タグ:フライフィッシング ( 1 ) タグの人気記事

山荘での時間~川俣川

朝食で満たされ、各自休憩タイム後、
小雨ちゃん、メグちゃんは、びーずさんの指導の下、フライフィッシングでのキャスティング練習。

私はというと、昨夜寝違えたのか右肩の痛みがどうも重くのしかかって、だるだるな感じがとれずにいたところ、なんと優れものの低周波の筋肉揉み解しの機械をセッティングしてくれたrainyさん。まずは、痛みのある肩にあて1サイクル、じわぁ~んとした温かさと同時に筋肉がピクピクと動く、
1サイクルでは足りず4サイクル、rainyさんご推薦の腰にもあたてみると、これがまた気持ちよい!こちらも3サイクル。その後急に体が軽くなる!


常に軽やか全力で走り回っているお二方。ココちゃん、ダニちゃん。
ココちゃん、しばらくの間山荘のリビング空間を何周も入りまわり、とうとう、疲れたのか、眠りに入る。叱られた後にお腹を見せ、顔を背け知らないふりをするココちゃん、やっぱりまだ赤ちゃん。
可愛い~~~~!!

d0023047_22292596.jpg


「matoiさんもやってみる?」と声をかけ、
ソファーに横になったmatoiさんの腰に低周波機械をセッティング。
1サイクルでスイスイと気持ち良さそうに快眠された様子。
それから3サイクルくらいセッティングしてみると、
やはり、同じように体がぽかぽかして爽快な感じのmatoiさん。

d0023047_22452436.jpg

(全世界のmatoiさんファンのために・・・)


キャスティングの練習を終え、rainyさん、小雨ちゃん、メグちゃん、びーずさんは川俣川渓谷の管理釣り場へ出発。

claudiaさんはお部屋でお昼寝タイム。
matoiさんは、↑の機械で快眠中、

山荘に流れる静かな時間、各自気の向くままの行動、そんな気を遣わない(けして気を遣わないのではなく各自の役割、お互いへの配慮を一人一人が認識しているからこその自然な空気感)

matoiさん、claudiaさんと向かったのは「滝沢牧場」
牛を見に行ったのではなく、乗馬のためでもなく、

d0023047_22295715.jpg

(ここで食べたことは秘密!)

その後は、やはりこちらに合流。
d0023047_2230552.jpg


フライフィッシングの師匠、びーずさんのキャスティングを見て真似するも、
糸が絡まりなかなか思う場所に落ちない。
釣りの概念、イメージが一新したフライフィッシング、道具と言い釣り姿と言いかっこいい!!

小雨ちゃんが、あまごを釣り上げ、
フライフィッシング初心者のmatoiさんもなんと・・・なんと・・・にじますを釣りあげ、
今晩のおかずの出来上がり!!

横では中学生らしき男の子「釣りキチ君」(rainyさん命名)が颯爽としたキャスティングさばき、ちょっと部長風な風貌の男の子(貫禄あり)。

流し場で魚を捌いていると、20代の男の子の集団が
「社長・・・・」
「部長・・・・・・・・」
 「課長・・・・・・・・・・」と呼び合っている。
すかさずrainyさん「ねえ、会社の仲間なの?」
「いえ、同級生の集まりですが、あだ名を役職で呼び合ってます!」
横で聞いていた私・・・「へえ~」、まずは社長の顔、部長の顔、を見る・・・。

さっきの釣りキチ君がその部長にそっくり!
そこから・・・釣りキチ君=部長

後から合流したからか、この釣り場の写真で思い出すことは、この風景(笑)
と、急に、暗くどんよりとした雲、

その後、山荘ではアクシデントが待っていたのでした。

つづく。

来年は本気で楽しみたいなぁ~フライフィッシング!!
[PR]
by chojiiro | 2009-08-27 22:50 | お出かけ | Trackback