稲取温泉  温泉尽くし食べ尽くし


d0023047_1710235.jpg

食べてきました、海の幸尽くし。
稲取といえば、金目鯛です。
(上記画像、舟盛りは2人分です)

金目鯛の姿煮、なかなかこのサイズはお店にも並んでいませんね。
お味付けも、上品で箸がとまりません。
d0023047_1712688.jpg


御献立のお品書きを見てびっくりです!
食べる宿、絶景の温泉としてはTVの旅番組で見てはいたもの・・・想像以上です)



*食前酒   柚子
*先附け  安肝豆腐 ずわい蟹 木の芽
*前肴   エスカルゴさざえ 才巻海老ベシャメルソース 
      覆輪鴨 柿玉銀杏串  秋刀魚の魚寿し
*小鉢   じゅんさいとミニトマトコンポート
*台の物  鮑酒蒸し レモン  バター*
*舟盛り  姿、鮪、旬の一品、勘八、太刀魚、サザエ、伊勢海老、甘海老、天城山葵
*焼き物  特上黒牛陶板焼き  大島塩
*名物   金目鯛の姿煮
*洋皿   金目鯛のパイ包み  金目鯛、白子、松茸、キャビア、人参、ミニアスパラ
*鍋物   地魚つみれ鍋  舞茸、白菜、榎木茸、若布、紅景麩
*食事   金目鯛釜飯
*香りの物  三点盛り
*椀     蛤潮汁
*デザート  ピスタチオアイスクリーム




d0023047_1731321.jpg


お献立を拝見したとたん、最後まで行き着くかと少々不安でしたが、そんな心配はご無用、
新鮮な海の幸の美味しさは、日本酒とともに、全て食べつくしてしまいました。
2009年の締め、一食として、一番食べつくした晩餐かと。
鮑の酒蒸しに至っては、鮮鮑が素材、美味しさも格別です。

全てにおいて、味のセンスの良さに大満足、前評判通り(ネットでの評価も高得点)でした。

こちらでは、朝食から、舟盛りが有名です。
d0023047_17364981.jpg

朝8時半からの舟盛り、こちらも朝からは無理!と思いつつも箸を進めると・・
これが美味しくいただけるのです。

食事だけでなく、温泉も私の中では三ツ星です。

屋上温泉は相模湾を一望、視界は空・海、空、海。
温泉、食べる、温泉、温泉、温泉・・・と温泉三昧な旅、
魚、温泉好きな父が一番喜んでくれたようです。


屋上露天風呂では、石原良純さんがお子さんと、まさにあのTVさながらの調子で・・・・。
(夫が入るたびに遭遇したとか)
翌日のフロントで、私も目撃しました!
どうやら、石原慎太郎氏とゆかりのある宿のようです。

庶民的でありながら、サービスは細やかに行き届き、
担当のお部屋係りの方がお迎えから、食事の配膳、お見送りまで担当してくださいます。
車が見えなくなるまで、手をふって下さったお宿の皆さんに、
あたたかいお心をいただけました。




こちらに向かう途中に、これまたネットで大絶賛されていた蕎麦屋
「蕎仙」(きょうせん)
細く挽いた100%蕎麦粉は湯で時間が数十秒にも関わらず、こしがあり美味しいこと!!!!
佇まいは、いたって普通のお蕎麦屋さん風ですが、あの食感・お味はまたリピートしたいお店。
蕎麦だけでなく、蕎麦豆腐、出し巻き卵もこれまた絶品なお味。
お店の名物桜海老のかき揚は、好みではなかったかな。(参考までに・・)
鷺沼にこちらの師匠の蕎麦懐石店があるようです。調べてみよう~!

今回は、このところ体調が優れなかった母へのプレゼント旅でした。
ネット情報(口コミ)を重視して、宿、途中の食事処などを調べました。
旅の情報誌、雑誌よりも、望んでいるポイントをクリアー、結果、成果大に。

私のこの旅記録も何かのお役に立てればと記してみました。

海の幸、温泉を満喫した2009年 年末。
[PR]
by chojiiro | 2010-01-04 21:30 | お出かけ
<< 2010 新春 ありがとうございました >>