ブルベリー摘み、パニーニの朝食

八ヶ岳二日目はブルーベリー摘みからスタートです。7時30分にはブルーベリー農園に到着とのことで、日焼け対策だけサササッと済ませ、全員rainy号に乗り込みます。

d0023047_5544919.jpg

d0023047_635091.jpg

「この木のブルーベリーは甘いわよ」
「ここの木の実が大きい!」なんておしゃべりしながら、摘むこと一時間余、
d0023047_6131891.jpg

1kg余のブルーベリーを各自パッケージ。
d0023047_6133337.jpg

かごに腰紐がついており、腰に巻きつけて摘む、合理的機能的。


農園からブルーベリー農家までは数分の距離、
庭先にはビニールハウスがあり、とまとが栽培されているようです。(このとまとが実に美味だったのです)
向こうから「とうもろこしを召し上がれ」と茹でたてを運んでくださいましたので、遠慮なく早速頬張ると、ぷちぷちの食感と甘さが広がりこのシュチュエーションでの立ち食いが何とも美味しさを倍増している感じです!

食べ放題なブルベリーと朝採りとうもろこしでお腹を満たし、帰路につくも、早朝から行動したせいか、まだまだお腹の余裕はあり、ということで、早速朝食の準備です。
事前に届けておいた、プルマンブレッドでパニーニ、フィリング2種を作る。

d0023047_6162822.jpg

1.モツァレラチーズ、とまと、ルッコラにサンドに特性ソース(オリーブオイル、バルサミコ酢、  ロースト胡桃、アンチョビ)をかけていただく。

2.パルミジャーノと、ホウレン草ソテーをサンド、
  こちらもチーズの香ばしさに夢中で頬張る。

摘み立てのブルーベーリー入りのヨーグルトは食後のデザート。
d0023047_113526.jpg



しばしの食事休憩の後は、小雨ちゃんが楽しみにしていたのが釣りです。
庭先では釣具の扱い方、手の使い方などを釣り師匠のびーずさんがご指導、小雨ちゃん、megちゃん、rainyさんは熱心に実演指導を受けていましたが、あれれ?私達といえばマッサージ機でお腹や背中腰をもみもみ、この周波が痩せる効果があるとか(笑)これもゆるマク・・・な、はずは無いですね。


午後はそれぞれに別れての時間を費やす。が、、、、

つづく。
[PR]
by chojiiro | 2009-08-24 05:55 | お出かけ
<< 山荘での時間~川俣川 一日目夕ご飯 >>