タグ:ストラトフォード・アボン・エイヴォン ( 1 ) タグの人気記事

STRATFORD-UPON-AVON

d0023047_18281996.jpg


   街の名前を覚えるのに時間がかかりました「ストラトフォード・アボン・エイヴォン」
   シェイクスピアの生誕と永眠の地として有名ですが、建築ではチュダー様式の独特な
   街並みと店が並ぶハイ・ストリートやチャペル・ストリート、16世紀にタイムスリップ
   したかのようです。



d0023047_1843612.jpg

d0023047_18173168.jpg


エイヴォン川のほとり、ウォリックシャーの美しい田園地帯に位置するこの町は、中世ににさかのぼる歴史を誇るマーケットタウンです。
街にはお手ごろな価格でおいしい料理を出すレストラン、地元料理や国際料理などが楽しめるバーなどが並び、グルメファンにもうれしい場所となっています。また劇団ロイヤル・シェークスピア・カンパニーの劇場が3つあり、それぞれ個性ある出しもので観客を楽しませてくれます。



こちらがシェイクスピアの生家
d0023047_189518.jpg

裏側に広大なお庭が広がります。今も内装は可能な限りオリジナルが残され、家具や食べ物まで
シェイクスピアの子供時代の様式をそのまま再現、まさに16世紀チュダー朝に引き戻されたようです。ヨーロッパでは、シェイクスピアを知るものは格式が一段上がると言われているようです。


d0023047_18164387.jpg

d0023047_18332772.jpg

d0023047_18351422.jpg

建築で勉強したチュダー様式、輸入住宅メーカーの中にもこの様式は多数取り入れられていますね。
まるでおとぎの国のようでしたが、そんな中にもスターバックスがあったり、H&Mがあったりと、
新旧が上手くミックスされた美しい街。

ロンドンからのアクセスはパディントン駅か、ユーストン駅、またはメルリボーン駅からストラト・フォード・アボン・エイヴォン駅まで2時間10分~40分
ヴィクトリア・コーチ駅(地下鉄のヴィクトリア・コーチ駅とは違います!少し離れていますから注意)からコーチバス(長距離バス)で3時間


このところ、生徒さんや友人から「イギリス旅行決めました!」「エアー押さえました」とご連絡があります。観光にはこちらの街、お薦めです!コッツフォルズの村々の入口ですから、どちらも周遊されるか、マナーハウスに宿泊してゆっくり巡るのもいいですね。
普段紅茶はあまりいただきませんが、やはりイギリスは紅茶がおいしい!!!
この街のハイストリートの真ん中にあるベーカリー&ティールームでは英国式のティータイムを楽しみました。

d0023047_1943878.jpg



「コッツフォルズハイライト」バスツアーガイドさんジョージの言っていた「シェイクスピアの孫の家」の中でも紅茶とスコーンを。
時間があれば、ホーリー・トリニティー教会にも足を運びたかったぁ~。
新婚時代をロンドンで過ごした生徒さんのYさん、この街の教会で結婚式をされたと先月の教室時に伺いましたので、その後、教会紹介の本を見たところ、川沿いに素晴らしい庭が広がり、エリザベス王朝時代が蘇りました。

あああ、16世紀の余韻に浸りながらですが、時間です!ロンドンに向けて出発です!


・・・ただ今、中日×ロッテ戦・・・・
イギリス出発前まで千葉ロッテマリーンズのファンクラブに入っていた次女とこれからスカイプ予定。サマータームが終わり時差が9時間、土曜日はお休みなのでまだ起きていないのか、スカイプ反応なし、、、、。今江の大ファンな次女。イギリスからはヤフーニュースで野球速報を得ているようです。今日、優勝が決まりますように・・・・。

[PR]
by chojiiro | 2010-11-06 19:07 | 旅 イギリス・フランス | Trackback