<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

この1週間

d0023047_21533444.jpg

お友達ランチ・フォトランチ会のデセールに、早速復習
yさんレシピだから美味しいに決まっているのだけど、
生地伸ばしに少し疑問がありつつも、そのまま続行したので、焼き縮みあり、
タルト生地極めたぁ~い。
そんなチャレンジャー的復習なのに、大人数の口に入ることに・・。



d0023047_2284566.jpg

お友達との楽しいランチには、
          鯛のポワレ、ソースブールブラン、雲丹の香り(Noe先生6月レシピから)
          豚肩ロース、サルサソース(Noe先生6月レシピアレンジ)
          ニソワーズサラダ、
          この日の為に仕込んだ天然酵母パンドミー、
          ブラウンマフィン、paris風ブリオッシュ
          パンドミーはトーストしバター、ブラウンマフィンにはマルカルポーネと自家製いちごジャム
Noe先生~、雲丹ソースのドレッセ上手くできません~^^;今度コツを教えてください!!


ミミットさん、興味の範囲が広く、行動的でフットワーク抜群、ナビ無しで(私の準備した簡単な地図)で横浜方向から我が家までスムーズに到着、おしゃべりも楽しいので、お食事準備の手が止まったり・・な場面もありましたが、癒された一日でした。また、遊びに来てくださいね~。


d0023047_2383297.jpg


デセールにはCLAFOUTIS AUX CERISES、また焼いちゃいました。
↑の型はレッスンで使用したマトファーのフランキャヌレ型と同じ径
今回は、azumiさんのパリ旅行時調達していただいた型で。
このサイズ、タルト生地のパリパリ感を独占できるのですよ~。
今週初め、1日集中レッスンをお願いしたセパレートティーの復習も!(レッスンの模様は後ほどご紹介)



d0023047_23333262.jpg


一眼レフを最近購入された生徒さんも多く、かねてからお願いされていたCooMie先生のフォトレッスン会。
10名の女子カメラ隊は真剣そのもの、
ダイニングテーブルが一杯なため、CooMie先生とガーデンランチ。
キャノンカメラなら何でもお任せの先生に、数ヶ月前7Dに新調し機能設定を掴みきれないでいた私は
疑問を全て教えていただく、「おお~カメラって凄い」なんて今更ながらこの時に引き続き
カメラの面白さにまた気がついたのですが、7Dまだまだ使いこなせないでいます。連写機能、動きがあるシーンに力を発揮するらしいとのこと、いつかシャッタースピードモードを使いこなせるようになりたいなぁ~とそんなシーンを妄想中です(しずくを捉えられるような風景など)
CooMie先生っぽく、いつもより、少し光りを取り込んで写してみました。


習い事や、リクエストレッスン、フォト会、我が家でのお友達とのランチと毎日刺激を一杯いただいた一週間、
今日はクールダウンし、明日のレッスン準備に入りますね~。
[PR]
by chojiiro | 2012-06-29 07:21 | 日々 | Trackback | Comments(10)

Madome Noe 初夏のランチを楽しむ

d0023047_11183199.jpg

なんといっても大感激しまくった「白身魚のポワレ ソース・ブールブラン」
鯛のふわっとした焼き加減、秒単位焼くコツをしっかり教えていただきましたよ~。
これは、来週のお友達ランチに早速取り入れよう!まずは、鯛をオーダー、あの
ウニソースを調達しなければ。

コース料理では、お肉より魚をチョイスするほど魚好き、
☆つきフランチレストランでも、ブールブランはよくオーダーするメニューですが、
Noe先生のこの一品は、まさに☆☆☆「星三つです」(マチャアキ風に)

         ■メロンのカクテル
            ■オードブル3種 
              焼き野菜とバーニャカウダー
              ドライフルーツとクリームチーズ
              和牛のステーキ、サルサソース
        ■白身魚のポワレ、ソースブールブラン

