天使の島に立ち寄って

d0023047_17381134.jpg



「フランスの旅SPECIAL EDITION」のタイトルの表紙はそれこそ、マジックアワーのモン・サン・ミッシェル、幻想的❤~~だったのですが・・・。
島の入り口から、大天使ミカエルを見上げて、修道院、要塞、そして、監獄として
時代に翻弄されてきた歴史は言うまでもなく圧倒され、いざ、島へ。



d0023047_17433039.jpg

          (入り口から両サイドにお店、これもまさに観光地、夫「江ノ島みたいだな」とつぶやく。)


この日、パリのノルマンディー地方は夏日、この青空、早朝パリを出発しツアーバスで4時間。
何台もの大型バス、雑誌表紙の印象とはまた違った「モン・サン・ミッシェル」
ノルマンディーといえば、印象派画家モネの世界、シェルニーの睡蓮の池ジヴェールの自邸モネの庭、理想を言えば、この辺りを経由しつつ天使の島到着ですが、今回パリ滞在日数が短く、ピンポイントでの観光。
先日のソーフィーちゃんママから「パリではどちらにいらっしゃるの?」の質問、
「モン・サン・ミッシェルですよ」と即答すると、
「OH,NO!!」と怪訝な表情。
その意味が分かったような・・・。

帰国後、よくよく雑誌を読みかえすと、
マジックアワーこそ「幻想的情景」と。
やはり一泊しなくては、天使が下りてこないのでしょうか。

干潟が広がり最近では「海に浮かぶ」ことはなくなったようです。

世界遺産としては有名な島の歴史と、増改築を繰り返し、
何層にも及ぶ建築様式が一同に見られるモニュメント
フランボイアン・ゴシック様式からロマネスク様式への修繕、
百年戦争時には要塞が・・この迷路に歴史あり・・ということでツアーは日本人に限らず。
日仏ハーフのガイドさんが雰囲気あり、長時間バスツアーといえど、帰路はぐっすり眠って、
パリ着頃は(午後8時)はまた元気回復。


d0023047_18252749.jpg

           (昼食に選んだお店から、ミカエルを臨む)
[PR]
by chojiiro | 2010-10-12 17:40 | 旅 イギリス・フランス
<< Paris  PM10:00 パリのシンボル夜景 >>