<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ZWILLING ヘンケルス社 スペシャルクッキング

3月12日ZWILLINGヘンケルス社のスペシャルクッキング1部・2部を担当させていただきました。


d0023047_1984930.jpg


外部イベントは食材の調達・下拵えをいつも以上に万端にし、
出発前まで準備した食材をチェックし
車へ積み込み、横浜に向けて8時に出発、9時前には元町に到着。
スタジオに荷物を運びこみ、テーブルコーディネート、
器などはZWILLING社にあるものからピップアップしますので、
当日の直感が勝負、ほぼ数分で春のテーブルを作りだします。

d0023047_199153.jpg


「清明の候  春爛漫のテーブル」

11時半~1部のスタートです。
4か月ぶりのスタジオ、はじめましての方も多く、慣れているはずの挨拶も今回は緊張しました。
クッキングデモスタートです。
ZWILLINGのミーレのキッチンはラウンド状、一周回りながらクッキングができます。
IHコンロもコーナーごとに4か所、お料理をしながらぐるぐる回りながら説明していきます。
今回は本日新発売になる「スキヤキグリルパン」をメイン料理に使いました。
綺麗な焼き目がつき余分な油は溝に落ちます。
鋳物の良さは、食材にゆっくり火が入り、グリルパンの保温性が高いので
温度が下がりにくいこと。
肉や魚がふっくり、野菜は甘みが出ます。
実用性の高い鍋の形と蓋がグリルパンという組み合わせは既に
「便利!!」「実用性大!」とのお声も多数いただきました。
今回使用した鍋は、「スキヤキグリルパン」地鶏のお料理に
「オーバル」高加水パンドカンパーニュ、鍋ごとオーブンに入れて焼きますと
クラストがカリカリ、クラムがもちもちに!こちらも大好評で教室での
レッスンのリクエストも頂いたほどです。
「シャローパン」でパンプディング、
「ラウンド」でニンジンのスープ
全てのお料理にstaubの伝導率の良さが効いています。
小物も人気があり、鍋蓋スタンドやツール置きディッシュ、
キッチン用品大好きな方はスタジオにいるだけでワクワクされるかと思います。
終日、各種staub鍋・ヘンケルス社のキッチン用品に囲まれているなんて、
なんて幸せなんだろう!

d0023047_1910578.jpg


お料理の後は、スパークリングで乾杯♪
「かんぱーい」の合図で演奏のスタート(KANTAN withモギちゃん)
お料理に合わせて白・赤ワインをサーブ。
私たちスタッフはひたすらお料理の盛り付け・・・でしたので写真を撮る余裕がなく
空いている時間に撮った写真のほかは、ご参加くださいました方々が
送って下さったものを編集しました。

1部が2時に終わり、皆さんをお見送りした後は休む暇なく2部の準備です。
1部で学習しますので2部は毎回スムーズに準備が運びます。

お料理は
スパークリングワイン・白ワイン・赤ワイン
■ニンジンのスープカプチーの仕立て
■シーフードマリネのジュレ、春野菜添え
■地鶏のグリエ、サルサ春野菜添え
■プルーンのぱんプディング
■staubで焼く高加水カンパーニュ
■ハリウッドロール(自宅で焼いたパンを持参サービスメニュー)
■紅茶


今回はじめましての方も多く、教室へのお問い合わせやご丁寧なメールも頂戴し
嬉しいご縁をたくさんいただきました。
ご参加いただきました、素敵で楽しい皆さんありがとうございました。

d0023047_19123314.jpg


毎回助けていただくZWILLINGのスタッフの皆さん、
朋子さん
アシスタントのさつきちゃん
沢山支えていただきありがとうございました!

KANTAN with もぎちゃんの演奏・歌
場を和らげて毎回盛り上げてくれます。
1日お付き合いいただきありがとうございました!

皆さんもぜひ横浜元町ZWIlLIGヘンケルス社のスペシャルキッチンでご一緒
してくださいね。次回は7月1日の予定です。(変更になう可能性もあります)

当日の模様は同じくエキサイトプラチナブロガーのこの方がご紹介くださっております。いつ拝見しても透明感のあるお写真と優しさ溢れる文章です。



d0023047_19125717.png

[PR]
by chojiiro | 2017-03-14 19:14 | ZWILLING

Baking Studio Grano Di Ciaco 2017年2月

既に3月のオートリーズ・オーバーナイト法のバゲット他のレッスンが進行していますが、
2月のレッスンをご紹介させていただきます。

d0023047_2173731.jpg

2月はパン作りを理論と捏ねからしっかり学ぶベーシッククラス
ご紹介するパンは
■「イングリッシュマフィン」「バタートップ」
d0023047_2181956.jpg

d0023047_2183496.jpg


粉のタンパク質量、灰分について、小麦粉の等級について
副材料の一つ一つがパン作りにどう影響するか・・・などなどから
パンがどうして膨らむかを科学的に・・・

パンの捏ねから発酵・・・について
などなど掘り下げて説明。
きっと身近にパンの科学が感じられたかと思います。

リクエストクラスはNewレシピでの
■自家製チョコレートシートで作る「ショコラブレッド」
■天然酵母ショコラ・パン・ド・カンパーニュ
d0023047_211018100.jpg

自家製チョコレートシートは格別です!
ショコラカンパーニュはフィリングにクーベルチュールエキストラビターショコラ
カットするとまるでフォンダンショコラのようになります。

d0023047_21111370.jpg


■揚げパン3種
カレーパン(ひよこ豆のキーマカレー・アンドーナツ・サーターアンダギー)
d0023047_21115027.jpg

d0023047_2112570.jpg

d0023047_21122183.jpg


揚げパン好きな方がこんなにおいでとは!とびっくりするほどでしたが
皆さんから今までで1番の美味しい揚げパンです!と嬉しい感想も多数いただきました。
サーターアンダギーは黒糖を使いますが、こちらは揚げる上がるまでに30分と
教室史上最短の完成時間にして美味しく、レッスン当日に復習される方が多数
おいででした。


メニューを選んでいただきご参加いただくレッスンでした。中には全てご参加下さった方も
多数いらっしゃいました。

2月はあっと言う間!
2月は逃げるとはよく言ったものです。

さて、3月は・・・。オートリース法・オバーナイト法のバゲットですよ!!

d0023047_21243023.png

[PR]
by chojiiro | 2017-03-13 20:38 | パン教室