            ■チェリーケーキ コーヒー・紅茶



d0023047_11295359.jpg

バーニャカウダーのクリーミータイプはフレンチテイストによく合います。
今日はこのソースを作る予定。
サルサソースはさっぱりとお肉がいただけます。相変わらず、ロゼの焼き加減が抜群~
3月のNoe先生とのコラボレッスンで、お肉の焼き加減に100パーセント妥協を許さない
プロの目を拝見し、私にとっては刺激一杯だったことを思い出します。
スチコンを導入されたばかりの時期で、新しいオーブンの温度設定を試行錯誤されていた頃でしたから、
お肉のわずかな焼き色の変化にも首を振り、「これでは、ダメ~」と何度も何度もやり直ししていたんです。
あの姿勢は素晴らしい、私もあの厳しさを学ばなくてはと、実感した瞬間でした。

d0023047_11343185.jpg

アメリカン感覚でざっくざくと短時間で焼けるチェリーケーキは、アイスクリームを添えて
ブラウンシュガーの溶けた食感とチェリーの甘酸っぱさが美味しい~。

毎回、先生の細かい技、レシピ作りにお時間をかけていらっしゃるだろう繊細なお味
食材選び、全て勉強になります。
陰で、人一倍の試作を重ね、当日は満面の笑みでお笑いトークも混ぜながら
迎え入れてくれる、
私にとって、十数年と尊敬し続けるNoe先生

初夏のランチルセット、さっそく活用させていただきま~す!
Noe先生、ご一緒していただいた皆さん、美味しかったですね~ありがとうございました。
[PR]
by chojiiro | 2012-06-22 11:51 | お料理教室 | Trackback | Comments(2)

CLAFOUTIS AUX CERISES

d0023047_045557.jpg


今が旬なアメリカンチェリーをふんだんに散りばめたタルト「CLAFOUTIS AUX CERISES」
yさんお手製のタルトのフォトカードが気分を盛り上げてくれます。

d0023047_025487.jpg


azumiさんと、スタート前から毎回スタイリッシュでテーマが感じられるテーブルコーディネート
を前にカメラ女子さながらの撮影会。
レシピの説明の後はいよいよパートプリゼ作り、アパレイユ作り、
その前に、アメリカンチェリーの種取、
Baking Studio・6月のデセールは「フロマージュブラン、アメリカンチェリーのマリネ添え」
チェリーの種取は朝飯前ぐらいに慣れていたので、張り切ってパシパシと!
この作業なかなか楽しいです。

d0023047_22144640.jpg

焼きあがりましたよ~。もうカリカリサクサクのパートプリゼの美味しいこと~~~
チェリーの甘味もアパレイユと馴染み、この季節ならではのデセールですね。

d0023047_0293469.jpg

レッスンが終わると、yさんは、ランチにとアミューズやパスタを手際よく準備してくれました。
カリフラワーのピュレ蟹とジュレ添え、パテと自家製ピクルス、パスタ、
ここからは、おしゃべりしながら、美味しいお料理を味わいながらのひと時。

d0023047_05537.jpg


デセールがもう1種加わり、
d0023047_0372054.jpg

チョコレート好きなazumiさんが大感激していた場面、
こちらはパートシュクレ生地

居心地の良い空間とそんな空気を演出してくれるおかげか、いつも遅くまでおしゃべりに花を咲かせて
気がつくと、「あ!こんな時間」

毎回、論理的で分かりやすいレッスン、
ワクワクするテーブルコーディネートの余韻を楽しみながら、
帰路に着くのでした。
yさんのお住まいまでのドライブも実はちょとした非日常、風景の移り変わりを楽しみながら、
今月も美味しい余韻に浸りながら順調な走行、音楽や時間によってはJーWAVEを聴きながら。
16時半からMCのピストン西沢さんの語りにいつも笑ってしまいます。


yさん、azumiさん、毎回楽しいひと時をありがとうございます。
[PR]
by chojiiro | 2012-06-21 05:30 | Trackback | Comments(6)

