Pullman class

d0023047_745551.jpg
 
2斤型で焼きあげるプルマンブレッド、生徒さんが必ずお気に召してくださる定番です。
シンプルなパンほど難しく、私が感じているのは、天然酵母よりもイーストパンの方が、
気温・水温・配合に味が左右され、技術が全て表面に出易いということ。

なで肩、ホワイトライン、数分の仕上げ発酵の見極めが鍵になります。

昨日は、8名の生徒さんとプルマンのみに集中しました。
プルマンのレッスンはリピートされる方が多く、生徒さんにとっては、それだけ極めたいパンでもあり、
美しく焼くことが難しいパンでもあるのでしょう。中には4回ご参加された方もおいでです。
その間、何度かレシピを見直し、今の配合に落ち着きました。


d0023047_7562368.jpg


友人達のリクエストでスタートした教室でしたが、パン好きの生徒さんが、
全国各地から(中には海外から)ご参加くださるようになって早5年。
プルマンブレッドの度に、初心を思い出します。
それだけ、パンのキーポイントが詰まったパンの一つです。


焼き立てをスライス、レタス・ハム2種・トマト・目玉焼き・コルニションピクルスのオープンサンド、
自家製プルマンとコーヒー、これで朝の幸せ感をかみ締めています。

この日の生徒さんとのランチ時おしゃべりから、関西パン屋さんめぐりツアーが決定。
パン好きな生徒さんとのツアー、楽しみですね!


遊び心一杯に


d0023047_8195795.jpg


どんなアレンジもできるプルマン、もちろんトーストしても。大胆にりんごのキャラメリゼにアイスクリームを
トッピングしても。
[PR]
by chojiiro | 2012-05-18 07:51 | パン教室
<< 庭しごと 紅茶と水 >>