かぶら蒸し 出汁餡かけ~お料理バトン

d0023047_2253749.jpg

今晩の一品から、かぶら蒸し(鯛・ぎんなん・にんじん・えび・かぶ・かぶの葉)蒸したてをフーフーいいながらいただくとふんわりと溶けた食感がなんとも体まで温まりますね。おろしわさびの固まりを食べてしまい・・咽ました。わさびに注意です!

「素敵な花を咲かせましょう」のlily-hkさんからお料理バトンがまわってきました。
それでは、おつきあいくださいませ・・。

1、料理歴  小学生の頃からでしょうか、母の姿を追っては台所に、野菜を切ったり、酢
         飯をうちわで仰いだり、洗い物をしたり、宿題が終ると、台所で母と話しなが
         らの作業が続きました。


2、得意料理 

短時間で出来る料理(圧力鍋利用)、まだまだ勉強中です。
 
3,苦手料理 

てんぷら(時間が経つとカリ感がなくなります)どなたかコツ教えて下さい!
                    求む・天ぷら情報

4、よく使う調味料 

鎌田の醤油、紫大尽しょうゆ、柚子こしょう(青)、土佐ぽんず(ケンショー)、粟国の塩、アンデスの塩、赤ざらめ(山口製菓)

5、よく使う調理器具  

クイジナートFP、圧力鍋、ステンレス5層鍋、

6,料理にまつわる思い出 

*台所で母の姿を見ていた日々
*小学生の頃(お料理クラブ)で焼いたカステラが失敗し蒸しようかんのようになったこと。
*ル・コルドン・ブルーで資格を取られた先生のお料理教室に初めて参加したとき、お料理用語(フランス語)が全くわからずクラクラし料理どころではなかったこと
*パンをジャパンホームベーキングスクールで習い、講師資格を取得したこと(実技テストは苦労しました・・・3種類のパンを基準通り(焼き上がりの重さ、ボリューム、断面の生地の目)焼き上げなければ合格しないんです。OKがでるまで何度も焼きます・・・。この時期寝ても冷めてもパンパン・・でした。2.5キロの小麦粉8袋分で猛特訓・・・ガスオーブンの前でうなされてましたよ~。

7、一言で料理とは 尊敬する「辰巳芳子先生」の言葉から

   「手しおにかける」

この言葉には料理でも我子でも心をつくし、手をつくして愛するという意味が込められています。
辰巳芳子先生の料理に対する姿勢を尊敬しています。その心、少しでも守っていこうと思います。

lilyーhkさんいかがですか?こんな感じでいいのかな?
バトンは、ここに置かせていただきますねぇ。
[PR]
by chojiiro | 2005-12-09 23:56 | 日々
<< もう少し ANRI CONCERT TO... >>