・・。


春からの次女との会話やメールの一文、今まさに、季節を追って順々にめぐっているところです。

4年ぶりに陽の目を見た
[PR]
by chojiiro | 2011-03-03 23:55 | 娘達と過ごす時間 | Trackback | Comments(12)