British Hills

d0023047_1334998.jpg


霧雨に包まれた英国のようでしょう!
中世のマナーハウス(荘園領事の館)と街並みが再現されているBritish Hills
12世紀~18世紀の建築・インテリア、とにかく素晴らしいの一言です。
こちらは英語研修施設、リゾートホテル、ネイティブスタッフは全て英国人。
英国の言語と文化に触れる1泊2日になりました。

d0023047_1505146.jpg

d0023047_82595.jpg

英国の気候と同じ条件になるようにと、標高1000mmの山頂に広がる、
パスポートのいらない英国留学(キャッチフレーズだそうです)の場所は、
福島白河インターから50分。

d0023047_1292116.jpg


霧雨のマナーハウス、真ん中の銅像はシェックスピア。
この画像でピンときた方がいらっしゃいますよね。
d0023047_2105393.jpg


そうそう、花より男子の道明寺財閥の撮影場所です。(シェックスピアには布がかけられたようですが)
調度品は全て時代考証された品々、
とにかく、ため息が出ますよ。
d0023047_241092.jpg


夫が挑戦したスヌーカー(ビリヤードのイギリス版)
d0023047_2274781.jpg

ビリヤードのボードの2倍の大きさ、ボールが小さく、難しいようです。

この間、私はアロマオイル作り、レシピも説明も英語のみ、
途中、意味が分からないことがあるもの、好きなオイルをブレンドしたアロマバスオイルが完成しました。


食事はドレスコードあり、食事に関してはあまり期待してはいなかったのですが、
それがどうして、美味しかったのです!
d0023047_2281988.jpg


これから、英国・エリザベス女王即位60周年記念【ビッグ・ジュビリー・ランチ】や
イングリッシュサマーキャンプなど、イベントが準備されているようです。
英国好きな方、今後ご旅行予定の方も、
イギリス人が、イギリスよりもイギリスらしいと感じるBrtish Hills
楽しめますよ~。

d0023047_32311.jpg


        この時に感じたイギリス、やはり再訪しなくては!
[PR]
by chojiiro | 2012-06-19 05:34 | British Hills | Trackback | Comments(4)

パンで目が覚めて、パンで終わる一日

d0023047_17554370.jpg


6月のレギュラーclassも中盤、今月は朝から晩まで続くパンのタイムテーブル中心の日々を
送っています。体力も何とかキープできそうです。そろそろ、6月後半のリクエストclassの準備や、
7月のレギュラーclassの構想、準備もスタートし始めないといけませんね~。
あっという間に6月半ばです。


6月初めには、プログレスclassがスタートしました。
1回目は、パンの基礎知識の講義と、次回までの宿題の説明。
できれば、オリジナルのパンを作れるようになって欲しいとの思いで、
今回まずは、私の提案するマフィン(型指定)のレシピご紹介と一次発酵後からの実技。
基礎知識の講義で副材料の基本的なベーカーズパーセンテージについても触れてみましたから、
オリジナルレシピを作る上で参考になるかと思います。
座学の要素が多いクラスですから、お食事はこちらでほとんど準備し、
盛り付けだけ、皆さんとご一緒にし、お食事も共にいただきながら一息。


d0023047_18134235.jpg

少人数3人のクラスです、Baking Studioとしてスタートした当初からの
生徒さんばかり、長くお付き合いしていますから、お互いの信頼関係も培われているように感じています。
京都から毎月欠かさず参加してくれたり、同じレッスンを極めるまで何度も参加してくれたり、
ご自分のサロンへのパンご提供にも、詳細に報告や伺いのご連絡を下さったりと、それぞれが
真摯な姿勢で臨んでくださっているからこそ、私がお伝えできる全てをご紹介しようと思えたのかもしれません。
まだ、スタートしたばかりですが、1年に4回くらい開催できればと思っています。
3人の生徒さんの意見を取り入れながら、私も更に勉強しなくてはと思っています。


8月のレッスン日程は近日中に、こちらでお知らせいたしますね~
(8月のみ、単発レッスンをお受けしますが、レギュラークラスの募集はありません、ごめんなさい!)
[PR]
by chojiiro | 2012-06-15 18:34 | プログレスclass | Trackback | Comments(6)

木漏れ日のガーデンフォト

d0023047_1141098.jpg

楽しみにしていたフォトレッスン、前日の雨も上がり、まさしくガーデンフォト日和に恵まれました。
というのも、Y's tableのN先生mihoさんが照る照る坊主を作ってくださっていたとか。
ピンクのラブリーな照る照る坊主!

