タグ:コッツフォルズ(イギリス) ( 1 ) タグの人気記事

Cotswolds   ハチミツ色に輝く田園地帯

d0023047_2155451.jpg

再びロンドンに戻り、この日は早朝からヴィクトリアコーチステーション発のバスでコッツフォルズ巡り、悲しいかな、出発して直ぐに大雨。

ハチミツ色の石「ライムストーン」(石灰石)で建てられた独特の家、幾重にも続く丘で草を食む羊の群れ。何百年の変わらない姿で日々を営み続ける小さい村が点在するコッツフォルズ。
「世界で最も美しい」と言われるのを実感する一日のスタートです。
まずは、バーフォード→ボートン・オン・ザ・ウォーター→バイブリー→ストラトフォード・アボン・エイヴァンの順で。

バーフォードの街の風景

d0023047_22105767.jpg

ロンドンから西へ、オックスフォード郊外からラグジュアリーなスパの街バースまでは、イギリスの最も美しいと称される田園地帯です。古き良き中世の英国の面影、コッツフォルズストーンと呼ばれるはちみつ色のライムストーンの街並、一幅の絵のような美しさでなんです。
感動、この一言。



d0023047_22173098.jpg

d0023047_2223593.jpg

中世時の教会が立派なのは街が潤っていた証拠、この地は、羊毛産業で栄えた街、というのはジョージの受け売り。イギリス人のガイドさん「ジョージ」はちょっと不思議な日本語、これがなんとも面白いのです。英語、日本語の二通りのガイド。
「・・・・でございますです」とか丁寧語重ねが語尾の特徴、その上ユーモアのセンスも抜群、もちろん気配りも。

バスの中で心配だった大雨もあがりましたが、空はどんよりです。



d0023047_22243155.jpg

アンティークショップやらアフタヌーンティーショップ、ショッピングも魅力の一つの街なのですが、ツアー集合時間もあり、ゆっくり見学できないのがなんとも心残りです。
次回は(早くイギリス行きたい!!!)レンタカーでこの地方を再訪したい!!


d0023047_22274342.jpg


バイブリーに向け出発!

イギリスカントリーサイドに魅せられた今回の旅、イギリス愛好者は毎年訪れるというのが頷けました・・・。帰国後もイギリス本毎日眺めています。あああ、イギリス!イギリス!
[PR]
by chojiiro | 2010-10-20 22:31 | 旅 イギリス・フランス | Trackback | Comments(16)