上記画像は、本田先生のご指導の元、初めてマニアルモードで撮影した写真。
カメラに関しては、自己流、基本的な事が全く分かっていない状態でしたので、
今回のレッスンでは、疑問が少しクリアーになりました。
本田先生は、透明感があってお優しくて、一日で大ファンになってしまいました!!

テーブル、お料理の準備、スタイリングはN先生、mihoさん作。
クロスもお料理も、小物使いも、素敵~と皆さんと大はしゃぎしてしまったくらい。

d0023047_1235445.jpg

木漏れ日がスコーンに映った瞬間を捉えました。
随時、先生が設定などもチェックしてくださいます。

d0023047_1253499.jpg

d0023047_1264045.jpg

なかなかマニアル撮影に慣れませんでしたが、ピントの合わせ方などが分かってくると、
面白くなってきます。


d0023047_1265182.jpg

これは、どこにピントを合わせたのかの迷いがある反省写真

d0023047_1301452.jpg

d0023047_1311432.jpg


ワイングラスのグラス越しにさくらんぼを入れるとつながりがでますよ、とのアドバイスを
いただき、つながりを考えながらシャッターを切りました。さくらんぼうの質感が表現できたのは、
mihoさんが盛り付け時に色の凹凸を考えてくださったおかげです。

d0023047_1351185.jpg

グラスの透明感の出し方も教えていただきましたが、表現がまだまだぁ~。

1時間半以上、炎天下の下で夢中になり撮影の後は
こんな幸せなランチが準備されていたんですよ~。

d0023047_1384542.jpg

とびっきり美味しいレモンチーズケーキのデザートタイムも~。
d0023047_1394554.jpg


食事の後はPCに取り込んだ全員の画像を(私が一番多かったようで、mihoさん、お手数おかけしました)
一人一人、アドバスしてくださいました~。

d0023047_1412846.jpg

本田先生のお優しい笑顔、
↓のレッスン同様、心もお腹も満たされた一日でした。

本田先生、N先生、mihoさん、この日ご一緒してくださった皆さん、素敵な木漏れ日でしたね。
ありがとうございました。
[PR]
by chojiiro | 2012-06-12 01:45 | フォトレッスン | Trackback | Comments(4)

6月レギュラーclass    パンドミー ・ オレンジシナモンロール

d0023047_22372444.jpg

先週末土曜日からスタートした6月レギュラーclass
「天然酵母パンドミー」
「オレンジシナモンロール」
の2種


何よりもピンク・ピンクに少々落ち着かないのです実は・・・。

d0023047_22382548.jpg


天然酵母パンドミーは、仕上げ発酵に2時間半ほどかかるため、試食用は事前に準備、
ということで、レッスン前には翌日レッスンの生地を仕込み、レッスン後、成型・仕上げ発酵・焼成
と、1日中パン作り漬け1ヶ月のスタート、深夜に明日の生地を仕込み、就寝、
朝から深夜までのパン・パン・パン、これもまたなかなか楽しいものですが、あとは体力勝負!


今月も生徒さんと、パン作りの合間にクッキング。
パンドミーに合うお料理として、野菜とチキンのグレープマスタード添え。
デザートには、フロマージュブランのアメリカンチェリーマリネ添え、
フロマージュブラン、こちらも一日前に準備。明日のレッスン用も準備万端ですよ~。




d0023047_2353762.jpg

d0023047_23284225.jpg


天然酵母パンドミーはトーストし、バターでいただくと、とびっきりな美味しさです。
シナモンロールを初夏仕様にオレンジテイストをプラス、皆さん微笑みながら召し上がっていらっしゃいました。パン好き女子には堪らない2種になるかと思います。
[PR]
by chojiiro | 2012-06-05 23:13 | パン教室 | Trackback | Comments(12)